言語の選択:

 
研究者検索 > 文学部 教員紹介 

成蹊大学 文学部

研究者リスト >> 遠藤不比人
 

遠藤不比人

 
アバター
研究者氏名遠藤不比人
 
エンドウ フヒト
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/30248992.ja.html
所属成蹊大学
部署文学部 英語英米文学科
職名教授
学位博士(学術)(一橋大学)

研究キーワード

 
文学/批評理論 , イギリス近現代文学 , ポール・ド・マン , メラニー・クライン , ジークムント・フロイト , 美学批判 , イギリス近代 , 心理学の歴史 , ブルームズベリー , 精神分析 , 戦間期 , モダニズム文学

研究分野

 
  • 文学 / 英米・英語圏文学 / 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
成蹊大学 文学部 教授
 
2012年4月
 - 
2013年3月
University College London The UCL Centre for the History of Psychological Disciplines Visiting Professor
 
2008年4月
 - 
2010年3月
成蹊大学 文学部 准教授
 
2004年6月
 - 
2008年3月
お茶の水女子大学21世紀COEプログラム客員研究員(ジェンダー研究・英語圏)
 
1998年4月
 - 
2008年3月
東京都立大学/首都大学東京 人文学部/人文科学研究科 助教授/准教授
 
2002年4月
 - 
2003年3月
The Wellcome Trust Centre for the History of Medicine at University College London Research Associate
 
1992年4月
 - 
1998年3月
山脇学園短期大学 英文科 専任講師
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1992年3月
慶應義塾大学大学院文学研究科  
 
1982年4月
 - 
1987年3月
慶應義塾大学 文学部 
 

委員歴

 
2015年2月
 - 
2018年8月
Cogent Arts & Humanities  editor
 
2015年1月
 - 
2016年12月
日本ヴァージニア・ウルフ協会  運営委員長
 
2011年1月
 - 
現在
The Advanced Institute for Globalization and Culture (Lakehead University, Canada)  Advisory Council
 
