言語の選択:

 
研究者検索 > 法学部 教員紹介 

法学部 教員紹介

研究者リスト >> 野口 雅弘
 

野口 雅弘

 
アバター
研究者氏名野口 雅弘
 
ノグチ マサヒロ
eメールmnoguchilaw.seikei.ac.jp
所属成蹊大学
部署法学部 政治学科
職名教授
学位学士(政治学)(早稲田大学), 修士(政治学)(早稲田大学), 博士(哲学)(ボン大学)

研究キーワード

 
包括政党 , 忖度 , 野党 , カール・シュミット , ウェーバー受容 , オットー・キルヒハイマー , ゲオルク・ジンメル , 官僚制 , マックス・ヴェーバー , マックス・ウェーバー

研究分野

 
  • 政治学 / 政治学 / 政治思想史

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
成蹊大学法学部 教授
 
2013年4月
 - 
2017年3月
立命館大学法学部教授
 
2013年4月
 - 
2014年3月
Käte Hamburger Kolleg "Recht als Kultur" (Käte Hamburger Center for Advanced Study in the Humanities "Law as Culture") Fellow
 
2010年4月
 - 
2013年3月
立命館大学法学部准教授
 
2009年4月
 - 
2010年3月
早稲田大学教育学部「政治思想史」非常勤講師
 
2008年10月
 - 
2010年3月
早稲田大学政治経済学部「政治学英語文献研究」「基礎演習」非常勤講師
 
2008年10月
 - 
2010年3月
岐阜大学教育学部准教授
 
2007年4月
 - 
2008年9月
早稲田大学政治経済学部助教
 
2004年4月
 - 
2008年9月
横浜国立大学経営学部「社会科学概論」非常勤講師
 
2004年4月
 - 
2008年9月
横浜国立大学経済学部「日本の政治」非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
2003年7月
Bonn University Philosophy 
 
 
 - 
2001年3月
早稲田大学大学院 政治学研究科博士課程 
 
 
 - 
1996年3月
早稲田大学大学院 政治学研究科修士課程 
 
 
 - 
1993年3月
早稲田大学 政治経済学部 政治学科
 

受賞

 
2019年6月
フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト賞
 

書籍等出版物

 
レオ・シュトラウスの政治哲学――『自然権と歴史』を読み解く
野口 雅弘 (担当:共著, 範囲:第3章 ウェーバーとシュトラウス ――「人間の理性では価値の葛藤を解決できない」というテーゼをめ)
ミネルヴァ書房   2019年5月   
成蹊大学法学部 (担当:共著)
筑摩書房   2019年3月   
社会思想史事典
野口雅弘 (担当:共著, 範囲:官僚制)
丸善出版   2019年1月   
野口雅弘
青土社   2018年12月   ISBN:479177129X
マックス・ウェーバー (担当:単訳)
講談社   2018年7月   ISBN:4065122198
Recht als Kultur? Beiträge zu Max Webers Soziologie des Rechts, "A Weberian Approach to Japanese Legal Culture without the 'Sociology of Law': Takeyoshi Kawashima and his Search for 'Universalism'"
Masahiro Noguchi (担当:共著)
Vittorio Klostermann   2017年10月   ISBN:978-3465043010
3.11を心に刻んで
岩波書店   2015年3月   
西洋政治思想資料集 「マックス・ウェーバー」
杉田敦・川崎修 (担当:共著, 範囲:222-229)
法政大学出版局   2014年9月   
岩波講座 政治哲学〈4〉国家と社会 「ウェーバー――カリスマの来歴と変容」
杉田敦 (担当:共著)
岩波書店   2014年2月   ISBN:9784000113540
政治概念の歴史的展開(第6巻) 「政党」
古賀敬太ほか (担当:共著, 範囲:168-188)
晃洋書房   2013年4月   
ヴォルフガング・シュヴェントカー 野口雅弘・鈴木直・細井保・木村裕之訳 (担当:共訳)
みすず書房   2013年1月   ISBN:4622077094
カール・シュミット
みすず書房   2012年6月   ISBN:4622083531
アクセス デモクラシー論 「参加と動員の変容とデモクラシー」
齋藤純一、田村哲樹 (担当:共著, 範囲:52-71)
日本経済評論社   2012年1月   
野口 雅弘
法政大学出版局   2011年12月   ISBN:4588603221
クラウス オッフェ (担当:単訳)
法政大学出版局   2009年1月   ISBN:458860306X
哲学と大学――近代の哲学的大学論の系譜学と人文知の未来 「比較と責任――マックス・ウェーバーの学問論」
西山雄二、宮﨑裕助 (担当:共著, 範囲:120-136)
未來社   2009年   
現代政治理論 「デモクラシー」
飯島昇藏、佐藤正志、太田義器 (担当:共著, 範囲:33-52)
おうふう   2009年   
はじめて学ぶ政治学 「官僚制(マックス・ウェーバー)」
岡﨑晴輝、木村俊道 (担当:共著, 範囲:160-170)
ミネルヴァ書房   2008年   
悪と正義の政治理論 「合理性と悪」
太田義器、谷澤正嗣 (担当:共著, 範囲:109-134)
ナカニシヤ出版   2007年   
野口 雅弘
みすず書房   2006年9月   ISBN:4622072459
Das Faszinosum Max Weber "Universalgeschichtliche Probleme in der japanischen Weber-Diskussion"
Karl Ludwig Ay, Knut Borchardt (担当:共著, 範囲:123-133)
Universitätsverlag Konstanz   2006年   
Globale Lebensläufe. Menschen als Akteure des weltgeschichtlichen Geschehens"Ein Leben im Exil, Zur intellektuellen Biographie Kurt Singers (1886-1962)"
Bernd Hausberger (担当:共著, 範囲:217-232)
Mandelbaum   2006年   

