言語の選択:

お知らせ


成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 氷室 貴大
 

氷室 貴大

 
アバター
研究者氏名氷室 貴大
 
ヒムロタカ ヒロ
所属成蹊大学
部署理工学部 システムデザイン学科
職名助教
学位博士(工学)(九州工業大学)
J-Global ID201701008068206407

研究キーワード

 
バイオマイクロデバイス ,バイオMEMS

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / ナノマイクロシステム / 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
成蹊大学 理工学部 システムデザイン学科 助教 
 
2016年4月
 - 
2017年3月
九州工業大学 大学院生命体工学研究科 研究職員 
 

受賞

 
2014年10月
第31回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム, 奨励賞,還元基修飾インターカレータによる1本鎖/2本鎖DNA複合体の部位特異的金属被覆
氷室貴大 佐藤しのぶ 竹中繁織 安田隆 
 
2014年5月
電気学会センサ・マイクロマシン部門 総合研究会, 優秀論文発表賞,金属被覆DNAナノワイヤのインピーダンス評価とAFM観察
氷室貴大 荒木遼 池堂英幸 佐藤しのぶ 竹中繁織 安田隆 
 
2014年2月
The 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (IEEE EMBC 2013), Excellent Student Award of the IEEE Fukuoka Section,Nanowire Formation Using Specific Metallization of Double-Stranded DNA
Takahiro Himuro Ryo Araki Shinobu Sato Shigeori Takenaka Takashi Yasuda 
 

論文

 
 
Takahiro Himuro   Shinobu Sato   Shigeori Takenaka   Takashi Yasuda   
ELECTROANALYSIS   28(7) 1448-14542016年7月   
A novel fabrication process was developed for a single silver nanowire using DNA metallization in a nanochannel, and the electrical properties of this nanowire were evaluated using electrochemical impedance spectroscopy. After being isolated using...
 
氷室貴大   荒木遼   佐藤しのぶ   竹中繁織   安田隆   
電気学会論文誌 E   136(10) 425‐431(J‐STAGE)-4312016年1月   
© 2016 The Institute of Electrical Engineers of Japan.We demonstrated that the DNA metallization technique using reducing group-labeled intercalator molecules permits dsDNA (double-stranded DNA) molecules to be specifically metallized while not pe...
 
T. Himuro   T. Murakami   S. Sato   S. Takenaka   T. Yasuda   
MicroTAS 2015 - 19th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences   1652-16542015年1月   
© 15CBMS-0001.We newly formed partially-metallized DNA nanowires, and used them for detection of deoxyribonuclease (DNase), enzyme for nonspecific DNA cleavage, which is a candidate biomarker for acute myocardial infarction. In this paper, we deve...
 
Takahiro Himuro   Ryo Araki   Hideyuki Ikedo   Shinobu Sato   Shigeori Takenaka   Takashi Yasuda   
17th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, MicroTAS 2013   3 1466-14682013年1月   
We demonstrated that the DNA metallization technique using reducing group-labeled intercalator molecules permits dsDNA (double-stranded DNA) molecules to be specifically metallized while not permitting metallization of ssDNA (single-stranded DNA) ...
 
Takahiro Himuro   Hideyuki Ikedo   Shinobu Sato   Shigeori Takenaka   Takashi Yasuda   
Proceedings of the 16th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, MicroTAS 2012   1879-18812012年1月   
We present a novel fabrication process of a single silver nanowire using metallization of a DNA molecule. First, we introduced a single λDNA molecule into a nanochannel by capillary force. Then, the λDNA molecule was stretched and immobilized by a...

講演・口頭発表等

 
 
微小電極間に伸長固定したDNAの部分的金属被覆
櫻田一歩   氷室貴大   佐藤しのぶ   竹中繁織   安田隆   
ナノ学会大会講演予稿集   2016年6月14日   
 
部分的金属被覆DNAを用いたDNA分解酵素センサの開発
村上太理   氷室貴大   櫻田一歩   佐藤しのぶ   竹中繁織   安田隆   
バイオエンジニアリング講演会講演論文集   2016年   
 
部分的金属被覆DNAを用いたDNA分解酵素センサの開発
村上太理   氷室貴大   櫻田一歩   佐藤しのぶ   竹中繁織   安田隆   
化学とマイクロ・ナノシステム学会研究会講演要旨集   2015年11月26日   
 
部分的に金属被覆されたDNAを用いたDNA分解酵素の計測
村上太理   氷室貴大   佐藤しのぶ   竹中繁織   安田隆   
ナノ学会大会講演予稿集   2015年5月11日   
 
部分的に金属被覆されたDNAを用いたDNA分解酵素の計測
村上太理   氷室貴大   佐藤しのぶ   竹中繁織   安田隆   
ナノ学会大会講演予稿集   2015年5月11日   

所属学協会

 
 
   
 
化学とマイクロ・ナノシステム学会
 
   
 
電気学会