言語の選択:

お知らせ


成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 

経済学部 教授

研究者リスト >> 河路 武志
 

河路 武志

 
アバター
研究者氏名河路 武志
 
カワジ タケシ
所属成蹊大学
部署経営学部 総合経営学科
職名教授
学位修士(商学)(早稲田大学)
J-Global ID200901049424001381

研究キーワード

 
CSRマネジメントコントロール ,情報システムの投資評価 ,会計情報システム ,Accounting Information Systems

研究分野

 
  • 人文・社会 / 経営学 / CSR
  • 人文・社会 / 会計学 / 
  • 人文・社会 / 図書館情報学、人文社会情報学 / 

学歴

 
1990年4月
 - 
1995年3月
早稲田大学 商学研究科 商学
 
 
 - 
1995年
早稲田大学  
 
1986年4月
 - 
1990年3月
早稲田大学 商学部 
 
 
 - 
1990年
早稲田大学  
 

論文

 
 
河路 武志   
早稲田商學   446 245-2652016年3月   
 
八島 雄士   権 純珍   河路 武志   
成蹊大学経済学部論集   46(1) 93-1082015年7月   
 
辻 正雄   河路 武志   ほか   
日本会計研究学会特別委員会(中間報告書)   2013年9月   
 
 
河路 武志   
成蹊大学経済学部論集   42(1) 83-982011年7月   

MISC

 
 
The Bulletin of Association for Risk Management System Studies   2, 7-12 2002年   
 
The Journal of the faculty of Economics SEIKEI University   27(2) 70-841997年   
 
 
The Bulletin of the Graduate School of Commerce   (39) 23-501994年   
 
The Bulletin of the Graduate School of Commerce   (38) 93-1171994年   

書籍等出版物

 
 
河路 武志(担当:共著, 範囲:第15章 CSRと報告利益管理)
國元書房      2016年3月      
 
河路 武志(担当:共著)
白桃書房      2005年8月      
 
河路 武志(担当:共著)
中央経済社      1999年      
 
河路 武志(担当:分担執筆)
同文舘      1998年      

講演・口頭発表等

 
 
日本の金融機関におけるCSRと企業価値の増加
河路 武志   
欧州日本研究学会   2017年9月2日   EAJS   
In modern financial institutions, implementing sustainable Corporate Social Responsibility (CSR) is
essential in order to increase banks` surplus and corporate value. This study is to evaluate the effects of
CSR on the increase in corporate value ...

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
ビジネスプログラミング入門 (早稲田大学商学部)
 
   
 
社会科学のための基礎コンピュータ (早稲田大学社会科学部)
 
   
 
会計情報システム論 (早稲田大学商学部)
 
   
 
管理会計研究 (成蹊大学経済経営研究科)
 
   
 
経営科学 (成蹊大学経済学部)

所属学協会

 
 
   
 
アメリカ会計学会
 
   
 
危機管理システム研究学会
 
   
 
日本経営財務研究学会
 
   
 
日本会計研究学会

教育内容やその他の工夫

 
「ビジネスゲーム」におけるリアルタイム・ビジネスゲームの活用
1995年4月1日 - 2015年9月30日
「ビジネスゲーム」の授業では、IT機器と意思決定理論を利用した教育用のビジネスゲームを活用している。特に、受講生の意思決定がリアルタイムに反映されてゲーム結果が公表されるゲームなので、学習意欲を維持することに貢献している。