言語の選択:

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 酒井 浩之
 

酒井 浩之

 
アバター
研究者氏名酒井 浩之
 
サカイ ヒロユキ
URLhttp://www.ci.seikei.ac.jp/sakai/
所属成蹊大学
部署理工学部 情報科学科
職名准教授
学位博士(工学)(豊橋技術科学大学)

研究キーワード

 
テキストマイニング , 情報抽出 , 自然言語処理

研究分野

 
  • 情報学 / 知能情報学 / 自然言語処理

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
成蹊大学 理工学部 情報科学科 准教授
 
2012年4月
 - 
2014年3月
成蹊大学 理工学部 情報科学科 専任講師
 
2010年4月
 - 
2012年3月
豊橋技術科学大学 情報・知能工学系 助教
 
2007年4月
 - 
2010年3月
豊橋技術科学大学 知識情報工学系 助教
 
2005年6月
 - 
2007年3月
豊橋技術科学大学 知識情報工学系 助手
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2005年3月
豊橋技術科学大学 工学研究科 電子・情報工学専攻
 
2000年4月
 - 
2002年3月
豊橋技術科学大学 工学研究科 知識情報工学専攻
 
1998年4月
 - 
2000年3月
豊橋技術科学大学 工学部 知識情報工学科
 

論文

 
学習データの自動生成による決算短信からの業績要因文の抽出
酒井浩之, 松下 和暉, 北島 良三
日本知能情報ファジィ学会誌      2019年   [査読有り]
潜在学習による企業トップメッセージと収益性の関係解析
北島 良三, 酒井浩之, 上村 龍太郎
日本知能情報ファジィ学会誌      2019年   [査読有り]
複数企業からの関連企業の抽出と事業内容に基づく分類
田中瑞竜, 酒井浩之, 坂地泰紀, 北島良三
日本知能情報ファジィ学会誌      2019年   [査読有り]
高野海斗, 酒井浩之, 坂地泰紀, 和泉潔, 岡田奈奈, 水内利和
言語処理学会論文誌   25(1) 3-32   2018年   [査読有り]
Enriching folksonomy for online videos
Hiroki Sakaji, Masaki Kohana, Akio Kobayashi, Hiroyuki Sakai
International Journal of Grid and Utility Computing      2017年   [査読有り]
決算短信PDFからの業績予測文の抽出
北森詩織,酒井浩之,坂地泰紀
電子情報通信学会論文誌   J100-D(2) 150-161   2016年   [査読有り]
Extraction of Polarity Comments from Nico Nico Douga
Hiroki Sakaji, Junya Ishibuchi, Hiroyuki Sakai
International Journal of Space-Based and Situated Computing   6(3) 165-172   2016年   [査読有り]
決算短信PDFからの原因・結果表現の抽出
坂地泰紀,酒井浩之,増山繁
電子情報通信学会論文誌D   J98-D(5) 811-822   2015年5月   [査読有り]
企業の決算短信PDFからの業績要因の抽出
酒井 浩之, 西沢 裕子, 松並 祥吾, 坂地 泰紀
人工知能学会論文誌   30(1) 172-182   2015年1月   [査読有り]
酒井 浩之, 増山 繁
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   96(11) 2866-2870   2013年11月   [査読有り]
本論文では,企業の業績発表記事から文献[1]の手法で抽出される業績要因の中で,重要なものを抽出する手法について述べる.具体的には,企業のWebサイトからキーワードを抽出し,その際に付与された重みを使用して重要度を付与することで,重要な業績要因の抽出を行う.
谷口 将太, 坂地 泰紀, 酒井 浩之, 増山 繁
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   94(6) 1039-1043   2011年6月   [査読有り]
経済新聞記事から抽出した景気動向を示唆する表現を対象として,その表現が景気の回復を示唆する表現なのか,景気の悪化を示唆する表現なのかのいずれかに自動的に分類する研究を行った.
坂地 泰紀, 野中 尋史, 酒井 浩之, 増山 繁
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   93(6) 742-755   2010年6月   [査読有り]
特許文書から直接的なユーザの便益に相当する表現と,技術上の解決課題を示す表現を自動的に抽出するアルゴリズム「Cross-Bootstrapping」を提案する.特許出願件数は年間40万件にものぼり,1文書当りの文章量も膨大であるため,出願動向調査に有用なパテントマップ(特許出願動向を可視化したもの)を手作業で作成するには多大な時間とコストを要するため,その作成に役立つ情報を自動的に抽出する技術が求められている.そこで,本研究ではパテントマップの作成に役立つ「直接的なユーザの便益に相当する表...
鈴木佑輔, 横田隼, 酒井浩之, 増山繁
人工知能学会論文誌(Web)   25(1) 168-173 (J-STAGE)   2010年   [査読有り]
テキストマイニングを用いた判例文書の分類および情報抽出
野中尋史, 酒井浩之, 増山繁
情報ネットワークローレビュー   8 74-85   2009年
Hiroyuki Sakai,Shigeru Masuyama
IEICE Transactions   92-D(12) 2341-2350   2009年   [査読有り]
Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama
IEICE Trans. Information and Systems   E91-D(4) 959-968   2008年   [査読有り]
Masanobu Tsuruta, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama
IEICE Trans. Information and Systems   E91-D(4) 986-989   2008年   [査読有り]
宮本 雅人, 酒井 浩之, 増山 繁
