言語の選択:

 
研究者検索 > 経済学部 教員紹介 

経済学部 教員紹介

研究者リスト >> 財城 真寿美
 

財城 真寿美

 
アバター
研究者氏名財城 真寿美
 
ザイキ マスミ
URLhttp://jcdp.jp/
所属成蹊大学
部署経済学部 経済経営学科
職名准教授
学位修士(理学)(東京都立大学), 博士(理学)(東京都立大学)
その他の所属東京大学

研究キーワード

 
自然地理学 , 気候学 , 歴史気候学 , 地理情報学 , 科学技術史 , 地理学

研究分野

 
  • 科学社会学・科学技術史 / 科学社会学・科学技術史 / 気象学史
  • 地理学 / 地理学 / 気候学
  • 地球惑星科学 / 気象・海洋物理・陸水学 / 気象学

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
明治大学 兼任講師
 
2010年4月
 - 
現在
成蹊大学 経済学部 准教授
 
2005年4月
 - 
現在
東京大学 空間情報科学研究センター 客員研究員
 
2013年4月
 - 
2013年9月
津田塾大学 学芸学部 非常勤講師
 
2004年4月
 - 
2013年9月
早稲田大学 教育学部 非常勤講師
 
2009年4月
 - 
2012年3月
首都大学東京 都市環境学部 客員研究員
 
2009年4月
 - 
2010年3月
成蹊大学 経済学部 専任講師
 
2008年4月
 - 
2010年3月
津田塾大学 学芸学部 非常勤講師
 
2008年4月
 - 
2009年3月
首都大学東京 都市環境学部 特任研究員
 
2005年4月
 - 
2008年3月
日本学術振興会 特別研究員(SPD)
 
2005年9月
 - 
2005年12月
University of East Anglia (UK) Climatic Research Unit Visiting Academic Fellow
 
2004年9月
 - 
2005年3月
東京大学 空間情報科学研究センター 学術研究支援員
 
2001年4月
 - 
2004年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC1)
 
2001年
 - 
2004年
Royal Netherlands Meteorological Institute Climate Analysis Group, Visiting Research Fellow
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2004年3月
東京都立大学 理学研究科(博士課程) 地理科学専攻
 
1999年4月
 - 
2001年3月
東京都立大学 理学研究科(修士課程) 地理科学専攻
 
1996年4月
 - 
1999年3月
奈良女子大学 文学部 地理学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
地球環境史学会  評議員
 
2016年4月
 - 
現在
公益財団法人東京観光財団  東京シティガイド検定公式テキスト作成分科会委員
 
2016年
 - 
現在
International Geographical Union, Hazard and Risk Comission  Steering Committee Member
 
2016年
 - 
現在
日本地球惑星科学連合  プログラム委員会委員
 
2011年
 - 
現在
日本地球惑星科学連合  大会運営委員会委員
 
2016年
 - 
現在
日本地理学会  交流専門委員会委員
 
2007年
 - 
2014年
日本学術会議 International Geosphere Biosphere Program (IGBP) コアプロジェクト Past Global Changes (PAGES)研究推進委員
 
2011年
 - 
2012年
日本地理学会 総務専門委員会委員
 
2008年
 - 
2012年
日本地球惑星科学連合 情報システム委員会委員
 
2008年
 - 
2012年
地理情報システム学会 渉外委員会委員
 

受賞

 
2006年
“Best Oral Presentation Award for Young Scientist”, ESF-JSPS Frontier Science Conference for Young Researchers -Climate Change-.
 

