言語の選択:

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 甲斐宗徳
 

甲斐宗徳

 
アバター
研究者氏名甲斐宗徳
 
カイ ムネノリ
所属成蹊大学
部署理工学部 情報科学科
職名教授
学位工学博士(早稲田大学)
その他の所属成蹊大学大学院理工学研究科

研究キーワード

 
ヘテロジニアスグリッド環境 , 分散処理 , 自律型分散処理 , 強マイグレーション , モバイルエージェント , 並列処理 , 自動負荷分散 , タスクスケジューリング , 低消費電力型システム , ネットワーククオリティ制御

研究分野

 
  • 情報学 / ソフトウェア / 並列・分散処理ソフトウェア

経歴

 
2005年4月
 - 
現在
成蹊大学 理工学部情報科学科 教授
 
2003年4月
 - 
2006年3月
早稲田大学 理工学部コンピュータ・ネットワーク工学科 非常勤講師
 
2004年4月
 - 
2005年3月
成蹊大学 理工学部情報科学科 助教授
 
1991年4月
 - 
2004年3月
成蹊大学 工学部経営工学科 助教授
 
1994年4月
 - 
2003年3月
早稲田大学 理工学部電気工学科 非常勤講師
 
1989年4月
 - 
1991年3月
成蹊大学 工学部経営工学科 専任講師
 
1988年4月
 - 
1989年3月
成蹊大学 工学部経営工学科 助手
 
1987年4月
 - 
1988年3月
早稲田大学 理工学部電気工学科 助手
 

学歴

 
1985年4月
 - 
1988年3月
早稲田大学大学院 理工学研究科 電気工学専攻博士課程
 
1983年4月
 - 
1985年3月
早稲田大学大学院 理工学研究科 電気工学専攻修士課程
 
1979年4月
 - 
1983年3月
早稲田大学 理工学部 電気工学科
 
1976年4月
 - 
1979年3月
早稲田大学高等学院  
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
情報処理学会  アクレディテーション委員会
 
