言語の選択:

Menu

役員教育学部教育学研究科教職大学院地域科学部地域科学研究科医学部医学系研究科附属病院工学部工学研究科応用生物科学部自然科学技術研究科連合農学研究科連合獣医学研究科連合創薬医療情報研究科地域協学センター流域圏科学研究センター生命科学総合研究支援センター留学生センター保健管理センター医学教育開発研究センター(MEDC)教育推進・学生支援機構研究推進・社会連携機構次世代エネルギー研究センター次世代金型技術研究センター生命の鎖統合研究センター地域減災研究センター微生物遺伝資源保存センター炭素繊維リサイクル研究センターグローカル推進本部情報連携統括本部男女共同参画推進室

岐阜大学からのお知らせ

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 玉川 一郎
 

玉川 一郎

 
アバター
研究者氏名玉川 一郎
 
タマガワ イチロウ
eメールtamagreen.gifu-u.ac.jp
URLhttp://tama.green.gifu-u.ac.jp/~tama/
所属岐阜大学
部署流域圏科学研究センター 水系安全研究部門
職名教授
学位博士(理学)(京都大学)
その他の所属次世代エネルギー研究センター, 工学研究科, 研究推進・社会連携機構次世代エネルギー研究センターエネルギー貯蔵・予測分野次世代発電量評価技術研究開発部門, 研究推進・社会連携機構地域減災研究センター環境モニタリング部門, 工学研究科

プロフィール

接地境界層乱流/熱・水輸送を担う大気乱流の構造や理解/陸面過程/地表面での、物質とエネルギーの交換過程/気象学/気象学方面/気象計測機いくつか

研究キーワード

 
大気境界層 , HEIFE , 相関 , 潜熱輸送 , 開発 , 地表面 , ドップラーソーダ , 水平分布 , サブグリッド , 顕熱輸送 , 塩類集積 , GAME , 実験 , 数値計算 , アジアモンスーン , 地面蒸発 , 観測データ解析 , 半乾燥地 , 亜熱帯前線 , 物質循環

研究分野

 
  • 地球惑星科学 / 気象・海洋物理・陸水学 / 
  • 森林圏科学 / 森林科学 / 
  • 土木工学 / 水工学 / 
  • 地球惑星科学 / 気象・海洋物理・陸水学 / 水文気象学
  • 環境学 / 環境動態解析 / 気象学

経歴

 
2013年
   
 
岐阜大学 流域圏科学研究センター 教授
 
 
   
 
岐阜大学 流域圏科学研究センター 教授
 
1989年4月
 - 
1991年3月
気象庁 東京航空地方気象台 運輸技官
 
1989年4月
 - 
1991年4月
気象庁 運輸技官
 
1995年1月
 - 
1999年3月
名古屋大学大気水圏科学研究所附属共同研究観測プロジェクトセンター 文部教官・助手
 

学歴

 
 
 - 
1994年
京都大学 理学研究科 地球物理学
 
1983年4月
 - 
1987年3月
京都大学理学部  
 

委員歴

 
2012年8月
 - 
現在
水文・水資源学会  国際誌編集委員会委員
 
2012年8月
 - 
2016年8月
水文・水資源学会  理事
 
2011年4月
 - 
2012年3月
岐阜市  岐阜市地震災害対策検討委員会委員
 
2006年8月
 - 
2010年8月
日本気象学会  気象学会気象集誌編集委員
 
2004年4月
 - 
2007年3月
財団法人 名古屋市建設事業サービス財団  ヒートアイランド現象緩和のための新舗装工法検討委員会 顧問
 

受賞

 
2000年
水文・水資源学会論文奨励賞
 
2012年3月
農業気象学会 論文賞
 

論文

 
Study on Double-Averaged Velocity Profiles for Rough Beds and Low-flow Conditions
Rahma Yanda,Morihiro Harada,Ichiro Tamagawa
Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser.B1 (Hydraulic Engineering)   74(4) I_169-I_624   2018年1月   [査読有り]
Rahma Yanda, Morihiro Harada, and Ichiro Tamagawa
土木学会論文集   72(4) I_613-I_618   2017年1月   [査読有り]
抄録

