言語の選択:

お知らせ


成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 小森 理
 

小森 理

 
アバター
研究者氏名小森 理
 
コモリ オサム
URLhttp://www.ci.seikei.ac.jp/komori/
所属成蹊大学
部署理工学部 情報科学科
職名准教授
学位博士(統計科学)
その他の所属統計数理研究所
J-Global ID201301069266445882

研究キーワード

 
Machine learning ,Biometrics ,統計手法構築 ,機械学習 ,ゲノムデータ ,高次元 ,パタン認識 ,予測

研究分野

 
  • 情報通信 / 統計科学 / データサイエンス

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
成蹊大学   
 
2015年10月
 - 
2018年3月
福井大学   
 
2010年4月
 - 
2015年9月
統計数理研究所   
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2010年3月
総合研究大学院大学  
 
2005年4月
 - 
2007年3月
慶應義塾大学大学院基礎理工学専攻数理科学専修  
 
2001年4月
 - 
2005年3月
慶應義塾大学理工学部数理科学科  
 

委員歴

 
2017年10月
 - 
現在
日本統計学会  Japanese Journal of Statistics and Data Science, Associate Editor
 
2015年4月
 - 
現在
日本計量生物学会  日本計量生物学会誌編集委員
 

受賞

 
2016年3月
日本計量生物学会, 奨励賞
小森 理 
 

論文

 
 
Akifumi Notsu   Osamu Komori   Shinto Eguchi   
NEURAL COMPUTATION   26(2) 421-4482014年2月   [査読有り]
We propose a new method for clustering based on local minimization of the gamma-divergence, which we call spontaneous clustering. The greatest advantage of the proposed method is that it automatically detects the number of clusters that adequately...
 
Chen, Pengwen   National Chung   Hsing University, Hung   Hung Institute of   Epidemiology   Preventive Medicine   Komori   Osamu The   Institute of   Statistical Mathematics   Su-Yun   Huang Institute of   Statistical Science   Academia Sinica, Eguchi   Shinto The   Institute of   Statistical Mathematics   
Selected Topics in Signal Processing, IEEE Journal   7(4) 614-6242013年8月   [査読有り]
 
Osamu Komori   Mari Pritchard   Shinto Eguchi   
Computational and Mathematical Methods in Medicine   2013 142013年   [査読有り]
This paper discusses mathematical and statistical aspects in analysis methods applied to microarray gene expressions. We focus on pattern recognition to extract informative features embedded in the data for prediction of phenotypes. It has been po...
 
Osamu Komori   Shinto Eguchi   
BMC BIOINFORMATICS   11 3142010年6月   [査読有り]
Background: The receiver operating characteristic (ROC) curve is a fundamental tool to assess the discriminant performance for not only a single marker but also a score function combining multiple markers. The area under the ROC curve (AUC) for a ...

産業財産権

 
 
金子周一   酒井佳夫   小村卓也   松井茂之   小森理   丹野博   宮崎義孝   辰巳勇