2008年1月
 - 
現在
日本ロレンス協会  評議員
 
2012年4月
 - 
2015年3月
日本英文学会関東支部  副支部長
 
2008年4月
 - 
現在
日本英文学会関東支部  理事
 
2011年1月
 - 
2013年12月
日本ヴァージニア・ウルフ協会  大会委員
 
2009年4月
 - 
2011年3月
日本英文学会  大会準備委員
 
2007年1月
 - 
2008年12月
日本ヴァージニア・ウルフ協会  協会創立30周年記念論集編集委員長
 
2006年1月
 - 
2008年12月
日本ヴァージニア・ウルフ協会  例会委員
 
2006年4月
 - 
2008年3月
日本英文学会  編集委員
 
2005年1月
 - 
2006年12月
日本ヴァージニア・ウルフ協会  事務局
 
2001年1月
 - 
2004年12月
日本ヴァージニア・ウルフ協会  編集委員
 

論文

 
Patricide of Monotheism or Metapsychology: Freud's Historiography of Transcendental Negativity
遠藤不比人
Seikei Review of English Studies   23 31-39   2019年3月   [招待有り]
物語と死の欲動をめぐる断章——反復、クイア、転移
遠藤不比人
『英語英米文学研究の現在』成蹊大学人文叢書16(風間書房)   203-223   2019年3月   [招待有り]
顔と表層をめぐる脱修辞学、あるいは、ポール・ド・マンの反心理学
遠藤不比人
言語社会(一橋大学大学院言語社会研究科)   13 28-39   2019年3月   [招待有り]
情動、モダニティ、不気味なもの——D・H・ロレンスの反心理学をめぐる覚書
遠藤不比人
D・H・ロレンス研究   (28) 59-64   2018年3月   [査読有り][招待有り]
カズオ・イシグロと「不気味な」日本をめぐる断章
遠藤不比人
ユリイカ 特集・カズオ・イシグロの世界   49(21) 86-94   2017年12月   [招待有り]
アウラと情動、あるいは残滓的なものの唯物論をめぐる断章
遠藤不比人
ヴァージニア・ウルフ研究   (34) 86-95   2017年11月   [査読有り][招待有り]
Landscape and Affect, or the 'Primal Scene' of Romanticism: The Aesthetics of Roger Fry and Virginia Woolf
遠藤不比人
Seikei Review of English Studies   21 53-62   2017年3月   [招待有り]
人文学における脱構築と精神分析の再考ーー『ダロウェイ夫人』の修辞学的狂気をめぐって
遠藤不比人
人文学の沃野 成蹊大学人文叢書13(風間書房)   99-124   2017年3月   [招待有り]
ロラン・バルトとレオナルド・ダ・ヴィンチ、あるいは想像界というクローゼットの精神分析
遠藤不比人
文化現象としての恋愛とイデオロギー 成蹊大学人文叢書14(風間書房)   81-116   2017年3月   [招待有り]
モダニズム的崇高と三島由紀夫ーー風景と情動をめぐって
遠藤不比人
混沌と抗戦ーー三島由紀夫と日本、そして世界(水声社)   295-302   2016年11月   [招待有り]
ポー、精神分析、脱構築、textual necrophilia ——不気味な反転をめぐる断章
遠藤不比人
ポー研究   (8) 45-52   2016年3月   [査読有り][招待有り]
In Defence of Negativity: Jameson, Felman, and Marxist Aesthetics
遠藤不比人
Seikei Review of English Studies   (20) 45-52   2016年3月
Affect, Realism, and Utopia: Fredric Jameson's Dialogues with De Man, Karatani, and Williams
Bulletin of the Faculty of Humanities (In Commemoration of the 50th Anniversary of the Foundation of the Faculty of Humanities)   51 115-126   2016年3月
情動化/攪乱される有機体論——D・H・ロレンスの無意識と反心理学
遠藤不比人
21世紀のD・H・ロレンス(国書刊行会)   74-93   2015年10月   [招待有り]
リアリズム/ユートピアの弁証法をめぐる情動論的断章ーー三浦玲一の追悼のために
遠藤不比人