2010年6月
 - 
現在
日本技術者教育認定機構  ソウル協定対応部会
 
2008年5月
 - 
現在
電気学会  JABEE部会副部会長
 
2002年4月
 - 
現在
電子情報技術産業協会  計算機システム技術専門委員会幹事
 
2009年6月
 - 
2010年5月
日本技術者教育認定機構  情報系認定審査制度検討委員会委員
 
2008年6月
 - 
2009年5月
日本技術者教育認定機構  情報系認定審査準備委員会委員
 
2005年5月
 - 
2008年4月
電気学会  JABEE審査実行部会委員
 
1999年6月
 - 
2005年5月
電気学会  情報処理技術委員会委員長
 
2000年4月
 - 
2003年3月
東京都商工会連合会  情報特別委員会委員
 
1990年4月
 - 
2002年3月
日本電子工業振興協会  計算機システム技術委員会委員
 
1997年5月
 - 
1999年4月
情報処理学会  論文誌編集委員会SWG委員
 
1996年5月
 - 
1997年4月
情報処理学会  学会誌編集委員会SWG主査
 
1992年11月
 - 
1996年4月
電気学会  産業界における並列処理計算機技術動向調査専門委員会幹事
 
1993年5月
 - 
1995年4月
情報処理学会  学会誌編集委員会
 
1991年4月
 - 
1993年4月
情報処理学会  文献ニュース小委員会委員
 
1990年8月
 - 
1993年3月
国際AI財団  AIセミナー委員会委員
 
1991年4月
 - 
1992年3月
情報処理学会  マイクロコンピュータとワークステーション研究連絡会連絡委員
 

受賞

 
1997年8月
電気学会 優秀論文発表賞 プロセッサ必要数の適正化を図る通信を考慮したタスクスケジューリング手法
 

論文

 
タスクグラフの階層的マクロタスク化とそのタスクスケジューリング手法の提案
長谷川幹, 甲斐宗徳
成蹊大学理工学部研究報告   55(2) 7-13   2018年12月   [査読有り]
モバイルエージェントシステムAgentSphere のためのマイグレーションおよびセキュリティに関するコアシステムの強化
ディダ ベサリ, 甲斐宗徳
成蹊大学理工学研究報告   55(2) 1-6   2018年12月   [査読有り]
遠隔メモリページングにおけるローカルデータへのget/put機構による高速データ転送の実装
大浦陽, 緑川博子, 甲斐宗徳
情報処理学会 第80回全国大会論文誌   1-53-1-54   2018年3月
遠隔メモリページングにおけるマルチスレッド利用によるスワッピングプロトコルの改良
大浦 陽, 北川健司, 緑川博子, 甲斐宗徳
第16回情報科学技術フォーラム講演論文集   第1分冊(B-005) 141-146   2017年9月
大浦 陽, 緑川博子, 北川健司, 甲斐宗徳
Proc. of IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing(PACRIM'17)   1-8   2017年9月   [査読有り]
長谷川幹, 甲斐宗徳
Proc. of IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing(PACRIM'17)      2017年9月   [査読有り]
C言語自動並列化トランスレータの開発 : タスク粒度に着目したコードリストラクチャリング手法の実現
近藤 竜也, 甲斐 宗徳
成蹊大学理工学研究報告   54(1) 1-7   2017年6月   [査読有り]
AgentSphereへのセキュリティの導入と並列分散処理向けファイルシステムの試作
蓮見建太, 甲斐宗徳
成蹊大学理工学研究報告   53(1) 29-33   2016年6月
C言語自動並列化トランスレータにおける構文木ベース中間データ構造への並列化情報統合手法の改良
小倉健太郎, 甲斐宗徳
成蹊大学理工学研究報告   53(1) 23-28   2016年6月
C言語自動並列化トランスレータのための静的実行制御方式に基づく並列コード生成機構の実装とチューニングツールの試作
阿加井星, 甲斐宗徳
成蹊大学理工学研究報告   53(1) 17-22   2016年6月
通信遅延を考慮したタスクスケジューリング問題の並列解法 : サブタスクグラフ最適スケジューリングによる探索効率の改善
澁谷知則, 甲斐宗徳
成蹊大学理工学研究報告   53(1) 9-15   2016年6月
澁谷知則, 甲斐宗徳
Proceedings of 2015 IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing   2015-November 428-433   2015年8月   [査読有り]
蓮見建太, 甲斐宗徳
Proceedings of 2015 IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing   2015-November 228-233   2015年8月   [査読有り]
黒崎 信清, 甲斐 宗徳
成蹊大学理工学研究報告 = The journal of the Faculty of Science and Technology, Seikei University   51(1) 21-26   2014年6月
In the AgentSphere network where a network situation is always changed, it becomes an important subject to perform parallel distributed processing using a number suitable for efficient behavior of the whole system of agents. In order that AgentSph...
大久保 秀, 甲斐 宗徳
成蹊大学理工学研究報告   51(1) 15-20   2014年6月
AgentSphere is a platform for an autonomous parallel distributed processing system based on strong migration mobile agent system. In general, it is very difficult to manage load balance and effectiveness of total processing performance on parallel...
武市 和真, 甲斐 宗徳
成蹊大学理工学研究報告   51(1) 35-42   2014年6月
Recently, the necessity for parallel programming has been increased with the rapid spread of multicore/multiprocessor systems. However, it is difficult for a programmer to create a highly-effective and high-performance parallel program. So, we are...
山本 拓哉, 甲斐 宗徳
成蹊大学理工学研究報告   51(1) 49-55   2014年6月