知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌 : journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics   18(5) 752-760   2006年10月   [査読有り]
研究のプレゼンテーションでは,限られた時間の中で,聴衆に研究成果をよく理解してもらうために,プレゼンテーションスライドの作成が必要不可欠である.しかし,スライドの作成には多くの時間と手間を要する.そのため,多くの研究者がスライド作成の効率化を望んでいる.本研究では,研究者の負担軽減を目的として,論文LATEX原稿からスライドを自動生成する手法を提案する.本手法では,LATEXファイルの解析,スライドへの内容の割り当て,接続詞を利用した箇条書き生成を行なう.LATEXファイルの解析では,スラ...
酒井 浩之, 増山 繁,
日本知能情報ファジィ学会誌   18(2) 265-279   2006年
酒井 浩之,梅村 祥之, 増山 繁
自然言語処理   13(4) 99-124   2006年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Extraction of sentences concerning business performance forecast and economic forecast from summaries of financial statements by deep learning
Shiori Kitamori, Hiroyuki Sakai, Hiroki Sakaji
IEEE Symposium on Computational Intelligence for Financial Engineering & Economics   2017年11月   
Discovery of Rare Causal Knowledge from Financial Statement Summaries
Hiroki Sakaji, Risa Murono, Hiroyuki Sakai, Jason Bennett, Kiyoshi Izumi
IEEE Symposium on Computational Intelligence for Financial Engineering & Economics   2017年11月   
Extracting Laboratory Front Pages from University Websites
Hiroki Sakaji, Atsuya Miyazaki, Hiroyuki Sakai, Kiyoshi Izumi
he 6th International Workshop on Web Services and Social Media In conjunction with The 20th International Conference on Network-Based Information Systems   2017年8月   
Estimation of Tags via Comments on Nico Nico Douga
5. Hiroki Sakaji, Masaki Kohana, Akio Kobayashi, Hiroyuki Sakai
The 5th International Workshop on Web Services and Social Media In conjunction with the 19th International Conference on NBiS-2016   2016年9月   
企業の決算短信PDFから抽出した業績要因への極性付与
酒井浩之, 小林義和, 坂地泰紀
第15回 人工知能学会 金融情報学研究会   2015年9月26日   
決算短信PDFからの業績予測を含む文の抽出
北森詩織, 酒井浩之, 坂地泰紀
第15回 人工知能学会 金融情報学研究会   2015年9月26日   
大学Webページからの研究室トップページの抽出
宮崎敦也, 酒井浩之, 坂地泰紀
第7回 テキストマイニング・シンポジウム   2015年9月10日   
Extracting Polarity Comments from Nico Nico Douga
Hiroki Sakaji, Junya Ishibuchi, Hiroyuki Sakai
The 4rd International Workshop on Web Services and Social Media In conjunction with the 18th International Conference on NBiS-2015   2015年9月   
企業の決算短信PDFの自動要約
瀬戸孟,酒井浩之,坂地泰紀
第13回 人工知能学会 金融情報学研究会   2014年10月11日   
柴原啓太, 坂地泰紀, 酒井浩之
電子情報通信学会技術研究報告   2014年9月4日   
酒井浩之, 坂地泰紀
電子情報通信学会技術研究報告   2014年9月4日   
石淵準也, 坂地泰紀, 酒井浩之
電子情報通信学会技術研究報告   2014年9月4日   
田原如菜, 坂地泰紀, 酒井浩之
電子情報通信学会技術研究報告   2014年1月30日   
坂地泰紀, 酒井浩之, 増山繁
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   2014年   
中山大, 酒井浩之
電子情報通信学会技術研究報告   2013年9月5日   
西沢裕子, 酒井浩之
電子情報通信学会技術研究報告   2013年9月5日   
勝田研一郎, 酒井浩之
電子情報通信学会技術研究報告   2013年9月5日   
酒井浩之, 増山繁
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   2013年   
原田綾花, 太田貴久, 小林暁雄, 増山繁, 野中尋史, 酒井浩之
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   2013年   
大田仁克, 太田貴久, 酒井浩之, 増山繁
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   2013年   
原田綾花, 太田貴久, 野中尋史, 山本悠二, 酒井浩之, 増山繁
電気関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2012年9月18日   
太田貴久, 鶴田雅信, 野中尋史, 山本悠二, 酒井浩之, 増山繁
言語処理学会年次大会発表論文集   2012年3月13日   
高尾美代子, 酒井浩之, 鶴田雅信, 増山繁, 渡邊知早, 梅村祥之
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   2012年   
