言語の選択:

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 世木寛之
 

世木寛之

 
アバター
研究者氏名世木寛之
 
セギヒロユキ
所属成蹊大学
部署理工学部 情報科学科
職名教授
学位博士(工学)(慶應義塾大学)

研究キーワード

 
音声合成 , 音声認識

研究分野

 
  • 情報学 / 情報学基礎理論 / 音声処理

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
成蹊大学 理工学部情報科学科 教授
 
2015年4月
 - 
2017年3月
成蹊大学 理工学部情報科学科 准教授
 
1998年8月
 - 
2015年3月
日本放送協会 放送技術研究所 専任研究員
 
2009年1月
 - 
2009年7月
カーネギーメロン大学客員研究員
 
1996年4月
 - 
1998年7月
日本放送協会 山口放送センター
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2010年9月
慶應義塾大学 理工学研究科 開放環境科学専攻
 
1994年4月
 - 
1996年3月
慶應義塾大学 理工学研究科 物理学専攻
 
1990年4月
 - 
1994年3月
慶應義塾大学 理工学部 物理学科
 

受賞

 
2017年3月
(公財)電気通信普及財団 第32回電気通信普及財団賞(テレコムシステム技術賞奨励賞) An Automatic Broadcast System for the Weather Report Program
 
2013年4月
文部科学省 文部科学大臣表彰 科学技術賞 音声合成と話速変換を利用した自動放送システムの開発
 
2012年6月
慶應義塾大学理工学部 同窓会矢上賞 株式市況音声合成システムの開発
 
2012年6月
米国電気電子学会 Senior Member
 
2012年3月
(財)逓信協会 前島密賞 自動音声読み上げのための高品質音声合成技術の開発
 
2011年5月
(社)日本音響学会 技術開発賞 株式市況音声合成装置の開発
 
2011年3月
日本放送協会 放送記念日 会長賞 株式市況自動読み上げ技術
 
2002年5月
(社)日本音響学会 技術開発賞 音声認識を用いたリアルタイム字幕放送技術の開発
 
2002年5月
(社)電子情報通信学会 論文賞 音声認識を利用した放送用ニュース字幕制作システム
 
2001年5月
(社)日本映画テレビ技術協会 協会賞 音声認識によるニュース音声自動字幕化システムの開発
 

論文

 
Segi Hiroyuki
INTERNATIONAL JOURNAL OF MULTIMEDIA DATA ENGINEERING & MANAGEMENT   7(2) 53-67   2016年4月   [査読有り]
株式市況音声合成システム
世木寛之
成蹊大学理工学研究報告   52(2) 5-10   2015年12月
Hiroyuki Segi,Kazuo Onoe,Shoei Sato,Akio Kobayashi,Akio Ando
JITR   7(3) 15-31   2014年   [査読有り]
SEGI Hiroyuki, TAKOU Reiko, SEIYAMA Nobumasa, TAKAGI Tohru, UEMATSU Yuko, SAITO Hideo, OZAWA Shinji
IEEE Trans Broadcast   59(3) 548-555   2013年9月   [査読有り]
TAKOU Reiko, SEGI Hiroyuki, TAKAGI Tohru, SEIYAMA Nobumasa
IEICE Trans Fundam Electron Commun Comput Sci (Inst Electron Inf Commun Eng)   E95-A(4) 751-759   2012年4月   [査読有り]
放送品質を実現するための波形接続型音声合成システムの構築
世木寛之
慶應義塾大学      2012年3月   [査読有り]
世木 寛之, 田高 礼子, 清山 信正, 都木 徹, 斎藤 英雄, 小澤 愼治
映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア = The journal of the Institute of Image Information and Television Engineers   65(1) 76-83   2011年1月   [査読有り]
The design method of a sentence set for a speech-synthesis database strongly influences the quality of the synthesized speech. To minimize the costs associated with making the speech recordings and constructing the speech database, the number of t...
Hiroyuki Segi,Reiko Takou,Nobumasa Seiyama,Tohru Takagi,Hideo Saito,Shinji Ozawa
Proceedings of the IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, ICASSP 2011, May 22-27, 2011, Prague Congress Center, Prague, Czech Republic   1757-1760   2011年   [査読有り]
SEGI Hiroyuki, TAKOU Reiko, SEIYAMA Nobumasa, TAKAGI Tohru
IEEE Trans Consum Electron   56(1) 169-174   2010年2月   [査読有り]
SEGI HIROYUKI, TAKOU REIKO, SEIYAMA NOBUMASA, TAKAGI TOHRU
IEEE International Conference on Consumer Electronic   9.1-4 411-412   2010年1月   [査読有り]
世木寛之, 田高礼子, 清山信正, 都木徹
情報処理学会論文誌ジャーナル(CD-ROM)   50(2) 575-586   2009年2月   [査読有り]
世木 寛之, 清山 信正, 田高 礼子, 都木 徹, 大出 訓史, 今井 篤, 西脇 正通, 小山 隆二
映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア   62(1) 69-76   2008年1月   [査読有り]