In development of software which become larger-scale and more complicated every year, the importance of software test grows more and more. However, some domains where it is difficult to apply any software test exist. One of such domains is a GUI t...
遠山 純也, 甲斐 宗徳
成蹊大学理工学研究報告   50(1) 37-44   2013年6月
In recent years, since it seems that speed up of single processor or single core has been going up to the utmost physical limit, parallel processing by multicore or multiprocessor becomes the mainstream to make the processing speed much higher. On...
栗田 浩一, 甲斐 宗徳
成蹊大学理工学研究報告   50(1) 17-27   2013年6月
Since the task scheduling problems in the multiprocessor environments belong to the class of strong NP hard combinatorial optimization problem, the depth first search algorithms based on branch and bound(B&B) method are most effective to find an o...
山口 大祐, 甲斐 宗徳
成蹊大学理工学研究報告   49(1) 13-18   2012年6月
AgentSphere has been developed as an autonomous application framework for the heterogeneous parallel and distributed processing environment. AgentSphere runs on each machine, and provides a work field to mobile agents. As both AgentSpere and mobil...
宇都宮 雅彦, 甲斐 宗徳
成蹊大学理工学研究報告   49(1) 1-11   2012年6月
Task scheduling is one of core technologies to improve the efficiency of parallel processing. A schedule is a solution of task scheduling problem, and make to cooperate the performance of parallel machines. The shorter length of schedule (makespan...
Daisuke Yamaguchi, Yuuki Akai, Munenori Kai
IEEE Pacific RIM Conference on Communications, Computers, and Signal Processing - Proceedings   262-267   2011年10月
In a heterogeneous processing environment in a computer network where multiple PCs running JavaVM on them are connected to, it is very useful to make any class instance movable among any PCs. However, JavaVM can't inherently load and execute unkno...
Masahiko Utsunomiya, Ryuji Shioda, Munenori Kai
IEEE Pacific RIM Conference on Communications, Computers, and Signal Processing - Proceedings   256-261   2011年10月
The task scheduling problems belong to the class of NP complete or strong NP complete combinatorial optimization problem. Taking account of communication overhead into task graphs makes these problems more difficult to solve by depth first search ...
高野 祐太, 甲斐 宗徳
成蹊大学理工学研究報告   47(1) 49-57   2010年6月
塩田 隆二, 甲斐.宗徳
成蹊大学理工学研究報告   47(1) 39-47   2010年6月
Yuki Akai, Kazuaki Wakao, Takashi Yokouchi, Munenori Kai
IEEE Pacific RIM Conference on Communications, Computers, and Signal Processing - Proceedings   582-587   2009年12月
Authors have developed a strong migration mobile agent system using Java. In order to make strong migration possible on usual JVM, we have already proposed an automatic code transformation method for such agents [1]. In this paper, in order to app...
Takahiro Kondoh, Fumiaki Kato, Munenori Kai
IEEE Pacific RIM Conference on Communications, Computers, and Signal Processing - Proceedings   576-581   2009年12月
The authors have been developing a strong migration mobile agent system in Java. Using the system, we are developing the platform of an autonomic distributed processing system, called AgentSphere. In this research, a mechanism so that an agent can...
Kazuhiro Saito, Hiroko Midorikawa, Munenori Kai
IEEE Pacific RIM Conference on Communications, Computers, and Signal Processing - Proceedings   533-538   2009年12月