レイモンド・ウイリアムズ研究   5 8-25   2014年10月   [招待有り]
症候としての(象徴)天皇とアメリカーー三島由紀夫の戦後を再読する
遠藤不比人
日本表象の地政学ーー海洋・原爆・冷戦・ポップカルチャー(彩流社)   162-185   2014年3月
A Reading of Freud through Williams: An Actual/Affectual Residual and the Long Revolution
Raymond Williams Studies: Special Issue   23-34   2013年7月   [招待有り]
カタストロフィあるいは「歴史」なき暴力/性 ――『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない』と冷戦期アメリカ
遠藤不比人
アメリカン・ヴァイオレンス: 見える暴力、見えない暴力(彩流社)   121-145   2013年5月   [招待有り]
戦争(記事)
遠藤不比人
文化と社会を読む 批評キーワード辞典(研究社)   154-164   2013年3月   [招待有り]
トラウマ(記事)
遠藤不比人
文化と社会を読む 批評キーワード辞典(研究社)   174-182   2013年3月   [招待有り]
「文学」「理論」「歴史」を内破する「死の欲動」ーーキャサリン・マンスフィールド「至福」のフロイト的言語をめぐって
遠藤不比人
文学研究のマニフェストーーポスト理論・歴史主義の英米文学批評入門   149-178   2012年12月   [招待有り]
The Death Drive of Revolution/Counter-Revolution
(a): the Journal of Culture and the Unconscious (Special Issue: The Freudian Left Reconsidered, The California Psychoanalytic Circle)   8(1) 63-72   2012年8月   [査読有り][招待有り]
Singular Universality: D. H. Lawrence and Marxism
D. H. Lawrence Studies (The D. H. Lawrence Society of Korea)   20(1) 93-107   2012年6月   [査読有り][招待有り]
「母性愛」の精神分析――ボウルビズムのイデオロギーをめぐって
遠藤不比人
愛と戦いのイギリス文化史 1951-2010(慶應義塾大学出版会)   173-190   2011年9月
「空虚なる日本」の精神分析――あるいは、死の欲動の美的/暴力的解消について
遠藤不比人
I・R・S・――ジャック・ラカン研究   8 79-101   2011年8月   [査読有り]
不在の戦争、あるいは享楽の反復――キャサリン・マンスフィールドの「至福」を読む
遠藤不比人
西部戦線異状あり――第一次世界大戦とイギリス女性作家たち(慶應義塾大学出版会)   87-122   2011年8月
心に開いた生の傷――メイ・シンクレア『ロマンティック』を読む
遠藤不比人
西部戦線異状あり――第一次世界大戦とイギリス女性作家たち(慶應義塾大学出版会)   123-156   2011年8月
不在の戦争、あるいは幼児(同)愛ーー『ダロウェイ夫人』のメタ心理学的(間)テクスト性をめぐる覚書
遠藤不比人
成蹊大学英語英文学研究   15 37-50   2011年3月
破綻あるいは失敗の美学/倫理ーーイギリス・モダニズム文学と精神分析
遠藤不比人
言語文化   4 161-180   2010年3月   [招待有り]
精神分析とファンタジー/幻想——カズオ・イシグロ「ある家族の夕餉」における「臍」
遠藤不比人
探究するファンタジー―—神話からメアリー・ポピンズまで(風間書房)   265-287   2010年3月
根源的否定性の唯物論を巡る覚書ーージェフリー・メールマン『革命と反復』を再読する
遠藤不比人
レイモンド・ウイリアムズ研究   1 75-90   2009年10月   [招待有り]
レオナルドとエリザベス——リットン・ストレイチーのクイア的自己成型をめぐって
遠藤不比人
成蹊英語英文学研究   13 1-20   2009年3月
共同体とエロス、あるいは死の欲動の美学化ーーウィリアムズ、エムプソン、フロイトの交錯点
遠藤不比人
英語青年   154(10) 37-42   2008年12月   [招待有り]
特に最初の二楽章が・・・ーーカズオ・イシグロの<日本/幼年期>をめぐって
遠藤不比人
水声通信   26 98-107   2008年11月   [招待有り]
『母』をめぐるメタ心理学――ブルームズベリー、クライン、モダニズム
遠藤不比人
