言語の選択:

 
研究者検索 > 経済学部 教員紹介 

経済学部 教員紹介

研究者リスト >> 上田 泰
 

上田 泰

 
アバター
研究者氏名上田 泰
 
ウエダ ユタカ
所属成蹊大学
部署経済学部 経済経営学科
職名教授
学位博士(経済学)(東北大学)
Twitter ID@yutakaueda

プロフィール

研究領域は組織行動論、行動学的意思決定論です。特に組織メンバーの自発的貢献行動である組織市民行動(organizational citizenship behavior: OCB)に注目しています。日本の文化的制度的な環境下で、どのようなOCBが、どのようなプロセスで行われているのかということに関心を向けています。また、新しい情報技術が職場に導入されるに伴い、従業員のOCBがどのように変化していくかという点にも注目しています。プライベートでは、乃木坂46の堀未央奈さんを応援しており、組織行動論の観点からアイドルグループを分析したりもしています。
 

研究キーワード

 
組織行動 , 組織市民行動 , 意思決定 , 集団意思決定 , 経営情報システム , 乃木坂46 , 堀未央奈 , 欅坂46 , 日向坂46

研究分野

 
  • 経営学 / 経営学 / 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
成蹊大学 経済学部 学部長
 
2018年4月
 - 
現在
成蹊大学 経営学部設置委員会 委員長
 
2015年
 - 
2017年
成蹊大学 図書館長
 
2010年
 - 
2014年
成蹊大学 大学評議員
 
2006年
 - 
2008年
インディアナ大学 客員研究員
 

論文

 
組織市民行動の否定的側面に関する序論的考察
上田 泰
成蹊大学経済学部論集   50(1) 131-145   2019年7月
The OCB inducement process: Mediating effect of work value sharing
Yutaka Ueda
Journal of Japanese Managament   3(2) 1-18   2019年5月   [査読有り]
The mediating effect of work value sharing on interactive relationship between OCBs in an organization
Yutaka Ueda
日本情報経営学会誌   39(1) 93-101   2019年4月   [査読有り]
Reconsideratin of the essence of the "OCB for the organization" dimension
Yutaka Ueda
成蹊大学経済学部論集   49(2) 75-87   2018年12月
組織内を組織市民行動が広がるプロセスについて
上田 泰
アジア太平洋研究   43 223-241   2018年11月
The effects of individual and situational factors on self-learning activities
Yutaka Ueda
成蹊大学経済学部論集   49(1) 33-49   2018年7月
Can human goodness be used as an effective variable in organizational studies? Preliminary analysis of data from round 3 of the High Performance Manufacturing project
Yutaka Ueda
成蹊大学経済学部論集   48(2) 1-16   2017年12月
Mediating effect of affective commitment on organizational factors and customer satisfaction
Yutaka Ueda, Yoshiki Matsui, and Atsuko Ebine
アジア太平洋研究   42 145-159   2017年11月   [査読有り]
Effect of demographic factors on satisfaction of non-regular employees: Focusing on the financial burden of a household
Yutaka Ueda
成蹊大学経済学部論集   47(2) 175-185   2016年12月
Recent trends in organizational citizenship behavior research: 2010-2015
成蹊大学経済学部論集   47(1) 9-41   2016年7月
Effect of information systems and supply chain capability on inventory turnover
The Journal of Japanese Operations Management and Strategy   5(1) 1-20   2014年8月   [査読有り]
Moderating effect of work values on the work relationship-satisfaction association
Yutaka Ueda and Yoko Ohzono
成蹊大学経済学部論集   44(1) 1-14   2013年7月
A new measure of distributive justice by data envelopment analysis
Acta Universitatis Danubius. Œconomica   9(3) 49-59   2013年   [査読有り]
Self-development as a form of organizational citizenship behavior: Examining the effects of job satisfaction and task characteristics
Yutaka Ueda
成蹊大学経済学部論集   43(1) 115-133   2012年7月
Effect of job involvement on importance evaluation of organizational citizenship behavior
Yutaka Ueda
International Journal of Business and Society   13(1) 77-89   2012年1月   [査読有り]
社会人と学生の労働関連の法知識とそれに影響する要因について:大学における法関連教育(LRE)への含意
上田 泰
成蹊大学経済学部論集   42(2) 157-170   2011年12月
The Effect of Interpersonal Dispositional Factors on Perceived Cell Phone Dependence
International Journal of Japan Association for Management Sciences   3(1) 7-13   2011年11月   [査読有り]
University citizenship behavior in class: The effect of professor's lecture justice on students' diligence
アジア太平洋研究   36 87-99   2011年11月   [査読有り]
Establishment of Japanese organizational citizenship behavior dimensions
Yutaka Ueda and Atsuko Yoshimura
成蹊大学経済学部論集   42(1) 19-36   2011年7月
University citizenship behavior: Establishing the dimensions of students' discretionary contributions to universities
成蹊大学経済学部論集   41(2) 13-29   2010年12月
Recent trends of research on contextual performance: How differently has it been treated from organizational citizenship behavior?
上田 泰
成蹊大学経済学部論集   41(1) 103-122   2010年7月

