言語の選択:

お知らせ


成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp

※8/6(木)~8/19(水)まで一斉休業となりますため、8/5(水)17時以降にお問合せいただいた場合は、8/20(木)以降のご対応となります。ご了承くださいますようお願いいたします。
 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 栗原 大輝
 

栗原 大輝

 
アバター
研究者氏名栗原 大輝
 
クリバラ タイキ
所属成蹊大学
部署理工学部 物質生命理工学科
職名助教
学位博士 (理工学)(成蹊大学)
J-Global ID201801018825273870

研究キーワード

 
分子ツール ,糖タンパク質 ,小胞体

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / 生物分子化学 / 
  • ナノテク・材料 / 生体化学 / 
  • ナノテク・材料 / ケミカルバイオロジー / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
成蹊大学 理工学部 物質生命理工学科 助教, 
 

学歴

 
 
 - 
2018年3月
成蹊大学大学院 理工学研究科 理工学専攻
 
 
 - 
2013年3月
成蹊大学 理工学部 物質生命理工学科
 

委員歴

 

受賞

 
2017年
, 成蹊大学賞 「特別奨励賞」
 
 
2017年
, 日本化学会 第97春季年会 「学生講演賞」
Taiki Kuribara 
 
2014年
, GlycoTOKYO2014 シンポジウム 「ポスター賞」
 

論文

 
 
Kiichiro Totani   Kaoru Arima   Taiki Kuribara   Yui Satake   Makoto Hirano   
ACS omega   5(13) 7399-7405   2020年4月   [査読有り]
We demonstrate the preferential orders of molecular chaperones glucose-regulated protein 94 (GRP94), binding immunoglobulin protein (BiP), and calreticulin (CRT) in an endoplasmic reticulum (ER) fraction from rat liver using columns conjugated wit...
 
Taiki Kuribara   Ayami Imagawa   Makoto Hirano   Yukishige Ito   Kiichiro Totani   
FEBS Letters in press      2020年   [査読有り]
 
Wresti L. Anggayasti   Chikahiro Imashiro   Taiki Kuribara   Kiichiro Totani   Kenjiro Takemura   
Eng. Life Sci. in press      2020年   [査読有り]
 
Taiki Kuribara   
Trends Glycosci. Glycotechnol.   32 E31-E34   2020年   [査読有り]
 
Hanako Tauchi   Chikahiro Imashiro   Taiki Kuribara   Genichiro Fujii   Yuta Kurashina   Kiichiro Totani   Kenjiro Takemura   
BIOTECHNOLOGY AND BIOPROCESS ENGINEERING   24(3) 536-543   2019年6月   [査読有り]
Bioengineering research and applications are supported by cell culture technologies that produce a large number of homogeneous cells. However, trypsin used in the general culture procedure for cell detachment decreases cell activity and culture ef...

MISC

 
 
栗原大輝   戸谷希一郎   
成蹊大学理工学研究報告   54(2) 25-27   2017年12月   
 
Taiki Kuribara   Makoto Hirano   Kiichiro Totani   
GLYCOBIOLOGY   24(11) 1120-1120   2014年11月   
 
栗原大輝   平野真   戸谷希一郎   
成蹊大学理工学研究報告   50(2) 109-111   2013年12月   

書籍等出版物

 

講演・口頭発表等

 
 
多機能性に着目したカルレティキュリンの解析と機能調節への応用
栗原大輝   柴山佳大   平野真   足立優花   山谷健太   武田陽一   伊藤幸成   戸谷希一郎   
第37回日本糖質学会年会   2018年8月30日   
 
Discovery of regioselective mannose-trimming pathways in the endoplasmic reticulum by using selective inhibitors
Taiki Kuribara   Makoto Hirano   Gaetano Speciale   Spencer J. Williams   Yukishige Ito   Kiichiro Totani   
The 97th CSJ Annual Meeting   2017年3月   
 
Inhibitor-based manipulation reveals specific glycosignal production through dual mannose-trimming pathways in ER glycoprotein quality control
Taiki Kuribara   Makoto Hirano   Gaetano Speciale   Spencer J. Williams   Yukishige Ito   Kiichiro Totani   
International Carbohydrate Symposium (ICS) 2016   2016年7月21日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
安全管理 (成蹊大学)
 
   
 
情報基礎 (成蹊大学)
 
   
 
理工学計算演習 (成蹊大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本生化学会
 
   
 
日本化学会
 
   
 
日本糖質学会

Works(作品等)

 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 

産業財産権

 

学術貢献活動

 

社会貢献活動

 

メディア報道

 

その他