論文

 
関東東南部における気象観測記録からわかる19世紀幕末期以降の気候の特徴
財城真寿美,三上岳彦,平野淳平,Michael GROSSMAN,久保田尚之,塚原東吾
地学雑誌   127(4) 447-455   2018年8月   [査読有り]
Analysis of Precipitation Data at Yokohama, Japan, from 1863 to 1869 observed by J.C. Hepburn
平野淳平,三上岳彦,財城真寿美,仁科淳司
地学雑誌   127(4) 531-541   2018年8月   [査読有り]
Reconstructing Typhoons Affecting Japan in 1877
Michael J. GROSSMAN, 財城真寿美,三上岳彦, Cary MOCK
地学雑誌   127(4) 457-470   2018年8月   [査読有り]
小氷期における東アジアの強風災害とその変動
田上善夫,ガストン・デマレー,パスカル・ミリエ,パトリック・ベイベール,三上岳彦,財城真寿美,塚原東吾,平野淳平
地学雑誌   127(4) 513-529   2018年8月   [査読有り]
The Atmospheric Pressure Observations 1856–1858 by Father Louis Furet, at Naha, Japan
Gaston R. DEMARÉE, Pascal MAILIER, Patrick BEILLEVAIRE, 三上岳彦, 財城真寿美, 塚原東吾, 田上善夫, 平野淳平
地学雑誌   127(4) 503-511   2018年8月   [査読有り]
Complex networks for tracking extreme rainfall during typhoons
Ozturk U., Marwan N., Korup O., Saito H., Agarwal A., Grossman M. J., Zaiki M., and Kurths J.
Chaos: An Interdisciplinary Journal of Nonlinear Science   28 1-8   2018年7月   [査読有り]
広島の古日記天候記録による1779年以降の夏季気温の復元
平野 淳平,三上 岳彦,財城 真寿美
地理学評論   91(4) 311-327   2018年7月   [査読有り]
Characteristics of debris avalanche deposits inferred from source volume estimate and hummock morphology around Mt. Erciyes, central Turkey
Hayakawa, Y.S., Yoshida, H., Obanawa, H., Naruhashi, R., Okumura, K., Zaiki, M., Kontani R.
Natural Hazards and Earth System Sciences   18 429-444   2018年2月   [査読有り]
Solar rotational cycle in lightning activity in Japan during the 18–19th centuries
宮原ひろ子、片岡龍峰、 三上岳彦、 財城真寿美、平野淳平、吉村稔、青野靖之、岩橋清美
Annales Geophysicae   36 633-640   2018年4月   [査読有り]
Les séismes à Okinawa : les annotations du Père Louis Furet, missionnaire apostolique.
Demarée, G.R., Beillevaire, P., Tsukahara, T., Mikami, T., Tagami, Y., Zaiki, M.
Ciel et Terre   132(1) 2-10   2016年1月   [査読有り]

Misc

 
日本気象学会に気象学史研究連絡会が発足ー第1回気象学史研究会「気象学史研究はどうあるべきか」を開催ー
山本 哲,財城 真寿美
科学史研究   56(284) 318-319   2018年1月
江戸は小氷期で寒く冬は雪景色だった
財城 真寿美
PRESIDENT   2018.2.12 20   2018年1月
歴史資料から俯瞰する日本の過去の気候
財城 真寿美
科学   88(1) 13-15   2018年1月
武蔵野の地と知を学ぶー「ESD成蹊フォーラム2017」開催記録ー
小田宏信,小森次郎,財城真寿美,池上敦子
成蹊大学理工学研究報告   54(1) 29-36   2017年6月
データレスキューによるアジアの気候変動解明
松本 淳,財城真寿美,三上岳彦,小林 茂
E-journal GEO   12(2) 168-172   2017年6月