The Distributed Large Memory system, DLM, was designed to provide a larger size of memory beyond that of local physical memory by using remote memory distributed over cluster nodes. The original DLM adopted a low cost page replacement algorithm wh...
Shigetaka Nomura, Takeo Takizawa, Munenori Kai, Shizutoshi Ando
Physica Status Solidi (C) Current Topics in Solid State Physics   6 1317-1320   2009年9月
The electronic states of manganese and lanthanide elements in SrGa 2S4 are calculated by the relativistic discrete varia-tional Xα method using a FORTRAN program of DVSCATR in order to investigate the mechanism allowing the 3d-3d transition of Mn ...
加藤 史彬, 甲斐 宗徳
成蹊大学理工学研究報告   46(1) 25-34   2009年6月
三浦 純, 甲斐 宗徳
成蹊大学理工学研究報告   45(1) 31-38   2008年6月
小山 浩生, 緑川 博子, 甲斐 宗徳
成蹊大学理工学研究報告   45(1) 13-19   2008年6月
色川 恵理, 石岡 秀基, 甲斐 宗徳
成蹊大学理工学研究報告   45(1) 5-12   2008年6月
Yasuki Sakurai, Masatoshi Takubo, Fumiaki Kato, Munenori Kai
IEEE Pacific RIM Conference on Communications, Computers, and Signal Processing - Proceedings   485-488   2007年12月
In order to keep high efficiency, high reliability, and fault tolerance in a distributed processing system, we have been developing an autonomic distributed processing system by using a Java-based mobile agent system. Since we used a mobile agent ...
田久保 雅俊, 櫻井 康樹, 加藤 史彬, 甲斐 宗徳
成蹊大学理工学研究報告   44(1) 25-33   2007年6月
田中 康之, 三浦 純, 甲斐 宗徳
成蹊大学理工学研究報告   44(1) 35-44   2007年6月
尾高 輝, 甲斐 宗徳
成蹊大学理工学研究報告   44(1) 17-23   2007年6月
S. Nomura, T. Takizawa, S. Endo, M. Kai
Physica Status Solidi (C) Current Topics in Solid State Physics   3 2739-2742   2006年10月
The electronic states of lanthanide (Ln) atoms doped into the ternary thiogallate CaGa2S4 are investigated from the relativistic first principle calculations by the discrete variational Xa method (relativistic DV-Xa) on LnCa8Ga12S24 spherical clus...
桜井 康樹, 佐々木 竜介, 甲斐 宗徳
成蹊大学理工学研究報告   43(1) 23-31   2006年6月
Ryusuke Sasaki, Masatoshi Takubo, Munenori Kai
IEEE Pacific RIM Conference on Communications, Computers, and Signal Processing - Proceedings   2005 237-240   2005年12月
According to dynamic changes of a system, an autonomic distributed processing system can automatically distribute tasks efficiently, and can reissue the lost task. The mobile agent is suitable in order to realize such a system. In this research, t...
井ノ本 喜彦, 甲斐 宗徳
成蹊大学理工学研究報告   42(1) 51-55   2005年6月
美濃本 一浩, 甲斐 宗徳
成蹊大学理工学研究報告   42(1) 41-50   2005年6月
坂井 功, 甲斐.宗徳
成蹊大学理工学研究報告   42(1) 33-39   2005年6月
小川 大介, 甲斐 宗徳
成蹊大学理工学研究報告   42(1) 27-32   2005年6月
長 慎也, 甲斐 宗徳, 川合 晶, 日野 孝昭, 前島 真一, 筧 捷彦
情報処理学会論文誌. プログラミング   45(9) 25-46   2004年7月
初学者がプログラミングを学習する場合,一般に,最初は簡単な概念を学び,次第に高度な概念を習得するという順序を踏む.学習環境も,その進行に沿ったものが用意できるとよい.最初は,難しい概念を知らなくても使える取っ付きやすい言語や環境を与え,学習が進むに従って,高度な概念も扱えるJavaなどの実用的な言語へ移行させるとよい.これによって,初学者にプログラミングに対する興味を持たせ,学習意欲を継続させることが可能であると考えられる.そこで,プログラミング学習の導入部において用いるのに適した言語Ni...
時村 良平, 甲斐 宗徳
成蹊大学工学研究報告   40(2) 35-41   2003年9月
斉藤 義功, 美濃本 一浩, 甲斐 宗徳
成蹊大学工学研究報告   40(2) 25-33   2003年9月
野村重孝, 遠藤三郎, 神山典久, 甲斐宗徳
DV-Xα研究協会会報   16(1) 106-109   2003年
M. Kai, T. Hatori
IEEE Pacific RIM Conference on Communications, Computers, and Signal Processing - Proceedings   I 327-330   2001年1月
Priority levels with communication overhead and parallelized search for the optimal/sub-optimal solutions of task scheduling problem were proposed. Priority levels were used to determine the order of ready tasks to be allocated onto idle processor...