転回するモダン――イギリス戦間期の文化と文学(研究社)   112-131   2008年7月   [査読有り]
エロスと暴力――大戦後の精神分析と文学
遠藤不比人
愛と戦いのイギリス文化史1900-1950年(慶應義塾大学出版会)   122-137   2007年2月
歴史化できない残余としての怪物――『フランケンシュタイン』が実証主義に語ること
遠藤不比人
もっと知りたい名作の世界⑦――『フランケンシュタイン』(ミネルヴァ書房)   161-173   2006年12月   [査読有り]
テクストの言葉は作者を裏切る―『ダロウェイ夫人』のレトリックを読む
遠藤不比人
もっと知りたい名作の世界⑥―『ダロウェイ夫人』   121-133   2006年11月   [査読有り]
歴史主義の中心で/の「歴史」を叫ぶーー(英)文学的精読がいまできること
遠藤不比人
英語青年   152(7) 17-19   2006年9月   [招待有り]
サディズム/メランコリーの倫理ーーメラニー・クラインを読むジュディス・バトラー
遠藤不比人
I.R.S.ーージャック・ラカン研究   5 40-61   2006年8月   [査読有り]
ラディカルな分離とコミュニティーーレイモンド・ウィリアムズが賭けたもの
遠藤不比人
英語青年   151(12) 38-41   2006年2月   [招待有り]
Radical Violence Inside/Out: Woolf, Klein, and Interwar Politics
Twentieth-Century Literature   52(2) 175-198   2006年   [査読有り]
『歴史哲学テーゼ』を読むジジェク
遠藤不比人
ヴァージニア・ウルフ研究   22 71-71   2005年9月
メラニー・クラインというスキャンダルーー精神分析における食と排泄の弁証法
遠藤不比人
食餌の技法―身体医文化論4(慶應義塾大学出版会)   254-274   2005年8月
モダニズム的<文化>の(再)定義のための覚書ーー大戦間の有機体論的美学=政治学をめぐって
遠藤不比人
ヴァージニア・ウルフ研究   21 84-95   2004年9月   [査読有り][招待有り]
「女」はもはや存在しない―フェミニズム批評
遠藤不比人
知の教科書―批評理論(講談社メチエ叢書)   136-161   2003年10月
「歴史」という強迫/享楽ーー大戦間、精神分析、ウルフ、あるいは「晦渋」をめぐる断章
遠藤不比人
ヴァージニア・ウルフ研究   20 116-129   2003年9月   [査読有り][招待有り]
ラディカルな「内部」としての「外部」ーーメラニ・クラインと大戦間の文化研究
遠藤不比人
英語青年   149(4) 38-41   2003年6月
<欲動>の美学化とその不満―フロイト、ウルフ、無気味な身体としての<歴史>
遠藤不比人
身体医文化論―感覚と欲望(慶應義塾大学出版会)   317-347   2002年5月
Kojin Karatani & The Return of the Thirties: Psychoanalysis in/of Japan
遠藤不比人
The Semiotic Review of Books   13(1) 2-3   2002年   [査読有り][招待有り]
「女のイングランド」という不可能な欲望ーー疎外論的フェミニズム批評を再考するための覚書
遠藤不比人
ヴァージニア・ウルフ研究   18 79-93   2001年9月   [査読有り]
"Are we not all prisoners?"ーー『ダロウェイ夫人』におけるアレゴリーとしてのパストラル
遠藤不比人
人文学報   302 43-89   1999年3月
De-politicizing the Political: A Reading of Virginia Woolf's Populism/Indigenism
遠藤不比人
藝文研究   73 333-349   1997年12月
"Perhaps poetry grew from mud": A Reading of "the hollow" in _Between the Acts_
遠藤不比人
英文學研究   72(2) 209-225   1996年1月   [査読有り]
「昼」と「夜」のアムビヴァレンスーーキャサリン・マンスフィールドの "Bliss" を読む
遠藤不比人
藝文研究   60 56-67   1992年3月
象徴的治療を求めてーーキャサリン・マンスフィールドの四つの庭
遠藤不比人
藝文研究   57 46-63   1990年3月
Retreat and Miniaturization: Katherine Mansfield's Microcosm
遠藤不比人
Colloquia   9 35-46   1988年9月

