言語の選択:

お知らせ


成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 

研究者業績

研究者リスト >> 坂本 真仁
 

坂本 真仁

 
アバター
研究者氏名坂本 真仁
 
サカモト シンジ
URLhttp://member.acm.org/~shinji.sakamoto
所属成蹊大学
部署理工学部 情報科学科
職名助教
学位博士(工学)(福岡工業大学)
科研費研究者番号90825100
ORCID ID0000-0002-4103-8828
J-Global ID201801016984093391

プロフィール

Shinji Sakamoto was born in Iizuka, Fukuoka, Japan. Presently, he is an assistant professor at the Department of Computer and Information Science, Faculty of Science and Technology, Seikei University, Japan. He received his B.E., M.E. and Ph.D. degrees in Faculty of Information Engineering and Graduate School of Engineering from Fukuoka Institute of Technology (FIT) in 2013, 2015 and 2018, respectively. He was a Fellow Researcher (DC1) of Japan Society for the Promotion of Science (JSPS). He is a member of the Computer System Lab. He belongs to IEEE, ACM, IPSJ, and IEICE.

研究キーワード

 
複雑ネットワーク ,メタヒューリスティクス ,コンピュータネットワーク ,メッシュネットワーク ,無線通信

研究分野

 
  • 情報通信 / 情報ネットワーク / 
  • 情報通信 / 情報学基礎論 / 知的アルゴリズム

委員歴

 
2018年4月
 - 
2019年3月
電子情報通信学会  MoNA研究会 専門委員
 

論文

 
 
Shinji Sakamoto   Seiji Ohara   Leonard Barolli   Shusuke Okamoto   
138-1492020年   [査読有り]
 
Admir Barolli   Shinji Sakamoto   Seiji Ohara   Leonard Barolli   Makoto Takizawa 0001   
127-1372020年   [査読有り]
 
Seiji Ohara   Admir Barolli   Phudit Ampririt   Shinji Sakamoto   Leonard Barolli   Makoto Takizawa 0001   
89-1012020年   [査読有り]
 
Seiji Ohara   Admir Barolli   Phudit Ampririt   Shinji Sakamoto   Leonard Barolli   Makoto Takizawa 0001   
504-5152020年   [査読有り]
 
Admir Barolli   Seiji Ohara   Shinji Sakamoto   Makoto Takizawa 0001   Leonard Barolli   
298-3072020年   [査読有り]

MISC

 
 
坂本 真仁   小田 哲也   クラ エリス   バロリ レオナルド   池田 誠   
研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS)   2014(42) 1-62014年2月   
近年,広帯域で頑健性・耐障害性の高いネットワークを安価に実現する技術として,固定の有線ネットワークに依存せずに柔軟なネットワーク構成が可能な Wireless Mesh Networks(WMN) に注目が集まっている.我々はこれまでに,WMN のメッシュルータ配置最適化に Simulated Annealing(SA) を用いる WMN-SA を提案した.本稿では WMN-SA におけるメッシュクライアント数がメッシュルータ最適化配置にどのような影響を与えるのかを調べ,その評価を行う.シ...
 
槇 俊孝   大塚 信吾   坂本 真仁   本田 泰規   小田 哲也   高橋 和生   稲葉 貴昭   
第22回電子情報通信学会九州支部学生会講演会   2014年   
 
坂本 真仁   小田 哲也   クラ エリス   池田 誠   バロリ レオナルド   
第158回マルチメディア通信と分散処理研究発表会 (DPS-158)   2014年   
 
大塚 信吾   小田 哲也   槇 俊孝   本田 泰規   坂本 真仁   高橋 和生   若原 俊彦   
第22回電子情報通信学会九州支部学生会講演会   2014年   
 
坂本 真仁   小田 哲也   常 馨月   バロリ レオナルド   池田 誠   
研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS)   2013(1) 1-62013年10月   
将来のユビキタスネットワークを実現する技術として,固定の有線ネットワークに依存せずに柔軟なネットワーク構成が可能な Wireless Mesh Networks(WMN) に注目が集まっている.我々はこれまでに,WMN のメッシュルータ配置最適化に Simulated Annealing(SA) を用いる WMN-SA を提案した.本稿では SA のパラメータ変化がシミュレーション結果にどのような影響を与えるのかを調べ,その評価を行う.シミュレーション結果から,フェイズ毎の繰り返し回数は多...

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
コンピュータ基礎 (成蹊大学)
 
   
 
上級プログラミング実験 (成蹊大学)
 
   
 
上級プログラミング (成蹊大学)
 
   
 
基礎プログラミング実験 (成蹊大学)

所属学協会

 
 
   
 
IEEE
 
   
 
IEEE Computer Society
 
   
 
ACM
 
   
 
情報処理学会
 
   
 
電子情報通信学会