論文

 
ゲオルク・ジンメルとカール・シュミット──ベルリン、シュトラスブルク、そして「社交」
野口雅弘
ジンメル研究会会報   (21) 1-14   2016年3月
〈官僚なきテクノクラシー〉の反知性主義 キルヒハイマーの「包括政党」再論 
野口雅弘
現代思想   43(3) 100-111   2015年2月
マックス・ウェーバーと官僚制をめぐる情念――sine ira et studioと「不毛な興奮」
野口雅弘
思想   (1033) 112-127   2010年5月
脱官僚と決定の負荷――政治的ロマン主義をめぐる考察
野口雅弘
現代思想   38(2) 110-119   2010年2月
(書評)一次資料から迫るウェーバーのナショナリズム――今野元『マックス・ヴェーバー――ある西欧派ドイツ・ナショナリストの生涯』
野口雅弘
思想   (1012) 52-60   2008年8月
デマゴーグ以後――マックス・ウェーバーと脱政治化の問題
野口雅弘
現代思想   36(1) 86-97   2008年1月
近代から文化へ――冷戦の終焉以後のマックス・ウェーバー
野口雅弘
創文   (503) 11-14   2007年11月
信条倫理化する〈保守〉――ウェーバーとマンハイムを手がかりにして
野口雅弘
現代思想   35(15) 118-133   2007年11月
日本のウェーバー受容における「普遍」の問題
野口雅弘
政治思想研究   (6) 4-33   2006年5月
「ウェーバーと全体主義」再考――エリック・フェーゲリンの視角から
野口雅弘
年報政治学   (2004年度) 143-156   2005年1月
マックス・ウェーバーの西洋合理主義概念と政治――カウティリヤとマキアヴェリの差異を手がかりにして
野口雅弘
政治思想研究   (創刊号) 83-100   2000年5月
M・ウェーバーにおける『政治の弁証』(下)――ロマン主義への共感と批判
野口雅弘
早稲田政治公法研究   (57) 259-286   1998年4月
M・ウェーバーにおける『政治の弁証』(上)――ロマン主義への共感と批判
野口雅弘
早稲田政治公法研究   (55) 245-274   1997年10月