Misc

 
3D-MAPS(スタックドメモリを持つ3D超並列プロセッサ)の設計および解析
甲斐宗徳
計算機システム技術に関する調査報告書, 電子情報技術産業協会      2015年5月
マルチコア/マルチスレッドプロセッサにおけるマルチスレッドネットワークアプリケーションのスレッド割り当て
甲斐宗徳
計算機システム技術に関する調査報告書, 電子情報技術産業協会      2014年6月
甲斐宗徳
計算機システム技術に関する調査報告書, 電子情報技術産業協会      2013年
CSMT:クラスタ化VLIWプロセッサのための同時マルチスレッディング
甲斐宗徳
計算機システム技術に関する調査報告書, 電子情報技術産業協会      2011年
SMTプロセッサにおけるインオーダーおよびアウトオブオーダー実行の組み合わせによる命令スケジューリングの最適化
甲斐宗徳
計算機システム技術に関する調査報告書, 電子情報技術産業協会      2010年6月
Mitosis:事前計算スライスに基づいた投機的なマルチスレッドプロセッサ
甲斐宗徳
計算機システム技術に関する調査報告書, 電子情報技術産業協会      2009年6月
栗林伸一, 甲斐宗徳
電気通信普及財団研究調査報告書(CD-ROM)   (23) 468-477   2008年12月
コアスピリングによるCMP上での逐次アプリケーションの高速化
甲斐宗徳
計算機システム技術に関する調査報告書, 電子情報技術産業協会      2008年4月
SMTプロセッサの性能を予測可能にする:OSとSMTの間の相互作用
甲斐宗徳
計算機システム技術に関する調査報告書, 電子情報技術産業協会      2007年4月
中流プロセッサを用いたCMPスループットの最大化
甲斐宗徳
計算機システム技術に関する調査報告書, 電子情報技術産業協会      2006年4月
Slipstreamプロセッサにおける無効命令検出機構
甲斐宗徳
計算機システム技術に関する調査報告書, 電子情報技術産業協会      2005年4月
実時間対応Java組込デバイスのためのガベッジコレクタ機能付きメモリ
甲斐宗徳
計算機システム技術に関する調査報告書, 電子情報技術産業協会      2004年2月
NCCマルチプロセッサシステムのためのコンパイラ技術
甲斐宗徳
計算機システム技術に関する調査報告書, 電子情報技術産業協会      2003年3月
コンパイラによる緩和メモリコンシステシの隠蔽技術
甲斐宗徳
計算機システム技術に関する調査報告書, 電子情報技術産業協会      2002年3月
連続系・離散系混合による回路シミュレーションの並列処理
甲斐宗徳
計算機システム技術に関する調査報告書, 日本電子工業振興協会      2001年3月
シミュレーションの現状と展望
甲斐宗徳
計算機システム技術に関する調査報告書, 日本電子工業振興協会      2001年3月
ワンチップマルチプロセッサにおける投機的マルチスレッド実行機能のサポート
甲斐宗徳
最近の計算機システム技術に関する調査報告書, 日本電子工業振興協会      2000年3月
甲斐 宗徳
電子工業月報   (447) 35-40   2000年1月
甲斐宗徳
最近の計算機システム技術に関する調査報告書, 日本電子工業振興協会      1998年3月
シングルチップマルチプロセッサ
甲斐宗徳
最近の計算機システム技術に関する調査報告書, 日本電子工業振興協会      1997年3月
甲斐宗徳
情報処理   37(3) 213-272   1996年3月
分割可能なマルチプロセッサシステムのための効果的な実現技術
甲斐宗徳
最近の計算機システム技術に関する調査報告書, 日本電子工業振興協会      1996年3月
甲斐宗徳
電子工業月報   (392) 27-37   1995年6月
先進的データ並列アプリケーションのためのHPFの拡張
甲斐宗徳
最近の計算機システム技術に関する調査報告書, 日本電子工業振興協会      1995年3月
データフローとフォン・ノイマンのハイブリッド型計算のための高速メモリ機構
甲斐宗徳
最近の計算機システム技術に関する調査報告書, 日本電子工業振興協会      1994年3月
甲斐宗徳
電子工業月報   32(12) 31-36   1990年12月

書籍等出版物

 
PAT認定試験2級3級標準教科書
太田幸雄・甲斐宗徳・藤田真一・本多弘樹・武沢護 (担当:共著)
オーム社   2004年9月   
計算機ハードウェア
飯塚肇・甲斐宗徳 (担当:共著)
丸善   2001年11月   
MS-DOSユーザのためのUNIX実践教本
甲斐宗徳・高原利之・岡本秀輔 (担当:共著)
光栄   1994年9月   

