言語の選択:


 

学際科学研究系

研究者リスト >> 矢野 創
 

矢野 創

 
アバター
研究者氏名矢野 創
 
ヤノ ハジメ
URLhttp://www.isas.jaxa.jp/home/labam/home
所属国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
部署宇宙科学研究所・学際科学研究系
職名助教
学位Ph.D.(宇宙科学)(英国ケント大学)
その他の所属総合研究大学院大学 物理科学研究科・宇宙科学専攻, 慶應義塾大学大学院 システムデザインマネジメント研究科, 慶應義塾大学 先端生命科学研究所, 法政大学大学院 理工学研究科, 九州工業大学 工学部宇宙システム工学科, マサチューセッツ工科大学 ソルジャーナノテクノロジー研究所
科研費研究者番号00321571
J-Global ID200901039611171139

プロフィール

専門は、太陽系探査科学、アストロバイオロジー。特に小惑星や彗星、その破片である流星・宇宙塵など、太陽系小天体に関する探査・実験・分析・観測・理論的研究の融合から、惑星系、地球型惑星、生命前駆物質の起源と進化を実証的に解明すること。現在は、海洋天体を対象とした生命兆候探査の基礎研究にも注力している。
 
LDEF、EuReCa、HST、SFU、Leonid-MAC、のぞみ、スターダスト、はやぶさ、イカロス、はやぶさ2、たんぽぽ、みお、たんぽぽ2、エクレウス、たんぽぽ4、DESTINY+、コメットインターセプタなど、多彩な日欧米の宇宙実験・探査プロジェクトに参画。深宇宙探査や宇宙実験等による、未踏・未知のフロンティアへの挑戦を重視している。自ら開発した宇宙観測機器であるLeonid-MAC HDTV-II,はやぶさサンプラ、イカロスALADDIN、たんぽぽ捕集パネル、エクレウスCLOTHなどのPI(主任研究者)を務めてきた。現在は、たんぽぽ2プロジェクトマネージャー、ISAS宇宙工学委員会OPENS WG共同代表を務める。
 
教育者としては、総合研究大学院大学物理科学研究科宇宙科学専攻、東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻、慶應義塾大学院システムデザインマネジメント研究科、慶応義塾大学先端生命科学研究所、法政大学大学院理工学研究科、九州工業大学工学部宇宙システム工学科、国際宇宙大学等で、学生研究指導や授業講義を担当。米国マサチューセッツ工科大学、海洋研究開発機構、大阪大学レーザー研究所等との共同研究も主導してきた。
 
現在、国際宇宙航行アカデミー(IAA)・アカデミシャンおよび宇宙物理科学委員会・幹事、国際宇宙空間研究委員会(COSPAR)地球-月システム・惑星・太陽系小天体宇宙研究委員会・副委員長兼「多様性・公正・包括性(DEI)」リエゾンオフィサー、日本学術会議・地球惑星科学委員会 国際連携分科会・COSPAR小委員会・幹事、JAXA惑星等保護審査部会・部会長代理。PMI認定PMP。2014-2018年、アジア人で初めてCOSPAR惑星保護パネル(PPP)の副委員長を務めた。
 
小惑星帯に炭素質小惑星(B/Cb)「8906 Yano」(1995 WF2)がある。
 

研究キーワード

 
惑星保護 ,プロジェクトマネジメント ,海洋天体 ,レゴリス ,超高速衝突 ,弾性波 ,内部構造 ,惑星系形成 ,超小型衛星 ,粉体工学 ,微隕石 ,微小重力 ,アストロバイオロジー ,太陽系探査 ,宇宙ステーション ,スペースデブリ ,サンプルリターン ,宇宙塵 ,流星 ,小惑星 ,宇宙環境科学 ,惑星科学

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / ナノ材料科学 / 
  • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス / 
  • 情報通信 / ロボティクス、知能機械システム / 
  • フロンティア(航空・船舶) / 航空宇宙工学 / 
  • 自然科学一般 / 固体地球科学 / 

