言語の選択:

お知らせ


成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 

理工学部 教授

研究者リスト >> 原 節子
 

原 節子

 
アバター
研究者氏名原 節子
 
ハラ セツコ
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/20095938.ja.html
学位工学博士(成蹊大学)
J-Global ID201501020095957486

研究キーワード

 
過酸化脂質 ,過酸化物価 ,電位差滴定法 ,酸化防止剤 ,機能性脂質

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / 生体化学 / 脂質化学 食品化学

論文

 
 
小谷康祐   山本幸弘   原節子   
J.Oleo Sci.   64(3) 275-281   2015年3月   [査読有り]
Human milk fat substitutes (HMFSs), rich in palmitic acid (P) at the sn-2 position of triacylglycerol (TAG), were prepared from lard via Novozym435 (R) - and Lipozyme RM-IM (R)-mediated two-step reactions. First, 2-palmitoyl monoacylglycerol (2-P-...
 
山本幸弘   水田絵理   原節子   
J.Oleo Sci.   63(12) 1275-1281   2014年12月   [査読有り]
To utilize n-3 polyunsaturated fatty acid (PUFA) for a wide range of applications, we prepared phospholipids (PLs) containing PUFAs as constituent fatty acids (PUFA-PLs) via commercially available lipase OF-mediated transacylation with PL from soy...
 
山本幸弘   檜山真一郎   高瀬嘉彦   門脇章夫   原節子   
J.Oleo Sci.   63(9) 893-901   2014年9月   [査読有り]
The effects of antioxidants on the oxidative deterioration of emulsified oils and fats differ depending on the oxidation conditions, oils and fats used, and type of emulsifier. In this study, milk fat was emulsified to obtain water-oil (O/W) emuls...
 
石川翔太   丸山惇   山本幸弘   原節子   
J.Oleo Sci   63(3) 303-308   2014年3月   [査読有り]
While some isothiocyanate (ITCs) are attractive targets for the agricultural and pharmaceutical industries, the presence of goitrin and ITCs has hampered the widespread utilization of rapeseed meal. ITCs are the products of the myrosinase-mediated...
 
山本幸弘   井森悠佳   原節子   
J.Oleo Sci.   63(1) 31-37   2014年1月   [査読有り]
The location of unsaturated fatty acid in triacylglycerols (TAGs) affects their oxidative stability. Herein, we studied the effect of location of conjugated linolenic acids (CLNs) in TAGs on their oxidative stability. First, the TAGs containing CL...

MISC

 
 
閑田 文人   井森 悠佳   原 節子   
日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiy◆U014D◆ shokury◆U014D◆ gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science   64(1) 3-10   2011年2月   
 
閑田 文人   原 節子   
日本栄養・食糧学会誌   63(5) 219-226   2010年   
本研究では酵素的アシル基変換反応によりオリーブ油に共役リノレン酸 (CLN) またはα-リノレン酸 (LN) を約30%組み込んだ共役型油脂 (CLN-TAG) と非共役型油脂 (LN-TAG) をそれぞれ調製し, それらに対するフェノール性化合物の酸化防止能について比較検討を行った。その結果, CLN-TAGに対しトコフェロール, セサモール, エピガロカテキンガレート (EGCG), ケルセチンの4種の水素ラジカル供与型の酸化防止剤は酸化防止効果を示し, それらの効果はDPPHラジカル...
 
閑田 文人   原 節子   
成蹊大学理工学研究報告   46(2) 99-106   2009年12月   
 
奥山 由梨   閑田 文人   原 節子   
成蹊大学理工学研究報告   46(1) 19-24   2009年6月   
 
原 節子   
オレオサイエンス = / Japan oil chemists' society   3(1) 60-61   2003年1月   

書籍等出版物

 
 
原節子(担当:分担執筆)
丸善      2012年      
 
山本幸弘, 原節子(担当:分担執筆)
In Tec      2011年      
 
原節子(担当:分担執筆)
サイエンスフォーラム      2009年      
 
原節子(担当:分担執筆)
日本油化学会      2005年      
 
原節子(担当:分担執筆)
丸善      2004年