講演・口頭発表等

 
マルチノードマルチコア向け分散共有メモリにおけるデータ分散配置APIの導入
白澤卓磨・緑川博子・甲斐宗徳
第15回情報科学技術フォーラム講演論文集   2016年9月9日   
遠隔メモリ利用によるOut-Of-Core OpenMPプログラムの性能評価実験
大浦 陽・緑川博子・甲斐宗徳
第15回情報科学技術フォーラム講演論文集   2016年9月9日   
通信遅延を考慮したタスクスケジューリング問題のための階層的最適化による高速解法
長谷川幹・澁谷知則・甲斐宗徳
第15回情報科学技術フォーラム講演論文集   2016年9月9日   
AgentSphereのためのセキュリティ機構の導入と並列処理能力の評価
ベサリ ディダ・蓮見建太・甲斐宗徳
第15回情報科学技術フォーラム講演論文集   2016年9月9日   
C言語自動並列化トランスレータのための静的実行制御方式に基づく並列コード生成機構と並列化チューニングツールの実装
近藤竜也・小倉健太郎・阿加井星・甲斐宗徳
第15回情報科学技術フォーラム講演論文集   2016年9月9日   
澁谷 智則, 栗田 浩一, 甲斐 宗徳
情報科学技術フォーラム講演論文集   2014年8月19日   
蓮見 健太, 疋田 直也, 甲斐 宗徳
情報科学技術フォーラム講演論文集   2014年8月19日   
黒崎 信清, 鈴木 幸祐, 長塩 征幸, 甲斐 宗徳
情報科学技術フォーラム講演論文集   2013年8月20日   
武市 和真, 遠山 純也, 小林 裕昌, 甲斐 宗徳
情報科学技術フォーラム講演論文集   2013年8月20日   
鈴木 悠一郎, 岩井田 匡俊, 緑川 博子, 甲斐 宗徳
先進的計算基盤システムシンポジウム論文集   2013年5月15日   
小林 裕昌, 遠山 純也, 甲斐 宗徳
情報科学技術フォーラム講演論文集   2012年9月4日   
直木 三華, 緑川 博子, 甲斐 宗徳
情報科学技術フォーラム講演論文集   2012年9月4日   
山本 拓哉, 山口 大祐, 甲斐 宗徳
情報科学技術フォーラム講演論文集   2011年9月7日   
内山 丞, 緑川 博子, 甲斐 宗徳
情報科学技術フォーラム講演論文集   2011年9月7日   
古尾谷 歩, 緑川 博子, 甲斐 宗徳
情報科学技術フォーラム講演論文集   2011年9月7日   
山口 大祐, 赤井 雄樹, 甲斐 宗徳
情報科学技術フォーラム講演論文集   2011年9月7日   
吉村 礎, 緑川 博子, 甲斐 宗徳
情報科学技術フォーラム講演論文集   2010年8月20日   
山口 大祐, 市川 顕, 白谷 浩次郎, 甲斐 宗徳
情報科学技術フォーラム講演論文集   2010年8月20日   
斉藤 和広, 緑川 博子, 甲斐 宗徳
情報処理学会研究報告. [ハイパフォーマンスコンピューティング]   2010年6月10日   
筆者らはクラスタにおける遠隔マシン上のメモリを利用して大容量メモリを提供する遠隔メモリページングシステムが,OS とは独立のユーザレベルソフトウェアとして実装することで高速かつ安定した動作が得られることを示してきた.遠隔メモリを利用する上で,遠隔スワップは最もクリティカルな処理であるため,OS の仮想メモリと同様に効率のよいページ置換アルゴリズムが求められる.しかし,ユーザレベルソフトウェアでは従来の OS で利用されてきたメモリアクセス情報を利用するページ置換アルゴリズムをそのまま用いる...
三浦 望, 緑川 博子, 甲斐 宗徳
情報科学技術フォーラム講演論文集   2009年8月20日   
赤井 雄樹, 若尾 一晃, 横内 貴, 甲斐 宗徳
情報科学技術フォーラム講演論文集   2009年8月20日   
加藤 史彬, 近藤 敬宏, 甲斐 宗徳
情報科学技術フォーラム講演論文集   2009年8月20日   
斉藤 和広, 緑川 博子, 甲斐 宗徳
情報処理学会研究報告. [ハイパフォーマンスコンピューティング]   2009年6月5日   
筆者らはローカル物理メモリサイズに制限されず,クラスタの各ノードの遠隔メモリを集めて仮想的に大容量メモリとする分散大容量メモリシステムDLMを構築,評価してきた.従来までのDLMでは低コストのページ置換アルゴリズムとしてクロックアルゴリズムを適用していた.遠隔メモリを利用する上で,遠隔ページスワップは最もクリティカルな処理である.今回,これの高速化のために,筆者らはクロックアルゴリズムをベースにスワップインの履歴に注目した新しいページ置換アルゴリズムCASIN(Clock Algorith...
斉藤 和広, 緑川 博子, 甲斐 宗徳
電子情報通信学会技術研究報告. CPSY, コンピュータシステム   2008年12月11日   
筆者らはローカル物理メモリサイズに制限されず,クラスタの各ノードの遠隔メモリを集めて仮想的に大容量メモリとする分散大容量メモリシステムDLMを構築,評価してきた.従来のDLMでは遠隔メモリ利用のための動的メモリ割り当て機能のみを提供し,メモリ解放と再利用機能は備えていなかった.大容量メモリを必要とするアプリケーションには,始めに必要なデータ領域を確保して最後までそれを用いるものもあるが,実行中に動的割り当てと解放を繰り返し行うものもある。このため,DLMにおいてもメモリ解放と再利用を行う機...
斉藤 和広, 緑川 博子, 甲斐 宗徳
情報科学技術フォーラム講演論文集   2008年8月20日   
野村重孝, 滝沢武男, 甲斐宗徳
応用物理学関係連合講演会講演予稿集   2008年3月27日   
加藤 史彬, 田久保 雅俊, 櫻井 康樹, 甲斐 宗徳
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   2007年8月22日   
野村重孝, 滝沢武男, 甲斐宗徳
応用物理学会学術講演会講演予稿集   2006年8月29日   
桜井 康樹, 田久保 雅俊, 佐々木 竜介, 甲斐 宗徳
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   2006年8月21日   
小山 浩生, 緑川 博子, 甲斐 宗徳
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   2006年8月21日   
尾高輝, 綾部翼, 津田耕治, 甲斐宗徳
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2005年9月   
田中康之, 美濃本一浩, 佐々木竜介, 甲斐宗徳
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2005年9月   
田久保雅俊, 佐々木竜介, 内藤智史, 小川大介, 甲斐宗徳
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2005年9月   
佐々木竜介, 遠藤航, 青山迅, 清水敏宏, 小川大介, 坂井功, 甲斐宗徳
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2004年9月2日   
綾部翼, 津田耕治, 甲斐宗徳
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2004年9月2日   
鈴木 健司, 小田嶋 祐介, 長 慎也, 甲斐 宗徳, 筧 捷彦
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   2004年8月20日   
長 慎也, 甲斐 宗徳, 川合 晶, 日野 孝昭, 前島 真一, 筧 捷彦
情報処理学会研究報告. コンピュータと教育研究会報告   2003年10月17日   
大学のプログラミングの授業では,Javaなどの既存のプログラミング言語を題材とすることが多い.それらは習得が難しく,プログラミング嫌いを生む原因となる.初学者には,興味を惹く例題がすぐに書け,それでいて既存言語へ容易に移行できるプログラミング言語と環境を用いるのが適切である.そこで,オブジェクト指向のプログラミングにすぐ入れて,なおJavaへの移行も容易な言語Nigariとそのプログラミング環境を実際に開発して,授業に用いてみた.本発表では早稲田大学コンピュータ・ネットワーク工学科での,そ...
長慎也, 甲斐 宗徳, 川合 晶, 日野 孝昭, 前島真一, 筧 捷彦
情報処理学会研究報告コンピュータと教育(CE)   2003年10月17日   
大学のプログラミングの授業では,Javaなどの既存のプログラミング言語を題材とすることが多い.それらは習得が難しく,プログラミング嫌いを生む原因となる.初学者には,興味を惹く例題がすぐに書け,それでいて既存言語へ容易に移行できるプログラミング言語と環境を用いるのが適切である.そこで,オブジェクト指向のプログラミングにすぐ入れて,なおJavaへの移行も容易な%このような性質を持った言語Nigariとそのプログラミング環境を実際に開発して,授業に用いてみた.本発表では早稲田大学コンピュータ・ネ...
坂井功, 相河寛典, 甲斐宗徳
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集   2003年8月29日   
小川大介, 佐治大介, 村本洋明, 甲斐宗徳
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集   2003年8月29日   
吉田一臣, 甲斐宗徳
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集   2001年9月6日   

