言語の選択:


 

宇宙飛翔工学研究系

研究者リスト >> 津田 雄一
 

津田 雄一

 
アバター
研究者氏名津田 雄一
 
ツダ ユウイチ
URLhttp://tsuda-lab.isas.jaxa.jp/index.html
所属国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構
部署宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系
職名教授
学位博士(工学)(東京大学)
その他の所属東京大学 大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻
J-Global ID200901005218518613

研究キーワード

 
システム ,軌道 ,宇宙機 ,System ,Orbit ,Spacecraft

研究分野

 
  • フロンティア(航空・船舶) / 航空宇宙工学 / 

経歴

 
2020年1月
 - 
現在
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 教授 
 
2014年7月
 - 
2019年12月
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 准教授 
 
2008年8月
 - 
2009年3月
コロラド大学ボールダー 航空宇宙工学科 客員研究員 
 
2008年3月
 - 
2008年7月
ミシガン大学 航空宇宙工学科 客員研究員 
 
2003年4月
   
 
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 助教 
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2003年3月
東京大学 工学系研究科 航空宇宙工学専攻
 
1996年4月
 - 
1998年3月
東京大学 工学部 航空宇宙工学科
 
1994年4月
 - 
1996年3月
東京大学 理科一類 
 

受賞

 
2021年10月
International Astronautical Federation, World Space Award
Hayabusa2 Team 
 
2021年4月
日本機械学会, 日本機械学会賞(技術),小惑星探査機はやぶさ2における未踏天体地下探査技術の開発と運用
武井悠人 佐伯孝尚 澤田弘崇 三桝裕也 津田 雄一 
 
2021年4月
日刊工業新聞, 日本産業技術大賞 審査委員会特別賞,小惑星探査機「はやぶさ2」
宇宙航空研究開発機構 NEC 三菱重工業 
 
2021年3月
ロボット大賞, 文部科学大臣賞,はやぶさ2
はやぶさ2プロジェクトチーム 
 
2020年12月
内閣府, 内閣総理大臣顕彰,はやぶさ2
はやぶさ2プロジェクトチーム 
 

論文

 
 
N. Sakatani   S. Tanaka   T. Okada   T. Fukuhara   L. Riu   S. Sugita   R. Honda   T. Morota   S. Kameda   Y. Yokota   E. Tatsumi   K. Yumoto   N. Hirata   A. Miura   T. Kouyama   H. Senshu   Y. Shimaki   T. Arai   J. Takita   H. Demura   T. Sekiguchi   T. G. Müller   A. Hagermann   J. Biele   M. Grott   M. Hamm   M. Delbo   W. Neumann   M. Taguchi   Y. Ogawa   T. Matsunaga   T. Wada   S. Hasegawa   J. Helbert   N. Hirata   R. Noguchi   M. Yamada   H. Suzuki   C. Honda   K. Ogawa   M. Hayakawa   K. Yoshioka   M. Matsuoka   Y. Cho   H. Sawada   K. Kitazato   T. Iwata   M. Abe   M. Ohtake   S. Matsuura   K. Matsumoto   H. Noda   Y. Ishihara   K. Yamamoto   A. Higuchi   N. Namiki   G. Ono   T. Saiki   H. Imamura   Y. Takagi   H. Yano   K. Shirai   C. Okamoto   S. Nakazawa   Y. Iijima   M. Arakawa   K. Wada   T. Kadono   K. Ishibashi   F. Terui   S. Kikuchi   T. Yamaguchi   N. Ogawa   Y. Mimasu   K. Yoshikawa   T. Takahashi   Y. Takei   A. Fujii   H. Takeuchi   Y. Yamamoto   C. Hirose   S. Hosoda   O. Mori   T. Shimada   S. Soldini   R. Tsukizaki   M. Ozaki   S. Tachibana   H. Ikeda   M. Ishiguro   H. Yabuta   M. Yoshikawa   S. Watanabe   Y. Tsuda   
Nature Astronomy   5(8) 766-774   2021年8月
Planetesimals—the initial stage of the planetary formation process—are considered to be initially very porous aggregates of dusts1,2, and subsequent thermal and compaction processes reduce their porosity3. The Hayabusa2 spacecraft found that bould...
 
