言語の選択:

 
研究者検索 > 法学部 教員紹介 

法学部 教員紹介

研究者リスト >> 立石 洋子
 

立石 洋子

 
アバター
研究者氏名立石 洋子
 
タテイシ ヨウコ
URLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/00633504.ja.html
所属成蹊大学
部署法学部 政治学科
職名助教
学位博士(法学)(東京大学)
その他の所属神奈川大学, 慶応義塾大学

研究分野

 
  • 史学 / 西洋史 / 

経歴

 
2013年4月
 - 
2016年3月
日本学術振興会 特別研究員
 
2012年4月
 - 
2013年3月
北海道大学 スラブ研究センター 非常勤研究員
 

受賞

 
2012年11月
ロシア東欧学会 研究奨励賞
 
2010年7月
東京大学大学院法学政治学研究科 博士論文特別優秀賞
 

論文

 
ロシア歴史協会の創設とその活動
立石 洋子
ロシア・ユーラシアの経済と社会   (1005) 40-44   2016年6月
現代ロシアの自国史教科書の動向-20世紀史の描写を中心に-
立石 洋子
東北アジア研究   20 133-146   2016年2月
現代ロシアの歴史教科書が描く第二次世界大戦と大祖国戦争
立石 洋子
ユーラシア研究   53 9-14   2015年12月
現代ロシアの歴史教育と第二次世界大戦の記憶
立石 洋子
スラヴ研究   (62)    2015年7月   [査読有り]
Memory of World War II and the education of history in Putin's Russia
立石 洋子
Nobuya Hashimoto ed., Politics of Histories and Memories and Conflicts in Central and East European Countries and Russia (Proceedings of the Tallinn Workshop, 25-26 August 2014)   151-171   2015年3月
Reframing the “history of the USSR”: The “thaw” and changes in the portrayal of Shamil’s rebellion in 19th-century North Caucasus
立石 洋子
Acta Slavica Iaponica   34 95-114   2014年3月   [査読有り]
1920年代から30年代初頭のソ連におけるマルクス主義歴史家の論争ー非ロシア諸民族史を中心に
立石 洋子
ロシア東欧研究   (40) 50-64   2012年   [査読有り]
Writing about Heroes in the "History of the USSR": The Interpretation of Individuals in History during the Stalin Period
立石 洋子
Japanese Society for Slavic and East European Studies   (32) 97-118   2012年   [査読有り]
パンクラートヴァとタルレースターリン期のソ連を生きた二人の歴史家の生涯
立石 洋子
アリーナ   (10) 30-37   2010年
支配者の歴史を描くーソ連の自国史像にみる植民地支配の描写の変遷
立石 洋子
地域研究   10(2) 71-89   2010年   [査読有り]
ソ連における「国民史」の創造ー1930年代の初等歴史教科書作成問題を手がかりに
立石 洋子
歴史学研究   (845) 1-17   2008年   [査読有り]
スターリン期のソ連歴史学界における民族史論争:歴史上の英雄の評価を中心に
立石 洋子
ロシア史研究   (78) 96-112   2006年   [査読有り]
ソ連における歴史学と政治ー第二次大戦期の歴史学論争
立石 洋子
本郷法政紀要   (13) 151-182   2004年   [査読有り]

Misc

 
История Японии в документах Российского государственного архива военно-морского флота(XVIII-начало XX вв.)
立石 洋子
   2011年12月
Джамиль Гасанлы. СССР – Турция: От нейтралитета к холодной войне. 1939-1953. Москва: Центр Пропаганды, 2008.
立石 洋子
ロシア史研究   (88) 78-78   2011年5月
Georgiy Kasianov and Philipp Ther ed., A Laboratory of Transnational History: Ukraine and Recent Ukrainian Historiography, Budapest; New York: Central European University Press, 2009.
立石 洋子
国家学会雑誌   (1・2) 227-229   2010年1月
Thomas Sherlock, Historical Narratives in the Soviet Union and Post-Soviet Russia: Destroying the Settled Past, Creating an Nucertain Future, New York: Pakgrave Macmillan, 2007.
立石 洋子
ロシア史研究   (82) 91-91   2008年5月
Serhy Yekelchyk, Stalin’s Empire of Memory: Russian-Ukrainian Relations in the Soviet Historical Imagination, Toronto: University of Toronto Press, 2004.
立石 洋子
国家学会雑誌   (1・2) 120-123   2006年1月
Reginald E. Zelnik, Perils of Pankratova: Some Stories from the Annals of Soviet Historiography, University of Washington Press, 2005.
立石 洋子
ロシア史研究   (79)    2006年