石渡亮平, 酒井浩之, 鶴田雅信, 小林暁雄, 坂地泰紀, 増山繁
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   2012年   
酒井浩之, 増山繁
自動制御連合講演会(CD-ROM)   2011年11月19日   
北林智治, 酒井浩之, 増山繁
言語処理学会年次大会発表論文集   2011年3月   
酒井浩之, 増山繁
言語処理学会年次大会発表論文集   2011年3月   
高尾美代子, 酒井浩之, 増山繁
言語処理学会年次大会発表論文集   2011年3月   
放地宏佳, 鶴田雅信, 酒井浩之, 増山繁
言語処理学会年次大会発表論文集   2011年3月   
藤村真太郎, 野中尋史, 酒井浩之, 増山繁
言語処理学会年次大会発表論文集   2011年3月   
越本和季, 酒井浩之, 増山繁
言語処理学会年次大会発表論文集   2011年3月   
坂地泰紀, 増山繁, 酒井浩之
電子情報通信学会技術研究報告   2010年7月15日   
梅村真史, 酒井浩之, 増山繁
言語処理学会年次大会発表論文集   2010年3月8日   
西崎海人, 酒井浩之, 増山繁
言語処理学会年次大会発表論文集   2010年3月8日   
谷口将太, 坂地泰紀, 酒井浩之, 増山繁
言語処理学会年次大会発表論文集   2010年3月8日   
酒井浩之, 松原茂樹, 増山繁, 稲垣康善
言語処理学会年次大会発表論文集   2010年3月8日   
野中尋史, 小林暁雄, 坂地泰紀, 鈴木祐輔, 酒井浩之, 増山繁
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   2010年   
特許明細書からの出願目的・技術課題情報の抽出
第23回人工知能学会全国大会   2009年   
企業の業績発表記事から抽出した業績要因への極性付与
日本オペレーションズ・リサーチ学会 春季研究発表会2008   2008年   
企業の業績発表記事からの業績要因抽出と極性付与
第22回人工知能学会全国大会   2008年   
Polarity Assignment to Causal Information Extracted from Financial Articles Concerning Business Performance of Companies
AI-2008 Twenty-eighth SGAI International Conference on Innovative Techniques and Applications of Artificial Intelligence   2008年   
企業の業績発表記事からの業績要因の抽出
言語処理学会第13回年次大会   2007年   
Extraction of Cause Information from Newspaper Articles Concerning Business Performance
Proc. of the 4th IFIP Conference on Artificial Intelligence Applications & Innovations (AIAI2007)   2007年   
経済新聞記事内容の個々の企業におけるインパクトの判定
情報処理学会研究報告 2006-FI-84 2006-NL-175   2006年   
新聞記事からの交通事故事例および事故原因表現の抽出
情報処理学会研究報告 2005-FI-80 2005-NL-169,   2005年   
ユーザのインタラクションを導入した複数文書要約システム
言語処理学会第10回年次大会   2004年   
A Multiple-Document Summarization System introducing User Interaction for reflecting User's Summarization need
Working Notes of the Fourth NTCIR Workshop Meeting   2004年   
A Multiple-Document Summarization System with User Interaction
the 20th International Conference on Computational Linguistics (Coling-04)   2004年   
コーパスからの名詞と略語の対応関係の自動獲得
言語処理学会第9回年次大会発表   2003年   
連体修飾表現の省略可能性に関するコーパスからの知識獲得
言語処理学会第8回年次大会   2002年   
省略可能な2重修飾表現の教師なし学習による自動獲得
情報処理学会研究報告 NL-150   2002年   
Unsupervised acquisition of knowledge about the abbreviation possibility of some of multiple phrases modifying the same verb/noun
Third NTCIR Workshop Meeting   2002年   
Unsupervised Knowledge Acquisition about the Deletion Possibility of Adnominal Verb Phrases
WSQA-2002(Coling 2002 Post-conference Workshop, Multilingual Summarization and Question Answering2002)   2002年   
On Retrieval Support System by Suggesting Terms to a User
the Second NTCIR Workshop Meeting   2001年   
A Retrieval Support System by Suggesting Terms to a User
ICCPOL2001 (19th International Conference on Computer Processing of Oriental Languages)   2001年   

担当経験のある科目

 
  • データマイニング (成蹊大学)
  • 自然言語処理特論 (成蹊大学)
  • 基礎プログラミング (成蹊大学)
  • アルゴリズムとデータ構造 (成蹊大学)

所属学協会

 
電子情報通信学会 , 情報処理学会 , 言語処理学会 , 人工知能学会

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 酒井 浩之
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 酒井 浩之