言語の選択:

お知らせ

1)
7/15(水)10:00~13:00にUfinityのメンテナンスが実施される予定です。

上記のメンテナンス時間中は、Ufinityでの教員情報の参照・更新が不可となります。

以上、ご理解・ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

2)

成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp
 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

お知らせ

現在、検索機能に以下の不具合が生じていることを確認しております。
・氏名の一部での検索は、正しい結果を表示しないことがある
・氏名の間にスペースを入れての検索は、正しい検索結果を表示しないことがある

現在復旧に向けて対応中ですのでしばらくお待ちください。
以上、恐れ入りますがご理解の程、よろしくお願い申し上げます。
 

researchmapからのお知らせ

【成蹊大学】教員検索

研究者検索結果一覧 >> 澁谷 智子
 

澁谷 智子

 
アバター
研究者氏名澁谷 智子
 
シブヤ トモコ
URLhttp://shibuto.la.coocan.jp/
所属成蹊大学
部署文学部 現代社会学科
職名教授

研究キーワード

 
子ども支援 , 介護 , 障害 , 手話 , ろう文化 , 感情 , 語り , 家族 , ケア , ヤングケアラー

研究分野

 
  • 人文・社会 / 社会学 / 

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
成蹊大学 文学部 現代社会学科 教授
 
2014年4月
 - 
2020年3月
成蹊大学 文学部 現代社会学科 准教授
 
2012年4月
 - 
2014年3月
成蹊大学 文学部 現代社会学科 専任講師
 
2010年10月
 - 
2012年3月
東京外国語大学 外国語学部 非常勤講師(言語学特殊研究)
 
2010年4月
 - 
2012年3月
立教大学 全学カリキュラム 非常勤講師(「手話と人権を考える」)
 

学歴

 
 
 - 
2008年
東京大学 総合文化研究科 
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
2016年6月
障害学会  紀要編集委員
 
2008年12月
 - 
2012年12月
日本手話学会  会長
 
2008年
 - 
2011年
障害学会  紀要編集委員
 

論文

 
澁谷 智子
成蹊大学人文叢書17 『学習者に寄り添う教育を目指す』   221-266   2020年3月   [招待有り]
澁谷 智子
『高齢者虐待防止研究』   15(1) 16-22   2019年3月   [招待有り]
澁谷 智子
『成蹊大学文学部紀要』   52 1-21   2017年3月
澁谷 智子
成蹊大学人文叢書12『ダイナミズムとしてのジェンダー――歴史から現在を見るこころみ』   171-202   2016年3月   [招待有り]

MISC

 
澁谷 智子
『週刊医学界新聞』   (3302) 6-6   2018年12月   [依頼有り]
澁谷 智子
『月刊福祉』   101(12) 50-51   2018年12月
澁谷 智子
『週刊読書人』   (3235) 3-3   2018年8月   [依頼有り]
松﨑実穂, 澁谷智子, 井口高志
『支援』   7 155-187   2017年5月   [依頼有り]
澁谷 智子
『婦人之友』   109(9) 120-123   2015年8月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
澁谷 智子
中央公論新社   2018年5月   ISBN:9784121024886
澁谷 智子 (担当:共著, 範囲:「仕事と家事育児――経済構造と文化規範がズレた時代を生きる私たち」、「「女って大変」を考える理由」)
医学書院   2011年11月   ISBN:9784260014847
澁谷智子
医学書院   2009年   ISBN:9784260009539

所属学協会

 
日本社会福祉学会 , 社会政策学会 , 障害学会 , 福祉社会学会 , 日本家族社会学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
科研費: 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月
科研費: 研究活動スタート支援
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月
科研費: 特別研究員奨励費(RPD)
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月

その他教育活動上特記すべき事項

 
2014年のゼミ合宿における、子ども支援グループや介護者支援グループの訪問
2014年9月7日 - 2014年9月9日
2014年の演習hのゼミ合宿においては、大阪の西成区で子ども支援をしている「山王こどもセンター」、兵庫県西宮で介護者支援をしている「つどい場さくらちゃん」を訪れ、スタッフ等のお話を伺った。
2016年のゼミhの合宿における大阪西成の「山王こどもセンター」訪問
2016年9月8日 - 2016年9月10日
2014年に引き続き、2016年も大阪西成の「山王こどもセンター」を訪問した。スタッフの方々のお話をうかがい、子どもたちと遊んだ。
2016年ゼミgの合宿における、南魚沼市教育委員会主催のヤングケアラー研修会での発表
2016年9月12日 - 2016年9月13日
ゼミg「ケアの社会学」の合宿では、南魚沼市教育委員会主催のヤングケアラー研修会で「ヤングケアラーについて知ろう!」という発表を30分行ない、行政関係者や学校関係者に対して、学生たちがヤングケアラーについての説明を行なった。
2018年ゼミgの合宿における、南魚沼市教育委員会主催のヤングケアラー研修会での発表
2018年9月6日 - 2018年9月7日
2016年に引き続き、2018年も、南魚沼市教育委員会主催のヤングケアラー研修会で学生たちが30分ほどの発表を行った。「ヤングケアラーの子どもがいたら…?」というタイトルの下、教育関係者や行政関係者に対して、学生たちがヤングケアラーの説明を行い、さらに、ヤングケアラーとは何かを子どもたちに説明するための寸劇を披露した。
2018年のゼミhの合宿における大阪西成の「山王こどもセンター」訪問
2018年9月10日 - 2018年9月11日
2014年、2016年に引き続き、2018年も「山王こどもセンター」を訪れて、スタッフの方の説明をうかがい、子どもたちと宿題をしたり遊んだりした。