言語の選択:


 

学際科学研究系

研究者リスト >> 石川 毅彦
 

石川 毅彦

 
アバター
研究者氏名石川 毅彦
 
イシカワ タケヒコ
URLhttp://ishikawa.isas.jaxa.jp/
所属国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
部署宇宙科学研究所
職名教授
J-Global ID201901019246827999

研究キーワード

 
熱物性 ,静電浮遊 ,高温融体

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / 金属材料物性 / 

学歴

 
1999年4月
 - 
2002年3月
東京工業大学 総合理工学研究科 物質科学創造専攻
 
1985年4月
 - 
1987年3月
東京大学 大学院工学系研究科 産業機械工学専攻
 
1981年4月
 - 
1985年3月
東京大学 工学部 機械工学科
 

論文

 
 
Manabu Watanabe   Yuki Watanabe   Chihiro Koyama   Takehiko Ishikawa   Sayaka Imaizumi   Masayoshi Adachi   Makoto Ohtsuka   Akihiko Chiba   Yuichiro Koizumi   Hiroyuki Fukuyama   
Thermochimica Acta   710 179183-179183   2022年4月   [査読有り]
 
T. Ishikawa   C. Koyama   H. Oda   H. Saruwatari   P.-F. Paradis   
International Journal of Microgravity Science and Application   39(1) 390101   2022年1月   [査読有り]
 
Takehiko Ishikawa   Chihiro Koyama   Yui Nakata   Yuki Watanabe   Paul-François Paradis   
The Journal of Chemical Thermodynamics   163 106598-106598   2021年12月   [査読有り]
 
Nevin Brosius   Kevin Ward   Evan Wilson   Zachary Karpinsky   Michael SanSoucie   Takehiko Ishikawa   Satoshi Matsumoto   Ranga Narayanan   
npj Microgravity   7(1)    2021年12月   [査読有り]
<title>Abstract</title>The Faraday forcing method in levitated liquid droplets has recently been introduced as a method for measuring surface tension using resonance. By subjecting an electrostatically levitated liquid metal droplet to a continuou...
 
Hironori Daikoku   Sakiko Kawanishi   Takehiko Ishikawa   Takeshi Yoshikawa   
The Journal of Chemical Thermodynamics   106476-106476   2021年3月   [査読有り]

MISC

 
 
石川毅彦   
工業材料   6969(10) 30-34   2021年10月   
 
田辺 光昭   齊藤 允教   菅沼 祐介   野村 浩司   髙橋 晶世   髙橋 賢一   森上 修   三上 真人   後藤 芳正   山村 宜之   山本 信   野倉 正樹   EIGENBLOD Christian   石川 毅彦   菊池 政雄   嶋田 徹   稲富 裕光   TANABE Mitsuaki   SAITO Masanori   SUGANUMA Yusuke   NOMURA Hiroshi   TAKAHASHI Akiyo   TAKAHASHI Kenichi   MORIUE Osamu   MIKAMI Masato   GOTO Yoshimasa   YAMAMURA Yoshiyuki   YAMAMOTO Shin   NOKURA Masaki   EIGENBROD Christian   ISHIKAWA Takehiko   KIKUCHI Masao   SHIMADA Toru   INATOMI Yuko   
宇宙環境利用シンポジウム 第35回: 令和二年度 = Space Utilization Research, Vol. 35 2020: Proceedings of The Thirty-fifth Space Utilization Symposium   (35)    2021年1月
第35回宇宙環境利用シンポジウム(2021年1月19日-20日. オンライン開催)著者人数: 17名資料番号: SA6000156009レポート番号: G-01
 
小山千尋   小原真司   田原周太   小野寺陽平   石川毅彦   
放射光   34(1) 30-36   2021年1月
 
齊藤 允教   大野 友利恵   菅沼 祐介   髙橋 晶世   三上 真人   嶋田 徹   菊池 政雄   石川 毅彦   稲富 裕光   髙橋 賢一   Eigenbrod Christian   森上 修   野村 浩司   田辺 光昭   Saito Masanori   Ohno Yurie   Suganuma Yusuke   Takahashi Akiyo   Mikami Masato   Shimada Toru   Kikuchi Masao   Ishikawa Takehiko   Inatomi Yuko   Takahashi Kenichi   Eigenbrod Christian   Moriue Osamu   Nomura Hiroshi   Tanabe Mitsuaki   
宇宙環境利用シンポジウム 第34回: 令和元年度 = Space Utilization Research, Vol. 34 2019: Proceedings of The Thirty-fourth Space Utilization Symposium   (34)    2020年1月
第34回宇宙環境利用シンポジウム (2020年1月21日-22日. 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所(JAXA)(ISAS)), 相模原市, 神奈川県著者人数: 14名資料番号: SA6000145023
 
石川毅彦   
まてりあ   58(11) 637-640   2019年11月   [招待有り]

講演・口頭発表等

 
 
R. Shimonishi   T. Ishikawa   C. Koyama   C. Kurosawa   H. Takeuchi   S. Kuroda   H. Oda   T. Ito   
2022年3月1日   
 
小山 千尋   石川 毅彦   織田 裕久   渡邊 勇基   
第42回日本熱物性シンポジウム   2021年10月25日   
 
渡邊 勇基   小山 千尋   石川 毅彦   
第42回日本熱物性シンポジウム   2021年10月25日   
 
小山千尋   石川毅彦   織田裕久   渡邊勇基   猿渡英樹   大塩正人   黒田信介   
日本マイクログラビティ応用学会第33回学術講演会   2021年10月15日   
 
渡邊勇基   小山千尋   黒田信介   織田裕久   石川毅彦   
日本マイクログラビティ応用学会第33回学術講演会   2021年10月15日   

所属学協会

 
 
   
 
日本航空宇宙学会
 
   
 
日本熱物性学会
 
   
 
日本鉄鋼協会
 
   
 
日本マイクログラビティ応用学会
 
   
 
日本機械学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
超秩序構造科学のプラットフォームの構築による総括と研究支援
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 学術変革領域研究(A)
林 好一 石川 毅彦 松下 智裕 志賀 元紀 中田 彩子 脇原 徹 久保園 芳博 森川 良忠 谷口 博基 小原 真司 
研究期間: 2020年11月 - 2025年3月
 
超秩序構造物質のマクロスケール物性と局所電子状態の計測
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 学術変革領域研究(A)
石川 毅彦 室 隆桂之 橋本 由介 横谷 尚睦 
研究期間: 2020年11月 - 2025年3月
 
静電浮遊法を利用した高温融体の定圧比熱温度依存性の計測
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
石川 毅彦 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
回転法を利用した高温高粘性浮遊試料の表面張力・粘性係数計測
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
石川 毅彦 岡田 純平 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月
 
無容器プロセッシングを用いた酸化物系準安定相及び物性の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
石川 毅彦 VIJAYA Kumar 
研究期間: 2012年 - 2013年

● 専任大学名

 
 

● 所属する所内委員会