言語の選択:


 

About ISAS Researcher Profiles [ISASmap]

ISASmap, ISAS Researcher Profiles, is a platform for showcasing the research works of ISAS researchers, based on the content of the researchers' selection and registration.
Researcher's affiliated department is linked only with their main duties/responsibilities at ISAS.
To find them by affiliated department, use the Section search box.
 
 

About researchmap

 

ISAS Researcher Profiles [ISASmap]

研究者検索結果一覧 >> 岡田 達明
 

岡田 達明

 
アバター
研究者氏名岡田 達明
 
オカダ タツアキ
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/30321566.ja.html
所属国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
部署宇宙科学研究所 太陽系科学研究系
職名准教授
学位博士(理学)(東京大学)
その他の所属東京大学大学院 理学系研究科化学専攻
科研費研究者番号30321566
J-Global ID201501026547105146

プロフィール

専門は惑星科学、惑星物理学、惑星物質・物性科学、惑星探査科学。特に熱赤外カメラを用いた史上初の小惑星探査により、惑星探査に「熱撮像」の手法を世界で初めて導入に成功し、さらに「太陽系物性科学」の分野を創設。観測機器の開発による惑星探査でのその場観測とサンプルリターンによる帰還試料分析を主な研究手法とする。
主要な開発機器は、蛍光X線分光計、熱赤外カメラ、多波長熱赤外カメラである。また開発中のものはマルチターン飛行時間型質量分析計等である。地上分析においてはハイパースペクトル顕微鏡による帰還試料の分析の他、将来の資料熱物性分析のための多色熱赤外顕微鏡の開発を推進中である。
◆国内外の惑星探査計画(観測機器担当)
・月探査「Lunar-A」 光学カメラLIC(Co-I)1993-2005 
・火星探査「のぞみ」 HFレーダ高度計PWS/ALT(Co-I)1994-2003、可視カメラMIC(Co-I)1995-2003
・小惑星探査「はやぶさ」 蛍光エックス線分光計XRS担当(PI)1995-2010
・月周回探査「かぐや(SELENE)」 蛍光X線分光計XRS担当(PI)1998-2009
・小惑星探査「はやぶさ2」 中間赤外カメラTIR担当(PI)2010-present.、
・小惑星探査「はやぶさ2」 小型ランダーMASCOT担当(JAXAリエゾン)2010-2019
・小惑星探査「はやぶさ2」 デジタルエレキDE担当(PI)2010-present
・小惑星探査「はやぶさ2」 ハイパースペクトル顕微鏡MicrOmega担当(Co-PI)2019-present
・二重小惑星探査計画Hera 熱赤外カメラTIRI担当(PI)2020-present
・二重小惑星探査計画Hera Hera Investigation Team メンバ(招聘)2020-present
◆帰還サンプルの分析(地上分析)
・JAXAキュレーションセンター(地球外物質研究グループ所属)2009-present
・ハイパースペクトル顕微鏡MicrOmega-CF(Co-PI)
・熱赤外顕微鏡(PI)
◆海外ミッション参画
・SMART-1 D-CIXS(Co-I)2000-2005
・Chandrayaan-1 C1XS(Co-I)2006-2009
・BepiColombo MIXS(Co-I)2003-present、SIXS (Co-I)2003-present
・Hera TIRI(PI)2020-present、Investigation Team 2020-present
◆WG参画
・ESA MarcoPolo(=Hayabusa-MkII)においてX線分光、熱積外カメラ、着陸機
・月着陸機SELENE-B、SELENE-II
・月着陸SLIM(科学システム検討担当)
・火星探査MELOS(科学システム検討担当(固体惑星)、着陸探査)
・OKEANOS (科学システム検討担当、質量分析計HRMSの開発)
・月縦孔探査Uzume(科学システム検討担当、熱赤外カメラの開発)
 

研究キーワード

 
ヘラ ,二重小惑星 ,はやぶさ2 ,はやぶさ ,小惑星探査 ,惑星探査 ,チャンドラヤーン1号 ,カーボンナノチューブ ,X線回折 ,蛍光X線分光 ,蛍光エックス線 ,電界放射 ,宇宙機器 ,角度依存性 ,主要元素組成 ,蛍光X線分光 ,X線管 ,かぐや ,表面粗さ効果 ,月探査 ,固体惑星探査 ,X線蛍光 ,物質分析 ,粗さ効果 ,X線分光 ,CCD ,ローバー ,FPGA ,フォトダイオード

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 宇宙惑星科学 / 惑星物理学、惑星探査科学

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
東京大学 大学院理学系研究科化学専攻 准教授 
 
2006年9月
 - 
現在
独立行政法人宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 准教授 
 
2008年4月
 - 
2013年3月
会津大学 コンピュータ理工学研究科 上級准教授 
 
2003年10月
 - 
2006年8月
独立行政法人宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 助手 
 