The 'Kabushiki Shikyo' program, broadcast on NHK Radio 2, reports on the daily closing prices and net changes of about 830 stocks listed on the Tokyo Stock Exchange. Reading out the numerical values within the allotted broadcast time without makin...
High Quality Speech Synthesis System Using Speech Rate Conversion for Stock-price Bulletins
Segi Hiroyuki, Seiyama Nobumasa, Tako Reiko, Takagi Tohru, Toda Hideo, Koyama Ryuji
National Association of Broadcasters Proceedings (NAB) Broadcasting Engineering Conference   205-212   2007年4月   [査読有り]
S. Sato, H. Segi, K. Onoe, E. Miyasaka, H. Isono, T. Imai and A. Ando
Electronics and Communications in Japan Part III-Fundamental Electronic Science   88(2) 41-51   2005年2月   [査読有り]
Hiroyuki Segi,Tohru Takagi,Takayuki Ito
Fifth ISCA ITRW on Speech Synthesis, Pittsburgh, PA, USA, June 14-16, 2004   115-120   2004年   [査読有り]
Kazuo Onoe,Hiroyuki Segi,Takeshi Kobayakawa,Shoei Sato,Shinichi Homma,Toru Imai,Akio Ando
IEICE transactions on information and systems   86(3) 483-488   2003年3月   [査読有り]
In this paper, we propose a new technique of filter bank subtraction for robust speech recognition under various acoustic conditions. Spectral subtraction is a simple and useful technique for reducing the influence of additive noise. Conventional ...
ANDO Akio, IMAI Toru, KOBAYASHI Akio, HOMMA Shinich, GOTO Jun, SEIYAMA Nobumasa, MISHIMA Takeshi, KOBAYAKAWA Takeshi, SATO Shoei, ONOE Kazuo, SEGI Hiroyuki, IMAI Atsushi, MATSUI Atsushi, NAKAMURA Akira, TANAKA Hideki, TAKAGI Tohru, MIYASAKA Eiichi, ISONO Haruo
IEICE transactions on information and systems   86(1) 15-25   2003年1月   [査読有り]
There is a strong demand to expand captioned broadcasting for TV news programs in Japan. However, keyboard entry of captioned manuscripts for news program cannot keep pace with the speed of speech, because in the case of Japanese it takes time to ...
佐藤 庄衛, 世木 寛之, 尾上 和穂, 宮坂 栄一, 磯野 春雄, 今井 亨, 安藤 彰男
電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理   85(2) 174-183   2002年2月   [査読有り]
話者及び発話環境を特定できない音声認識システムでは,音響モデルの学習データと入力音声の不整合による認識精度の低下が問題になる.この問題は話者適応化によって解決が図られるのが通常であるが,話者適法化は,良質な適応化データを入手できないと十分な精度が達成できない.本論文では,小規模なデータから作成したクラスタモデルのゆう度を基準にして,大規模なデータを効率的にクラスタリングすることにより,精度の高い適応音響モデルを得る方法を提案する.また,認識時には,クラスタモデルを用いて,入力音声の文頭部分...
Kazuo Onoe,Hiroyuki Segi,Takeshi Kobayakawa,Shoei Sato,Toru Imai,Akio Ando
7th International Conference on Spoken Language Processing, ICSLP2002 - INTERSPEECH 2002, Denver, Colorado, USA, September 16-20, 2002      2002年   [査読有り]
安藤 彰男, 今井 亨, 小林 彰夫, 本間 真一, 後藤 淳, 清山 信正, 三島 剛, 小早川 健, 佐藤 庄衛, 尾上 和穂, 世木 寛之, 今井 篤, 松井 淳, 中村 章, 田中 英輝, 都木 徹, 宮坂 栄一, 磯野 春雄
電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理   84(6) 877-887   2001年6月   [査読有り]
テレビニュース番組に対する字幕放送を実現するためには, リアルタイムで字幕原稿を作成する必要がある.欧米では特殊なキーボード入力により, ニュースの字幕原稿が作成されているが, 日本語の場合には, 仮名漢字変換などに時間がかかるため, アナウンサーの声に追従して字幕原稿を入力することは難しい.そこで, 音声認識を利用した, 放送ニュース番組用の字幕制作システムを開発した.このシステムは, アナウンサーの音声をリアルタイムで認識し, 認識結果中の認識誤りを即座に人手で修正して, 字幕原稿を作...
Atsushi Matsui,Hiroyuki Segi,Akio Kobayashi,Toru Imai,Akio Ando
EUROSPEECH 2001 Scandinavia, 7th European Conference on Speech Communication and Technology, 2nd INTERSPEECH Event, Aalborg, Denmark, September 3-7, 2001   709-712   2001年   [査読有り]
人間の脳における記憶のメカニズム
世木寛之
慶應義塾大学      1996年3月   [査読有り]