書籍等出版物

 
小池 昌代, 阿部 公彦, 平井 杏子, 中川 僚子, 遠藤 不比人 (担当:共著)
水声社   2017年12月   ISBN:4801003184
遠藤 不比人
彩流社   2017年3月   ISBN:4779123089
レイモンド・ウィリアムズ (担当:共訳)
みすず書房   2016年2月   ISBN:4622078155
大貫 隆史, 河野 真太郎, 川端 康雄, 三浦 玲一, 近藤 康裕, 秦 邦生, 鈴木 英明, 遠藤 不比人, 越智 博美 (担当:共著)
研究社   2013年8月   ISBN:4767434726
三浦 玲一, 遠藤 不比人, 越智 博美, 大田 信良, 河野 真太郎, 中井 亜佐子, 中山 徹 (担当:共著)
研究社   2012年12月   ISBN:4327472298
遠藤 不比人
慶應義塾大学出版会   2012年2月   ISBN:4766419111
河内 恵子, 上田 敦子, 遠藤 不比人, 大道 千穂, 出渕 敬子 (担当:共著)
慶應義塾大学出版会   2011年8月   ISBN:4766418484
トッド・デュフレーヌ (担当:単訳)
みすず書房   2010年7月   ISBN:4622074435
研究社   2008年7月   ISBN:4327472166
ベリル・ベインブリッジ (担当:共訳)
松柏社   2007年6月   ISBN:4775401378
慶應義塾大学出版会   2007年2月   ISBN:4766413288