1999年2月
 - 
2003年9月
宇宙科学研究所 惑星研究系 助手 
 

学歴

 
1993年
 - 
1996年
東京大学 大学院理学系研究科 地球惑星物理学専攻
 
1991年
 - 
1993年
東京大学 大学院理学系研究科 地球物理学専攻
 
1989年
 - 
1991年
東京大学 理学部 地球物理学科
 
1987年
 - 
1989年
東京大学 教養学部 理科Ⅰ類
 

委員歴

 
2012年8月
 - 
2013年8月
AOGS  PS Section Vice President
 
2010年8月
 - 
2012年8月
AOGS  PS Section President
 
2009年8月
 - 
2010年8月
AOGS  PS Section Vice President
 

受賞

 
2021年7月
International Astronautical Federation, IAF World Space Award
Hayabusa2 Team 
 
2021年5月
Space Ops, Outstanding Manuscript for Space Ops2021,MASCOT – a Mobile Lander on-board Hayabusa2 Spacecraft – Operations on Ryugu
Hayabusa2 MASCOT Team (C. Krause U. Auster J.P. Bibring J. Biele C. Cenac-Morthe F. Cordero B. Cozzoni C. Dudal D. Embacher C. Fantinati H.-H. Fischer K.H. Glassmeier D. Granena M. Grott J. T. Grundmann V. Hamm D. Hercik T.-M. Ho R. Jaumann K. Kayal J. Knollenberg O. Küchemann C. Lange L. Lorda M. Maibaum D. May Y. Mimasu A. Moussi T. Okada J. Reill T. Saiki K. Sasaki M. Schlotterer N. Schmitz N. Toth Y. Tsuda S. Ulamec T. Yoshimitsu S. Watanabe F. Wolff the MASCOT Team) 
 
2020年12月
内閣総理大臣, 内閣総理大臣顕彰
はやぶさ2プロジェクトチーム 
 
2020年11月
宇宙航空研究開発機構, 理事長表彰,はやぶさ2探査機の小惑星リュウグウへの到達
はやぶさ2プロジェクト 
 
2020年2月
科学技術と経済の会, 第8回技術経営・イノベーション大賞(科学技術と経済の会会長賞),はやぶさ2による未踏天体探査の完遂と新たな探査技術の確立
はやぶさ2プロジェクトチーム 
 

論文

 
 
Eri Tatsumi   Naoya Sakatani   Lucie Riu   Moe Matsuoka   Rie Honda   Tomokatsu Morota   Shingo Kameda   Tomoki Nakamura   Michael Zolensky   Rosario Brunetto   Takahiro Hiroi   Sho Sasaki   Sei’ichiro Watanabe   Satoshi Tanaka   Jun Takita   Cédric Pilorget   Julia de León   Marcel Popescu   Juan Luis Rizos   Javier Licandro   Ernesto Palomba   Deborah Domingue   Faith Vilas   Humberto Campins   Yuichiro Cho   Kazuo Yoshioka   Hirotaka Sawada   Yasuhiro Yokota   Masahiko Hayakawa   Manabu Yamada   Toru Kouyama   Hidehiko Suzuki   Chikatoshi Honda   Kazunori Ogawa   Kohei Kitazato   Naru Hirata   Naoyuki Hirata   Yuichi Tsuda   Makoto Yoshikawa   Takanao Saiki   Fuyuto Terui   Satoru Nakazawa   Yuto Takei   Hiroshi Takeuchi   Yukio Yamamoto   Tatsuaki Okada   Yuri Shimaki   Kei Shirai   Seiji Sugita   
Nature Communications   12(1)    2021年12月   [査読有り]
<title>Abstract</title>Ryugu is a carbonaceous rubble-pile asteroid visited by the Hayabusa2 spacecraft. Small rubble pile asteroids record the thermal evolution of their much larger parent bodies. However, recent space weathering and/or solar hea...
 
Takehiko Arai   Tatsuaki Okada   Satoshi Tanaka   Tetsuya Fukuhara   Hirohide Demura   Toru Kouyama   Naoya Sakatani   Yuri Shimaki   Hiroki Senshu   Tomohiko Sekiguchi   Jun Takita   Naru Hirata   Yukio Yamamoto   
Earth, Planets and Space   73(1)    2021年12月   [査読有り]
<title>Abstract</title>The thermal infrared imager (TIR) onboard the Hayabusa2 spacecraft performed thermographic observations of the asteroid 162173 Ryugu (1999 JU<inline-formula><alternatives><tex-math>_3</tex-math><mml:math xmlns:mml="http:...
 