担当経験のある科目

 
  • 情報科学特別演習Ⅱ (成蹊大学大学院理工学研究科)
  • 情報科学特別演習Ⅰ (成蹊大学大学院理工学研究科)
  • 情報科学特別実験Ⅱ (成蹊大学大学院理工学研究科)
  • 情報科学特別実験Ⅰ (成蹊大学大学院理工学研究科)
  • 卒業研究Ⅱ (成蹊大学理工学部情報科学科)
  • 卒業研究Ⅰ (成蹊大学理工学部情報科学科)
  • 輪講Ⅱ (成蹊大学理工学部情報科学科)
  • 輪講Ⅰ (成蹊大学理工学部情報科学科)
  • 情報科学コース実験 (成蹊大学理工学部情報科学科)
  • プログラミングA (早稲田大学理工学部コンピュータ・ネットワーク工学科)
  • コンピュータB (早稲田大学理工学部コンピュータ・ネットワーク工学科)
  • 知識情報処理 (成蹊大学工学部経営工学科)
  • ディジタルシステムⅠ/Ⅱ (成蹊大学工学部経営・情報工学科)
  • 情報工学実験Ⅰ (成蹊大学工学部経営・情報工学科)
  • Cプログラミング (成蹊大学工学部経営・情報工学科)
  • 情報科学プロジェクト実験 (成蹊大学理工学部情報科学科)
  • 情報科学基礎実験 (成蹊大学理工学部情報科学科)
  • フレッシャーズ・セミナー (成蹊大学理工学部情報科学科)
  • コンピュータ基礎 (成蹊大学理工学情報科学科)
  • 卒業研究 (成蹊大学理工学情報科学科)
  • 輪講 (成蹊大学理工学部情報科学科)
  • プログラミング言語 (成蹊大学理工学部情報科学科)
  • 基礎プログラミング・同実験 (成蹊大学理工学部情報科学科)
  • 応用プログラミング・同実験 (成蹊大学理工学部情報科学科)
  • 上級プログラミング・同実験 (成蹊大学理工学部情報科学科)
  • ソフトウェア工学特論Ⅰ~Ⅳ (成蹊大学大学院理工学研究科)
  • ソフトウェア設計 (成蹊大学理工学部情報科学科)

