言語の選択:

お知らせ


成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 

法学部 准教授

研究者リスト >> 野原 将揮
 

野原 将揮

 
アバター
研究者氏名野原 将揮
 
ノハラ マサキ
URLhttps://seikei.academia.edu/masakinohara
所属成蹊大学
部署法学部 教養課程
職名准教授
学位博士(文学)(早稲田大学)
科研費研究者番号80728056
J-Global ID201301084608140301

研究キーワード

 
歴史言語学 ,中国語音韻史 ,中国語学

研究分野

 
  • 人文・社会 / 言語学 / 歴史言語学 中国語学

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
早稲田大学 法学部 非常勤講師 
 
2018年4月
 - 
現在
成蹊大学 法学部 准教授 
 
2016年4月
 - 
2018年3月
成蹊大学 法学部 専任講師 
 
2013年4月
 - 
2016年3月
東京大学  日本学術振興会特別研究員PD 
 
2014年9月
 - 
2015年12月
University of Michigan Asian Languages and Cultures 客員研究員 
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2013年3月
早稲田大学 文学研究科博士課程 中国語・中国文学
 
2009年9月
 - 
2010年7月
上海師範大学  
 
2006年4月
 - 
2008年3月
早稲田大学 文学研究科修士課程 中国語・中国文学
 
2000年4月
 - 
2005年9月
愛知県立大学 外国語学部 中国学科
 
2003年2月
 - 
2004年7月
南京師範大学  
 

委員歴

 
2020年4月
 - 
現在
日本中国語学会  評議員
 
2016年4月
 - 
現在
中国出土資料学会  理事
 
2018年4月
 - 
2020年3月
日本中国語学会  幹事
 

受賞

 
2011年3月
日本漢字能力検定協会, 漢検漢字文化研究奨励賞 優秀賞
 
 
2010年10月
日本中国語学会, 学会奨励賞
 
 

論文

 
 
野原 将揮   
中國語言學集刊 Bulletin of Chinese Linguistics   Volume 12 (2019) 74-87   2019年12月   [査読有り]
 
秋谷 裕幸   野原   将揮   
中国语文   1 15-26   2019年1月   [査読有り]
 
野原 将揮   
中国文学研究   44 66-81   2018年12月   [査読有り]
 
Nohara Masaki   
Language and Linguistics   19(4)    2018年10月   [査読有り]
 
野原 将揮   
稲畑耕一郎教授退休記念論集 中国古籍文化研究   上巻 379-393   2018年3月   

MISC

 
 
野原 将揮   
日本中国学会報/中国語学      2019年10月   
 
野原 将揮   
日本中国学会報/中国語学      2018年11月   
 
野原 将揮   
歴史言語学 = Historical linguistics in Japan   (4) 59-71   2015年   
 
東京大学古文字讀書會   戸内俊介   野原将揮   海老根量介   宮島和也   
出土文獻と秦楚文化   (7) 99-120   2014年3月   
 
野原将揮   
出土文献と秦楚文化   (6) 196-227   2012年3月   

書籍等出版物

 
 
稲畑耕一郎, 野原将揮(担当:単訳)
潮出版社      2016年9月24日   (ISBN:4267020221)   
 
太田斎, 古屋昭弘両教授還暦記念中国語学論集刊行会, 秋谷 裕幸, 山崎 直樹, 竹越 孝, 野原 将揮
好文出版      2013年   (ISBN:9784872201628)   

講演・口頭発表等

 
 
The reconstruction of the word ‘egg’ in Old Chinese
野原 将揮   
The 52nd International Conference on Sino-Tibetan Languages and Linguistics (ICSTLL52), Sydney, University of Sydney   2019年6月24日   
 
The reconstruction of the word Quán “spring, source”: *dzan
野原将揮   
漢字音訳・上古音研究会(東洋文庫)   2019年6月   
 
Applying the comparative method to reconstruct some basic words in Old Chinese
野原 将揮   
Recent Advances in Comparative Linguistic Reconstruction   2019年3月26日   SOAS, University of London   
 
OC Forum
野原 将揮   
The 2nd LFK society Young Scholars Symposium, Taipei: Institute of Linguistics, Academia Sinica   2018年7月14日   
 
構擬“泉”字音―兼論“同義換讀
野原 将揮   
The 2nd LFK society Young Scholars Symposium, Taipei: Institute of Linguistics, Academia Sinica   2018年7月12日   

所属学協会

 
 
   
 
International Association of Chinese Linguistics
 
   
 
早稲田大学中国文学会
 
   
 
中国出土資料学会
 
   
 
日本歴史言語学会
 
   
 
日本中国語学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
新出土資料から見た上古中国語声母研究ー以母・preinitial *s-を中心に
日本学術振興会: 研究活動スタート支援
野原 将揮 
研究期間: 2016年9月 - 2018年3月
 
上古中国語音韻体系の共時的・通時的研究~出土資料を中心に~
日本学術振興会: 科学研究費補助金・特別研究員奨励費
野原将揮 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
 
上古中国語の音韻体系の再構~春秋戦国・秦・漢出土資料を中心に~
日本学術振興会: 科学研究費補助金・特別研究員奨励費
野原将揮 
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月
 
戦国秦出土資料を用いた上古中国語声母体系の再構
日本学術振興会: 若手研究
野原 将揮