講演・口頭発表等

 
A Modernist Critique of Modernity: Materiality of the Invisible in British and Japanese Modern Art
遠藤不比人
Modernism and Multiple Temporalities: The Second Annual International Conference of the Modernist Studies in Asia (Aoyama Gakuin University)   2019年9月14日   
The Ocean Libidinized: Yukio Mishima and the Cold War
遠藤不比人
International Conference on the Aesthetic Mechanisms of Ocean Representations in British, American, and Asian Contexts (Seikei University Tokyo)   2019年7月13日   
Affect and Cultural Production: _Border Country_ and Socialist Community
遠藤不比人
Raymond Williams Society 1st Annual Conference 'Cultural Production and the Redundancy of Work: Precarity, Automation, and Critique' (Friends Meeting House, Manchester)   2019年4月27日   
Between Freud and Klein: Joan Riviere and Her Textual Masquerade
遠藤不比人
International workshop: Deviating with and from Freud: Discussions with George Makari (Seikei University)   2019年3月21日   
Some Reflections on Roger Fry and His Contemporary Japanese Art [招待有り]
遠藤不比人
International symposium: “Modernism and Beyond: Art, Literature, and Aesthetics” ( U. of Tsukuba, Bunkyo (Tokyo) Campus)   2019年3月10日   
Face and Surface Disfigured: Paul de Man, Wordsworth, and Freud [招待有り]
遠藤不比人
Behind the Masks: Representations of the Face in Japanese and Western European Literature and Theatre from the Early Modern Period to the Present (University of Edinburgh)   2018年12月14日   
Empathetic or Counter/Transferential Narrative: Pre/Post-Freudian Language in Joseph Conrad
遠藤不比人
Modernism and Empathy: An International and Interdisciplinary Conference (The Education University of Hong Kong)   2018年6月15日   
Affective Socialism: Border Country Revisited [招待有り]
遠藤不比人
Selective Tradition in the Pacific: A Conference on Class, Writing, Culture (Victoria University of Wellington)   2017年9月1日   
情動とモダニティ、あるいはアウラをめぐる唯物論 [招待有り]
遠藤不比人
徹底討論:「情動・触覚・モダニティ」をめぐって(日本ヴァージニア・ウルフ協会第116回例会、青山学院大学)   2017年7月29日   
D・H・ロレンスの反心理学ーーあるいはその情動論的可能性の再読 [招待有り]
遠藤不比人
シンポジウム、情動、共感、D・H・ロレンスとその周辺(第48回日本ロレンス協会全国大会、東洋大学)   2017年7月23日   
Freud’s Leonardo da Vinci and a Memory of his Childhood in Lytton Strachey’s Elizabeth and Essex [招待有り]
遠藤不比人
Continuing Conversations between Bloomsbury and Psychoanalysis: Drawings and Borrowings (University College London)   2017年6月24日   
Patricide of Monotheism/Meta-Psychology: Moses or Freud and Paul or Jung
Workshop: ‘Discussing Moses and Monotheism with Professor Jean-Michel Rabaté,’   2017年5月9日   
Yukio Mishima as a Cold War Novelist: Problematics around the Castration
遠藤不比人
2017 MLA Annual Conference (Pennsylvania Convention Center, Philadelphia)   2017年1月6日   
Landscape and Affect, or the ‘Primal Scene’ of Romanticism: Roger Fry and Virginia Woolf Reconsidered [招待有り]
遠藤不比人
Romantic Legacies: the 13th Wenshan International Conference (National Chengchi University, Taipei)   2016年11月18日   
Affective Materiality/Modernity: Roger Fry and Virginia Woolf Reexamined
遠藤不比人
Virginia Woolf and Her Legacy in the Age of Globalization (Kookmin University, Seoul)   2016年8月25日   
Psychic Modernity: Critical Approaches to the Psychological
遠藤不比人
Psychic Modernity: Critical Approaches to the Psychological (Organiser and chair: Seikei University)   2016年8月23日   
冷戦の日本浪漫派的享楽?————三島由紀夫の「戦後」を再考する [招待有り]
遠藤不比人
公開研究会「三島由紀夫と60年代(日本大学文理学部)   2016年6月24日   
風景の実存/情動化 ヴァージニア・ウルフとロジャー・フライの美学理論 [招待有り]
遠藤不比人
日本英文学会関東支部第12回大会 (2016年度夏期大会) メイン・シンポジウム「近代と情動―文学、美学、哲学、心理学の相互交渉をめぐって」(青山学院大学)   2016年6月18日   
Kazuo Ishiguro あるいは「記憶のテクスチャー」 [招待有り]
遠藤不比人
日本英文学会 第88回全国大会 シンポジアム「21世紀のイギリス小説が問う記憶と歴史」(京都大学)   2016年5月28日   
Marxist Aesthetics Reconsidered: Jameson, Felman, and Williams [招待有り]
遠藤不比人
Beyond Border Country: New Directions in Raymond Williams Studies (Pandy Village Hall, Wales the UK)   2016年3月11日   
In the Dead Core of Positivist Historicism: Negativity in Fredric Jameson and Shoshana Felman [招待有り]