書籍等出版物

 
ロシア革命とソ連の世紀 第2巻 スターリニズムという文明
立石 洋子 (担当:共著, 範囲:国民意識の形成―ソ連国家の発展と自国史像の構築― 91頁ー116頁)
岩波書店   2017年7月   
「ロシアの博物館」『歴史を社会に活かす 楽しむ・学ぶ・伝える・観る』
立石 洋子
東京大学出版会   2017年5月   
スターリン――20世紀が生んだ独裁者『ロシアの歴史を知るための50章』
立石 洋子 (担当:共著)
明石書店   2016年11月   
Сталинская эпоха в учебниках истории современной России (К вопросу об освещении Второй мировой войны) // Политические и социальные аспекты истории сталинизма: новые факты и интерпретации. / Под редацией С. Папкова и К. Тэраяма.
立石 洋子 (担当:共著, 範囲:C. 186-209)
Политическая энциклопедия   2015年3月   
「雪解け」と歴史学―A.M.パンクラ―トヴァの活動を中心に―」中嶋毅編『新史料で読むロシア史』
立石洋子 (担当:共著)
山川出版社   2013年3月   

講演・口頭発表等

 
Disputes over history textbooks in Russia
立石 洋子
the 8th East Asian Conference on Slavic Eurasian Studies   2017年6月3日   
Soviet Historians during the era of Stalinism and the Thaw
立石 洋子
ICCEES IX World Congress 2015   2015年8月4日   
Soviet History Education in Putin’s Russia
立石 洋子
The 6th East Asian Conference on Slavic Eurasian Studies   2014年6月21日   
The Post-Stalin Thaw and Soviet historians: A.M.Pankratova and Voprosy Istorii from 1953-1957
立石 洋子
Fifth East Asian Conference on Slavic Eurasian Studies 2013   2013年8月10日   
Rewriting the history of the USSR during the Khrushchev period
立石洋子
BASEES / ICCEES European Congress 2013   2013年4月5日   
Rewriting "The history on the USSR" during the Khrushchev period: the Change of the description of the rebellion of Shamil' in 19th Century North Caucasus
立石洋子
Fourth East Asian Conference on Slavic and Eurasian Studies   2012年9月4日   
国際情勢と自国史像の変化ースターリン期ソ連の事例から
立石 洋子
比較政治学会   2011年6月   
階級・民族・国民ースターリン期ソ連における国民史像の変遷ー
立石 洋子
ロシア・東欧学会研究大会   2010年10月   
ソ連における「国民史」の叙述とその変化ースターリン時代のソヴェト連邦史作成を中心に
立石 洋子
日本西洋史学会   2008年5月   
国民史と民族史の狭間でースターリン時代におけるソヴェト連邦史の叙述とその変化
立石 洋子
北海道大学スラブ研究センター21世紀COE総括シンポジウム「スラヴ・ユーラシア学の幕開け」   2008年1月   

担当経験のある科目

 
  • 西洋史入門 (日本大学)
  • 政治学の基礎 (成蹊大学)
  • 西洋史料研究 (日本大学)
  • 西洋史特殊講義 (慶応義塾大学)
  • 世界史 (神奈川大学)

所属学協会

 
ロシア史研究会 , 歴史学研究会 , ロシア・東欧学会 , 日本西洋史学会 , 日本比較政治学会

競争的資金等の研究課題

 
ソ連における歴史認識と政治
日本学術振興会: 特別研究員研究奨励費
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 立石 洋子
ソ連における歴史認識と政治
松下記念財団: 研究助成
研究期間: 2012年10月 - 2013年9月    代表者: 立石 洋子
ソ連における歴史認識と政治
日本学術振興会: 研究活動スタート支援
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 立石 洋子
ソ連における歴史学と政治ースターリン時代を中心としてー
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 立石 洋子