言語の選択:

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 風間 恵介
 

風間 恵介

 
アバター
研究者氏名風間 恵介
 
カザマ ケイスケ
eメールk-kazamast.seikei.ac.jp
URLhttp://www.sd.seikei.ac.jp/lab/robot/
所属成蹊大学
部署理工学部 システムデザイン学科
職名助教
学位博士(工学)(東京農工大学)
科研費研究者番号30813422

研究キーワード

 
事故分析 , 信号処理 , 予防安全 , 車両運動 , 自動運転

研究分野

 
  • 機械工学 / 知能機械学・機械システム / 
  • 機械工学 / 機械力学・制御 / 

経歴

 
2019年9月
 - 
現在
成蹊大学 理工学部システムデザイン学科 助教
 
2017年8月
 - 
2019年8月
東京農工大学 工学府機械システム工学専攻 特任助教
 
2017年4月
 - 
2017年7月
金沢大学 新学術創成研究機構 未来社会創造研究コア 自動運転ユニット 博士研究員
 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本学術振興会 特別研究員 DC2
 

学歴

 
2014年4月
 - 
2017年3月
東京農工大学 工学府博士後期課程 機械システム工学専攻
 
2013年4月
 - 
2014年3月
山梨大学大学院 医学工学総合教育部博士課程 情報機能システム工学専攻
 
2011年4月
 - 
2013年3月
山梨大学大学院 医学工学総合教育部修士課程 機械システム工学専攻
 
2007年4月
 - 
2011年3月
山梨大学 工学部 機械システム工学科
 

委員歴

 
2018年
 - 
2018年
日本機械学会  D&D会場担当委員会
 

受賞

 
2013年3月
山梨大学 学術研究活動関係及び社会活動関係に係る表彰
 
2013年3月
自動車技術会 大学院研究奨励賞
 
2013年3月
日本機械学会 三浦賞
 
2013年3月
山梨大学 山梨大学若手研究者等の表彰
 
2012年
日本機械学会 若手優秀講演フェロー賞
 

論文

 
Kei KITAHARA, Keisuke KAZAMA, Hiroshi MOURI
Mechanical Engineering Journal   6(3) 18-00386   2019年6月   [査読有り]
島田 和典, 島田 英昭, 毛利 宏, 今関 隆志, 風間 恵介
自動車技術会論文集   50(3) 891-896   2019年   [査読有り]
自動車運転者における交通安全能力への意識とその構造の検討を目的に,先行研究の安全能力の概念を基に項目を作成し,540名に調査を実施した。確認的因子分析によりモデルの適合度と内容的妥当性を考慮して検討した結果,F1危険予知能力,F2安全維持能力,F3事故対応能力により構造化されていることが認められた。
Keisuke Kazama, Toshiki Kawakatsu, Yasuhiro Akagi, Hiroshi Mouri
International Journal of Automotive Engineering   9(3) 151-157   2018年9月   [査読有り]
Kazama Keisuke, Nishizaki Kohei, Shirayama Yuta, Furusho Hiroyuki, Mouri Hiroshi
INTERNATIONAL JOURNAL OF AUTOMOTIVE TECHNOLOGY   18(4) 743-750   2017年8月   [査読有り]
風間恵介, 川勝俊輝, 赤木康宏, 毛利宏
日本機械学会論文集(Web)   83(849) ROMBUNNO.17‐00014(J‐STAGE)-00014-17-00014   2017年   [査読有り]
<p>This paper describes the development of a new localization method using a simple 2D map. The general method for localization using a 2D map is to match between the boundary line on the 2D map and the detected boundaries in the real world, i.e. ...
