言語の選択:


 

大学共同利用実験調整グループ

研究者リスト >> 阿部 琢美
 

阿部 琢美

 
アバター
研究者氏名阿部 琢美
 
アベ タクミ
URLhttps://stage.tksc.jaxa.jp/pairg/member/abe/index.html
所属国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
部署宇宙科学研究所 太陽系科学研究系
職名准教授
その他の所属総合研究大学院大学(総研大) 物理科学研究科 宇宙科学専攻
J-Global ID200901006137313045

研究キーワード

 
電離圏プラズマ物理学 ,超高層大気物理学 ,Aeronomy

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 宇宙惑星科学 / 

経歴

 
2003年10月
 - 
現在
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 准教授 
 
1998年7月
 - 
2003年9月
文部省 宇宙科学研究所 惑星研究系 助教授 
 
1993年
 - 
1998年
青山学院大学 理工学部 助手 
 
1991年
 - 
1993年
National Research Council Canada, Research Associate   
 

学歴

 
1988年4月
 - 
1991年3月
電気通信大学 電気通信学研究科 電子工学専攻
 
1986年4月
 - 
1988年3月
電気通信大学 電気通信学研究科 応用電子工学専攻
 
1982年4月
 - 
1986年3月
電気通信大学 電気通信学部 応用電子工学科
 

委員歴

 
2007年
 - 
2011年
地球電磁気・地球惑星圏学会  運営委員
 

受賞

 
2009年5月
地球電磁気・地球惑星圏学会, 田中舘賞,あけぼの衛星による極プラズマ風の研究
 

論文

 
 
Andrew W. Yau   Takumi Abe   Mats André   Andrew D. Howarth   William K. Peterson   
Geophysical Monograph Series, "Magnetospheres in the Solar System"   207-217   2021年4月   [査読有り]
 
R. Pfaff   M. Larsen   T. Abe   H. Habu   J. Clemmons   H. Freudenreich   D. Rowland   T. Bullett   M.‐Y. Yamamoto   S. Watanabe   Y. Kakinami   T. Yokoyama   J. Mabie   J. Klenzing   R. Bishop   R. Walterscheid   M. Yamamoto   Y. Yamazaki   N. Murphy   V. Angelopoulos   
Geophysical Research Letters   47(15)    2020年8月
We investigate the forces and atmosphere-ionosphere coupling that create atmospheric dynamo currents using two rockets launched nearly simultaneously on 4 July 2013 from Wallops Island (USA), during daytime Sq conditions with ΔH of −30 nT. One roc...
 
M. Shiotani   S. Oyama   A. Saito   T. Sakazaki   S. Ochiai   P. Baron   T. Nishibori   M. Suzuki   T. Abe   H. Maezawa   
International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS)   8788-8791   2019年7月
The Superconducting Submillimeter-Wave Limb-Emission Sounder (SMILES) on the International Space Station demonstrated a 4 K mechanical cooler for high-sensitivity submillimeter limb-emission sounding of atmospheric observations. Based on the SMILE...
 
K. Ishisaka   R. Nakamura   T. Mori   T. Abe   A. Kumamoto   M. Tanaka   
2019 URSI Asia-Pacific Radio Science Conference, AP-RASC 2019      2019年3月
© 2019 URSI. All rights reserved. The Sq current system occurs in the lower ionosphere in the winter daytime. The Sq current system is appeared the specific plasma phenomenon such as electron heating, strong electron density disturbance. Therefore...
 
Naomoto Iwagami   Takeshi Sakanoi   George L. Hashimoto   Kenta Sawai   Shoko Ohtsuki   Seiko Takagi   Kazunori Uemizu   Munetaka Ueno   Shingo Kameda   Shin ya Murakami   Masato Nakamura   Nobuaki Ishii   Takumi Abe   Takehiko Satoh   Takeshi Imamura   Chikako Hirose   Makoto Suzuki   Naru Hirata   Atsushi Yamazaki   Takao M. Sato   Manabu Yamada   Yukio Yamamoto   Tetsuya Fukuhara   Kazunori Ogohara   Hiroki Ando   Ko ichiro Sugiyama   Hiroki Kashimura   Toru Kouyama   
Earth, Planets and Space   70(1)    2018年12月   [査読有り]
© 2018, The Author(s). The status and initial products of the 1-μm camera onboard the Akatsuki mission to Venus are presented. After the successful retrial of Venus’ orbit insertion on Dec. 2015 (5 years after the failure in Dec. 2010), and after ...

