言語の選択:

お知らせ


成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp

※8/6(木)~8/19(水)まで一斉休業となりますため、8/5(水)17時以降にお問合せいただいた場合は、8/20(木)以降のご対応となります。ご了承くださいますようお願いいたします。
 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 戸谷 希一郎
 

戸谷 希一郎

 
アバター
研究者氏名戸谷 希一郎
 
トタニ キイチロウ
URLhttp://www.ml.seikei.ac.jp/totanilab/Totani_Lab/Home.html
所属成蹊大学
部署理工学部 物質生命理工学科
職名教授
学位博士(工学)(慶應義塾大学)
J-Global ID201401094820177323

研究キーワード

 
糖タンパク質品質管理 ,小胞体 ,合成化学 ,糖鎖

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 生物有機化学 / 糖鎖生物学
  • ナノテク・材料 / ケミカルバイオロジー / 
  • ナノテク・材料 / 生物分子化学 / 
  • ナノテク・材料 / 生体化学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
成蹊大学 理工学部 教授, 
 
2009年4月
 - 
2018年3月
成蹊大学 理工学部 准教授, 
 
2008年4月
 - 
2009年3月
成蹊大学 理工学部 専任講師, 
 
2005年4月
 - 
2008年3月
(独)理化学研究所 細胞制御化学研究室 JST-CREST 研究員, 
 
2002年4月
 - 
2005年3月
(独)理化学研究所 伊藤細胞制御化学研究室 基礎科学特別研究員, 
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2002年3月
慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士後期過程、応用化学専攻
 
1997年4月
 - 
1999年3月
慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士前期課程、応用化学専攻
 
1993年4月
 - 
1997年3月
慶應義塾大学 理工学部 応用化学科
 

委員歴

 
2020年4月
 - 
現在
東京糖鎖研究会  会長
 
2018年4月
 - 
現在
Trends in Glycoscience and Glycotechnology 誌  編集幹事
 
2010年11月
 - 
現在
東京糖鎖研究会  幹事会員
 
2009年4月
 - 
現在
日本糖質学会  評議員
 

受賞

 
2011年
慶應義塾大学理工学部, 同窓生表彰「矢上賞」
 
 
2009年
日本糖質学会, 奨励賞
 
 
2008年
東京糖鎖研究会, 奨励賞
 
 
2007年
日本化学会, 第21回若い世代の特別講演会 講演
 
 
2006年
日本化学会, 第86春季年会 優秀講演賞
 
 

論文

 
 
Kiichiro Totani   Kaoru Arima   Taiki Kuribara   Yui Satake   Makoto Hirano   
ACS omega   5(13) 7399-7405   2020年4月   [査読有り]
We demonstrate the preferential orders of molecular chaperones glucose-regulated protein 94 (GRP94), binding immunoglobulin protein (BiP), and calreticulin (CRT) in an endoplasmic reticulum (ER) fraction from rat liver using columns conjugated wit...
 
Taiki Kuribara   Ayami Imagawa   Makoto Hirano   Yukishige Ito   Kiichiro Totani   
FEBS letters      2020年3月   [査読有り]
Deglucosylation and reglucosylation of glycoproteins by glucosidase II and uridine diphosphate-glucose: glycoprotein glucosyltransferase 1 (UGGT1), respectively, are important steps in glycoprotein quality control. Misfolded glycoprotein accumulat...
 
Wresti L. Anggayasti   Chikahiro Imashiro   Taiki Kuribara   Kiichiro Totani   Kenjiro Takemura   
ENGINEERING IN LIFE SCIENCES      2020年2月   [査読有り]
Cancer research is increasingly focused on discovering strategies to induce cancer cell apoptosis without affecting surrounding normal cells. One potential biocompatible method is mechanical vibration, which has been developed as part of the emerg...
 
Kanae Sano   Taiki Kuribara   Nozomi Ishii   Ayumi Kuroiwa   Toshitada Yoshihara   Seiji Tobita   Kiichiro Totani   Ichiro Matsuo   
Chemistry, an Asian journal   14(11) 1965-1969   2019年6月   [査読有り]
Golgi endo-α-mannosidase (G-EM) catalyzes an alternative deglucosylation process for N-glycans and plays important roles in the post-endoplasmic reticulum (ER) quality control pathway. To understand the post-ER quality control mechanism, we synthe...
 
Hanako Tauchi   Chikahiro Imashiro   Taiki Kuribara   Genichiro Fujii   Yuta Kurashina   Kiichiro Totani   Kenjiro Takemura   
BIOTECHNOLOGY AND BIOPROCESS ENGINEERING   24(3) 536-543   2019年6月   [査読有り]
Bioengineering research and applications are supported by cell culture technologies that produce a large number of homogeneous cells. However, trypsin used in the general culture procedure for cell detachment decreases cell activity and culture ef...

