言語の選択:

 
研究者検索 > 経済学部 教員紹介 

経済学部 教員紹介

研究者リスト >> 井上 淳子
 

井上 淳子

 
アバター
研究者氏名井上 淳子
 
イノウエ アツコ
所属成蹊大学
部署経済学部 経済経営学科
職名教授
学位商学修士(早稲田大学)

研究キーワード

 
マーケティング , 消費者行動 , 消費者心理 , ブランド戦略

研究分野

 
  • 経営学 / 商学 / マーケティング

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
成蹊大学 経済学部 教授
 
2013年4月
 - 
2017年3月
成蹊大学 経済学部 准教授
 
2009年4月
 - 
2013年3月
立正大学 経営学部 経営学科 准教授
 
2005年
 - 
2009年
立正大学経営学部 経営学科 専任講師
 
2009年
 - 
2010年
ワシントン大学ビジネススクール客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
2005年
早稲田大学 商学研究科 商学
 

受賞

 
2014年11月
日本消費者行動研究学会 研究奨励賞(青木幸弘賞) 商品の減少による希少性の 操作が消費者の選好に与える影響
 

論文

 
Does Decision-Making Speed Depend on Non-Interactive Others?
INOUE, Atsuko and Atsunori ARIGA
Management Studies      2017年   [査読有り]
How scarce objects attract people: The effects of temporal and social contexts of the scarcity on object value
ARIGA, Atsunori and Atsuko INOUE
Proceedings of International Marketing Trends      2015年1月   [査読有り]
新製品導入時のサンプリング・プロモーション―個人内外のプロモーション効果―
井上 淳子
流通研究   16(2) 97-117   2014年   [査読有り]
新しい非価格プロモーションの効果と可能性
井上 淳子
日経広告研究所報   (260) 63-76   2012年12月   [査読有り]
井上淳子
立正経営論集   44(2) 15-32   2012年3月
Conserving Land for Future-The Case of TPL's Projects in Hawaii-
Annual Report of the Research Institute of Business and Management   28 34-46   2011年
Emotion and Reason in Consumer Bahavior(書評)
消費者行動研究   13(2) 85-98   2007年
顧客価値の再定義と経験価値マーケティング
立正大学産業経営研究所年報   40(1/2)    2006年
ニッチ戦略による高価格帯への参入―いなばペットフード株式会社―
季刊マーケティングジャーナル   93 85-98   2004年

Misc

 
土と人と機械をつなぐ。未来の現場へ
井上 淳子
アドスタディーズ   61(1) 8-13   2017年9月   [査読有り][依頼有り]
自己と他者と消費
井上 淳子
日経広告研究所報   50(3) 9-15   2016年
新製品の話題性とその効果
井上 淳子
AD STUDIES   21-25   2013年4月

書籍等出版物

 
企業経営入門
井上 淳子 (担当:編者, 範囲:マーケティング(第7章)、ブランド・マネジメント(第9章))
2015年   
ケースに学ぶマーケティング
井上 淳子 (担当:分担執筆, 範囲:リレーションシップ・マーケティング(第9章))
有斐閣   2015年   
価値共創時代のブランド戦略―脱コモディティ化への挑戦―
ミネルヴァ書房   2011年   
顧客接点のマーケティング
千倉出版   2009年   
遊・誘・悠の商品開発
同友舘   2009年   

講演・口頭発表等

 
Does decision-making speed depend on non-interactive others?
Atsuko INOUE, Atsunori ARIGA
The Annual Conference of the Society for Consumer Psychology   2015年2月   
Ariga, A., & Inoue, A. (2015.1). How scarce objects attract people: The effects of temporal and social contexts of the scarcity on object value
Atsunori ARIGA, Atsuko INOUE
The 14th International Marketing Trends Conference   2015年1月   
Sampling promotions when launching a new product: The internal and
Atsuko INOUE
The Global Marketing Conference 2014   2014年7月   
希少な物に対する魅力評価の時間的・社会的文脈依存性
有賀敦紀・井上淳子
日本認知心理学会第12回大会   2014年6月   
他者の存在が消費者の意思決定スピードに与える影響
井上淳子・有賀敦紀
第48回消費者行動研究カンファレンス   2014年6月   
希少性効果の生起要因と魅力転移の検討
有賀敦紀・井上淳子
第47回消費者行動研究カンファレンス   2013年10月   
What you like is what has decreased: Feature-based perception of the scarcity enhances object value
Ariga, Atsunori and Inoue, Atsuko
European Society for Cognitive Psychology   2013年8月   
希少性の認知が消費者の選好に及ぼす影響
有賀敦紀・井上淳子
日本認知心理学会第11回大会   2013年6月   
希少性効果の発生メカニズム
有賀敦紀・井上淳子
第46回消費者行動研究カンファレンス   2013年6月   
新製品の話題とその効果
井上 淳子
日本商業学会第4回全国研究報告会   2012年12月   

所属学協会

 
Society for Consumer Psychology , 日本消費者行動研究学会 , 商品開発・管理学会 , 日本商業学会 , 日本マーケティング・サイエンス学会 , Korean Academy of Marketing Science , American Marketing Association

競争的資金等の研究課題

 
ソーシャルメディア上のオピニオン・リーダーはいかにして作られるか?
公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団: 研究助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 斉藤嘉一
Gaze-cueingによる潜在的な行動誘導効果の解明と実務的応用手法の確立
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 井上淳子