Misc

 
世木 寛之, 清山 信正, 田高 礼子
NHK技研R&D   0(131) 40-47   2012年1月
世木 寛之, 清山 信正, 田高 礼子
放送技術   61(4) 91-96   2008年4月
佐藤 庄衛, 世木 寛之, 尾上 和穂
NHK技研R&D   (89) 14-21   2005年1月
世木 寛之, 都木 徹
NHK技研R&D   (87) 36-41   2004年9月

書籍等出版物

 
映像メディア技術
八木伸行監修、世木寛之ほか著 (担当:分担執筆, 範囲:第11章音声合成)
オーム社   2008年7月   

講演・口頭発表等

 
加藤悠太, 世木寛之, 酒井浩之
映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集(CD-ROM)   2018年12月6日   
波形接続型音声合成の高品質化とその放送利用について [招待有り]
世木寛之
電子情報通信学会サーバーワールド研究会   2016年3月9日   
世木寛之, 妹尾真澄, 小滝邦宏, 栗原清, 細谷宏生, 飯島慎一, 倉田淳, 渋谷朋寛
映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集(CD-ROM)   2014年11月26日   
世木寛之
日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2014年3月3日   
清山 信正, 世木 寛之, 今井 篤, 都木 徹
映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集   2013年12月18日   
To develop emotional speech synthesis technology for sound broadcasting services, listening test judging emotion of speech data was conducted. The results show that about 300 data can be available to formulate the rule of controlling emotional cha...
清山信正, 世木寛之, 今井篤, 都木徹
映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集(CD-ROM)   2013年11月27日   
世木寛之
日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2013年3月5日   
都木 徹, 今井 篤, 清山 信正, 世木 寛之, 田高 礼子, 田澤 直幸, 岩鼻 幸男
情報処理学会研究報告. SLP, 音声言語情報処理   2012年10月19日   
放送において音声言語は視聴者に情報を伝達する重要な役割を担っており,音声信号処理を用いて,早口が苦手なお年寄りの聞き取りを支援することや,アナウンサー等の話し手のスキルアップのための訓練装置や語学学習システムなどの技術開発が期待されている.我々は,話速変換や音声変換の研究開発を行い,話速変換技術は,テレビやラジオ受信機の音声聴取補助機能や,インターネットの話速が選べるラジオニュースサービス,スマートフォンの語学学習アプリなどに応用した.また,音声変換の一部として開発したイントネーションやア...
世木 寛之, 田高 礼子, 清山 信正, 都木 徹, 斎藤 英雄, 小澤 愼治
映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集   2009年11月27日   
We have been conducting research on a high-quality speech synthesis system for automatic audio broadcasting. We propose a method for generating manuscripts for speech database to synthesize definite form sentences.
田高 礼子, 世木 寛之, 清山 信正, 都木 徹
映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集   2008年11月20日   
We are developing a tool that can synthesize concatenate word speech and correct its degradation in order to make it broadcasting quality. In this study, several correction functions in were introduced into this tool. It is available to investigat...
田高 礼子, 世木 寛之, 清山 信正
聴覚研究会資料   2008年3月20日   
田高 礼子, 世木 寛之, 清山 信正, 都木 徹
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声   2008年3月13日   
波形接続型音声合成に複数話者の音声データを併用できれば,データベースの不足を補うことができ,有用であると考えられる.その基礎調査として,特定話者の音声中の音素を他話者の音素で代用できるかを調べるため,連続音声中の/CVC/環境の母音または長母音を他話者24名の同音素で置換し,音質の自然性を評価した.その結果,24名中の特定の3名で特に自然性が高く,その他の話者についても,置換箇所の音素時間長が短いか平均F0が低ければ自然性が高い傾向があった.さらに,実験から得られた評価値とスペクトルの関係...
世木 寛之, 田高 礼子, 清山 信正
音声ドキュメント処理ワークショップ講演論文集   2008年2月29日   
世木 寛之, 田高 礼子, 清山 信正, 都木 徹, 有森 英明, 松村 欣司, 清水 俊宏
映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集   2007年11月27日   