経歴

 
2021年10月
 - 
現在
米国・マサチューセッツ工科大学 ソルジャーナノテクノロジー研究所 訪問科学者 
 
2019年6月
 - 
現在
九州工業大学 工学部宇宙システム工学科 非常勤講師 
 
2019年4月
 - 
現在
慶応義塾大学 先端生命科学研究所 訪問准教授 
 
2016年4月
 - 
現在
法政大学大学院 理工学研究科 客員准教授 
 
2012年2月
 - 
現在
宇宙航空研究開発機構・宇宙科学研究所 学際科学研究系 助教 
 

学歴

 
1992年4月
 - 
1995年10月
英国・ケント大学大学院 物理学研究科 宇宙科学科博士課程
 
1993年6月
 - 
1993年8月
国際宇宙大学大学院 宇宙研究プログラム 宇宙物理科学科(修了証書)
 
1987年4月
 - 
1991年6月
国際基督教大学 教養学部 理学科物理学専攻
 
1989年8月
 - 
1990年6月
米国・カリフォルニア大学バークレー校  天文学科(交換学生プログラム修了証書)
 
1983年4月
 - 
1987年3月
東京都立西高等学校  
 

委員歴

 
2021年10月
 - 
現在
国際航空宇宙アカデミー(IAA)  第一委員会(宇宙物理科学)・幹事
 
2021年7月
 - 
現在
宇宙航空研究開発機構  安全審査委員会・専門部会「惑星等保護審査部会」・部会長代理
 
2021年5月
 - 
現在
宇宙科学研究委員会(COSPAR)  「多様性・公正・包括性(DEI)」リエゾンオフィサー(科学委員会B(地球-月システム・惑星・太陽系小天体宇宙研究委員会))
 
2021年1月
 - 
現在
宇宙科学と技術に関する国際シンポジウム(ISTS)  セッションL(低コスト惑星ミッション国際会議)小委員長
 
2021年1月
 - 
現在
宇宙科学研究委員会(COSPAR)  地球-月システム・惑星・太陽系小天体宇宙研究科学委員会・副委員長
 

受賞

 
2019年7月
日本SFファングループ連合会議, 第50回星雲賞 自由部門,MINERVA-Ⅱ1のリュウグウ着地及び小惑星移動探査
はやぶさ2プロジェクトチーム 
 
2019年6月
Airbus社, Airbus Space Day「はやぶさ2特別表彰」,MASCOT搭載カメラ
はやぶさ2プロジェクトチーム 
 
2019年5月
クールジャパン協議会, COOL JAPAN AWARD 2019 一般部門・アウトバウンドカテゴリー,JAXA「はやぶさ」および「はやぶさ 2」
JAXA「はやぶさ」および「はやぶさ 2」 
 
2019年3月
日本航空宇宙学会, 技術賞 プロジェクト部門,はやぶさ2による小天体ランデブーのための深宇宙航行技術の 進展と小惑星Ryuguへの到着
JAXAはやぶさ2プロジェクトチーム 
 
2019年3月
Aviation Week & Space Technology, Aviation Week Network’s 62nd Annual Laureate Awards, Space: Technology & Innovation
Japan Aerospace Exploration Agency Hayabusa 
 

論文

 
 
Ryota Serizawa   Hajime Yano   Yuki Takeda   Shuto Oizumi   Yukihiro Ishibashi   Kazuyoshi Arai   Yuexuan Li   Kaori Hirahara   Takayuki Hirai   Yuchen Sun   Steven E. Kooi   Keith A. Nelson   
Advances in Space Research      2021年10月   [査読有り]
 
Akihiko Yamagishi   Hirofumi Hashimoto   Hajime Yano   Eiichi Imai   Makoto Tabata   Masumi Higashide   Kyoko Okudaira   
Astrobiology      2021年8月   [査読有り]
The Tanpopo experiment was the first Japanese astrobiology mission on board the International Space Station. It included exposure experiments of microbes and organic compounds as well as a capture experiment of hypervelocity impacting microparticl...
 
