言語の選択:

 

理工学部 教授

研究者リスト >> 篠田 心治
 

篠田 心治

 
アバター
研究者氏名篠田 心治
 
シノダ シンジ
所属成蹊大学
部署理工学部 システムデザイン学科
職名教授
学位博士(工学)(慶應義塾大学)

研究キーワード

 
インダストリアル・エンジニアリング , Industrial Engineering

研究分野

 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 加工学、生産工学 / 

経歴

 
2005年4月
 - 
2012年3月
東京理科大学 理工学部 経営工学科
 
1986年4月
 - 
2005年3月
成蹊大学 工学部 経営・情報工学科
 
1981年
 - 
2005年
Research Assistant,Faculty of Science&Technology University of SEIKEI
 
2012年4月
   
 
成蹊大学 理工学部 システムデザイン学科 教授
 
2005年
   
 
- Junior Associate Proffessor, Faculty of Science&Technology University of TOKYO UNIVERSITY OF SCIENCE
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1986年5月
慶應義塾大学 大学院 工学研究科 
 
 
 - 
1986年
慶應義塾大学  
 
1981年4月
 - 
1983年3月
慶應義塾大学 大学院 工学研究科 
 
1977年4月
 - 
1981年3月
慶應義塾大学 工学部 
 
 
 - 
1981年
慶應義塾大学  
 

委員歴

 
2017年7月
 - 
2019年5月
日本経営工学会  企画・行事委員会 委員
 
2015年5月
 - 
2017年5月
日本経営工学会  理事(庶務(広報))
 
2013年
 - 
2015年
日本経営工学会  庶務(広報)
 
2011年
 - 
2013年
日本経営工学会  行事・企画委員会 委員
 
2011年
 - 
2012年
日本経営工学会  東関東支部 副支部長
 

受賞

 
2015年7月
日本IE協会 第44回「日本IE文献賞」 IE的視点から見た生産準備活動の役割
 
1999年
日本設備管理学会賞論文賞
 

論文

 
飯田 浩二, 坪井 健児, 市来嵜 治, 篠田 心治
日本設備管理学会誌   31(2) 54-61   2019年7月   [査読有り]
市来嵜 治, 菊地 宥人, 高木 聡, 池上 敦子, 篠田 心治
日本経営工学会論文誌   70(2) 71-80   2019年5月   [査読有り]
市来嵜 治, 井手田 美里, 吉田 真吾, 高橋 純, 吉田 信太郎, 篠田 心治
日本設備管理学会誌   130(1) 1-8   2018年4月   [査読有り]
坪井 健児, 市来嵜 治, 松本 俊之, 篠田 心治
日本設備管理学会誌   28(2) 57-66   2016年8月   [査読有り]
橋本 佳弘, 市来嵜 治, 篠田 心治
日本経営工学会論文誌   67(2) 83-91   2016年7月   [査読有り]

MISC

 
篠田 心治
IEレビュー誌   60(2) 4-5   2019年5月
篠田 心治, 宮原 英一
IEレビュー   (300) 27-35   2017年5月
成蹊大学工学部工学報告   (48) 45   1989年

書籍等出版物

 
日本インダストリアルエンジニアリング   2015年11月   
日本インダストリアルエンジニアリング協会   2015年3月   
日本プラントメンテナンス協会   1994年   

講演・口頭発表等

 
日本経営工学会秋季大会   2015年11月   
日本経営工学会秋季研究大会   2014年10月   
日本経営工学会秋季研究大会   2014年10月   

所属学協会

 
社団法人日本プラントメンテナンス協会 , 日本経営工学会 , 日本インダストリアルエンジニアリング協会 , 日本設備管理学会 , Japan Institute of Plant Maintenance

教育内容やその他の工夫

 
産学連携プロジェクト型授業の実施
2013年4月1日 - 2020年3月31日
成蹊大学では、ワンキャンパスに経済学部、文学部、法学部、理工学部がある特徴から、全学部横断型であり、かつ、三菱系の優良企業約20社との産学連携プロジェクト型授業を行っている。本プログラムはMBT(丸の内ビジネス研究)と呼ばれ、3つの段階に分かれ行われている。1段階目は、大学の前期に考える力、プレゼンテーション力の育成と、連携企業から実際に取り組んでいる課題を頂き教員がサポートしながら課題解決を行うことである。2段階目は、1段階目で解決した課題を企業で発表することと、さらには、最近のトピックを講演頂くことである。3段階目は、学生が連携頂いている企業に行き、企業の課題を解決する課題型インターンシップの実施である。このような産学連携、かつ、学部横断型授業に関わり実施をしている。さらに、地域連携として知的障がい者が働かれている「武蔵野市福祉作業所」の改善について、より学生と共に活動を行っている。