MISC

 
 
戸谷 希一郎   
Trends in Glycoscience and Glycotechnology   31(181) SJ59-SJ60   2019年   
<p>糖タンパク質品質管理はタンパク質上の高マンノース糖鎖をシグナルとして制御される。著者らは糖鎖プローブを基軸とした解析を通して、本機構が糖鎖認識以外の副次的要因によって相補的に制御されていることを見出した。例えば関連するほとんどの糖鎖認識タンパク質が、基質糖タンパク質のアグリコン状態の違いを識別して、活性を調節していることを明らかにした。また細胞内を模した分子クラウディング環境下において、糖鎖プロセシング行程の上流が加速され下流が減速されることを見出した。さらに肥満や2型糖尿病、骨粗鬆...
 
栗原 大輝   戸谷 希一郎   
成蹊大学理工学研究報告   54 25-27   2017年   
 
平野 真   戸谷 希一郎   
成蹊大学理工学研究報告   52 19-24   2015年   
 
Makoto Hirano   Chie Watanabe   Karen Kubo   Yukishige Ito   Spencer J. Williams   Kiichiro Totani   
GLYCOBIOLOGY   24(11) 1114-1115   2014年11月   
 
Masaaki Shiba   Kodai Iwata   Yuki Shinoda   Makoto Hirano   Kiichiro Totani   
GLYCOBIOLOGY   24(11) 1120-1120   2014年11月   

書籍等出版物

 
 
岩本将吾, 平野真, 松尾一郎, 戸谷希一郎(担当:分担執筆, 範囲:糖タンパク質品質管理の稼働状況を知る〜化学合成基質による糖鎖プロファイルの再構成〜)
NTS      2015年      
 
Kiichiro Totani, Kin-ichi Tadano, Mike Martin, Kwabena Boysen(担当:分担執筆, 範囲:1,4-Addition of nucleophiles to α,β-unsaturated carbonyl compounds)
Wiley-VCH      2013年3月   (ISBN:3527323791)   
 
武田陽一, 戸谷希一郎, 伊藤幸成(担当:分担執筆, 範囲:高マンノース型糖鎖の合成とバイオロジーへの展開)
羊土社      2013年      
 
戸谷 希一郎(担当:分担執筆, 範囲:N-結合型糖鎖プローブの合成とタンパク質品質管理機構解析への応用)
シーエムシー出版      2009年      
 
Kiichiro Totani, Kin-ichi Tadano(担当:分担執筆, 範囲:Monosaccharides as chiral auxiliaries and ligands for asymmetric synthesis)
Springer- Berlin Heidelberg      2008年      

講演・口頭発表等

 
 
糖タンパク質をトリアージする小胞体エンドマンノシダーゼ
平野真   渡邊千惠   伊藤幸成   WILLIAMS Spencer J   戸谷希一郎   
日本化学会講演予稿集   2015年3月11日   
 
マンノシダーゼ類の選択的阻害に基づく小胞体糖鎖プロセシングの解析
栗原大輝   平野真   伊藤幸成   戸谷希一郎   
日本化学会講演予稿集   2015年3月11日   
 
小胞体マンノシダーゼ類に対する選択的阻害剤の探索
栗原大輝   平野真   WILLIAMS Spencer J   戸谷希一郎   
日本糖質学会年会要旨集   2014年7月23日   
 
カルレティキュリンのフォールディング識別能
戸谷希一郎   平野真   足立優花   伊藤幸成   
日本糖質学会年会要旨集   2014年7月23日   
 
小胞体画分に見出されたエンドマンノシダーゼ活性の解析
平野真   渡邊千恵   久保佳蓮   伊藤幸成   WILLIAMS Spencer J   戸谷希一郎   
日本糖質学会年会要旨集   2014年7月23日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
生体分子化学特論 (成蹊大学大学院)
 
   
 
有機化学基礎 (東京工業大学)
 
   
 
有機立体化学 (成蹊大学)
 
   
 
有機反応機構 (成蹊大学)
 
   
 
有機合成化学 (成蹊大学)

所属学協会

 

Works(作品等)

 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
小胞体糖就職の統合的ケミカルバイオロジー
文部科学省: 科学研究費補助金 特別推進研究
伊藤 幸成 谷希一郎 
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月
 
不良糖タンパク質分解に係る小胞体エンドマンノシダーゼの科学的解析
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
戸谷 希一郎 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
小胞体エンドマンノシダーゼの発見と糖タンパク質品質管理に対する意義
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
戸谷 希一郎 
研究期間: 2013年 - 2015年
 
糖鎖プロセシング機能に立脚した小胞体ストレス関連疾患の化学的解析
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
戸谷 希一郎 
研究期間: 2011年 - 2013年
 
人工揺らぎ環境場における糖鎖プロセシング解析
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
戸谷 希一郎 
研究期間: 2011年 - 2012年

産業財産権

 

学術貢献活動

 

社会貢献活動

 

メディア報道

 

その他