Manabu Nishizawa   Yohei Matsui   Konomi Suda   Takuya Saito   Takazo Shibuya   Ken Takai   Sunao Hasegawa   Hajime Yano   
Journal of Geophysical Research: Planets   125(12)    2020年12月   [査読有り]
Seafloor cratering is an important process that records the impact history of the Earth, affects projectile survivability, and determines the mass of ejecta from benthic rock that is transported to the atmosphere. We report experimental hyperveloc...
 
Masanori Kobayashi   Hiromi Shibata   Ken’ichi Nogami   Masayuki Fujii   Sunao Hasegawa   Masatoshi Hirabayashi   Takayuki Hirai   Takeo Iwai   Hiroshi Kimura   Takashi Miyachi   Maki Nakamura   Hideo Ohashi   Sho Sasaki   Seiji Takechi   Hajime Yano   Harald Krüger   Ann Kathrin Lohse   Ralf Srama   Peter Strub   Eberhard Grün   
Space Science Reviews   216(8)    2020年12月   [査読有り]
An in-situ cosmic-dust instrument called the Mercury Dust Monitor (MDM) had been developed as a part of the science payload for the Mio (Mercury Magnetospheric Orbiter, MMO) stage of the joint European Space Agency (ESA)–JAXA Mercury-exploration m...
 
T. Morota   S. Sugita   Y. Cho   M. Kanamaru   E. Tatsumi   N. Sakatani   R. Honda   N. Hirata   H. Kikuchi   M. Yamada   Y. Yokota   S. Kameda   M. Matsuoka   H. Sawada   C. Honda   T. Kouyama   K. Ogawa   H. Suzuki   K. Yoshioka   M. Hayakawa   N. Hirata   M. Hirabayashi   H. Miyamoto   T. Michikami   T. Hiroi   R. Hemmi   O. S. Barnouin   C. M. Ernst   K. Kitazato   T. Nakamura   L. Riu   H. Senshu   H. Kobayashi   S. Sasaki   G. Komatsu   N. Tanabe   Y. Fujii   T. Irie   M. Suemitsu   N. Takaki   C. Sugimoto   K. Yumoto   M. Ishida   H. Kato   K. Moroi   D. Domingue   P. Michel   C. Pilorget   T. Iwata   M. Abe   M. Ohtake   Y. Nakauchi   K. Tsumura   H. Yabuta   Y. Ishihara   R. Noguchi   K. Matsumoto   A. Miura   N. Namiki   S. Tachibana   M. Arakawa   H. Ikeda   K. Wada   T. Mizuno   C. Hirose   S. Hosoda   O. Mori   T. Shimada   S. Soldini   R. Tsukizaki   H. Yano   M. Ozaki   H. Takeuchi   Y. Yamamoto   T. Okada   Y. Shimaki   K. Shirai   Y. Iijima   H. Noda   S. Kikuchi   T. Yamaguchi   N. Ogawa   G. Ono   Y. Mimasu   K. Yoshikawa   T. Takahashi   Y. Takei   A. Fujii   S. Nakazawa   F. Terui   S. Tanaka   M. Yoshikawa   T. Saiki   S. Watanabe   Y. Tsuda   
Science   368(6491) 654-659   2020年5月   [査読有り]
The near-Earth asteroid (162173) Ryugu is thought to be a primitive carbonaceous object that contains hydrated minerals and organic molecules. We report sample collection from Ryugu’s surface by the Hayabusa2 spacecraft on 21 February 2019. Touchd...

MISC

 
 
 
矢野創   
ISASニュース   483 4-4   2021年6月   [査読有り][招待有り]
 
山岸 明彦   橋本 博文   矢野 創   横堀 伸一   河口 優子   小林 憲正   三田 肇   藪田 ひかる   東出 真澄   田端 誠   河合 秀幸   今井 栄一   Yamagishi Akihiko   Hashimoto Hirofumi   Yano Hajime   Yokobori Shinichi   Kawaguchi Yuko   Kobayashi Kensei   Mita Hajime   Yabuta Hikaru   Higashide Masumi   Tabata Makoto   Kawai Hideyuki   Imai Eiichi   
宇宙環境利用シンポジウム 第34回: 令和元年度 = Space Utilization Research, Vol. 34 2019: Proceedings of The Thirty-fourth Space Utilization Symposium   (34)    2020年1月
第34回宇宙環境利用シンポジウム (2020年1月21日-22日. 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所(JAXA)(ISAS)), 相模原市, 神奈川県著者人数: 12名資料番号: SA6000145009
 
