言語の選択:

 
研究者検索 > 文学部 教員紹介 

成蹊大学 文学部

研究者リスト >> 林 廣親
 

林 廣親

 
アバター
研究者氏名林 廣親
 
ハヤシ ヒロチカ
所属成蹊大学
部署文学部 日本文学科
職名特別任用教授
学位文学修士(東京大学)

研究キーワード

 
日本近代文学

研究分野

 
  • 文学 / 日本文学 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
上智大学 非常勤講師
 
1995年4月
 - 
現在
成蹊大学 文学部日本文学科 教授
 
2015年9月
 - 
2016年3月
東京大学 文学部 非常勤講師
 
2012年4月
 - 
2013年3月
上智大学 非常勤講師
 
2005年10月
 - 
2006年3月
フェリス女学院大学 非常勤講師
 
2003年4月
 - 
2004年3月
群馬県立女子大学 非常勤講師
 
1992年4月
 - 
2004年3月
白百合女子大学 国文学科 非常勤講師
 
1992年4月
 - 
2004年3月
東京経済大学 非常勤講師
 
2000年4月
 - 
2002年3月
慶応義塾大学 教養部 非常勤講師
 
1986年4月
 - 
1995年3月
成蹊大学 文学部『日本文学科 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1979年
東京大学 文学研究科 国文学専攻
 
 
 - 
1975年
神戸大学 文学部 国文学
 

委員歴

 
 
 - 
現在
昭和文学会  幹事
 
 
 - 
現在
日本近代文学会  評議員
 
1988年
 - 
1989年
日本近代文学会  運営委員
 
1982年
   
 
東京大学国語国文学会  評議員
 

論文

 
志賀直哉〈山科もの〉ノート ー「痴情」を中心にー
林 廣親
成蹊國文   (49) 45-57   2016年3月
志賀直哉「好人物の夫婦」を読む ー信じていた、でも言って欲しかった
林 廣親
成蹊國文   (48)    2015年3月
志賀直哉の文体 ー覚え書き風に
林 廣親
国語と国文学   90(11)    2013年11月   [招待有り]
「お花さん」「お栄さん」[木下杢太郎『食後の唄』注釈・作品論(8)
林 廣親
成蹊大学一般研究報告   47(第4分冊)    2013年6月
「沢氏の二人娘」論 ー父帰るを補助線として
林 廣親
岸田國士の世界      2010年3月
「夜ふけには」より 飛行機・女よ・たとひ品は 硝子のひび [木下杢太郎『食後の唄』注釈・作品論(7)
林 廣親
成蹊大学一般研究報告   41(第3分冊)    2008年8月
志賀直哉「或る朝」ノート ー〈初めて小説が書けた〉とはどういうことか
林 廣親
成蹊國文   (40)    2007年3月
「市場所見」[木下杢太郎『食後の唄』注釈・作品論」(6)
林 廣親
成蹊大学一般研究報告   37巻(第1分冊)    2006年1月
岡田八千代「黄楊の櫛」を読む 
林 廣親
演劇学論集 日本演劇学会紀要   (43)    2005年10月   [招待有り]
「桐の雨」「玻璃問屋」[木下杢太郎『食後の歌』注釈・作品論(5)
林 廣親
成蹊大学一般研究報告    35巻(第2分冊)    2004年5月
「襖」のモチーフと方法 ー志賀直哉の〈文学〉覚え書きー
林 廣親
成蹊大学文学部紀要   (39)    2004年3月
木下杢太郎『食後の唄』注釈・作品論(4)
成蹊大学一般研究報告   34(3)    2002年
志賀直哉「小僧の神様」を読む
成蹊国文   (32) 11-22   1999年
<演劇の近代>をめぐる私的覚え書-杢太郎「和泉屋染物店」と万太郎「かどで」を視座として-
国語と国文学   74(5)    1997年
森鴎外『仮面』論-<伯林はもっと寒い‥‥併し設備が違ふ>-
成蹊大学文学部紀要   (31) 23   1996年
芥川龍之介「一塊の土」論-「家族」という関係性をめぐる視座から-
成蹊国文   (27) 1   1994年
〈作家〉森しげ女論-小説「あだ花」の読みをつうじて-
日本文学   41(2)    1992年
田山花袋「蒲団」を読む
成蹊大学文学部紀要   26    1990年
「橘の実る国」-木下杢太郎の小説と推察される佚文をめぐって-
成蹊国文   18    1986年

Misc

 
今期の収穫 ー読んで気持ちの良い論文あれやこれやー(学会時評)
林 廣親
日本近代文学   (90)    2014年5月   [依頼有り]
戦時演劇研究ー成果と展望
林 廣親
演劇学論集 日本演劇学会紀要   (49)    2009年10月
近現代演劇史における有三の位置
林 廣親
国文学 解釈と鑑賞      2008年6月   [依頼有り]
戯曲・演劇研究の現状と今後
林 廣親
日本近代文学 第70集      2004年5月   [依頼有り]
近代文学の中の〈武蔵野〉 ー独歩・蘆花・春夫そして昇平のことなどー
林 廣親
成蹊大学公開講座講演録      2003年3月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
板東眞佐子
林 廣親 (担当:共著, 範囲:『山妣』 ー伝奇と実存)
鼎書房   2014年6月   
桐野夏生
林 廣親 (担当:共著, 範囲:「緑の毒」 ー羊頭狗肉もまた楽しからずやー)
鼎書房   2013年11月   
宮部みゆき
林 廣親 (担当:共著, 範囲:ジグソーパズル見物は楽しいか ー『レベル7』論)
鼎書房   2013年4月   
井上ひさしの演劇
林 廣親 (担当:共著, 範囲:紙屋町さくらホテル』 ー歴史離れのドラマトゥルギー)
翰林書房   2012年12月   
恩田 陸
林 廣親 (担当:共著, 範囲:「猫と針」)
鼎書房   2012年2月   

講演・口頭発表等

 
つかこうへい「出発」について
林 廣親
日本近代演劇史研究会   2017年5月12日   
木下杢太郎『食後の唄』を読み解く
林 廣親
第五十一回杢太郎祭   2006年10月8日   

所属学協会

 
日本近代文学会 , 日本文学協会 , 日本演劇学会 , 東京大学国語国文学会 , 歌舞伎学会

Works

 
シンポジウム・劇のことば
1988年11月
〈作家〉森しげ女論(日本文学協会学会発表)
1991年
日本近代文学会9月例会・司会
1993年
近代演劇史のはじまりをめぐって(近代演劇史研究会3月例会発表)
1994年
劇場の文学/文学の劇場(日本近代文学会5月大会司会)
1994年

競争的資金等の研究課題

 
二十世紀の日本文学
近代戯曲史研究
雑誌『スバル』の研究
文学作品の読解をめぐる諸問題