言語の選択:

お知らせ


成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 山添 崇
 

山添 崇

 
アバター
研究者氏名山添 崇
 
ヤマゾエ タカシ
URL
所属成蹊大学
部署理工学部 情報科学科
職名助教
学位博士(国際情報通信学)(早稲田大学)
J-Global ID201801004139797683

研究キーワード

 
複合現実 ,認知心理学 ,視覚

研究分野

 
  • 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション / 複合現実
  • 人文・社会 / デザイン学 / メディアデザイン
  • 人文・社会 / 実験心理学 / 生理心理学
  • 人文・社会 / 認知科学 / 視覚認知

経歴

 
2019年9月
 - 
現在
成蹊大学 情報科学科 助教 
 
2017年11月
 - 
2019年3月
千葉大学 グローバルプロミネント研究基幹 特任研究員 
 

委員歴

 
2021年6月
 - 
現在
電子情報通信学会  会誌編集委員会委員〔A〕
 
2021年6月
 - 
現在
電子情報通信学会 Image Media Quality(IMQ)  幹事補佐
 
2020年6月
 - 
現在
電子情報通信学会 Image Media Quality(IMQ) 専門委員会  専門委員
 

受賞

 
2017年12月
International Association for Convergence Science & Technology, Excellent Paper Award,The 2nd International Conference on Culture Technology
山添 崇 
 

論文

 
 
Kotoko Hiraoka   Kensuke Fukumoto   Takashi Yamazoe   Norimichi Tsumura   Satoshi Kaneko   Wataru Arai   Shoko Imaizumi   
電気学会論文誌C   141(2)    2021年2月   [査読有り]
 
Go Kasahara   Takashi Yamazoe   Kenji Sugiyama   
Digest of Technical Papers - IEEE International Conference on Consumer Electronics   2020-January    2020年1月   [査読有り]
© 2020 IEEE. It is common in color imaging to use a single-sensor system with a color filter array (CFA), especially a Bayer CFA. Recently, color filter methods using the white component have been studied to improve both resolution and sensitivity...
 
Kensuke Fukumoto   Junki Yoshii   Yuto Hirasawa   Takashi Yamazoe   Shoji Yamamoto   Norimichi Tsumura   
JOURNAL OF IMAGING SCIENCE AND TECHNOLOGY   64(1)    2020年1月   [査読有り]
In this paper, we propose a method of image conversion that changes unglossy images into glossy ones using deep photo style transfer. This style of transfer is expected to reproduce the desired image with a metallic appearance based on the techniq...
 
Yamazoe Takashi   Funaki Tomohiro   Kiyasu Yuki   Mizokami Yoko   
JOURNAL OF IMAGING   5(2)    2019年2月   [査読有り]
 
Takashi Yamazoe   Tomohiro Funaki   Yuki Kiyasu   Yoko Mizokami   
Computational Color Imaging - 7th International Workshop, CCIW 2019, Chiba, Japan, March 27-29, 2019, Proceedings   318-333   2019年   [査読有り]

MISC

 
 
Kensuke Fukumoto   Junki Yoshii   Yuto Hirasawa   Takashi Yamazoe   Shoji Yamamoto   Norimichi Tsumura   
Final Program and Proceedings - IS and T/SID Color Imaging Conference   2018-November 145-150   2018年1月   
© 2018, Society for Imaging Science and Technology. In this paper, we propose an image conversion method to transfer the images without glossiness into the images with glossiness by using deep photo style transfer technique. The deep style photo t...
 
Takashi Kawai   Jukka Häkkinen   Takashi Yamazoe   Hiroko Saito   Shinsuke Kishi   Hiroyuki Morikawa   Terhi Mustonen   Jyrki Kaistinen   Gäte Nyman   
SPIE, Proceedings of the SPIE Newsroom      2009年12月   

講演・口頭発表等

 
 
視覚情報の基本特性が一時記憶に及ぼす影響
山添 崇   御船 大河   杉山 賢二   
電子情報通信学会 イメージクオリティ研究会IMQ2020-20   2021年3月2日   
 
物体の忠実な質感再現に適した照明条件の検討
山添 崇   舟木 智洋   嘉安 勇貴   溝上 陽子   
日本色彩学会誌   2018年11月1日   
 
特色印刷のための互換性を有する可逆情報埋込み法 (システム研究会 ディジタル信号処理システム最適化一般)
平岡 琴子   福本 健亮   山添 崇   津村 徳道   金子 賢史   荒井 航   今泉 祥子   
電気学会研究会資料. ST   2018年8月27日   
 
NIRSを用いた色刺激による生理的影響の検証
山添 崇   櫻井   裕司   東吉彦   
日本光脳機能イメージング学会 第20回学術集会   2017年7月   
 
脳血流変化に基づく色の興奮・鎮静作用の検証
東 吉彦   櫻井 裕司   山添 崇   
日本色彩学会誌   2017年   
興奮・鎮静などの色の心理的作用を客観的に評価することを目的として,近赤外線分光法(NIRS)を用いて前頭部の脳血流変化を測定し,オキシヘモグロビンの濃度変化を指標として,脳(前頭葉)の活動状態を評価した.等輝度の赤・緑・青の有彩色刺激と輝度3段階の無彩色刺激を用いて,刺激の色相や輝度の違いによる影響を調べた.被験者は3色型色覚で視機能に異常の見られない20代男性8名と女性2名である.実験ではまず,被験者は脳血流測定装置と心拍計を装着した状態で,安静時の状態が5分間測定された.次にサイクルマ...

所属学協会

 
2017年11月
 - 
現在
電気情報通信学会
2015年
 - 
現在
日本色彩学会
2012年
 - 
現在
ACM
2012年
 - 
現在
IEEE
2008年
 - 
現在
日本人間工学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
ディスレクシアの識字学習おける質感認知の効果検証
三菱財団: 社会福祉事業・研究助成
山添 崇 池下 花恵 
研究期間: 2022年4月 - 2023年3月
 
研究期間: 2021年4月 - 2022年9月
 
高臨場感を実現する複合現実空間の照明条件の検討と評価
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
山添 崇 
研究期間: 2020年4月 - 2022年3月
 
複合現実空間における直感インタラクションの検討と評価
電気普及通信財団: 研究調査助成
山添 崇 
研究期間: 2020年4月 - 2021年3月