言語の選択:


 

学際科学研究系

研究者リスト >> 藤田 和央
 

藤田 和央

 
アバター
研究者氏名藤田 和央
 
フジタ カズヒサ
通称等の別名https://www.kenkai.jaxa.jp/research/exploration/exploration.html
URL
所属国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
部署宇宙科学研究所
職名教授
学位博士(工学)(東京大学), 修士(工学)(東京大学)
その他の所属研究開発部門, 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻
J-Global ID200901092342953840

研究キーワード

 
惑星保護 ,物理化学 ,流体工学 ,システム工学 ,航空宇宙工学 ,Physical Chemistry ,Fluid Mechanics

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 応用微生物学 / アストロバイオロジー,惑星保護
  • フロンティア(航空・船舶) / 航空宇宙工学 / 
  • エネルギー / プラズマ科学 / 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 流体工学 / 
  • 自然科学一般 / 半導体、光物性、原子物理 / 

経歴

 
2020年11月
 - 
現在
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 研究領域上席 
 
2018年4月
 - 
現在
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 教授 
 
2013年4月
 - 
現在
東京大学大学院新領域創成科学研究科  客員教授 
 
2008年10月
 - 
2020年10月
独立行政法人 宇宙航空研究開発機構  主幹研究員 
 
2012年4月
 - 
2019年3月
静岡大学  客員教授 
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1995年3月
東京大学大学院 工学系研究科 航空宇宙工学
 
1987年4月
 - 
1989年3月
東京大学 工学部 航空学科
 

受賞

 
2019年10月
宇宙航空研究開発機構, 宇宙航空研究開発機構理事長賞(チャレンジ・イノベーション部門),HTV搭載小型回収カプセルの開発
HTV小型回収カプセル開発チーム 
 
2019年10月
宇宙航空研究開発機構, 宇宙航空研究開発機構理事長賞(フロンティア部門),火星衛星およびそこで採取するサンプルの潜在的な微生物汚染確率評価
藤田和央 黒澤耕介 玄田英典 兵頭龍樹 松山新吾 三河内岳 新原隆史 山岸明彦 
 
2015年8月
日本航空宇宙学会, 第47回流体力学講演会/第33回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム優秀賞,高クヌーセン数領域における極超音速希薄流数値解析
小澤宇志 鈴木俊之 藤田和央 
 
2012年4月
日本航空宇宙学会, 技術賞(プロジェクト部門),「はやぶさ」小惑星探査機の帰還・回収運用
はやぶさプロジェクトチーム 
 
2011年12月
宇宙航空研究開発機構, 研究開発本部本部長賞,大気突入機の熱防御システム信頼性向上
藤田和央 鈴木俊之 髙栁大樹 小澤宇志 
 

論文

 
 
Satoshi Nomura   Taito Kawakami   Kazuhisa Fujita   
Journal of Thermophysics and Heat Transfer   1-6   2020年11月   [査読有り]
 
Ulysse Dubuet   Satoshi Nomura   Shingo Matsuyama   Adrien Lemal   Hiroki Takayanagi   Kazuhisa Fujita   
Journal of Thermophysics and Heat Transfer   34(4) 725-732   2020年10月   [査読有り]
 
Bernard O. OWITI   Takeharu SAKAI   Kazuhiko YAMADA   Toshiyuki SUZUKI   Kazuhisa FUJITA   
TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, AEROSPACE TECHNOLOGY JAPAN   18(4) 133-139   2020年   [査読有り]
 
Ryuki Hyodo   Kosuke Kurosawa   Hidenori Genda   Tomohiro Usui   Kazuhisa Fujita   
Scientific Reports   9(1)    2019年12月   [査読有り]
<title>Abstract</title>Throughout the history of the solar system, Mars has experienced continuous asteroidal impacts. These impacts have produced impact-generated Mars ejecta, and a fraction of this debris is delivered to Earth as Martian meteori...
 
Kosuke Kurosawa   Hidenori Genda   Ryuki Hyodo   Akihiko Yamagishi   Takashi Mikouchi   Takafumi Niihara   Shingo Matsuyama   Kazuhisa Fujita   
Life Sciences in Space Research   23 85-100   2019年11月   [査読有り]

MISC

 
 
野村哲史   浅井勝利   水野雅仁   藤田和央   
衝撃波シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2019    2020年
 
高柳大樹   野村哲史   藤田和央   
衝撃波シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2019    2020年
 
岡本誉史   藤田和央   野村哲史   山田和彦   松井信   
衝撃波シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2019    2020年
 
鈴木俊之   久保田勇希   石田雄一   青木卓哉   藤田和央   山田和彦   
衝撃波シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2019    2020年
 
藤井啓介   藤田和央   永井伸治   中村涼   
日本航空宇宙学会誌   68(8)    2020年

所属学協会

 
 
   
 
日本惑星科学会
 
   
 
日本流体力学会
 
   
 
アメリカ航空宇宙学会
 
   
 
日本航空宇宙学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
軽ガス銃による実飛行等価環境で検証された高精度・高信頼度の輻射加熱予測手法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
藤田 和央 野村 哲史 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
強い実在気体効果を伴う火星探査大気突入システムの極超音速空力性能の高精度予測技術
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
藤田 和央 野村 哲史 鈴木 俊之 小澤 宇志 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
 
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月
 
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月