We have been conducting research on a high-quality speech synthesis system for automatic audio broadcasting. We propose voice synthesizer to read out a news flash for visually impaired.
松村 欣司, 金次 保明, 世木 寛之, 近藤 悟, 坂井 忠裕, 清水 俊宏
映像情報メディア学会年次大会講演予稿集   2007年8月1日   
This paper describes our study to implement a service that provides visually impaired people with a read-out presentation of a superimposed news flash text. Data broadcasting is used for automatic start-up of speech that is generated by a speech s...
田高 礼子, 世木 寛之, 清山 信正, 都木 徹
映像情報メディア学会年次大会講演予稿集   2007年8月1日   
This paper describes a perceptual experiment on naturalness of replacing a phoneme segment to other speaker's one in a speech synthesis and the results of word speech synthesis by the multi speaker database.
清山 信正, 世木 寛之, 田高 礼子, 都木 徹
映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集   2006年11月20日   
A new pause duration setting method for synthesis by compilation of recorded speech is proposed and its effect is confirmed by subjective evaluation test.
世木 寛之, 清山 信正, 田高 礼子, 都木 徹, 戸田 英雄, 小山 隆二
映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集   2006年11月20日   
We have been conducting research on a high-quality speech synthesis system for automatic audio broadcasting. We propose stock prices voice synthesizer with numerical speech synthesis method and speech rate conversion.
田高 礼子, 世木 寛之, 都木 徹
映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集   2005年11月14日   
It is useful to combine multi-speaker's speech database for concatenative speech synthesis system. This paper describes a perceptual study on naturalness and personality by exchanging a phoneme segment to other speaker's one in a word speech synth...
世木 寛之, 都木 徹
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声   2003年8月15日   
筆者らはさきに86時間分の大規模な音声データベースを基本とした音声合成システムで利用する探索単位として,単語とクラスタリングされたトライフォンを提案した.しかし,ほとんどの単語は音声データベース内に存在する場合でも,前後の音素環境を満たし,なおかつ十分なデータ数が存在する単語は,評価用オープンデータのテキストに使われる単語の2割程度しかなかった.そこで,本稿では,単語に制限されない音素環境依存音素列を用いることにより,前後の音素環境を満たす音声素片で接続する音声合成手法を提案する.提案法に...
世木 寛之, 都木 徹
聴覚研究会資料 = Proceedings of the auditory research meeting   2003年6月26日   
世木 寛之, 都木 徹
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声   2003年6月19日   
従来,音声合成システムで利用される大規模音声データベースは,音声合成用に読み上げ文章を選定し,読み上げる速度や,読み方などを指定して,後で合成しやすいように調整して収録することが一般的であった.一方,放送局ではそのような人工的に作られたものではないが,過去に放送された番組が多量に保存されている.そこで,本稿では,多量のニュース番組の音声を音声データベースとして利用する場合において,その膨大な音声データベースの効率的な探索を行うため,単語とクラスタリングされたトライフオンによる探索を提案する...
小早川 健, 世木 寛之, 松井 淳, 尾上 和穂, 本間 真一, 佐藤 庄衛, 今井 亨, 安藤 彰男
日本音響学会研究発表会講演論文集   2002年3月18日   
小早川 健, 世木 寛之, 松井 淳, 尾上 和穂, 佐藤 庄衛, 今井 亨, 安藤 彰男
情報処理学会研究報告. SLP, 音声言語情報処理   2001年12月20日   
本研究では音声認識における新たな動的特徴量の計算法を提案する.提案法では, 1)動的特徴量の推定に用いる静的特徴量の時間分解能を上げ, 2)動的特徴量の推定時間をフレーム間隔の整数倍に拘束されることなく任意に設定可能とした.提案法をニュース番組で発声される音声の認識実験によって評価したところ, 特徴量を推定する時間を適切に選べば, 認識率の改善が見られることが分かった.単語正解精度でみた誤認識改善率は, 雑音を含むニュース文の評価セットで24%と効果が大きかった.全体での誤認識改善率は6....