遠藤不比人
The 7th Annual Liberlit Conference (Tokyo Woman's Christian University)   2016年2月22日   
The Postwar Japanese Aesthetic Nationalism and Its Transpacific Contexts
遠藤不比人
Modernist Studies Association 2015: Transnational Modernism in the Shadow of State Policy Parliament (Westin Copley Place Boston)   2015年11月22日   
モダニズム的崇高と三島由紀夫-風景と情動をめぐって(口頭発表) [招待有り]
遠藤不比人
国際三島由紀夫シンポジウム2015 セッションⅢ 三島由紀夫と情動の問題:司会兼講師 (東京大学駒場キャンパス)   2015年11月15日   
Yukio Mishima and His Transpacific Nationalist Imagination
遠藤不比人
Transpacific Literary History 113th Annual Conference of the Pacific Ancient and Modern Language Association (Portland Marriott City Center)   2015年11月7日   
ポー、精神分析、脱構築、textual necrophilia ——不気味な反転をめぐる断章
遠藤不比人
日本ポー学会第8回年次大会(司会兼講師)   2015年9月19日   
Joan Riviere in
 Masquerade, or Uncanny Chiasmus of Freud/Klein [招待有り]
遠藤不比人
Conversations Between Bloomsbury and Psychoanalysis: Mutual Influence or Incomprehension? (University College London)   2015年9月12日   
Denial/Acceptance of Castration: Mishima's "Symbolic Emperor" and Its Transpacific Context [招待有り]
遠藤不比人
Transnational America and the Question of Literature (Tsukuba University Tokyo)   2015年3月20日   
近代小説と情動あるいは風景をめぐるいくつかの思弁 [招待有り]
遠藤不比人
科学研究費・基盤研究(B)「マニフェスト・デスティニーの情動的効果と21世紀惑星的想像力」主催研究会(成蹊大学)   2015年2月23日   
「育児室の戦争」 ——心理学化される戦争、あるいはイギリスの精神分析 [招待有り]
遠藤不比人
日本ヴィクトリア朝文化研究学会 第14回全国大会(上智大学)   2014年11月8日   
A Reading of Jameson’s Reading of Realism/Utopia: Its Dialogues with Karatani, de Man, and Williams [招待有り]
遠藤不比人
The Im/possibility of Realism and Utopia: Jameson, Williams, and Fiction (Seikei University Tokyo)   2014年9月6日   
The Material Event of the Death Drive: Freud and De Man Reconsidered
遠藤不比人
111th Annual Conference of the Pacific Ancient and Modern Language Association (Bahia Resort Hotel San Diego)   2013年11月3日   
Organicism Revitalised/Violated: The Unconscious of D. H. Lawrence and Its Dynamic and Affective Physiology
遠藤不比人
Comparative Modernisms: Psychology, Literature, and Affect--International Conference (Seikei University Tokyo)   2013年9月14日   
Opening Address: Comparative Modernisms
遠藤不比人
Comparative Modernisms: Psychology, Literature, and Affect--International Conference (Seikei University Tokyo)   2013年9月14日   
An Unexpected Dialogue between Freud and R. Williams: Psychoanalytic Affect and Politics of Modernism [招待有り]
遠藤不比人
Affect, Politics, and Psychoanalysis—International Conference (National Taiwan University Taipei)   2013年6月22日   
Bloomsbury and Psychoanalysis Seminars (February 6, March 5, 12, 19)
遠藤不比人
Public lectures at the UCL Centre for the History of Psychological Discipilines   2013年3月   
The Ethics/Erotics of Failure: Freud, Psychoanalytic 'Truth' and Japanese Romantics [招待有り]
遠藤不比人
Workshop “Faltering Self”: Identity, Memory, and Experience (Universidad Carlos III de Madrid)   2013年2月7日   
Freud and the Ethics of Failure [招待有り]
遠藤不比人
Dangerous Therapies. William James Revisited: International Symposium (Universidad Nacional de Educación a Distancia Madrid)   2013年1月11日   
A Reading of Freud through Williams: an Actual/Affectual Residual and the Long Revolution [招待有り]
遠藤不比人
Long Revolutions in Wales and Japan: Raymond Williams in Transit 3 (Richard Burton Centre Swansea Wales)   2012年11月2日   
Joan Riviere, _Womanliness as a Masquerade_ [招待有り]
遠藤不比人
Lecture for PhD Psychoanalytic Studies Discussion Group (Psychoanalysis Unit at University College London)   2012年10月19日   
Psychoanalysis as ‘Psychography’ of the Melancholiac: the Case of Alix Strachey [招待有り]
遠藤不比人
Second Joint Meeting of Cheiron and the European Society for the History of the Human Sciences (Dawson College Montreal)   2012年6月19日   
Singular Universality: D. H. Lawrence and Marxism Reconsidered [招待有り]
遠藤不比人
30th Annual Meeting of The D. H. Lawrence Society of Korea (Duksung Women's University Seoul)   2012年5月12日   
