言語の選択:

 

理工学部 教授

研究者リスト >> 大倉 元宏
 

大倉 元宏

 
アバター
研究者氏名大倉 元宏
 
オオクラ モトヒロ
eメールohkurast.seikei.ac.jp
URLhttp://cleo.ci.seikei.ac.jp
所属成蹊大学
部署理工学部 システムデザイン学科
職名特別任用教授
学位工学博士(日本大学), 工学修士(早稲田大学)

研究キーワード

 
人間工学 , バリアフリーデザイン

研究分野

 
  • 社会・安全システム科学 / 社会システム工学・安全システム / 
  • 心理学 / 実験心理学 / 

経歴

 
2007年9月
 - 
2014年3月
武蔵野大学 環境学科 非常勤講師
 
2007年4月
 - 
2009年3月
東京農業大学 生物産業学部 非常勤講師
 

委員歴

 
 
 - 
現在
感覚代行研究会  理事
 
 
 - 
現在
日本交通科学学会  理事
 
2017年8月
 - 
2018年3月
日本盲人会連合  視覚障害者が日常生活を送る上で必要な支援に関する調査研究委員長
 
2017年7月
 - 
2018年3月
国土交通省 鉄道局  駅ホームにおける安全性向上のための検討会委員
 
2017年4月
 - 
2018年3月
国土交通省 総合政策局  新型ホームドア等に対応する視覚障害者誘導用ブロックの敷設方法に関する調査検討委員
 

受賞

 
2012年6月
日本交通科学協議会 優秀論文賞
 
1997年
OR事例研究奨励賞
 
2003年
日本人間工学会研究奨励賞
 

論文

 
左右の耳のマスキング差が視覚制限下における方向判断に及ぼす影響
大倉 元宏
視覚リハビリテーション研究   5(2) 43-52   2016年3月   [査読有り]
視覚障害者用道路横断帯を構成する点状突起の高さと足による検知性
大倉 元宏
日本交通科学協議会誌   10(1) 11-16   2011年3月   [査読有り]
GHS対応に向けた視覚障害者に対する化学品の危険有害性情報の伝達に関する調査研究-面接調査による現状と課題の把握-
大倉 元宏
労働科学   85(4) 155-166   2009年11月   [査読有り]
視覚障害者用道路横断帯の敷設ガイドラインの提案
大倉 元宏
日本交通科学協議会誌   6(2) 12-19   2007年3月   [査読有り]
周囲音が視覚遮断直進歩行に及ぼす影響
大倉 元宏
人間工学   41(3) 161-166   2005年6月   [査読有り]

Misc

 
重なり合う文字の触認識
大倉 元宏
視覚リハビリテーション研究   3(2) 73-80   2014年3月   [査読有り]
化学品の分類および表示に関する世界調和システム(GHS)対応に向けた視覚障害者に対する化学品の危険有害性情報の伝達に関する調査研究-携帯電話とICタグによる音声伝達-
大倉 元宏
労働科学   86(4) 209-219   2010年8月   [査読有り]
視覚障害者用道路横断帯の標準的敷設法に関する研究(2)
大倉 元宏
労働科学   80(4) 160-170   2004年7月   [査読有り]
視覚障害者用道路横断帯の標準的敷設法に関する研究(1)
大倉 元宏
労働科学   78巻,6号,pp.310-316(6) 310-316   2002年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
視覚障がいの歩行の科学,安全で安心なひとり歩きをめざして
大倉 元宏ほか
コロナ社   2014年10月   
人間工学の百科事典
大倉 元宏 (担当:共著)
丸善   2005年3月   
生産管理用語辞典
大倉 元宏 (担当:共著)
日本規格協会   2002年3月   
目の不自由な方にあなたの腕を貸してください-オリエンテーションとモビリティの理解-
(財)労働科学研究所出版部   2000年   
現代労働衛生ハンドブック,障害者の労働,視覚障害者
労働科学研究所   1988年   

講演・口頭発表等

 
視覚障がい者の駅プラットホームからの転落 -盲導犬ユーザの事例-
大倉 元宏
第43回感覚代行シンポジウム   2017年12月5日   
Sound localization under different masking levels between left and right ears
大倉 元宏
15th International Mobility Conference   2015年6月   
駅プラットホームからの転落事例 -移動中における別のタスクの割り込みの影響-
大倉 元宏
第24回視覚障害リハビリテーション研究発表大会   2015年6月   
エスコートゾーンを構成する突起の硬さと耐磨耗性 -2年間にわたる定点観測-
大倉 元宏
第40回感覚代行シンポジウム   2014年12月   
左右の耳のマスキング差と単独行動に慣れた視覚障がい者の音源定位
大倉 元宏
日本人間工学会第50回大会   2014年6月   

担当経験のある科目

 
  • 福祉住環境論 (武蔵野大学)
  • コンピュータプログラミング (成蹊大学)
  • 人間工学 (成蹊大学,東京農業大学)

所属学協会

 
日本人間工学会 , 日本経営工学会 , 日本心理学会 , 日本応用心理学会 , 日本ロボット学会 , 日本OR学会

Works

 
視覚障がい者の駅プラットホームからの転落事例データベース
大倉 元宏   データベース   2016年6月
弱視者のVDT作業に関する人間工学的調査研究
1994年 - 1997年
視覚障害者用道路横断帯の評価
1998年 - 2000年

競争的資金等の研究課題

 
学融合的アプローチによる地域共生社会の実装スキームの確立と社会実践
文部科学省: 私立大学研究ブランディング事業
研究期間: 2017年10月 - 2022年3月    代表者: 中野 有紀子
視覚障害者の歩行特性に関する研究
視覚障害者の駅プラットホームから転落事故に関する研究
弱視VDTユーザの作業実態に関する人間工学的調査
視覚障害者用単独移動支援装置の開発と評価

社会貢献活動

 
① 日本人間工学会・認定人間工学準専門家資格審査員
【その他】
① 厚生労働大臣指定講習における講師(リハビリテーション工学担当)
【講師】  障害者職業総合センター