言語の選択:

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 栗林 伸一
 

栗林 伸一

 
アバター
研究者氏名栗林 伸一
 
クリバヤシ シンイチ
URLhttp://www.ci.seikei.ac.jp/kuribayashi/
所属成蹊大学
部署理工学部 情報科学科
職名教授
学位工学博士(東北大学)

研究キーワード

 
新世代ネットワーク(SDN、NFVも含む) , ネットワーク仮想化 , 情報通信ネットワーク , 情報通信プロトコル , 通信トラヒック制御 , グリーンネットワーク , クラウドコンピューティング , 資源割り当て制御

研究分野

 
  • 情報学 / 計算機システム・ネットワーク / 
  • 情報学 / メディア情報学・データベース / 
  • 電気電子工学 / 通信・ネットワーク工学 / 

学歴

 
 
 - 
1980年
東北大学 情報工学研究科 情報工学
 
 
   
 
東北大学 工学部 通信工学
 

論文

 
Allocation of Virtual Firewall Functions in NFV-Based Networks with Minimum Network Cost
栗林 伸一
International Journal of Computer Networks & Communications (IJCNC)   11(2)    2019年3月   [査読有り]
ネットワークコストを最小化する仮想コンテンツキャッシュ機能の動的配備法
栗林 伸一
電子情報通信学会 信学技法   ICM2018-52    2019年3月
Joint Deployment of Virtual Routing Function and Virtual Firewall Function in NFV-Based Network with Minimum Network
栗林 伸一
International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS2018)      2018年8月   [査読有り]
DPI-Based Congestion Control Method for Servers and Network Lines
栗林 伸一
International Journal of Computer Networks & Communications (IJCNC)   10(3) 1-12   2018年5月   [査読有り]
Virtual Routing Function Deployment in NFV-based Networks Under Network Delay Constraints
栗林 伸一
International Journal of Computer Networks & Communications (IJCNC)   10(1) 35-44   2018年1月   [査読有り]
ネットワークコストを最小化する仮想経路選択機能と仮想ファイアウォール機能の複数機能配備法
肥田 健一郎、栗林 伸一
電子情報通信学会 信学技報 IN      2017年12月
NFV-based virtual routing function deployment under network delay
栗林 伸一
19th International Conference on Computer Communications and Applications (ICCCA Kyoto 2017)      2017年11月   [査読有り]
栗林 伸一
2017 IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (Pacrim17)      2017年8月   [査読有り]
Evaluation of Congestion control Methods for Joint Multiple Resource Allocation in Cloud Computing Environments
栗林 伸一
International Journal of Computer Networks & Communications (IJCNC)   9(3) 41-54   2017年5月   [査読有り]
DPI技術を用いたサーバおよびネットワークのふくそう制御方式の拡張
加藤、肥田、栗林
電子情報通信学会 信学技報 ICM      2017年3月
許容最大ネットワーク遅延を考慮したNFV仮想経路選択機能の配備法
肥田 健一郎、栗林 伸一
電子情報通信学会 信学技報 ICM      2017年3月
Flexible Virtual Routing Function Deployment in NFV-based network with Minimum Total Network Cost
栗林 伸一
International Journal of Computer Networks & Communications (IJCNC)   8(5) 15-26   2016年11月   [査読有り]
Virtual Routing Function Allocation Method for Minimizing Total Network Power Consumption
栗林 伸一
18th International Conference on Information and Communication Systems (ICICS Venice 2016)      2016年8月   [査読有り]
トータル消費電力量を最少化するNFV仮想経路選択機能の配備法
肥田 健一郎、栗林 伸一
電子情報通信学会 信学技報 IN      2016年5月
Resource Allocation Method for Cloud Computing Environments with Different Service Quality to Users at Multiple Access
栗林 伸一
International Journal of Computer Networks & Communications (IJCNC)   7(6) 33-51   2015年11月   [査読有り]
Server Congestion Control and Reduction of Server Power Consumption with DPI Technolog
KURIBAYASHI Shinichi
International Journal of Computer Networks & Communications (IJCNC)   9(7) 83-94   2015年9月   [査読有り]
YANAGISAWA Kohei, KURIBAYASHI Shinichi
2015 IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (Pacrim15)      2015年8月   [査読有り]
URIU Masatoshi, KURIBAYASHI Shinichi
2015 IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (Pacrim15)      2015年8月   [査読有り]
アクセス地点によりトータル処理時間が異なるクラウド環境における最適資源割当て方式
瓜生、栗林
電子情報通信学会 信学技報ICM      2015年3月
DPI技術を用いたネットワークのふくそう制御ならびに消費電力 削減法の検討
柳澤、栗林
電子情報通信学会 信学技報ICM      2015年3月

所属学協会

 
電子情報通信学会 , IEEE

競争的資金等の研究課題

 
ユビキタス社会基盤実現に向けたセキュアサービス提供方式の研究
研究期間: 2004年   
ブロードバンド・ユビキタスネットワークにおける複数種別資源の最適同時割当て方式の研究
研究期間: 2004年   
仮想ネットワークアドレスを識別子として利用するユビキタスネットワークアーキテクチャの研究
研究期間: 2005年   
品質劣化予兆検出に基づくストリーミング配信品質劣化回避制御方式の研究
研究期間: 2004年   
ユビキタスネット社会基盤実現に向けた最適資源割当て方式,サービス品質制御,高速情報検索法,フォールトトレラント技術の研究