小早川 健, 世木 寛之, 松井 淳, 尾上 和穂, 佐藤 庄衛, 今井 亨, 安藤 彰男
電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション   2001年12月13日   
本研究では音声認識における新たな動的特徴量の計算法を提案する.提案法では, 1)動的特徴量の推定に用いる静的特徴量の時間分解能を上げ, 2)動的特徴量の推定時間をフレーム間隔の整数倍に拘束されることなく任意に設定可能とした.提案法をニュース番組で発声される音声の認識実験によって評価したところ, 特徴量を推定する時間を適切に選べば, 認識率の改善が見られることが分かった.単語正解精度でみた誤認識改善率は, 雑音を含むニュース文の評価セットで24%と効果が大きかった.全体での誤認識改善率は6....
小早川 健, 世木 寛之, 松井 淳, 尾上 和穂, 佐藤 庄衛, 今井 亨, 安藤 彰男
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声   2001年12月13日   
)本研究では音声認識における新たな動的特徴量の計算法を提案する.提案法では, 1)動的特徴量の推定に用いる静的特徴量の時間分解能を上げ, 2)動的特徴量の推定時間をフレーム間隔の整数倍に拘束されることなく任意に設定可能とした.提案法をニュース番組で発声される音声の認識実験によって評価したところ, 特徴量を推定する時間を適切に選べば, 認識率の改善が見られることが分かった.単語正解精度でみた誤認識改善率は, 雑音を含むニュース文の評価セットで24%と効果が大きかった.全体での誤認識改善率は6...
尾上 和穂, 世木 寛之, 小早川 健, 佐藤 庄衛, 今井 亨, 安藤 彰男
日本音響学会研究発表会講演論文集   2001年10月1日   
佐藤 庄衛, 世木 寛之, 尾上 和穂, 今井 亨, 安藤 彰男
日本音響学会研究発表会講演論文集   2001年10月1日   
小早川 健, 世木 寛之, 尾上 和穂, 小林 彰夫, 今井 亨, 安藤 彰男
日本音響学会研究発表会講演論文集   2001年10月1日   
世木 寛之, 小早川 健, 尾上 和穂, 佐藤 庄衛, 今井 亨, 安藤 彰男
日本音響学会研究発表会講演論文集   2001年10月1日   
尾上 和穂, 世木 寛之, 小早川 健, 佐藤 庄衛, 今井 亨, 安藤 彰男
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声   2001年6月22日   
当研究所ではニュース番組の自動字幕化を目的として、音声認識の研究を行っている。ニュースの音声には、現場からの中継や海外からの報告など、様々な雑音が混入した音声があり、雑音が存在しても良好に音声を認識できる技術が必要となる。本報告では、フィルタバンク上で各帯域ごとに独立に雑音成分を除去するフィルタバンク・サブトラクションを提案する。提案手法は、各帯域ごとに、雑音の推定値として過去の一定区間における出力の最小値を使用し、位相とS/N比を考慮して雑音成分を引き去るものである。人工的に雑音を付加し...
尾上 和穂, 世木 寛之, 小早川 健, 佐藤 庄衛, 今井 亨, 安藤 彰男
日本音響学会研究発表会講演論文集   2001年3月1日   
松井 淳, 世木 寛之, 小林 彰夫, 今井 亨, 安藤 彰男
日本音響学会研究発表会講演論文集   2001年3月1日   
佐藤 庄衛, 世木 寛之, 尾上 和穂, 今井 亨, 田中 英輝, 安藤 彰男
日本音響学会研究発表会講演論文集   2000年9月1日   
小早川 健, 世木 寛之, 今井 亨, 本間 真一, 田中 英輝, 安藤 彰男
日本音響学会研究発表会講演論文集   2000年9月1日   
世木 寛之, 小早川 健, 尾上 和穂, 佐藤 庄衛, 今井 亨, 田中 英輝, 安藤 彰男
日本音響学会研究発表会講演論文集   2000年9月1日   
佐藤 庄衛, 世木 寛之, 尾上 和穂, 今井 亨, 田中 秀樹, 安藤 彰男
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声   2000年6月15日   
ニュース番組に対する自動字幕放送の字幕付与率向上を目的とした適応音響モデル作成法を提案する.提案手法では, 大規模学習音声データベースから適応データを選択する方法として, GMMを用いた2段階クラスタリングを行い, クラスタごとに適応音響モデルを作成する.本手法を用いて, 4つのニュース番組1日分の認識実験を行った結果, クラスタ数を12としたときに最大の効果が得られ, 本手法を用いないベースラインに比べ, 33%のWER削減率, 25%のデコード所要時間削減率が得られた.また, 音響モデ...
松井 淳, 世木 寛之, 小早川 健, 尾上 和穂, 佐藤 庄衛, 本間 真一, 小林 彰夫, 今井 亨, 田中 英輝, 安藤 彰男
情報処理学会研究報告. SLP, 音声言語情報処理   2000年6月2日   
佐藤 庄衛, 世木 寛之, 尾上 和穂, 今井 亨, 田中 英輝, 安藤 彰男
日本音響学会研究発表会講演論文集   2000年3月1日   
尾上 和穂, 世木 寛之, 佐藤 庄衛, 今井 亨, 田中 英輝, 安藤 彰男
日本音響学会研究発表会講演論文集   2000年3月1日   
尾上 和穂, 世木 寛之, 佐藤 庄衛, 今井 亨, 安藤 彰男
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声   1999年10月28日   
ニュース番組などの生放送番組に自動的に字幕を付与することを目的に、大語彙音声認識の研究を行っている。これまで、主にスタジオ内でのアナウンサーによる原稿読み上げ部分を対象に研究を行ってきた。しかし、ニュース番組全体に字幕を付与することを目的にすると様々な音響条件の音声が存在する。例えば、アナウンサー以外の話者も認識対象となる。音響環境的には、中継現場からの背景雑音や、オープニング・エンディングなどの背景音楽の含まれた音声も対象になる。本報告では、ニュース番組全体を認識し音響的な条件がどのよう...
尾上 和穂, 世木 寛之, 佐藤 庄衛, 今井 亨, 安藤 彰男
日本音響学会研究発表会講演論文集   1999年9月1日   
世木 寛之, 尾上 和穂, 佐藤 庄衛, 今井 亮, 安藤 彰男
日本音響学会研究発表会講演論文集   1999年9月1日   

