言語の選択:

 
研究者検索 > 経済学部 教員紹介 

経済学部 教員紹介

研究者リスト >> 河路 武志
 

河路 武志

 
アバター
研究者氏名河路 武志
 
カワジ タケシ
所属成蹊大学
部署経済学部 経済経営学科
職名教授
学位修士(商学)(早稲田大学)

研究キーワード

 
CSRマネジメントコントロール , 会計情報システム , 情報システムの投資評価

研究分野

 
  • 経営学 / 経営学 / CSR
  • 情報学 / 図書館情報学・人文社会情報学 / 
  • 経営学 / 会計学 / 

学歴

 
1990年4月
 - 
1995年3月
早稲田大学 商学研究科 商学
 
1986年4月
 - 
1990年3月
早稲田大学 商学部 
 

論文

 
河路 武志
早稲田商學   446 245-265   2016年3月
八島 雄士, 権 純珍, 河路 武志
成蹊大学経済学部論集   46(1) 93-108   2015年7月
経営者による会計政策と報告利益管理
辻 正雄, 河路 武志, ほか
日本会計研究学会特別委員会(中間報告書)      2013年9月
情報サービス業における工事進行基準適用の実態調査
河路 武志
成蹊大学経済学部論集   42(1) 83-98   2011年7月
個人情報漏洩事件に対する株式市場の反応
河路 武志
管理会計学      2006年   [査読有り]
経営企画部門の機能に関する実態調査
河路 武志
成蹊大学経済学部論集      2004年3月
情報セキュリティのコスト構造
危機管理システム研究学会研究年報   2, 7-12    2002年
総合大学におけるマルチメディア実習教育の現状と課題
河路 武志
早稲田大学メディアネットワークセンター紀要      2000年   [招待有り]
河路 武志
成蹊大学経済学部論集   27(2) 70-84   1997年3月
データベース会計へのオブジェクト指向データベースの適用可能性
早稲田大学大学院商学研究科紀要   (38) 93-117   1994年
原価管理システムの概念スキーマ設計に関する研究
早稲田大学大学院商学研究科紀要   (39) 23-50   1994年
経営分析における主成分分析の適用に関する研究
早稲田大学大学院商経論集   (67) 9-25   1994年
データベース会計における概念スキーマの研究
早稲田大学大学院商経論集   (63) 35-47   1993年
会計情報システムの枠組みに関する分析
早稲田大学大学院商学研究科紀要   (35) 63-83   1992年

書籍等出版物

 
経営者による報告利益管理
河路 武志 (担当:共著, 範囲:第15章 CSRと報告利益管理)
國元書房   2016年3月   
会計情報の現代的役割
河路 武志 (担当:共著)
白桃書房   2005年8月   
会計情報の変革
河路 武志 (担当:共著)
中央経済社   1999年   
現代英和会計用語辞典
河路 武志 (担当:分担執筆)
同文舘   1998年   

講演・口頭発表等

 
河路 武志
欧州日本研究学会   2017年9月2日   EAJS
In modern financial institutions, implementing sustainable Corporate Social Responsibility (CSR) is
essential in order to increase banks` surplus and corporate value. This study is to evaluate the effects of
CSR on the increase in corporate value ...

担当経験のある科目

 
  • ビジネスプログラミング入門 (早稲田大学商学部)
  • 社会科学のための基礎コンピュータ (早稲田大学社会科学部)
  • 会計情報システム論 (早稲田大学商学部)
  • 管理会計研究 (成蹊大学経済経営研究科)
  • 経営科学 (成蹊大学経済学部)

所属学協会

 
アメリカ会計学会 , 危機管理システム研究学会 , 日本会計研究学会 , 日本経営財務研究学会

競争的資金等の研究課題

 
会計情報システムにおけるデータモデル
情報システムの投資評価

教育内容やその他の工夫

 
「ビジネスゲーム」におけるリアルタイム・ビジネスゲームの活用
1995年4月1日 - 2015年9月30日
「ビジネスゲーム」の授業では、IT機器と意思決定理論を利用した教育用のビジネスゲームを活用している。特に、受講生の意思決定がリアルタイムに反映されてゲーム結果が公表されるゲームなので、学習意欲を維持することに貢献している。