Shota Kikuchi   Takanao Saiki   Yuto Takei   Fuyuto Terui   Naoko Ogawa   Yuya Mimasu   Go Ono   Kent Yoshikawa   Hirotaka Sawada   Hiroshi Takeuchi   Hitoshi Ikeda   Atsushi Fujii   eiji Sugita   Tomokatsu Morota   Manabu Yamada   Rie Honda   Yasuhiro Yokota   Naoya Sakatani   Shingo Kameda   Toru Kouyama   Naru Hirata   Naoyuki Hirata   Kei Shirai   Kohei Kitazato   Satoru Nakazawa   Makoto Yoshikawa   Satoshi Tanaka   Koji Wada   Sei-ichiro Watanabe   Yuichi Tsuda   
Advances in Space Research   68(8) 3093-3140   2021年8月
 
Shota Kikuchi   Sei ichiro Watanabe   Takanao Saiki   Hikaru Yabuta   Seiji Sugita   Tomokatsu Morota   Naru Hirata   Naoyuki Hirata   Tatsuhiro Michikami   Chikatoshi Honda   Yashuhiro Yokota   Rie Honda   Naoya Sakatani   Tatsuaki Okada   Yuri Shimaki   Koji Matsumoto   Rina Noguchi   Yuto Takei   Fuyuto Terui   Naoko Ogawa   Kent Yoshikawa   Go Ono   Yuya Mimasu   Hirotaka Sawada   Hitoshi Ikeda   Chikako Hirose   Tadateru Takahashi   Atsushi Fujii   Tomohiro Yamaguchi   Yoshiaki Ishihara   Tomoki Nakamura   Kohei Kitazato   Koji Wada   Shogo Tachibana   Eri Tatsumi   Moe Matsuoka   Hiroki Senshu   Shingo Kameda   Toru Kouyama   Manabu Yamada   Kei Shirai   Yuichiro Cho   Kazunori Ogawa   Yukio Yamamoto   Akira Miura   Takahiro Iwata   Noriyuki Namiki   Masahiko Hayakawa   Masanao Abe   Satoshi Tanaka   Makoto Yoshikawa   Satoru Nakazawa   Yuichi Tsuda   
Space Science Reviews   216(7)    2020年10月
© 2020, Springer Nature B.V. One of the primary goals of Hayabusa2 is to land on the asteroid Ryugu to collect its surface materials. The key for a successful touchdown is to find a promising landing site that meets both scientific and engineering...
 
Yuichi Tsuda   Hiroshi Takeuchi   Naoko Ogawa   Go Ono   Shota Kikuchi   Yusuke Oki   Masateru Ishiguro   Daisuke Kuroda   Seitaro Urakawa   Shin ichiro Okumura   
Astrodynamics   4(2) 137-147   2020年6月
© 2020, Tsinghua University Press. This paper describes the guidance and navigation technique used by Hayabusa2 for the asteroid rendezvous operation to reach Ryugu. The operation results, including the achieved guidance and navigation performance...
 
Yuichi Tsuda   Takanao Saiki   Fuyuto Terui   Satoru Nakazawa   Makoto Yoshikawa   Sei ichiro Watanabe   
Acta Astronautica   171 42-54   2020年6月
© 2020 IAA Hayabusa2 arrived at the C-type asteroid Ryugu in June 2018. During one and a half year of the Ryugu-proximity operation, we succeeded in two rovers landing, one lander landing, two spacecraft touchdown/sample collection, one kinetic im...

MISC

 
 
NAMIKI Kaoru   SAWAI Shujiro   MORISHITA Naoki   KIKUCHI Shota   MORI Osamu   MARU Yusuke   TSUDA Yuichi   
[第31回アストロダイナミクスシンポジウム講演後刷り集] = The 31th Workshop on JAXA Astrodynamics and Flight Mechanics      2021年7月
第31回アストロダイナミクスシンポジウム (2021年7月26-27日. オンライン開催)資料番号: SA6000167049レポート番号: ASTRO-2021-B023
The 31th Workshop on JAXA Astrodynamics and Flight Mechanics 2021 (July 26-27, 2021. Online Meeting)
 
