言語の選択:
 

共通教員紹介

研究者リスト >> 松沼 光泰
 

松沼 光泰

 
アバター
研究者氏名松沼 光泰
 
マツヌマ ミツヤス
所属成蹊大学
部署成蹊大学 文学部 教職課程
職名教授
学位修士(教育学)(早稲田大学), 博士(教育学)(早稲田大学)
その他の所属成蹊大学文学部現代社会学科教授

プロフィール

慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業。専門分野:教育心理学、教授方法、学習者の不十分な知識、ル・バー

研究キーワード

 
教育心理学 , 教授方法 , 学習者の不十分な知識

研究分野

 
  • 心理学 / 社会心理学 / 

経歴

 
2009年4月
 - 
2010年3月
 早稲田大学非常勤講師 
 
2010年4月
 - 
2015年3月
国立大学法人 静岡大学 大学教育センター 専任講師
 
2015年4月
 - 
2018年3月
国立大学法人 静岡大学 教職センター 准教授
 

学歴

 
 
 - 
2008年3月
早稲田大学 教育学研究科 教育基礎学専攻
 

Misc

 
受動態の学習における学習者の不十分な知識とその修正
教育心理学研究   57(4) 454-465   2009年
英語の定期テスト高成績者が実力テストで成績が振るわないのはなぜか?
心理学研究   80(1) 9-16   2009年
学習者の不十分な知識を修正する教授方法の研究―等位接続詞andの学習をめぐって―
教育心理学研究   56(4) 548-559   2008年
学習内容の体制化と図作成方略が現在完了形の学習に及ぼす効果
教育心理学研究   55(3) 414-425   2007年
テスト不安,自己効力感,自己調整学習及びテストパフォーマンスの関連性―小学校4年生と算数のテストを対象として―
教育心理学研究   52(4) 426-436   2004年

書籍等出版物

 
教育心理学 教育の科学的解明をめざして
安藤寿康,鹿毛雅治,松沼光泰他 (担当:共著)
慶應義塾大学出版会   2013年5月   

講演・口頭発表等

 
英語学習における学習者の不十分な知識を修正する教授方法に関する研究
松沼光泰
日本教育心理学会   2008年10月   
英文読解における学習者の不十分な理解に関する研究―英語学習における評価問題の重要性―
松沼光泰
日本教育心理学会   2010年7月   
英語学習における学習者の不十分な知識に関する研究
松沼光泰
日本教育心理学会   2009年7月   
教育心理学の知見を生かした授業が自己効力感に及ぼす影響
松沼光泰
日本教育心理学会   2007年9月   
英語学習における学習観と学習行動に関する研究
松沼光泰
日本心理学会   2006年11月   

担当経験のある科目

 
  • (中等)発達と学習 (静岡大学)
  • 教育の方法及び技術(情報機器及び教材の活用を含む) (静岡大学)
  • 教育の方法及び技術(情報機器及び教材の活用を含む。) (静岡大学)
  • 教育課程と方法 (静岡大学)
  • 教育課程と方法(教育の方法及び技術を含む) (静岡大学)

所属学協会

 
日本教育心理学会 , 日本心理学会 , 教授学習心理学会

競争的資金等の研究課題

 
学習者の不十分な知識に関する研究
研究期間: 2009年 - 2013年