言語の選択:

researchmapからのお知らせ

【成蹊大学】教員検索

研究者検索結果一覧 >> 井出 多加子
 

井出 多加子

 
アバター
研究者氏名井出 多加子
 
イデ タカコ
所属成蹊大学
部署経済学部 経済経営学科
職名教授
学位博士(経済学)(慶應義塾大学経済学研究科), 経済学修士(上智大学経済学部経済学科)

研究キーワード

 
観光と地域経済 , 地域経済学 , 経済政策 , 不動産経済学

研究分野

 
  • 経済学 / 経済政策 / 地域経済学、不動産経済学
  • 経済学 / 経済政策 / 

学歴

 
 
 - 
1993年
慶應義塾大学 経済学研究科 経済学
 
 
 - 
1987年
上智大学 経済学部 経済
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
国土交通省  優秀施工者国土交通大臣顕彰審査委員会
 
2017年9月
 - 
現在
総務省  地方財政審議会特別委員
 
2017年5月
 - 
現在
国土交通省関東地方整備局  品川駅西口駅前広場整備にかかる事業協力者審査委員会
 
2017年
 - 
現在
消防庁  消防防災科学技術高度化推進検討会委員
 
2016年9月
 - 
現在
独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構  高架下利用計画等検討会
 

受賞

 
 
都市住宅学会 論文賞
 
 
日本不動産学会 学術賞
 

論文

 
井出 多加子
Journal of the Japanese and International Economies   35 62-77   2015年3月   [査読有り]
Auction price formation with costly occupants: Evidence using data from the Osaka district court
The Journal of Real Estate Finance and Economics   42(Issue 1) 81-98   2011年   [査読有り]
Distortionary taxation, excessive price sensitivity, and Japanese land prices
NBER Working Paper   No. 7254    1999年   [査読有り]
An Estimation of the Lock-In Effect of Capital Gains Taxation
山崎福寿、井出多加子
Journal of the Japanese and International Economies   11(1) 82-104   1997年3月   [査読有り]

Misc

 
不動産競売市場の現状と最低価格
法と経済学会、2003年度学術発表梗概集      2003年
田口輝幸, 井出多加子
日本不動産学会誌(条件付登載)   17(3) 91-99   2004年
不良債権処理と不動産競売市場の課題
住宅土地経済      2002年
不動産競売市場データに見る回収率と「掛け目」
日本不動産学会平成14年度梗概集      2002年
税制の歪みと地価の長期動向
都市住宅学   (27)    1999年

書籍等出版物

 
グローバル時代の日本の働き方―経済学から見る労働市場の制度
井出 多加子
銀河書籍   2015年9月   
経済のしくみと制度 (経済経営セメスターシリーズ)
井出 多加子 (担当:共著, 範囲:第三版(第1-2章、第5章、第7章、第9章))
多賀出版   2015年5月   
不動産バブルと景気
井出 多加子 (担当:共著, 範囲:第2章、第4章、第5章)
日本評論社   2011年9月   
地方交付税・国庫支出金の経済効果について
都市再生の経済分析   2003年   
マクロ経済学の方法・理論と実証・政策
井出 多加子
2002年3月   

担当経験のある科目

 
  • 不動産の証券化 (成蹊大学)
  • 観光の経済学 (成蹊大学)
  • 地域振興の実践 (成蹊大学)
  • 労働市場のしくみと制度 (成蹊大学)
  • 計量経済学 (成蹊大学)

所属学協会

 
日本不動産学会 , 資産評価政策学会 , 都市住宅学会 , 法と経済学会

競争的資金等の研究課題

 
社会資本整備と地価
地価動向における可変的リスクの影響と計測
研究期間: 2002年 - 2005年
住宅投資における贈与の経済効果と流動性制約
研究期間: 2002年 - 2004年
不動産競売における法的規制の経済効果
研究期間: 2000年 - 2004年
競売市場の分析

教育内容やその他の工夫

 
学習の質と学生の満足度を高めるルーブリックおよびポートフォリオ
2018年4月1日 - 2019年3月1日
学生の入学から卒業まで学修内容と成果を、対外的に発信することが本人にとって重要であり、優れた人材を見出したい企業にも有用と思います。それにより学修への意欲も一層高まると期待しています。問題は、可視化を「第二の成績表」にしないことで、学生が自分自身をプロデュースするという基本的理解が必要と思います。

専任教員自己点検・評価(点検・評価)

 
 

専任教員自己点検・評価(目標設定)

 
 
2)国際化推進
3)産学連携
4)地域貢献・地域連携
5)学生活性化(他の項目以外の内容)
2)国際化推進
3)産学連携
4)地域貢献・地域連携
3)産学連携
4)地域貢献・地域連携
4)地域貢献・地域連携