矢田達   安部正真   安部正真   岡田達明   岡田達明   中藤亜衣子   与賀田佳澄   宮崎明子   熊谷和也   畠田健太朗   西村征洋   人見勇矢   副島広道   吉武美和   吉武美和   岩前絢子   岩前絢子   古屋静萌   古屋静萌   臼井寛裕   林佑   山本大貴   深井稜汰   杉田精司   長勇一郎   湯本航生   矢部佑奈   BIBRING Jean-Pierre   PILORGET Cedric   HAMM Vincent   BRUNETTO Rosario   RIU Lucie   RIU Lucie   橘省吾   橘省吾   澤田弘崇   岡崎隆司   高野淑識   坂本佳奈子   三浦弥生   矢野創   IRELAND Trevor   山田哲哉   藤本正樹   中澤暁   田中智   佐伯孝尚   吉川真   渡邊誠一郎   津田雄一   
日本惑星科学会秋季講演会予稿集(Web)   2021    2021年
 
尾川順子   佐伯孝尚   武井悠人   高橋忠輝   藤井淳   菊地翔太   照井冬人   三桝裕也   大野剛   吉川健人   田中智   吉川真   中澤暁   津田雄一   
宇宙科学技術連合講演会講演集(CD-ROM)   65th    2021年
 
佐伯孝尚   武井悠人   三桝裕也   藤井淳   竹内央   吉川健人   山田哲哉   吉原圭介   吉川真   中澤暁   津田雄一   菊地翔太   照井冬人   
宇宙科学技術連合講演会講演集(CD-ROM)   65th    2021年
 
三桝裕也   菊地翔太   武井悠人   佐伯孝尚   田中智   西山和孝   竹内央   吉川真   中澤暁   津田雄一   
宇宙科学技術連合講演会講演集(CD-ROM)   65th    2021年

書籍等出版物

 
 
津田 雄一
朝日新聞出版   2022年2月18日   (ISBN:4023319295)
 
山下美樹, 津田, 雄一(担当:監修)
文渓堂   2021年5月14日   (ISBN:4799904221)
 
津田雄一(担当:単著)
宝島社   2021年3月   
 
津田, 雄一
NHK出版   2020年11月   (ISBN:9784140886397)

講演・口頭発表等

 
 
Tsuda, Y   
6th IEEE Electron Devices Technology and Manufacturing Conference (EDTM)   2022年3月7日   The Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)   [招待有り]
 
Tsuda, Y   Kikuchi, S   Saiki, T   Takeuchi, H   Yamada, T   Nagata, Y   Nakazawa, S   Matsuoka, M   
2022年3月3日   
2022-d-56
 
Tsuda, Y   
72nd International Astronautical Congress   2021年10月28日   International Astronautical Federation   [招待有り]
 
Tsuda, Y   Saiki, T   Terui, F   Nakazawa, S   Yoshikawa, M   Watanabe, S   
72nd International Astronautical Congress   2021年10月28日   Inetrnational Astronautical Federation   
IAC-21-A3.4.A.1
 
Tsuda, Y   
18th International Planetary Probe Workshop   2021年6月17日   [招待有り]

所属学協会

 
2017年
 - 
現在
The International Academy of Astronautics (IAA)
 
   
 
日本航空宇宙学会
 
   
 
American Institute of Aeronautics and Astronautics (AIAA)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
強摂動環境下の天体力学の新展開 -超遠方天体への自律ランデブー技術の確立
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
津田 雄一 
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
 
強摂動環境を積極的に利用した探査工学―アストロダイナミクスへの学際的アプローチ
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
津田 雄一 佐伯 孝尚 
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月
 
太陽光圧を積極的に利用した宇宙機誘導航法の実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
津田 雄一 
研究期間: 2011年 - 2013年
 
宇宙機編隊飛行への数学構造を保存する高精度軌道計算法の適用研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
津田 雄一 
研究期間: 2009年 - 2010年
 
高信頼性3次元リアクションホイールの研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
津田 雄一 
研究期間: 2006年 - 2007年

産業財産権

 
 
 
川口 淳一郎   森 治   津田 雄一   中谷 幸司   
 
 
津田 雄一   白澤 洋次   土屋 敏男   
 
津田雄一   岩倉淳   川口淳一郎