言語の選択:

お知らせ

【連絡1】
以下の日時にUfinityのメンテナンスを行います。

1021日(木)15:00-17:00

メンテナンス中は、Ufinityへのログイン不可となります。
また、
1530分程サービスが停止する時間帯があり、停止中はTop画面が表示されず、閲覧も不可となります。(researchmapは利用可能です。)


ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。



【連絡2】
成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 鈴木 誠一
 

鈴木 誠一

 
アバター
研究者氏名鈴木 誠一
 
スズキ セイイチ
URLhttp://www.ml.seikei.ac.jp/biolab/index.html
所属成蹊大学
部署理工学部 物質生命理工学科
職名教授
学位医学博士(東京大学)
J-Global ID201501021381034375

研究キーワード

 
免疫センサ ,抗体 ,固定化 ,蛍光異方性 ,微小電極 ,多成分生体試料 ,カウンターイオン ,パイレン ,流体分析システム ,ゲル ,蛍光寿命 ,シリカ ,電界 ,免疫測定 ,マイクロパターニング ,分極 ,配向 ,DNA ,APTES ,螢光異方性 ,BST膜 ,流路 ,ガラス状炭素 ,フッ化水素 ,マイクロリアクタ ,バイオセンサ ,マイクロマシニング ,テクスチャー構造 ,赤外線センサ ,太陽電池

研究分野

 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 計測工学 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
成蹊大学 理工学部 教授 
 

論文

 
 
Seiichi Suzuki   Masatoshi Osa   Kazuki Sugawara   Shigeru Kato   Motohiro Ohkura   Akihiro Arakawa   Shoichi Uchihara   
Electronics and Communications in Japan   104(1) 47-52   2021年3月
 
Takuya Ito   Yosuke Nomoto   Yuki Ukishima   Kan Murakami   Kazuki Sugawara   Seiichi Suzuki   Shigeru Kato   Akimichi Hatta   Toshinori Kojima   
KAGAKU KOGAKU RONBUNSHU   46(6) 193-199   2020年11月
 
鈴木 誠一   長 正敏   菅原 一輝   加藤 茂   大倉 元宏   荒川 明宏   内原 正一   
電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)   140(7) 718-722   2020年7月
 
伊藤拓哉   野元洋輔   浮島優輝   村上寛   菅原一輝   鈴木誠一   加藤茂   八太昭道   小島紀徳   
化学工学論文集   46(6) 193-199   2020年6月   [査読有り]
 
伊藤拓哉   張文卿   村田由香里   鈴木誠一   加藤茂   小島紀徳   
マクロレビュー   31(2) 27-35   2019年12月   [査読有り]

MISC

 
 
鈴木 誠一   大沼 扶久子   矢波 智佳子   村山 智子   穐吉 真   
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   120(8) 1092-1097   2000年8月   
 
鷲津 正夫   川端 智久   黒澤 修   鈴木 誠一   
電子情報通信学会論文誌. C, エレクトロニクス   83(1) 1-8   2000年1月   
誘電泳動は, 電界とそれにより誘導された電気双極子モーメントとの相互作用により, 電界の強い方へ(正の誘電泳動), または弱い方へ(負の誘電泳動)と粒子が駆動される現象であり, 高周波交流を用いれば, 電気分解を生ずることなく, 水溶液中での微小粒子のハンドリングを行うことができる.本論文では, 微細電極系により作られる高電界中での誘電泳動現象により, DNAやタンパクなどの生体分子を直接駆動できることを示した.また, その生体分子の分離分析への応用として, 誘電泳動クロマトグラフィの装置...
 
鈴木 誠一   楢原 洋輔   
映像情報メディア学会技術報告   23(74) 19-24   1999年11月   
視覚に障害のある人にとって、聴覚情報は周囲の状況の把握するために重要な情報源である。この音声情報を積極的に利用した装置に超音波メガネがあるが、いずれも速度情報、くぼみや穴などの認識には不十分な点がある。そこで、画像入力などの手段により情報をコンピュータ上に取り込み、処理された信号を音声に重畳して提示すれば、より容易に行動上の安全を確保できるのではないかと考えられる。このとき、重要な情報源である自然の音の入力を妨害しないように情報提示を行わなければ、逆に状況把握を困難にすることもあり得る。そ...
 
鈴木 誠一   楢原 洋輔   
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   99(453) 19-24   1999年11月   
視覚に障害のある人にとって、聴覚情報は周囲の状況の把握するために重要な情報源である。この音声情報を積極的に利用した装置に超音波メガネがあるが、いずれも速度情報、くぼみや穴などの認識には不十分な点がある。そこで、画像入力などの手段により情報をコンピュータ上に取り込み、処理された信号を音声に重畳して提示すれば、より容易に行動上の安全を確保できるのではないかと考えられる。このとき、重要な情報源である自然の音の入力を妨害しないように情報提示を行わなければ、逆に状況把握を困難にすることもあり得る。そ...
 
高橋 勉   鈴木 誠一   杉沼 義隆   
電気学会研究会資料. ED, 放電研究会   1999(69) 19-23   1999年9月   

教育内容やその他の工夫

 
基礎生物学
2020年4月20日 - 2020年12月23日
通信講義の実施に伴い、長時間の集中を避けるため、30分ごとに休憩を実施。