書籍等出版物

 
Tokyo as a Global City (Kikuchi T., Sugai T. Eds)
財城 真寿美,三上 岳彦 (担当:分担執筆, 範囲:3. Climate Variations in Tokyo Since the Edo Period)
Springer   2018年4月   
気候変動の事典
財城 真寿美 (担当:分担執筆, 範囲:「VII-4 小氷期後半の気候環境変動」,「気候変動・気候災害に関する年表」)
朝倉書店   2017年12月   ISBN:978-4-254-16129-8
自然地理学事典
財城 真寿美 (担当:分担執筆, 範囲:「B9-1 二十四節気七十二候」,「B8-4 歴史時代の気候変化」)
朝倉書店   2017年1月   ISBN:978-4-254-16353-7
アンデス自然学 (水野一晴 編)
財城 真寿美 (担当:分担執筆, 範囲:第5章:ラパスにおける20世紀の気候変化)
古今書院   2016年3月   ISBN:978-4-7722-2021-7
Environment and Society in the Japanese Islands; From Prehistory to the Present. Batten, B.L., Brown, C. Eds.
Mikami, T., Zaiki, M., Hirano, J. (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 10: A History of Climatic Change: A Reconstruction of Meteorological Trends from Documentary Evidence.)
Oregon State University Press.   2015年   

講演・口頭発表等

 
Meteorological observations taken at Seikei Gakuen in Tokyo, Japan since 1926
財城真寿美,宮下敦,田中博春,小田宏信,池上敦子,藤原均
The 11th Annual ACRE (Atmospheric Circulation Reconstruction over the Earth) Meeting   2018年11月15日   
Reconstruction of climatic conditions and typhooons around Japasn in the late 19th century based on meteorological records
財城真寿美,GROSSMAN Micheal,三上岳彦,塚原東吾
The 11th Annual ACRE (Atmospheric Circulation Reconstruction over the Earth) Meeting   2018年11月15日   
Reconstruction of Climate in Japan during the Nineteenth Century Based on Old Meteological Records. [招待有り]
財城 真寿美
MONUMENTA NIPPONICA 80th Anniversary Sympsium   2018年10月6日   
19世紀の在箱館ロシア領事館における気象観測記録
財城 真寿美
第2回日本気象学会気象学史研究会   2017年11月1日   
Reconstruction of climatic conditions and typhoons around Japan in the late 19th century based on instrumental meteorolgical records
財城真寿美,三上岳彦,GROSSMAN Michael,久保田尚之,平野淳平,永田玲奈
European Meteorological Society Annual Meeting 2017   2017年9月6日   

担当経験のある科目

 
  • 環境歴史学 (明治大学)
  • 環境と文明 (成蹊大学)
  • 地理IA (早稲田大学)
  • 自然地理学 (成蹊大学,津田塾大学)
  • 地球環境問題 (成蹊大学)
  • 気象と地球環境 (成蹊大学)
  • 環境とGIS (成蹊大学)
  • 環境と科学(地球と環境) (成蹊大学)

所属学協会

 
地球環境史学会 , 日本地理学会 , 地理情報システム学会 , 科学史学会 , 日本気象学会

競争的資金等の研究課題

 
植民地期東南アジアにおける気候変動と社会変容―人文歴史気象学の創成
科学研究費補助金:基盤研究(B)
研究期間: 2019年4月 - 2024年3月    代表者: 太田 淳
江戸時代の外国船の航海日誌に記載された気象データから復元する日本近海の台風活動
科学研究費補助金: 挑戦的研究(開拓)
研究期間: 2018年6月 - 2024年3月    代表者: 久保田 尚之
気温日変化を考慮した19世紀気象観測データの均質化と長期気温時系列の創出
科学研究費補助金:基盤研究(C)
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 財城 真寿美
19世紀の全国灯台気象観測記録にもとづく天気図と台風経路の復元
科学研究費補助金: 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 財城 真寿美
西部北太平洋モンスーンの長期変動によるアジア沿岸域の気候への影響
科学研究費補助金: 基盤研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 久保田 尚之

社会貢献活動

 
変わる東京の気候環境
【講師】  成蹊大学  2016年度成蹊大学公開講座「安全・安心のために」  2016年5月28日
気温の寒暖からみた江戸・東京の環境変化
【講師】  めぐろシティカレッジ振興会  めぐろシティカレッジ「江戸・東京の過去・現在・未来」  2015年6月13日