Sediment flushing operation from large dam causes bed condition change in the downstream. It may reduce the flow resistance as the flushed sediment fills the voids among the large stones. This condition influences the flow in roughness layer ...
Sugita Michiaki(Tsukuba Univ.),Usui Junko(Tsukuba Univ.),Tamagawa Ichiro(Gifu Univ.),Kaihotsu Ichirou(Hiroshima Univ.)
Water Resources Research   37(2) 353-365   2001年1月   [査読有り]
下島 栄一(大同工業大学),玉川 一郎(岐阜大学)
水文・水資源学会誌   14(2) 121-130   2001年3月   [査読有り]
Tanaka K(Kumamoto Univ.),Ishikawa H(kyoto Univ.),Tamagawa I(Gifu Univ.),Ma Y(CARRERI),Hu Z(CARRERI)
Journal of Hydrology   283(1/4) 169-183   2003年1月   [査読有り]
石田 祐宣(弘前大学」),永井 秀幸(農業環境技術研究所),田中 久則(筑波大学),飯田 真一(筑波大学),松島大(東北大学),樋口 篤志(名古屋大学),戸田 求(北海道大学),浅沼 順(筑波大学),玉川 一郎(岐阜大学),宮崎 真(東京大学),田中 賢治(京都大学),杉田 倫明(筑波大学)
水文・水資源学会誌   17(1) 43-60   2004年1月   [査読有り]
玉川 一郎(岐阜大学)
水文・水資源学会誌   17(4) 392-400   2004年5月   [査読有り]
AsanumaJ Jun(Tsukuba Univ.),Ishikawa Hirohiko(Kyoto University),Tamagawa Ichiro(Gifu University),Ma Yaomin(China),Hayashi Taiichi(Kyoto University),Qi Yongqiang(China),Wang Jiemin(China)
Water Resource Research   41(9)    2005年12月   [査読有り]
Asanuma Jun(Terrestrial Environment Research Centre, University of Tsukuba),Tamagawa Ichiro(River Basin Research Centre, Gifu Univ),Ishikawa Hirohiko(Disaster Prevention Research Institute, Kyoto Univ.),Ma Yaoming(Institute of Tibetan Plateau Research, Chinese Academy of Sciences),Hayashi Taiichi(Disaster Prevention Research Institute, Kyoto Univ.,),Qi Yongqiang(Department of Information Science, Kochi University),Wang Jiemin(Cold and Arid Regions Environmental and Engineering Research Institute, Chinese Academy of Sciences)
Boundary-Layer Meteorology   122(1) 85-103   2007年1月   [査読有り]
Experimental Investigation of Evaporation and Condensation in Sandy Soils under Simulated Arid Conditions
Shimojima Eiichi(Daido university),Ichiro Tamagawa(Gifu university),Turner J.V.(CSIRO, Australia)
GQ10: Groundwater Quality Management in a Rapidly Changing World   (342) 405-409   2010年1月   [査読有り]
Yasushi Mitsuta , Ichiro Tamagawa, Ken Sahashi, and Jiemin Wang
Journal ofthe Meteorological Society of Japan   73(5) 967-974   1995年1月   [査読有り]
Ichiro Tamagawa
Boundary-Layer Meteorology   77(1) 1-20   1996年1月   [査読有り]
Eiichi Shimojima, Ryoma Yoshioka, and Ichiro Tamagawa
Journal of Hydrology   178(1/4) 109-136   1996年1月   [査読有り]
玉川一郎
水文・水資源学会誌   12(2) 130-138   1999年1月   [査読有り]
Ma Yaoming, Osamu Tsukamoto, Wu Xiaoming, Ichiro Tamagawa, Wang Jiemin, Hirohiko Ishikawa, Hu Zeyong and Gao Hongchun
Chinese Journal of Atmospheric Sciences   24(5) 715-722   2000年1月   [査読有り]
Kenji Tanaka, Hirohiko Ishikawa, Taiichi Hayashi, Ichiro Tamagawa, Yaomin. Ma
Journal of the Meteorological Society of Japan   79(1B) 505-517   2001年1月   [査読有り]
Analysis of aerodynamic and thermodynamic parameters over the grassy marshland surface of Tibetan Plateau
Ma Yaoming,O. Tsukamoto, J. Wang, H. Ishikawa, and I. Tamagawa
Progress in Natural Sciences   12(1) 36-40   2002年1月   [査読有り]
Water and energy exchange over a plantation evergreen coniferous forest on mountain slopes
Taku M. Saitoh.,Ichiro Tamagawa, Masayasu Maki, and Hiroshi Koizumi
Proceeding of 3rd Asia Pacific Association of Hydrology and Water Resources (APHW) Conference, Bangkok, Thailand, October 16-18, CD-ROM Proceedings      2006年10月   [査読有り]