Kazama Keisuke, Akagi Yasuhiro, Raksincharoensak Pongsathorn, Mouri Hiroshi
JOURNAL OF ROBOTICS AND MECHATRONICS   28(6) 870-877   2016年12月   [査読有り]
孕石泰丈, 風間恵介, 日置辰巳, 古性裕之, 毛利宏
自動車技術会論文集   45(5) 865-870   2014年9月   [査読有り]
本研究では,走行環境中の構造物の輪郭線をより有効に抽出するエッジ検出法として,輝度勾配ベクトルの内積和を特徴量とするエッジ検出法を提案・検討した.その結果,ノイズに強いといわれているCanny法より耐ノイズ性に優れ,ガードレールなど人工構造物を検出できるエッジ検出法であることを確認した.
古性 裕之, 風間 恵介, 孕石 泰丈, 毛利 宏
自動車技術会論文集   45(2) 315-321   2014年   [査読有り]
前方コース上の目標地点と自車の相対位置から目標ヨーレイトを演算してコース追従する操舵モデルでは,定常曲線走行時の定常偏差除去と,減衰比の自在な設定の両立はできなかった.本報では相対的な目標地点を二点としてこの問題を解決すると共に,上記二性能の両立が可能になる理由を数学的,物理的に明らかにした.
鈴木雄太, 風間恵介, 孕石泰丈, 毛利宏, 菅沢深
日本機械学会論文集(Web)   80(815) TL0217 (WEB ONLY)-TL0217   2014年   [査読有り]
This paper describes the drivers steering behavior affected by the vehicle side slip angle during changing lanes. In order to investigate the influence of the sideslip angle to driver's steering behavior, driving simulator is employed to realize v...
万波央, 風間恵介, 孕石泰丈, 毛利宏
日本機械学会論文集(Web)   80(814) TL0180 (WEB ONLY)-TL0180   2014年   [査読有り]
This paper describes two kinds of control method for parallel two-wheeled inverted pendulum. It is a method that is controlled by the torque input and is controlled by the velocity input. Generally, the equation of motion of this system is express...
風間恵介, 孕石泰丈, 毛利宏
日本機械学会論文集 C編(Web)   79(806) 3609-3618 (WEB ONLY)-3618   2013年12月   [査読有り]
This paper describes an investigation of filter to design a relationship of gain and phase delay. In a linear system, gain and phase delay are deeply related. So, if the phase delay is reduced, the gain of high frequency range is increased unneces...
風間恵介, 孕石泰丈, 毛利宏, 吉松祐香, 鈴木卓馬, 上沼研也
日本機械学会論文集 C編(Web)   78(794) 3353-3361 (WEB ONLY)-3361   2012年11月   [査読有り]
This paper describes an investigation of the nonlinear filter that can design for gain and phase independently. In the driver-vehicle closed-loop system, it is reported that the phase delay of vehicle has an optimal value and reduces vehicle maneu...

