言語の選択:

お知らせ


成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 

理工学部 教授

研究者リスト >> 小方 博之
 

小方 博之

 
アバター
研究者氏名小方 博之
 
 
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/20349161.ja.html
所属成蹊大学
部署理工学部 システムデザイン学科
職名教授
学位博士(工学)(東京大学)
J-Global ID201501090543997280

研究キーワード

 
学習支援 ,スキル評価 ,ロボット ,e-テスティング ,実技試験自動化 ,e-ラーニング

研究分野

 
  • 情報通信 / 統計科学 / 
  • 情報通信 / 知能ロボティクス / 
  • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス / 
  • 情報通信 / ロボティクス、知能機械システム / 
  • 人文・社会 / 教育工学 / 

経歴

 
2019年8月
 - 
現在
早稲田大学 次世代ロボット研究機構 招聘研究員 
 
2008年
 - 
現在
成蹊大学 理工学部 教授 
 

学歴

 
1988年4月
 - 
1990年3月
東京大学大学院 工学系研究科 精密機械工学専攻
 
1986年4月
 - 
1988年3月
東京大学 工学部 精密機械工学科
 

委員歴

 
2017年9月
 - 
現在
日本テスト学会  広報担当理事
 
2016年4月
 - 
現在
日本テスト学会  編集出版委員
 
2003年5月
 - 
現在
日本テスト学会  理事
 

受賞

 
2019年8月
IEVC 2019, Excellent Paper Award,A Method of Proposing the Training Suitable for Supplementing an Exerciser’s Lacking Skill in Sprint
Chanjin Seo Masato Sabanai Jun Ohya Hiroyuki Ogata 
 

論文

 
 
村松 大吾   阿部 貢士   堀内 翔   小方 博之   
電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界   92(5) 392-3962009年5月   [査読有り]
人は筆記する際にペンを持つが,ペンの持ち方には個人性が現れると考えられる.そこでペンの持ち方特徴に注目し,これらを用いた個人認証手法の可能性について検討する.本速報では10人から取得したデータを用いた初期実験結果を報告する.
 
小方 博之   山本 紗恵子   
精密工学会誌   74(11) 1210-12142008年11月   [査読有り]
The progress of information technology and the popularization of the personal computer brought the growth of computer-based testing (CBT), which utilizes computer to hold an exam and rate examinees. Most of the current CBT can be regarded as an ex...
 
小方 博之   山本 紗恵子   
日本テスト学会誌   4(1) 65-722008年5月   [査読有り]
 
小方 博之   河合 岳   山本 紗恵子   
日本テスト学会誌   3(1) 49-582007年3月   [査読有り]
 
小方 博之   山本 紗恵子   
日本テスト学会誌   2(1) 101-1112006年3月   [査読有り]

MISC

 
 
小方 博之   
大学時報   58(324) 70-732009年1月   [招待有り]
 
小方 博之   
研究助成金受給者研究報告集および渡航費助成受給者国際学会参加報告書   23 77-812006年   
 
三浦 泰輔   小方 博之   下村 芳樹   新井 民夫   
精密工学会学術講演会講演論文集   2004(0) 153-1532004年   
本報では、著者らが前報までに提案しているサービスのモデル化手法の一つであるフローモデルに対し、サービスの動的側面を表現可能とするための拡張を施す。本手法では、サービスをエージェント間の価値供給の連鎖として再定義し、サービスの上流から下流への流れを表現する。また、拡張フローモデル上のシミュレーションにより、サービスの動的側面とそれに対する上記の連鎖構造の影響に対する本拡張モデルの表現能力を検証する。
 
三浦 泰輔   小方 博之   下村 芳樹   新井 民夫   
設計工学・システム部門講演会講演論文集   2003(13) 185-1882003年10月   
In this paper, a "flow model" expressing the flow of service contents and service channels is newly introduced into service modeling which the authors have proposed. Here, service is regarded as a conversion operator of contents, and exp...
 
平岩 明   小方 博之   
日本ロボット学会誌   18(2) 23-262000年3月   [招待有り]

書籍等出版物

 
 
松田 孝, 野飼 享, 曽我部 雄次, 曄道 佳明, 小方 博之, 佐藤 元宥(担当:共著)
日新出版株式会社      2005年4月      

講演・口頭発表等

 
 
GANで生成した合成顔画像を証明写真に利用した替え玉受験の成功可能性の検証(既発表増補)
吉川紘史   佐藤充   中村壮伸   村松大吾   小方博之   安田晶子   
第10回バイオメトリクスと認識・認証シンポジウム   2020年10月15日   
 
リダイレクテッドウォーキングにおける日本人の並進・回転移動の知覚特性
伊藤泰輝   小方博之   安田晶子   
第25回日本バーチャルリアリティ学会大会   2020年9月17日   
 
監督者不在のオンライン試験における眼球運動特性を用いた聴覚利用型不正行為の検出(高難易度長文読解の場合)
大出憲吾   松島悠流   安田晶子   小方博之   
日本行動計量学会 第48回大会   2020年9月   
 
模倣学習と強化学習を組み合わせたヒューマノイドエージェントの歩行動作の生成
伊尾拓真   小方博之   
ロボティクス・メカトロニクス講演会2020   2020年5月29日   日本機械学会   
 
GANで生成した合成顔画像を証明写真に利用した替え玉受験の成功可能性の検証
佐藤充   中村壮伸   村松大吾   小方博之   安田晶子   
電子情報通信学会総合大会   2020年3月   電子情報通信学会   

所属学協会

 
 
   
 
日本教育工学会
 
   
 
電子情報通信学会
 
   
 
日本行動計量学会
 
   
 
計測自動制御学会
 
   
 
日本テスト学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
バイオメトリクスおよび人工知能技術の導入による公正で安全なオンライン試験の実現
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
小方博之 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
コンピュータ利用試験におけるバイオメトリクスを用いた不正行為検出
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
小方 博之 
研究期間: 2013年 - 2016年
 
コミュニケーションロボット開発・評価システム
文部科学省: 教育研究装置及び研究設備の整備
中野有紀子 
研究期間: 2011年4月
 
実環境における連続画像認識技術の応用展開
日本私立学校振興・共済事業団: 学術研究振興資金
小方博之 
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月
 
実技データの解析によるスキル評価と学習支援法
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
小方 博之 村松 大吾 
研究期間: 2009年 - 2011年

社会貢献活動

 
 
【助言・指導,企画】
成蹊小学校 2008年4月 - 現在
 
【講師,企画,実演】
武蔵野市、武蔵野プレイス 2005年9月 - 現在
 
【講師】
フロムページ 夢ナビライブ 2018年7月
 
 
【講師】
武蔵野商工会議所 2017年2月