Bloomsbury and Psychoanalysis: Alix Strachey [招待有り]
遠藤不比人
Paper for the WIP (Work in Progress) Seminar at the UCL Centre for the History of Psychological Disciplines   2012年5月1日   
1939年、ヴァージニア・ウルフの同時代人たち――<連帯>あるいはコスモポリタニズムの時間性 [招待有り]
遠藤不比人
日本ヴァージニア・ウルフ協会第30回全国大会シムポジウム   2011年10月30日   
The Death Drive of Revolution/Counter-Revolution: Rereading of Jeffrey Mehlman's _Revolution and Repetition_ [招待有り]
遠藤不比人
10th Annual Symposium of California Psychoanalytic Circle (Jan van Eyck Academie Maastricht)   2010年10月9日   
イギリス・モダニズム文学と精神分析ーーその間テクスト性の再吟味 [招待有り]
遠藤不比人
一橋大学大学院言語社会研究科主催講演会(一橋大学)   2009年7月4日   
Kleinian Melancholia/Eating of Words: Response to Professor Anne Juranville [招待有り]
遠藤不比人
東京大学グローバルCOE主催ワークショップ   2009年5月12日   
イギリス・モダニズム文学と精神分析ーーエリオット、ウルフ、そしてフロイトをめぐって [招待有り]
遠藤不比人
中京大学国際教養学部主催招待講演(中京大学)   2009年2月9日   
「空虚な日本」という表象の精神分析ーー死の欲動の美的/想像的解消について [招待有り]
遠藤不比人
日本ラカン協会主催ワークショップ(東京大学駒場キャンパス)   2008年7月27日   
Imaginary/Aggressive Resolution of the Death-Drive: A Psychoanalytic Critique of Japanese Neo-Conservatism [招待有り]
遠藤不比人
World Conference held by National Taiwan University (National Taiwan University Taipei)   2008年5月22日   
共同体とエロス/死ーーウィリアムズ、エムプスン、フロイトをめぐる断章
遠藤不比人
日本女子大学文学部・大学院文学研究科主催シンポジウム(日本女子大学)   2008年3月22日   
靖国とメランコリー――精神分析のアクチュアリティについて
遠藤不比人
東京都立大学英文学会最終講義   2008年3月19日   
エリザベスとレオナルドーーリットン・ストレイチーのクイア的自己成型 [招待有り]
遠藤不比人
日本英文学会関東支部シンポジウム(青山学院大学)   2008年1月12日   
Melancholia and the Death Drive: A Psychoanalysis of Japanese "Globalization" [招待有り]
遠藤不比人
World Conference held by the Korean Psychoanalytic Society (Kyung Hee University Seoul)   2007年5月5日   
ふたたび問う、文学と歴史――実践の現場から [招待有り]
遠藤不比人
日本英文学会関東支部例会シムポジウム   2007年1月13日   
"emancipated women" のメタ・サイコロジーーAlix StracheyとJoan Riviere の精神分析
遠藤不比人
日本英文学会第78回全国大会シンポジウム(中京大学)   2006年5月20日   
L. Bersani, _The Freudian Body_ を読む [招待有り]
遠藤不比人
お茶の水女子大学21世紀COE英語圏年次大会(お茶の水女子大学)   2006年2月18日   
ロレンスを読むウィリアムズを読むーー「偉大な小説家」ロレンスをリーヴィスから奪還するために
遠藤不比人
日本ロレンス協会第36回全国大会シンポジウム(久留米大学)   2005年6月5日   
メラニー・クラインというスキャンダルーー精神分析における食と排泄の弁証法 [招待有り]
遠藤不比人
身体医文化論研究会月例会(慶應義塾大学日吉キャンパス)   2003年12月17日   
昇華されぬ暴力、あるいはエロスの過剰ーーウルフ&クラインを再読するために [招待有り]
遠藤不比人
日本ヴァージニア・ウルフ協会第23回全国大会シンポジウム(九州大学)   2003年11月1日   
’the relation of masses, of lights and shadows’: Woolf and Klein Re-historicised in Interwar Politics [招待有り]
遠藤不比人
HHS Seminar ( The Wellcome Trust Centre for the History of Medicine at University College London)   2003年3月10日   
<欲動>の美学化とその不満ーーウルフ、フロイト、フェミニズム批評を再読するために [招待有り]
遠藤不比人
日本ヴァージニア・ウルフ協会第84回例会(東京大学駒場キャンパス)   2001年7月21日   
テクストとしての『文学とは何か』ーーテリー・イーグルトンの再読/脱構築 [招待有り]
遠藤不比人
日本ロレンス協会第32回全国大会シンポジウム(活水女子大学)   2001年6月24日   
「女のイングランド」という不可能な欲望ーーヴァージニア・ウルフの身体の政治学
遠藤不比人
身体医文化論研究会ワーク・ショップ(慶應義塾大学日吉キャンパス)   2001年3月25日   
"The political baptism of the lower classes"ーー_Mrs Dalloway_ における下層階級の表象を読む [招待有り]
遠藤不比人
東京都立大学英文学会春季大会(東京都立大学)   1998年7月11日   
"aesthetic sympathy"ーー_Mrs Dalloway_ における群集のモティーフ
遠藤不比人
日本英文学会第69回全国大会(宮城学院女子大学)   1997年5月25日   
蘇生/再生ーー_Between the Acts_ における "hollow" の意味
遠藤不比人
日本英文学会第65回全国大会(東京大学本郷キャンパス)   1993年5月16日   
“My writing is a species of mediumship”――「幕間」と最晩年のウルフの歴史意識について [招待有り]
遠藤不比人
日本ヴァージニア・ウルフ協会62回例会   1993年1月23日   

所属学協会

 
Modern Language Association , 日本ロレンス協会 , 日本ヴァージニア・ウルフ協会 , 日本英文学会

競争的資金等の研究課題

 
英国モダニズムにおける反心理学の系譜に関する学際的かつ国際的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究B
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 遠藤不比人
「産業文学」の再定義とその国際共同研究——産業化と脱産業化のグローバルな経験
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究 A
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 川端康雄
英国モダニズムの情動空間に関する総合的かつ国際的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究B
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 遠藤不比人
新しいカルチュラル・スタディーズの基礎理論構築―残滓としての英国批評を活用して
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究A
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 川端康雄