MISC

 
 
葉柴 隆斗   阿部 琢美   尾原 咲穂   三宅 亙   
令和2年度宇宙科学に関する室内実験シンポジウム 講演集      2021年4月   
 
阿部 琢美   渡部 重十   田中 勇人   三宅 亙   
令和2年度宇宙科学に関する室内実験シンポジウム 講演集      2021年4月   
 
Atsushi Yamazaki   Atsushi Yamazaki   Manabu Yamada   Yeon Joo Lee   Yeon Joo Lee   Shigeto Watanabe   Takeshi Horinouchi   Shin ya Murakami   Toru Kouyama   Kazunori Ogohara   Takeshi Imamura   Takao M. Sato   Yukio Yamamoto   Tetsuya Fukuhara   Hiroki Ando   Ko ichiro Sugiyama   Seiko Takagi   Seiko Takagi   Hiroki Kashimura   Shoko Ohtsuki   Naru Hirata   George L. Hashimoto   Makoto Suzuki   Chikako Hirose   Munetaka Ueno   Takehiko Satoh   Takehiko Satoh   Takumi Abe   Takumi Abe   Nobuaki Ishii   Masato Nakamura   
Earth, Planets and Space   70    2018年12月   
© 2018, The Author(s). The ultraviolet imager (UVI) has been developed for the Akatsuki spacecraft (Venus Climate Orbiter mission). The UVI takes ultraviolet (UV) images of the solar radiation reflected by the Venusian clouds with narrow bandpass ...
 
Yukihiro Takahashi   Mitsuteru Sato   Masataka Imai   Ralph Lorenz   Yoav Yair   Karen Aplin   Georg Fischer   Masato Nakamura   Nobuaki Ishii   Takumi Abe   Takumi Abe   Takehiko Satoh   Takehiko Satoh   Takeshi Imamura   Chikako Hirose   Makoto Suzuki   George L. Hashimoto   Naru Hirata   Atsushi Yamazaki   Atsushi Yamazaki   Takao M. Sato   Manabu Yamada   Shin ya Murakami   Yukio Yamamoto   Tetsuya Fukuhara   Kazunori Ogohara   Hiroki Ando   Ko ichiro Sugiyama   Hiroki Kashimura   Shoko Ohtsuki   
Earth, Planets and Space   70    2018年12月   
© 2018, The Author(s). The existence of lightning discharges in the Venus atmosphere has been controversial for more than 30 years, with many positive and negative reports published. The lightning and airglow camera (LAC) onboard the Venus orbiter...
 
芦原佑樹   山本衛   石坂圭吾   熊本篤志   白澤秀剛   阿部琢美   
地球電磁気・地球惑星圏学会第144回総会・講演会      2018年11月   

書籍等出版物

 
 
森北出版株式会社   1996年      
 

講演・口頭発表等

 
 
阿部琢美   
名古屋大学宇宙地球環境研究所研究集会「極域電離圏における電離大気流出現象のメカニズム解明に向けた戦略的研究」   2022年3月29日   
 
平翔馬   加藤大志   下位百香   足立泰雅   牛嶌飛羽   山下裕介   小澤宇志   阿部琢美   中山宜典   横田久美子   田川雅人   
第4回観測ロケットシンポジウム   2022年3月15日   
 
齊藤昭則   阿部琢美   石坂圭吾   田川雅人   熊本篤志   齋藤義文   松岡彩子   斎藤享   西岡未知   細川敬祐   横山竜宏   Huixin Liu   安藤慧   
第4回観測ロケットシンポジウム   2022年3月14日   
 
田中真   松岡彩子   野村麗子   阿部琢美   
第4回観測ロケットシンポジウム   2022年3月14日   
 
齋藤義文   小嶋浩嗣   小川泰信   浅村和史   阿部琢美   石坂圭吾   栗田怜   熊本篤志   田中真   野村麗子   細川敬祐   松岡彩子   横田勝一郎   Moen Joran   Trondsen Espen   Miloch Wojciech   滑川拓   
第4回観測ロケットシンポジウム   

担当経験のある科目(授業)

 
2005年6月
 - 
現在
惑星大気科学特論 (総合研究)

所属学協会

 
 
   
 
アメリカ地球物理連合(American Geophysical Union)
 
   
 
地球電磁気・地球惑星圏学会
 
   
 
日本地球惑星科学連合

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
中性-電離大気相互作用の直接観測のための発展型イオン密度・ドリフト速度測定器開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
阿部 琢美 渡部 重十 齊藤 昭則 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
ロケット・地上連携観測による中緯度電離圏波動の生成機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
山本 衛 大塚 雄一 山本 真行 斎藤 享 阿部 琢美 齊藤 昭則 渡部 重十 津川 卓也 横山 竜宏 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月
 
EISCATレーダーを用いたジオスペースに関する国際協同研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
藤井 良一 野澤 悟徳 宮岡 宏 小川 泰信 大山 伸一郎 坂野井 健 藤原 均 前田 佐和子 津田 卓雄 平原 聖文 行松 彰 細川 敬祐 田中 良昌 徳丸 宗利 阿部 琢美 三好 由純 塩川 和夫 渡部 重十 小野 高幸 
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月
 
極域電離圏カスプ領域におけるプラズマイレギュラリティの発生メカニズム解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
阿部 琢美 齋藤 義文 下山 学 横田 勝一郎 
研究期間: 2008年 - 2010年
 
電離圏イオン観測用高時間分解能イオン質量分析器の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
早川 基 阿部 琢美 栗原 宣子 栗原 純一 
研究期間: 2007年 - 2009年

● 指導学生等の数

 
 
 

● 専任大学名

 
 

● 所属する所内委員会