Misc

 
テキストマイニングによる欅坂46のブログ表現の分析~メンバー間の人間関係と表現の類似性
上田 泰
Mimeo      2017年5月
堀未央奈(乃木坂46)の処遇がそのブログ表現に与えた影響~テキスト分析の有効性
上田 泰
Mimeo      2017年4月
Image strategy of Nogizaka46: How do young people perceive it?
Yutaka Ueda
成蹊大学一般研究報告   49(5) 1-117   2016年3月

書籍等出版物

 
会社入門(第三版)
上田 泰、時岡規夫、山崎由香里 (担当:共著)
2017年3月   
企業経営入門(第二版)
上田 泰、時岡規夫、山崎由香里、井上淳子 (担当:共編者)
2015年10月   
従業員と顧客の自発的貢献行動
上田 泰 (担当:編者)
2015年9月   
経営情報システム(第4版)
宮川公男、上田泰 (担当:共編者)
2014年3月   
ニュー・ジャズ・スタディーズ
上田泰 (担当:分担執筆, 範囲:フォノグラフ効果とジャズ:マーク・カッツの議論を中心に)
アルテスパブリッシング   2010年7月   
現代経営学再入門
手塚公登、小山明宏、上田泰、米山茂美 (担当:共編者)
同友館   2010年6月   
企業経営入門(第2版)
相原修、上田泰 (担当:共編者)
多賀出版   2010年   
経営学の基本視座
上田泰 (担当:分担執筆, 範囲:第4章 オーディオ業界のニッチ戦略について)
まほろば書房   2008年6月   
会社入門(第2版)
上田泰、時岡規夫 (担当:共著)
多賀出版   2008年5月   
組織能力形成のダイナミックス
上田泰 (担当:分担執筆, 範囲:第4章 ケイパビリティ概念の多様性と変革の組織的要件)
中央経済社   2007年7月   
組織市民行動
上田泰 (担当:単訳)
白桃書房   2007年1月   
組織のセルフマネジメント
上田泰、義村敦子、横田絵理 (担当:共著)
白桃書房   2005年5月   
企業経営入門
相原修、上田泰 (担当:共編者)
多賀出版   2004年10月   
会社入門
上田泰、時岡規夫 (担当:共著)
多賀出版   2004年7月   
経営情報システム(第3版)
上田泰 (担当:分担執筆, 範囲:第2章、第3章)
2004年4月   
組織行動研究の展開
上田泰
白桃書房   2003年1月   
意思決定分析入門
上田泰
日科技連出版社   2002年12月   
経営学再入門
手塚公登、小山明宏、上田泰 (担当:共編者)
同友館   2002年2月   
なんでアタシだけ叱るのよ:会社のフシギな人間行動学
上田泰
同友館   2001年5月   
エグゼクティブのための意思決定入門
上田泰 (担当:単訳)
東洋経済新報社   2000年9月   
経営情報システム(第2版)
上田泰 (担当:分担執筆, 範囲:第2章、第3章)
1999年4月   
個人と集団の意思決定
上田泰
文眞堂   1997年9月   
現代経営学の課題
上田泰 (担当:分担執筆, 範囲:意思決定集団内の世界観の相互異質性の効果について)
千倉書房   1997年9月   
オフィス革新型情報システム
上田泰 (担当:分担執筆, 範囲:第5章、第6章)
日科技連出版社   1997年1月   
日本企業の情報システム
上田泰 (担当:分担執筆, 範囲:第8章)
日科技連出版社   1996年11月   
集団意思決定研究
上田泰
文眞堂   1996年1月   
意思決定の経済分析
佐藤修、上田泰 (担当:分担執筆, 範囲:第10章 投資決定の分析)
有斐閣   1995年6月   
組織の人間行動
上田泰
中央経済社   1995年3月   
現代経営診断事典
上田泰 (担当:分担執筆, 範囲:第9章第3節 経営資源としての人と情報)
同友館   1994年11月   
文科系のやさしいデータ分析
冨樫光隆、上田泰 (担当:共著)
有斐閣   1994年9月   
経営情報システム
上田泰 (担当:分担執筆, 範囲:第2章、 第3章)
1994年3月   
統合化情報システム
上田泰 (担当:分担執筆, 範囲:第5章 ヒューマン系の統合化)
日科技連出版社   1994年3月   
文科系のためのビジネス数学入門
上田泰
同友館   1994年2月   
情報技術と企業変革
監訳:宮川公男、上田泰
富士通ブックス   1992年10月   
AMA版 最新経営ハンドブック
上田泰 (担当:共訳)
日本能率協会   1990年   
エグゼクティブのための経営情報システム
佐藤修、佐原寛二、上田泰 (担当:共訳)
TBSブリタニカ   1989年7月   
経営財務と情報
花枝英樹、小山明宏、松井美樹、上田泰 (担当:分担執筆, 範囲:第3章 わが国企業における資本構成の決定要因について)
中央経済社   1989年7月   
情報資源管理
海老澤榮一、一瀬益夫、堀内正博、佐藤修、上田泰 (担当:共著, 範囲:第3章)
日刊工業新聞社   1989年6月   
例解経営情報管理
海老澤榮一、一瀬益夫、堀内正博、佐藤修、上田泰 (担当:共著, 範囲:第2章、第3章)
同友館   1988年7月   
エレクトロニック時代の経営戦略
上田泰 (担当:共訳)
TBSブリタニカ   1987年1月   

所属学協会

 
日本情報経営学会 , 経営情報学会 , 日本経営学会