言語の選択:

お知らせ

現在以下の不具合を確認しております
・正しく教員表示がなされない事象が発生しております。   現在復旧に向けて対応中ですのでしばらくお待ちください。
 

 
研究者検索 > 文学部 教員紹介 

成蹊大学 文学部

研究者リスト >> 小野 尚美
 

小野 尚美

 
アバター
研究者氏名小野 尚美
 
オノ ナオミ
所属成蹊大学
部署文学部 英語英米文学科
職名教授
学位学術修士(米国州立インディアナ大学(ブルーミントン校)人文学部言語学科), 学術博士(米国州立インディアナ大学(ブルーミントン校)教育学部言語教育学科)

研究キーワード

 
Reading Recovery Program , 早期英語教育 , 応用言語学 , 教育学(言語教育学) , Linguistics

研究分野

 
  • 人文・社会 / 外国語教育 / 英語教育、第二言語習得論

経歴

 
2004年4月
 - 
現在
成蹊大学 文学部 教授
 
1993年4月
 - 
2017年3月
津田塾大学 学芸学部 非常勤講師
 
2009年11月
 - 
2009年12月
ユバスキュラ大学(フィンランド) 教育科学学科 Visiting Researcher
 
2009年8月
 - 
2009年10月
ロンドン大学大学院 文化教育学部 Visiting Fellow
 
2007年4月
 - 
2008年3月
法政大学 キャリアデザイン学部 非常勤講師
 

学歴

 
1987年6月
 - 
1992年10月
インディアナ大学大学院(ブルーミントン校) 教育学部 
 
1985年8月
 - 
1987年5月
インディアナ大学大学院(ブルーミントン校) 言語学部 
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
2019年3月
成蹊大学  教職課程委員
 
2018年4月
 - 
2019年3月
成蹊大学  キャリア委員
 
2018年4月
 - 
2019年3月
成蹊大学  図書委員
 
2017年4月
 - 
2018年3月
成蹊大学  広報委員,教職課程委員
 
2015年4月
 - 
2017年3月
成蹊大学  英米文学科主任
 

受賞

 
2006年
Grant-in-Aid for Scientific Research Study provided by the MInistry of Education, Science, Sports and Culture, Japan (2006-2008)Kiban C
 
2003年
大学英語教育学会(JACET)から辞書・データ部門学術賞授与(応用言語学事典ー研究社出版)
 
2003年
JACET Award for the book "Applied Linguistics Jiten" published by Kenkyusya (JACET)
 
2002年
Grant-in-Aid for Scientific Research Study provided by the MInistry of Education, Science, Sports and Culture, Japan (2002-2004)Kiban C
 
2001年
Scholarship for Group Research Study (from Showa Women's University) in 2001
 

論文

 
小野 尚美
成蹊英語英文学研究   23 55-61   2019年3月
小野 尚美
成蹊大学研究助成(B種)研究報告書 (序章、第1章、第3章、終章担当)   1-71   2016年3月
小野 尚美
成蹊英語英文学研究   (14) 37-47   2010年3月
小野 尚美, 高梨庸雄, 大井恭子, 高野恵美子, Gordon Robson
平成18年度文部科学研究費補助金研究報告書      2009年3月

MISC

 
高梨庸雄, 小野尚美
英語教育 (大修館 5月号)   60(2) 67-69   2011年5月
小野尚美, 高梨庸雄
英語教育 (大修館 4月号)   60(1) 67-69   2011年4月
小野尚美, 高梨庸雄
英語教育 (大修館 3月号)   59(13) 70-72   2011年3月
寺内正典, 小磯敦, 飯野厚, 小野尚美, Jeffrey K. Hubbel, 柿原直美
   2010年1月
小野 尚美
”経営と管理”をインターフェイスする!学校マネジメント”言語力の育成”想像工夫の最新情報 6月号   (619) 60-60   2008年6月

書籍等出版物

 
小野 尚美, 高梨庸雄 (担当:共著, 範囲:はじめに、第1章、第2章、第7章、第8章、第9章、第10章、おわりに)
朝日出版社   2018年3月   ISBN:9784255010540
本書は、著者がこれまで研究してきたReading Recovery Programの理念と指導方法を、日本で英語を学ぶ学習者のために応用した英語指導法として考案したものである。
小野 尚美 (担当:共著, 範囲:はじめに、第1章―第4章、第7章、第11章―第12章、おわりに)
あさひ出版社   2017年3月   
小野 尚美 (担当:共著, 範囲:III授業展開(75-145頁)、IV小中連携のためのヒント(165-170頁))
研究社   2016年1月   
小野 尚美 (担当:共著, 範囲:はじめに、第1章―第5章、第8章、第11章、第13章、おわりに)
金星堂   2014年3月   
小野 尚美 (担当:共著, 範囲:50-55頁、132-135頁、150-157頁、166-169頁)
日興企画   2008年10月   

講演・口頭発表等

 
小野 尚美
武蔵野地域五大学共同講演会2019 多様性と調査ー「学び」がつなぐ五つの輪ー   2019年10月11日   
小野 尚美
全国英語教育学会第44回京都研究大会   2018年8月26日   
小野 尚美
武蔵野市 外国語活動・英語科部研究部会   2018年1月17日   武蔵野市 外国語・英語科部研究部会
講師が、武蔵野市立第2中学校で中学3年生を対象にReading Recovery Programの指導法を応用した教え方で補習を実施した。機関な2017年12月から2018年2月までの3カ月(10回授業)であったが、その指導についての報告と今後の指導の在り方について述べた。
小野尚美
TESOL支部学会(シンガポール)   2015年12月4日   
小野尚美, 林千賀
KATE 関東甲信越英語教育学会 第39回山梨研究会   2015年8月8日   

担当経験のある科目(授業)

 
  • 修士論文指導 (「成蹊大学」)
  • 英語会話 (「昭和女子大学」)
  • CALL/発音学 (「成蹊大学」「津田塾大学」)
  • 英語科教育法 (「成蹊大学」「法政大学」「津田塾大学」)
  • 英語の拡がり (「昭和女子大学」)

所属学協会

 
小学校英語教育学会 , Teaching English to Speakers of Other Languages(TESOL) , 大学英語教育学会(JACET)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
小学校英語教育学会: 2018-2019 JES(小学校英語教育学会)課題研究
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月
成蹊大学: 成蹊大学研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月
日本学術振興会: 平成27年度文部科学研究補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
成蹊大学: 成蹊大学研究助成(B種)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
日本学術振興会: 平成23年度文部科学省科学研究補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月

社会貢献活動

 
【その他】  小学校英語教育学会  2013年4月 - 現在
【その他】  大学英語教育学会  2010年4月 - 現在
【講師】  東京都教職員研修センター 研修部専門教育向上課  2019年8月21日 - 2019年8月23日
【講師】  東京都教職員研修センター 研修部専門教育向上課  小学校英語中核教員養成講座  2018年4月1日 - 2019年3月31日

教育内容やその他の工夫

 
3,4年次演習
2015年4月1日 - 2020年3月31日
この演習では、前期及び後期の最終4週間を使って、3年生と4年生がその年のゼミのテーマについてシンポジウムを行う。学生は、その年のテーマに関連して、その学期中に関心を持った話題について調べ、発表する。レジメ及び参考文献の書き方だけでなく、論理的に自分の考えを展開していく訓練をすることを目的としている。また、ゼミの学生と意見交換を行い、学期末論文の形で提出する。