Misc

 
野口 雅弘
生活経済政策   (272) 5-22   2019年9月
野口 雅弘
日本経済新聞(「経済教室」)      2019年8月
野口 雅弘
地方自治職員研修   722 18-20   2019年5月
野口 雅弘
情報労連リポート   (01-02月号)    2019年1月
野口 雅弘
文學界   62-63   2018年10月
野口 雅弘
朝日新聞   12日(朝刊)    2018年5月
「なんちゃらファースト」と悪
野口 雅弘
αシノドス   217 3-14   2017年4月
rightsと権利のあいだ――リーガル・カルチャーの政治学
野口雅弘
月刊みすず   (626) 62-67   2014年5月
ドイツでMasao Maruyamaを読むということ――丸山眞男の翻訳と論じ方について
野口雅弘
月刊みすず   (625) 64-69   2014年4月
構築主義から「意志の力」へ――近年の「ニュー・リアリズム」関連の文献をめぐって
野口雅弘
月刊みすず   624 46-51   2014年3月
リベラリズムのいくつかの吸盤と政党組織 ――ドイツ自由民主党(FDP)の苦境
野口雅弘
月刊みすず   (622) 42-47   2013年12月
メルケルの「国民政党Volkspartei」とカール・シュミット左派――2013年9月連邦議会選挙
野口雅弘
月刊みすず   (621) 56-61   2013年11月
中国への向き合い方をめぐって――ウェーバーからライプニッツへ?
野口雅弘
月刊みすず   (620) 74-79   2013年10月
50年後の『イェルサレムのアイヒマン』――ベッティーナ・シュタングネトとアイヒマン研究の現在
野口雅弘
月刊みすず   (619) 52-57   2013年9月
フォン・トロッタの映画『ハンナ・アーレント』――ドイツの文脈
野口雅弘
月刊みすず   (618) 42-47   2013年8月
「私たち」の語り方――ベルリン共和国のパトリオティズム(愛国)
野口雅弘
月刊みすず   (617) 24-29   2013年7月
著者に「肝」を聞く(19)対談的インタビュー 野口雅弘『官僚制批判の論理と心理』(中公新書)
野口雅弘
自治と分権   (49) 97-110   2012年10月
ポスト冷戦のピエテート批判
野口雅弘
政治思想研究   (12) 480-482   2012年5月
「補い合う関係」復権を 官僚制と対決する日本政治
野口 雅弘
朝日新聞   14日夕刊    2012年2月
比較の理由――「儒教とピューリタニズム」再読
野口雅弘
創文   (520) 14-17   2009年6月
Max Weber und das moderne Japan
Masahiro Noguchi
Monumenta Nipponica   56(4) 563-567   2001年

講演・口頭発表等

 
野口 雅弘
日本政治学会   2019年10月5日   
政治(科)学者の政党研究と政治思想史研究者の政党(・党派)研究 ――オットー・キルヒハイマーを題材にして
日本政治学会   2017年9月23日   
カール・シュミットの呪縛 ——「包括政党」catch-all partyの政治思想史
野口 雅弘
成蹊大学政治学研究会   2017年4月27日   
1964年の丸山眞男とウェーバー研究
思想史の会   2017年3月28日   
フクシマ後の移動―政治思想史の観点から
2016年度国際言語文化研究所連続講座「越境する民―変動する世界」   2016年10月14日   

担当経験のある科目

 
  • 現代政治理論 (成蹊大学)
  • 近代政治思想史 (立命館大学)
  • 現代政治思想史 (立命館大学)
  • 公共性論 (立命館大学)
  • 政治学入門 (立命館大学)

所属学協会

 
社会思想史学会 , 政治思想学会 , 日本政治学会

競争的資金等の研究課題

 
オットー・キルヒハイマーの政治思想と「包括政党」テーゼの再検討
科研費: 基盤(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 野口 雅弘
日本の政治学におけるマックス・ウェーバーの遺産
公益財団法人社会科学国際交流江草基金 2016年度国際研究集会開催助成
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月
政党不信の政治思想史的研究――ウェーバーとキルヒハイマーを中心にして
科研費: 基盤(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 野口 雅弘
東アジアにおける人身取引と法制度・運用実態の総合的研究
科研費:基盤(B): 
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 大久保 史郎
ジンメルの政治理論-紛争による社会統合とヨーロッパのアイデンティティ
科研費: 若手(B)
研究期間: 2009年4月 - 2013年3月    代表者: 野口 雅弘