古谷克司   犬飼亮太   高野孝義   岡田達明   佐伯和人   大上寛之   
精密工学会誌      2021年10月   [査読有り]
 
Yuya Mimasu   Tatsuaki Okada   Yuto Takei   Takanao Saiki   Tra-Mi Ho   Aurelie Moussi   Yuichi Tsuda   
Planetary and Space Science   205 105288-105288   2021年10月   [査読有り]
 
Tatsuaki OKADA   Tetsuya FUKUHARA   Satoshi TANAKA   Makoto TAGUCHI   Takehiko ARAI   Hiroki SENSHU   Naoya SAKATANI   Yuri SHIMAKI   Hirohide DEMURA   Yoshiko OGAWA   Kohei KITAZATO   Kentaro SUKO   Tomohiko SEKIGUCHI   Toru KOUYAMA   Jun TAKITA   Tsuneo MATSUNAGA   Takeshi IMAMURA   Takehiko WADA   Sunao HASEGAWA   Jorn HELBERT   Thomas G. MUELLER   Axel HAGERMANN   Jens BIELE   Matthias GROTT   Maximilian HAMM   Marco DELBO   Naru HIRATA   Naoyuki HIRATA   Yukio YAMAMOTO   Fuyuto TERUI   Takanao SAIKI   Satoru NAKAZAWA   Makoto YOSHIKAWA   Seiichiro WATANABE   Yuichi TSUDA   
TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, AEROSPACE TECHNOLOGY JAPAN   19(5) 654-659   2021年6月   [査読有り]

MISC

 
 
T. Yada   M. Abe   A   Nakato   K. Yogata   A. Miyazaki   K. Kumagai   K. Hatakeda   T. Okada   M. Nishimura   S. Furuya   M. Yoshitake   A. Iwamae   S. Tachibana   T. Sawada   K. Sakamoto   T. Hayashi   D. Yamamoto   R. Fukai   H. Sugahara   H. Yurimoto   T. Usui   S. Watanabe   Y. Tsuda   Hayabusa   Project Team   
52nd Lunar and Planetary Science Conference 2021   2008   2021年3月   
 
N. Sakatani   S. Tanaka   T. Okada   T. Fukuhara   L. Riu   S. Sugita   R. Honda   T. Morota   S. Kameda   Y. Yokota   E. Tatsumi   K. Yumoto   N. Hirata   A. Miura   T. Kouyama   H. Senshu   Y. Shimaki   T. Arai   J. Takita   H. Demura   T. Sekiguchi   T. G. Müller   A. Hagermann   J. Biele   M. Grott   M. Hamm   M. Delbo   W. Neumann   M. Yamada   H. Suzuki   C. Honda   K. Ogawa   M. Hayakawa   K. Yoshioka   M. Matsuoka   Y. Cho   H. Sawada   K. Kitazato   T. Saiki   H. Imamura   Y. Takagi   H. Yano   K. Shirai   S. Nakazawa   M. Arakawa   K. Wada   T. Kadono   K. Ishibashi   
52nd Lunar and Planetary Science Conference 2021   1832   2021年3月   
 
M. Kanamaru   S. Sasaki   T. Morota   Y. Cho   E. Tatsumi   M. Hirabayashi   N. Hirata   H. Senshu   Y. Shimaki   N. Sakatani   S. Tanaka   T. Okada   T. Usui   S. Sugita   S. Watanabe   
52nd Lunar and Planetary Science Conference 2021   1769   2021年3月   
 
A. Ohsugi   N. Sakatani   Y. Shimaki   T. Arai   H. Senshu   T. Kouyama   H. Demura   T. Sekiguchi   S. Tanaka   T. Okada   
52nd Lunar and Planetary Science Conference 2021   2184   2021年3月   
 
T. Okada   T. Fukuhara   S. Tanaka   N. Sakatani   Y. Shimaki   T. Arai   H. Senshu   H. Demura   T. Kouyama   T. Sekiguchi   Hera TIRI Team   
52nd Lunar and Planetary Science Conference 2021   1449   2021年3月   

担当経験のある科目(授業)

 
2021年4月
 - 
現在
無機分析科学特論 (東京大学大学院理学系研究科化学専攻)
2011年4月
 - 
現在
分析化学特論IV (東京大学大学院理学系研究科化学専攻)

所属学協会

 
 
   
 
COSPAR
 
   
 
AOGS
 
   
 
AGU
 
   
 
地球電磁気・地球惑星圏学会
 
   
 
日本惑星科学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
水惑星学創成に向けた太陽系探査
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
臼井 寛裕 荒川 政彦 中村 智樹 岡田 達明 諸田 智克 渡邊 誠一郎 竝木 則行 
研究期間: 2017年6月 - 2022年3月
 
大気の無い惑星模擬表層の熱慣性測定:惑星リモートセンシングへの応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
岡田 達明 田中 智 福原 哲哉 田口 真 荒井 武彦 坂谷 尚哉 嶌生 有理 千秋 博紀 出村 裕英 
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月
 
日印リモート蛍光X線探査による月面元素組成の決定:「粗さ効果」補正の適用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
岡田 達明 
研究期間: 2010年 - 2012年
 
カーボンナノチューブ電界放射型X線管球を用いた超小型X線蛍光・回折分析器の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(A)
岡田 達明 
研究期間: 2005年 - 2007年
 
惑星探査ローバ搭載小型X線回折装置の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
加藤 學 岡田 達明 
研究期間: 2002年 - 2003年

● 専任大学名

 
 

● 所属する所内委員会