玉川一郎, 吉野純, 加野利生, 安田孝志, 村岡裕由, 児島利治, 石原光則, 永井信, 斎藤琢, 李美善, 牧雅康, 秋山侃, 小泉博
システム農学   24(2) 129-136   2008年1月   [査読有り]
流域圏を支える森林環境保全のための森林健康診断手法
吉野純,村岡裕由,永井信,石原光則,斎藤琢,児島利治,玉川一郎,安田孝志
第36回環境システム研究論文発表会講演集   277-286   2008年1月   [査読有り]
Taku M. Saitoh., Ichiro Tamagawa, Hiroyuki Muraoka, Lee Nayeon, Yuichiro Yashiro,and Hiroshi Koizumi
Journal of Plant Research   123(4) 473-483   2010年1月   [査読有り]
斎藤琢,玉川一郎,村岡裕由,小泉博
農業気象   66(4) 289-298   2010年1月   [査読有り]
Taku M. Saitoh, Ichiro Tamagawa, Hiroyuki Muraoka, and Hiroshi Koizumi
Journal of Agricultural Meteorology   67(3) 107-116   2011年1月   [査読有り]
Eiichi Shimojima, Ichiro Tamagawa, and Jeffrey V. Turner
水文・水資源学会誌   24(3) 159-169   2011年1月   [査読有り]
斎藤琢,玉川一郎,村岡裕由
日本森林学会誌   93(3) 105-112   2011年1月   [査読有り]
Functional consequences of differences in canopy phenology for the carbon budgets of two cool-temperate forest types: simulations using the NCAR/LSM modeland validation using tower flux and biometric data
Taku M. Saitoh., Shin Nagai, Jun Yoshino, Hiroyuki Muraoka, Nobuko Saigusa, and Ichiro Tamagawa
Eurasian Journal of Forest Research   14    2012年12月   [査読有り]
常緑樹林及び落葉樹林における樹冠遮断現象の現地観測とそのモデル化
渡邉信剛,児島利治,篠田成郎,大橋慶介,玉川一郎,斎藤琢
土木学会論文集B1(水工学)   68(4) 1759-1764   2012年1月   [査読有り]
Kazuomi Morotomi, Taro Shinoda, Yukari Shusse, Takeharu Kouketsu, Tadayasu Ohigashi, Kazuhisa Tsuboki, Hiroshi Uyeda, and Ichiro Tamagawa
Journal of the Meteorological Society of Japan   90(5) 737-753   2012年12月   [査読有り]
An analysisof summer evapotranspiration based on multi-year observations including extreme climatic conditions over a cool-temperate evergreen coniferous forest, Takayama, Japan
Hydrological Processes   DOI: 10.1002/hyp.9834   2013年
Shimojima Eiichi, Tamagawa Ichiro, Horiuchi Masato, Woodbury Robert J., Turner Jeffrey V.
Soil Research   51(4) 288-300   2013年8月   [査読有り]
In order to elucidate the relationship between evaporation, salinisation, and annual water and salt balances in semi-arid and arid regions, hydrological and meteorological observations were undertaken over 3 years in a small, salinised, bare-soil,...
Shin Nagai, Taku M. Saitoh, Kenji Kurumado, Ichiro Tamagawa, Hideki Kobayashi, Tomoharu Inoue, Rikie Suzuki, Minoru Gamo, Hiroyuki Muraoka, Kenlo Nishida Nasahara,
SOLA   9 106-110   2013年8月   [査読有り]
Clarification of the year-to-year variations and long-term trends ofthe timings of the start of leaf-expansion (SLE) and end of leaf-fall (ELF) is an important and challenging task because these timings affect spatial and temporal variations in wa...
上野健一, 磯野純平, 今泉文寿, 井波明宏, 金井隆治, 鈴木啓助, 小林元, 玉川一郎, 斎藤琢, 近藤裕昭
地学雑誌   122(4) 638-650   2013年8月   [査読有り]
Masatoshi Kuribayashi,Nam Jin Noh, Taku M. Saitoh, Ichiro Tamagawa, Yasutaka Wakazuki, Hiroyuki Muraoka
SOLA   9 148-152   2013年10月   [査読有り]
Taku M. Saitoh,Shin Nagai, Jun Yoshino, Hiroaki Kondo, Ichiro Tamagawa, Hiroyuki Muraoka
EcologicalResearch   30(2) 267-277   2014年12月
Zhikun Zhu, Yaoming Ma , Maoshan Li, Zeyong Hu,Chao Xu, Lang Zhang, Cunbo Han Yongjie Wang, Tamagawa Ichiro
Agricultural and Forest Meteorology   203 169-179   2015年4月
Shimojima Eiichi, Tamagawa Ichiro, Horiuchi Masato, Woodbury Robert J., Turner Jeffrey V.
Soil Research   54(1) 78-93   2015年12月   [査読有り]

