言語の選択:


 

深宇宙追跡技術グループ

研究者リスト >> 冨木 淳史
 

冨木 淳史

 
アバター
研究者氏名冨木 淳史
 
トミキ アツシ
URLhttp://www.isas.jaxa.jp/
所属国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
部署宇宙科学研究所
職名准教授
学位博士(工学)(東京電機大学)
J-Global ID200901094498520904

研究キーワード

 
電磁環境両立性 ,フライバイワイヤレス ,超高安定発振器 ,深宇宙通信システム

研究分野

 
  • フロンティア(航空・船舶) / 航空宇宙工学 / 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 通信工学 / 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器 / 

経歴

 
2020年12月
 - 
現在
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 准教授 
 

論文

 
 
Tatsuaki Hashimoto   Junji Kikuchi   Ryo Hirasawa   Naoki Morishita   Nobutaka Bando   Atsushi Tomiki   Wataru Torii   Yuta Kobayashi   Shintaro Nakajima   Masatsugu Otsuki   Tetsuo Yoshimitsu   Tetsuya Yamada   Kota Miyoshi   Hiroyuki Toyota   Kakeru Tokunaga   Chikako Hirose   Toshinori Ikenaga   Aiko Nagamatsu   Hitoshi Morimoto   
Proceedings of the International Astronautical Congress, IAC   2020-October    2020年
Copyright © 2020 by the International Astronautical Federation (IAF). All rights reserved. A 6U CubeSat “OMOTENASHI” will be the world's smallest moon lander which is launched by NASA SLS Artemis-1. Because of its severe mass and size limitation, ...
 
五十 里哲   伊藤 琢博   小栗 健士朗   稲守 孝哉   坂井 信一郎   川勝 康弘   冨木 淳史   船瀬 龍   
日本航空宇宙学会論文集   68(2) 89-95   2020年
<p>A Fault Detection, Isolation, and Recovery (FDIR) algorithm for attitude control systems is a key technology to increasing the reliability and survivability of spacecraft. Micro/nano interplanetary spacecraft, which are rapidly evolving in rece...
 
Tatsuaki Hashimoto   Tetsuya Yamada   Masatsugu Otsuki   Tetsuo Yoshimitsu   Atsushi Tomiki   Wataru Torii   Hiroyuki Toyota   Junji Kikuchi   Naoki Morishita   Taichi Ito   Yuta Kobayashi   Aiko Nagamatsu   Hideyuki Tanno   Hitoshi Morimoto   
IEEE AEROSPACE AND ELECTRONIC SYSTEMS MAGAZINE   34(9) 20-30   2019年9月
 
Tetsuo Yoshimitsu   Takashi Kubota   Atsushi Tomiki   Kent Yoshikawa   
Proceedings of the International Astronautical Congress, IAC   2019-October    2019年
Hayabusa2 is a Japanese asteroid explorer which aims to get some fragments from the C-type asteroid “Ryugu” and bring them back to the Earth. It was launched in December 2014 and arrived at the target asteroid at the end of June 2018 after 3.5 yea...
 
Shota Kikuchi   Hiroshi Takeuchi   Osamu Mori   Hideki Kato   Naoko Ogawa   Yuya Mimasu   Atsushi Tomiki   Sho Taniguchi   
JOURNAL OF SPACECRAFT AND ROCKETS   56(1) 117-128   2019年1月
Communication with spacecraft is essential to every space mission. However, when the estimation or control of the motion of a spacecraft cannot be performed precisely, it is extremely difficult to communicate with the spacecraft in real-time opera...

MISC

 
 
前田孝雄   吉川健人   大槻真嗣   吉光徹雄   國井康晴   冨木淳史   澤田弘崇   平野大地   須藤真琢   久保田孝   
宇宙科学技術連合講演会講演集(CD-ROM)   64th    2020年
 
村田泰宏   沼田健二   内村孝志   大西徹   木村公洋   田渕豪   坪井昌人   戸田知朗   冨木淳史   中原聡美   野中房一   長谷川豊   湯地恒次   吉永昌志   
日本天文学会年会講演予稿集   2020    2020年
 
村田泰宏   沼田健二   内村孝志   大西徹   関川純人   田渕豪   坪井昌人   戸田知朗   冨木淳史   中原聡美   野中房一   長谷川豊   湯地恒次   
日本天文学会年会講演予稿集   2019 172   2019年2月   
 
前田孝雄   吉光徹雄   大槻真嗣   吉川健人   國井康晴   冨木淳史   澤田弘崇   平野大地   須藤真琢   久保田孝   
宇宙科学技術連合講演会講演集(CD-ROM)   63rd    2019年
 
長谷川豊   沼田健二   内村孝志   大西徹   関川純人   田渕豪   坪井昌人   戸田知朗   冨木淳史   中原聡美   野中房一   村田泰宏   湯地恒次   石野雅之   
日本天文学会年会講演予稿集   2018 187   2018年8月   

所属学協会

 
2002年6月
 - 
現在
電子情報通信学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
小型衛星によるマイクロ波合成開口レーダ観測の高度化の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
齋藤 宏文 福田 盛介 竹内 伸介 冨木 淳史 アクバル プリランド.R. ニジュニク オレグ 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
 
将来の惑星探査に向けたLDPC符号化装置の研究開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
冨木 淳史 
研究期間: 2008年 - 2009年
 
アレイアンテナによるX帯・Ka帯深宇宙地上局実現のための送受信信号合成技術の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
齋藤 宏文 戸田 知朗 山本 善一 冨木 淳史 
研究期間: 2005年 - 2007年