言語の選択:

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 栗原大輝
 

栗原大輝

 
アバター
研究者氏名栗原大輝
 
クリバラタイキ
所属成蹊大学
部署理工学部 物質生命理工学科
職名助教
学位博士 (理工学)(成蹊大学)

研究キーワード

 
分子ツール , 糖タンパク質 , 小胞体

研究分野

 
  • 複合化学 / 生体関連化学 / 
  • 生体分子科学 / ケミカルバイオロジー / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
成蹊大学 理工学部 物質生命理工学科 助教
 

学歴

 
 
 - 
2018年3月
成蹊大学大学院 理工学研究科 理工学専攻
 
 
 - 
2013年3月
成蹊大学 理工学部 物質生命理工学科
 

受賞

 
2017年
成蹊大学賞 「特別奨励賞」
 
2017年
日本化学会 第97春季年会 「学生講演賞」
 
2014年
GlycoTOKYO2014 シンポジウム 「ポスター賞」
 

論文

 
Selective manipulation of discrete mannosidase activities in the endoplasmic reticulum by using reciprocally selective inhibitors,
Taiki Kuribara, Makoto Hirano, Gaetano Speciale, Spencer J. WIlliams, Yukishige Ito, Kiichiro Totani
ChemBioChem   18 1027-1035   2017年   [査読有り]
Peptide specificity analysis of peptide:N-glycanases using synthetic chitobiose-pentapeptides
Taiki Kuribara, Toshihiro Ishihara, Takaya Kudo, Makoto Hirano Kiichiro Totani
Protein & Peptide Letters   24 723-728   2017年   [査読有り]
Cell patterning method on a clinically ubiquitous culture dish using acoustic pressure generated from resonance vibration of a disk-shaped ultrasonic transducer
Chikahiro Imashiro, Yuta Kurashina, Taiki Kuribara, Makoto Hirano, Kiichiro Totani, Kenjiro Takemura
IEEE transactions on biomedical Engineering. in press      [査読有り]
Bifunctionality of glycan-recognizing proteins in N-glycoprotein biosynthesis
Taiki kuribara, Kiichiro Totani
Medical Research Archives in press      [査読有り][招待有り]

Misc

 
小胞体内における1-デオキシノジリマイン結合マンノシダーゼの選別
栗原大輝, 戸谷希一郎
成蹊大学理工学研究報告   54(2) 25-27   2017年12月
小胞体糖鎖プロセシングに対する選択的阻害
栗原大輝, 平野真, 戸谷希一郎
成蹊大学理工学研究報告   50(2) 109-111   2013年12月

講演・口頭発表等

 
多機能性に着目したカルレティキュリンの解析と機能調節への応用
栗原大輝, 柴山佳大, 平野真, 足立優花, 山谷健太, 武田陽一, 伊藤幸成, 戸谷希一郎
第37回日本糖質学会年会   2018年8月30日   
Discovery of regioselective mannose-trimming pathways in the endoplasmic reticulum by using selective inhibitors
Taiki Kuribara, Makoto Hirano, Gaetano Speciale, Spencer J. Williams, Yukishige Ito, Kiichiro Totani
The 97th CSJ Annual Meeting   2017年3月   
Inhibitor-based manipulation reveals specific glycosignal production through dual mannose-trimming pathways in ER glycoprotein quality control
Taiki Kuribara, Makoto Hirano, Gaetano Speciale, Spencer J. Williams, Yukishige Ito, Kiichiro Totani
International Carbohydrate Symposium (ICS) 2016   2016年7月21日   

担当経験のある科目

 
  • 安全管理 (成蹊大学)
  • 情報基礎 (成蹊大学)

所属学協会

 
日本生化学会 , 日本化学会 , 日本糖質学会