書籍等出版物

 
技術情報協会 (担当:共著, 範囲:第9章 第6節)
技術情報協会   2019年1月   ISBN:9784861047367

講演・口頭発表等

 
宮内輝, 風間恵介, 毛利宏
自動車技術会2019年春季大会学術講演会   2019年5月17日   
小山陸, 毛利宏, 風間恵介, 塩澤裕樹, 今村政道, 柏村聡
自動車技術会2019年春季大会学術講演会   2019年5月17日   
小川柾幸, 風間恵介, 毛利宏
自動車技術会2019年春季大会学術講演会   2019年5月17日   
二神龍太, 風間恵介, 毛利宏, 内田信行, 齋藤創
自動車技術会大会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2018年10月15日   
小山陸, 毛利宏, 風間恵介, 塩澤裕樹
自動車技術会大会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2018年10月15日   
島田和典, 島田英昭, 毛利宏, 今関隆志, 風間恵介
自動車技術会大会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2018年10月15日   
風間恵介, 川勝俊輝, 赤木康宏, 毛利宏
日本機械学会交通・物流部門大会講演論文集(CD-ROM)   2017年12月1日   
This paper describes an estimation method of ego-vehicle’s position using a 2D map. The general approach for localization is to match the lane lines between the map and the real world. However, such approaches suffer from changing the environmenta...
Estimationof Ego-Vehicle's Position based on Image Registration
風間恵介,川勝俊輝,赤木康宏,毛利宏
Proceeding of FAST-zero'17   2017年9月   
A Study on Steering Angle Control Method under Right/Left Cornering in an Intersection
川勝俊輝,風間恵介,毛利宏
Proceeding of FAST-zero'17   2017年9月   
川勝俊輝, 風間恵介, 毛利宏
自動車技術会大会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2017年5月22日   
西崎浩平, 毛利宏, 風間恵介
日本機械学会関東支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)   2017年3月15日   
川勝俊輝, 風間恵介, 毛利宏
日本機械学会交通・物流部門大会講演論文集(CD-ROM)   2016年11月29日   
<p>Autonomous driving in highway uses lane markers detection with stereo camera, LiDAR, and radar. However, when we drive in the city, an intersection has no lane markers, so we cannot detect them. Therefore, we need control method without using l...
円谷悠, 毛利宏, 風間恵介
日本機械学会交通・物流部門大会講演論文集(CD-ROM)   2016年11月29日   
<p>This paper describes an investigation on the nonlinear filter that can realize its gain and phase independently. In the driver-vehicle closed loop system, it is reported that there is an optimal value in vehicle phase delay. Therefore excessive...
坪井竜紀, 毛利宏, 風間恵介
自動車技術会大会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2016年10月17日   
風間恵介, 川勝俊輝, 赤木康宏, 毛利宏
日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2016年9月10日   
<p>This paper describes the development of a new localization method using a simple 2D map. The general method of localization using a 2D map is to match between the boundary line on the 2D map and the boundaries in the real world, i.e. lane marke...
玉川 迅, 毛利 宏, 風間 恵介, 佐藤 桂
日本機械学会関東支部総会講演会講演論文集   2016年   
In previous study it was confirmed that changing grip position counteracts drivers' maintenance of appropriate steering angle. Therefore, we developed the bar type steering system with low steering gear ratio. The difficulty of steering operation ...
Localization Method Based on Road Boundary Detection
風間恵介,佐藤桂,赤木康宏,ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク,毛利宏
Proceeding of FAST-zero’15   2015年9月   
玉川 迅, 毛利 宏, 風間 恵介, 佐藤 桂
交通・物流部門大会講演論文集   2015年   
In previous study it was clarified that changing of grip position of handle counteracts drivers' maintenance of appropriate steering angle, therefore, we developed the bar type steering system with low steering gear ratio. The difficulty of steeri...
An Experimental Analysis of Driver's Steering Operation Affected with Vehicle Side Slip Angle
風間 恵介,鈴木雄太,孕石泰丈,毛利宏,菅沢深
Proceedings of 12th International Symposium of Advanced Vehicle Control (AVEC) 2014   2014年9月   
風間恵介, 鈴木雄太, 孕石泰丈, 毛利宏, 菅沢深
自動車技術会学術講演会前刷集   2014年5月21日   

担当経験のある科目

 
  • プロジェクト実習 (成蹊大学)
  • システムデザイン実験Ⅰ (成蹊大学)
  • 制御工学Ⅰ (成蹊大学)
  • 学生フォーミュラFA (東京農工大学)
  • 機械システム設計製図 (東京農工大学)

所属学協会

 
自動車技術会 , 日本機械学会

競争的資金等の研究課題

 
カオス制御論を活用したトラクタ転倒・転落事故防止運転支援システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究A)
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月    代表者: 酒井憲司,松井正実,田村孝浩,風間恵介,山下恵,武田純一,中島正裕
オーソリティマップ上での自車位置推定技術とマップの逐次更新手法の設計
日本学術振興会: 科学研究費(特別研究員奨励費)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 風間 恵介

特許

 
毛利 宏, 玉川 迅, 風間 恵介
鈴木 卓馬, 上沼 研也, 毛利 宏, 孕石 泰丈, 風間 恵介
鈴木 卓馬, 上沼 研也, 毛利 宏, 孕石 泰丈, 風間 恵介

社会貢献活動

 
S-イノベ 「高齢社会を豊かにする科学・技術・システムの創成」
【その他】  科学技術振興機構  2019年

その他

 
2013年3月   高等学校教諭専修免許状(工業)
取得
2006年12月   危険物取扱者免状
乙種1,2,4,5,6類
2006年2月   ガス溶接技能講習
修了