担当経験のある科目

 
  • 応用プログラミング(2年前期再履修者向けC++) (成蹊大学)
  • 情報科学特別実験(大学院) (成蹊大学)
  • 情報科学プロジェクト実験(3年ゼミ) (成蹊大学)
  • パターン認識 (成蹊大学)
  • フレッシャーズセミナー(1年前期ゼミ) (成蹊大学)

所属学協会

 
IEEE , 日本音響学会 , 電子情報通信学会 , 映像情報メディア学会

競争的資金等の研究課題

 
放送を目的とした道路交通情報音声合成システムの開発
公益財団法人放送文化基金: 平成28年度助成
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 世木寛之

特許

 
世木 寛之, 妹尾 真澄, 小滝 邦宏, 栗原 清, 細谷 宏生, 飯島 慎一, 倉田 淳, 渋谷 朋寛
世木 寛之, 妹尾 真澄, 小滝 邦宏, 栗原 清, 細谷 宏生, 飯島 慎一, 倉田 淳, 渋谷 朋寛
杉本 岳大, 世木 寛之, 今井 篤, 大竹 剛, 中山 靖茂
杉本 岳大, 世木 寛之, 今井 篤, 大竹 剛, 中山 靖茂
清水 俊宏, 松村 欣司, 世木 寛之
世木 寛之, 都木 徹, 田高 礼子, 清山 信正
世木 寛之, 都木 徹, 田高 礼子, 清山 信正
世木 寛之, 小早川 健, 尾上 和穂, 佐藤 庄衛, 今井 亨, 田中 英輝, 安藤 彰男
小早川 健, 世木 寛之, 今井 亨, 安藤 彰男
佐藤 庄衛, 世木 寛之, 尾上 和穂, 今井 亨, 田中 英輝, 安藤 彰男
都木 徹, 世木 寛之, 田高 礼子, 清山 信正, 浜田 浩行, 岩鼻 幸男
井口 和久, 小森 智康, 世木 寛之, 青木 秀一, 鹿喰 善明, 藤田 欣裕
佐藤 庄衛, 今井 亨, 尾上 和穂, 世木 寛之, 安藤 彰男
尾上 和穂, 安藤 彰男, 今井 亨, 佐藤 庄衛, 小早川 健, 世木 寛之
尾上 和穂, 安藤 彰男, 今井 亨, 佐藤 庄衛, 世木 寛之, 小早川 健