所属学協会

 
日本技術者教育認定機構 , 電子情報技術産業協会 , The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc. , 情報処理学会 , 電子情報通信学会 , 電気学会

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 甲斐 宗徳

社会貢献活動

 
三鷹ネットワーク大学 みたか都市創造サロン
【講師, 情報提供】  特定非営利活動法人 三薦ネットワーク大学推進機構  2016年8月25日 - 2017年2月21日

教育内容やその他の工夫

 
ソフトウェア関連科目の実施上のポイント
2011年4月 - 2017年3月
プログラミング関連科目については、他の担当者とともに指導方法について入念な打ち合わせを行い、卒業研究さらには就職後に至るまでの必須知識を与えるため、企業で必要とされる計算機の利用技術にも目を向けて実験に反映させるようにしている。専門科目の講義については、その分野(コンパイラ技術,オブジェクト指向)の最新情報を常に関連情報誌から取り入れ、進度に合わせて講義内容に反映させるよう努力している。
卒業研究指導にあたって
2011年4月 - 2017年3月
学会の委員会活動や学会論文誌などを通じて、今注目されている、あるいは今後必要とされるソフトウェア技術・コンピュータおよびネットワークアーキテクチャ技術の情報を取り入れ、並列処理・分散処理に関わる卒業研究テーマに反映できるように努力している。
学部授業改善への取り組み内容
2012年4月 - 2017年3月
プログラミング関係科目をはじめ、学生の理解度を向上させるため、講義資料をほぼ完全にデジタル化(PowerPoint)した。講義時にPowerPoint資料を集約印刷した資料を配付するが、書き取りを簡単にしただけではなく、講義内容に従って自ら書き込みをして完成する資料にしている。資料の内容については毎回の講義後に学生の理解の様子を参考に見直して必要な修正をほどこしている。修正した資料は、講義を欠席した学生も入手できるようにすべて科目ホームページに掲載している。
授業におけるペーパーレス化
2013年4月 - 2017年3月
前年度までの担当科目で講義資料のディジタル化は完了していたが、学生にとって講義内容の書き取りが学習理解度の向上につながる可能性があるため講義資料の紙による配布は行っていた。本年度は履修している学生がスマートフォンやタブレットなど何らかのデバイスを持っていたため、それらのデバイスを通じて講義資料を見てもらうことにした。必要なメモは別途ノートにとったり、学生によってはPDFにメモを残すアプリを利用するなどしており、紙での資料配付がなくなったことによる悪影響はないように見受けられた。
これによる授業資料の配付に年間でかなりの量にのぼっていた印刷量は大幅に削減されたことになる。
アニメーションを利用した初学者向けプログラミング教育
2005年4月 - 2016年7月
情報科学科に入学した学生のプログラミング能力の身に付け方には大きな個人差がある。その理由のひとつとして、プログラムで記述したことが、どのように処理され計算が進んでいくのか実感を持ちにくいことが挙げられる。そこで、プログラムの実行の様子がアニメーションにより視覚化されるシステムを用いてプログラミング教育を試みている。例えばボールが放物線を描くことは物理現象とその数式化として理解するだけではなく、プログラミングすることにより、その数式が数値計算していく様子をボールの動きとして画面上で直接確認できるような教材を用いている。これを通じてプログラミングすることの自由度を感じることができ、細かな文法にこだわって記述するテンポが遅くなることなく、素早く自由に記述を試行錯誤できるようになることを目指している。