言語の選択:

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 近 匡
 

近 匡

 
アバター
研究者氏名近 匡
 
コン タダシ
URLhttp://www.ml.seikei.ac.jp/SUURI/
所属成蹊大学
部署理工学部 物質生命理工学科
職名教授
学位博士(理学)(立教大学)

研究キーワード

 
トップクォーク , 超対称性 , 素粒子 , 高エネルギー実験 , スカラートップ , ヒッグス粒子 , 超対称性理論 , 電子・陽子衝突 , HERA , 素粒子の標準模型 , ファインマン振幅 , 標準模型 , 電弱理論での輻射補正 , R-parity breaking , 自動計算システム , Boson-gluon fusion , 自動計算 , 超対称性粒子 , 超対称性模型 , 高次補正

研究分野

 
  • 物理学 / 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 / 
  • 物理学 / 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 / 

経歴

 
2005年4月
 - 
現在
成蹊大学 理工学部 教授
 
2003年
 - 
2005年
成蹊大学 工学部 教授
 
1999年
 - 
2003年
成蹊大学工学部 助教授
 
1998年
 - 
1999年
成蹊大学工学部 講師
 
1989年
 - 
1998年
成蹊大学工学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
1988年
立教大学 理学研究科 原子物理学
 
 
 - 
1981年
立教大学 理学部 物理
 

Misc

 
軽いストップ粒子シナリオとそれらの1ループ高次補正を含んだ現象論的帰結
黒田正明,近匡,國府田優作,石川正,神保雅人
Nucl.Part.Phys.Proc.   258 264-267   2015年1月   [査読有り]
次世代電子陽電子加速器におけるトップクォーク生成過程を用いた超対称性理論模型の検証
國府田優作, 近 匡
理工学研究報告   51(2) 1-7   2014年12月   [査読有り]
Masami Chiba, Toshio Kamijo, Takahiro Tanikawa, Hiroyuki Yano, Fumiaki Yabuki, Osamu Yasuda, Yuichi Chikashige, Tadashi Kon, Yutaka Shimizu, Souichirou Watanabe, Michiaki Utsumi, Masatoshi Fujii
AIP Conf. Proc. 1535, 45-50 (2013)      2013年7月
We have found a radio-wave-reflection effect in rock salt for the detection
of ultra-high energy neutrinos which are expected to be generated in Greisen,
Zatsepin, and Kuzmin (GZK) processes in the universe. When an UHE neutrino
interacts with roc...
Hieu Minh Tran, Tadashi Kon, Yoshimasa Kurihara
Mod. Phys. Lett. A 26, 949 (2011)      2010年12月
We examine the single-photon processes in the frame work of supersymmetric
models at future e+e- linear colliders. According to the recent experimental
achievement, the optimistic polarization degrees for both electron and positron
beams are taken...
Masami Chiba, Yoko Arakawa, Toshio Kamijo, Shunsuke Nakamura, Yuji Shibasaki, Yasuhiro Takayama, Yusuke Watanabe, Fumiaki Yabuki, Osamu Yasuda, Akio Amano, Yuichi Chikashige, Keisuke Ibe, Tadashi Kon, Sosuke Ninomiya, Yutaka Shimizu, Yoshito Takeoka, Yasuyuki Taniuchi, Michiaki Utsumi, Masatoshi Fujii
   2007年10月
Existence of GZK neutrinos (ultra high energy neutrinos) have been justified
although the flux is very low. A new method is desired to use a huge mass of a
detector medium to detect them. A fundamental study of radar method was carried
out to meas...

書籍等出版物

 
Chun Wa Wong (担当:共訳)
丸善   1996年1月   ISBN:4621041185
Chun Wa Wong (担当:共訳)
丸善   1996年3月   ISBN:4621041568

所属学協会

 
日本物理学会

Works

 
電子・陽子衝突における高い横方向エネルギーを持つレプトン生成の研究
1999年 - 2000年
超対称性理論における高次補正効果の研究
1999年 - 2000年

競争的資金等の研究課題

 
超対称性理論の現像論的研究
散乱断面積の自動計算