言語の選択:

 
研究者検索 > 法学部 教員紹介 

法学部 教員紹介

研究者リスト >> 野原 将揮
 

野原 将揮

 
アバター
研究者氏名野原 将揮
 
ノハラ マサキ
URLhttps://seikei.academia.edu/masakinohara
所属成蹊大学
部署法学部 教養課程
職名准教授
学位博士(文学)(早稲田大学)
科研費研究者番号80728056

研究キーワード

 
歴史言語学 , 中国語音韻史 , 中国語学

研究分野

 
  • 言語学 / 言語学 / 歴史言語学 中国語学

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
成蹊大学 法学部 准教授
 
2018年4月
 - 
現在
早稲田大学 法学部 非常勤講師
 
2016年4月
 - 
2018年3月
成蹊大学 法学部 専任講師
 
2014年9月
 - 
2015年12月
University of Michigan Asian Languages and Cultures 客員研究員
 
2013年4月
 - 
2016年3月
東京大学 日本学術振興会特別研究員PD
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2013年3月
早稲田大学 文学研究科博士課程 中国語・中国文学
 
2009年9月
 - 
2010年7月
上海師範大学  
 
2006年4月
 - 
2008年3月
早稲田大学 文学研究科修士課程 中国語・中国文学
 
2003年2月
 - 
2004年7月
南京師範大学  
 
2000年4月
 - 
2005年9月
愛知県立大学 外国語学部 中国学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本中国語学会  幹事
 
2016年4月
 - 
現在
中国出土資料学会  理事
 

受賞

 
2011年3月
日本漢字能力検定協会 漢検漢字文化研究奨励賞 優秀賞
 
2010年10月
日本中国語学会 学会奨励賞
 

論文

 
上古唇化元音假说与闽语
秋谷 裕幸 野原 将揮
中国语文   1 15-26   2019年1月   [査読有り]
「少」の上古音再考―義通換読から見た上古音再構
野原 将揮
中国文学研究   44 66-81   2018年12月   [査読有り]
Nohara Masaki
Language and Linguistics   19(4)    2018年10月   [査読有り]
Nohara Masaki
Studies in Asian Geolinguistics Ⅶ   52-56   2017年
「上古音以母」再構に関する初歩的考察
野原 将揮
稲畑耕一郎教授退休記念論集 中国古籍文化研究   上巻 379-393   2018年3月

Misc

 
学会展望(文字・訓詁)
野原 将揮
日本中国学会報/中国語学      2018年11月
野原 将揮
歴史言語学 = Historical linguistics in Japan   (4) 59-71   2015年
清華簡『傅説之命』(下)譯注
東京大学古文字讀書會(戸内俊介・野原将揮・海老根量介・宮島和也)
出土文獻と秦楚文化   (7) 99-120   2014年3月
清華簡『耆夜』譯注
野原将揮
出土文献と秦楚文化   (6) 196-227   2012年3月
漢字世界へのオールラウンドな導き手:書評・大西克也・宮本徹編著『アジアと漢字文化』(放送大学教育振興会、2009年)
野原将揮, 千葉謙悟
出土資料学会報   (10) 246-253   2009年7月

書籍等出版物

 
潮出版社   2016年9月   ISBN:4267020221
太田斎・古屋昭弘両教授還暦記念中国語学論集刊行会, 秋谷 裕幸, 山崎 直樹, 竹越 孝, 野原 将揮
好文出版   2013年   ISBN:9784872201628

講演・口頭発表等

 
The reconstruction of the word ‘egg’ in Old Chinese
野原 将揮
The 52nd International Conference on Sino-Tibetan Languages and Linguistics (ICSTLL52), Sydney, University of Sydney   2019年6月24日   
野原 将揮
Recent Advances in Comparative Linguistic Reconstruction   2019年3月26日   SOAS, University of London
OC Forum [招待有り]
野原 将揮
The 2nd LFK society Young Scholars Symposium, Taipei: Institute of Linguistics, Academia Sinica   2018年7月14日   
野原 将揮
The 2nd LFK society Young Scholars Symposium, Taipei: Institute of Linguistics, Academia Sinica   2018年7月12日   
構擬上古音以母
野原 将揮
The 25th Annual Association of the International Chinese Linguistics   2017年6月25日   

所属学協会

 
日本言語学会 , 日本中国語学会 , 日本歴史言語学会 , 早稲田大学中国文学会 , 中国出土資料学会 , International Association of Chinese Linguistics

競争的資金等の研究課題

 
戦国秦出土資料を用いた上古中国語声母体系の再構
日本学術振興会: 若手研究
    代表者: 野原 将揮
新出土資料から見た上古中国語声母研究ー以母・preinitial *s-を中心に
日本学術振興会: 研究活動スタート支援
研究期間: 2016年9月 - 2018年3月    代表者: 野原 将揮
上古中国語音韻体系の共時的・通時的研究~出土資料を中心に~
日本学術振興会: 科学研究費補助金・特別研究員奨励費
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 野原将揮
上古中国語の音韻体系の再構~春秋戦国・秦・漢出土資料を中心に~
日本学術振興会: 科学研究費補助金・特別研究員奨励費
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 野原将揮