Misc

 
石田 祐宣, 松島 大, 樋口 篤志, 檜山 哲哉, 戸田 求, 浅沼 順, 玉川 一郎, 宮崎 真, 田中 賢治, 杉田 倫明, 永井 秀幸, 田中 久則, 飯田 真一, 小林 菜花子
水文・水資源学会誌   17(1) 43-60   2004年
玉川 一郎, 石川 裕彦, 林 泰一, 塚本 修, 浅沼 順, 田中 健路, 宮崎 真
大会講演予講集   83(0) 
Taku M. Saitoh, Ichiro Tamagawa, Hiroyuki Muraoka, Hiroaki Kondo
Hydrological Processes   27(23) 3341-3349   2013年11月
Five years (2006-2010) of eddy-covariance data were used to investigate inter-annual variation of evapotranspiration (E) under dry canopy conditions (i.e. no rainfall in the previous 24h) in summer over a cool-temperate evergreen coniferous forest...
Yaoming Ma, Osamu Tsukamoto, Jiemin Wang, Hirohiko Ishikawa, Ichiro Tamagawa
Progress in Natural Science   12 36

書籍等出版物

 
Boundary Layer
Tamagawa Ichiro(Gufu Univ.)
Hydrospheric Atmospheric Research Center, Nagoya University   2004年3月   
第1部4章風(牛山素行編「身近な気象・気候調査の基礎」,)
玉川一郎 (担当:共著, 範囲:68-80)
古今書院   2000年1月   ISBN:ISBN4-7722-4017-9 C3044
天気図と天気予報、岐阜大学教養教育推進センター編教養ブックレットVo.4「世紀の発明・発見
玉川一郎 (担当:共著, 範囲:78-79)
㈱みらい   2012年1月   ISBN:ISBN978-4-86015-265-9
気象学を専門とするまで 教養ブックレットVol.9(岐阜大学 教育推進・学生支援機構編)
玉川一郎 (担当:共著, 範囲:54-55)
岐阜大学教育推進・学生支援機構   2016年1月   

講演・口頭発表等

 
高山常緑針葉樹林サイト(TKC)における土壌水分解析
水文・水資源学会研究発表会   2008年   
名古屋市の試験舗装データを利用した保水性舗装の冷却効果に関する研究
水文・水資源学会研究発表会   2007年   
保水性舗装の水分動態の解析
水文・水資源学会研究発表会   2008年   
ドップラーソーダの製作
日本気象学会2007年度春季大会   2007年   

担当経験のある科目

 
  • 気象学概論 (岐阜大学全学共通教育)
  • 気象・水文学 (岐阜大学工学部)
  • 応用気象学 (静岡大農学部)
  • 水理解析学 (岐阜大学工学研究科)
  • 応用解析学 (岐阜大学工学部)

所属学協会

 
日本気象学会 , 水文・水資源学会 , American Meteorological Society , 土木学会 , 日本地球惑星科学連合

Works

 
チベット高原における熱・エネルギー循環に関する集中観測
1998年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 玉川 一郎
乾燥地域における熱・水の輸送過程に関する研究
研究期間: 1991年 - 2000年
チベット高原での乱流輸送特性に関する研究
研究期間: 1996年 - 2007年
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 玉川 一郎
大気境界層乱流の集中観測と数値モデルによる構造の解明

社会貢献活動

 
静岡大学農学部非常勤講師 応用気象学
【】  2000年4月1日
水文・水資源学会 理事
【】  2000年8月1日 - 2004年7月31日
理事
水文・水資源学会情報基盤特別委員会委員
【】  2000年8月1日
ヒートアイランド現象緩和のための新舗装工法検討委員会
【】  名古屋市建設事業サービス財団  名古屋市建設事業サービス財団  2004年4月1日 - 2006年3月31日
顧問
日本気象学会編集委員会
【】  日本気象学会  日本気象学会  2006年7月1日
気象集誌編集委員

その他

 
気象予報士