嶌生有理   荒川政彦   佐伯孝尚   門野敏彦   高木靖彦   和田浩二   飯島祐一   今村裕志   岡本千里   白井慶   中澤暁   早川雅彦   平田成   矢野創   
衝撃波シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2019    2020年
 
平井隆之   小林正規   荒井朋子   木村宏   SRAMA Ralf   KRUEGER Harald   薮田ひかる   伊藤元雄   TRIELOFF Mario   佐々木晶   中村智樹   矢野創   
日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2020    2020年

書籍等出版物

 
 
山本貴光, 多田将, 福井康雄, 矢野創, 高井研 他(担当:共著, 範囲:宇宙と海の深い話(高井研氏との対談))
河出書房新社   2021年11月   
 
大矢, 禎一, 鎌田, 正裕, 矢野創ほか一四五名(担当:共編者(共編著 者), 範囲:地学分野(地球・宇宙)執筆・編修、書籍・ICT監修)
新興出版社啓林館   2021年3月   (ISBN:9784402018245)   [査読有り]
 
高井, 研, 西澤学, 中村謙太郎, 渋谷岳造, 山本正浩, 中村龍平, 北台紀夫, 矢野創, 藤島晧介, 木賀大介, 関根康人, 高野淑識, 田村元秀(担当:共著)
岩波書店   2018年3月   (ISBN:9784000062848)
 
竹内薫, 井田茂, 松井孝典, 稲葉振一郎, 三浦俊彦, 長沼毅, 鎌田浩毅, 矢野創, 田村元秀, 佐々木貴教, 山敷庸亮(担当:分担執筆)
青土社   2017年6月   (ISBN:4791713486)   
 
縣, 秀彦, 佐藤, 勝彦, 井田茂, 高井研, 須藤靖, 成田憲保, 小林憲正, 鳥海光弘, 丸山茂徳, 長沼毅, 半田利広, 山岸明彦, 藤井友香, 堀安範, 鳴沢真也, ピート・ハット, 田村元秀, 関根康人, 矢野創(担当:共著)
河出書房新社   2017年2月   (ISBN:9784309253619)

講演・口頭発表等

 
 
分野横断に研究・プロジェクトを語る~若手研究者の視点から~
矢野創   御堂岡 拓哉   山川 真以子   
JAXA宇宙科学研究所Online Coffee Chat(若手企画)特別座談会   2021年6月30日   [招待有り]
 
極超高速衝突シミュレーション実験による 固体微粒子捕集機構の基礎開発
矢野創   長友英夫   弘中陽一郎   佐野孝好   田端誠   平井隆之   
2021年度 光・量子ビーム科学合同シンポジウム (OPTO2021)   2021年6月22日   
 
宇宙塵研究: 天文学・深宇宙探査・アストロバイオロジーを貫いて
矢野創   
JAXA宇宙科学研究所Online Coffee Chat(若手企画)   2021年6月16日   [招待有り]
 
国際宇宙空間研究委員会 (COSPAR)の成果と展望: 学術会議を通した国際活動の推進
中村卓司   藤本正樹   中村昭子   矢野創   
日本地球惑星科学連合2021年大会   2021年6月3日   [招待有り]
 
海洋天体探査の潮流と将来展望
矢野創   
Icy and Ocean World(IOW)ゼミナール第一回   2021年5月28日   [招待有り]

担当経験のある科目(授業)

 
2020年4月
 - 
現在
宇宙工学 (法政大学理工学部)
2019年4月
 - 
現在
宇宙システム工学 (九州工業大学工学部宇宙システム工学科)
2010年9月
 - 
現在
フロンティアプロジェクトマネジメント (慶應義塾大学大学院システムデザインマネジメント研究科)
2017年9月
 - 
2020年3月
航空宇宙学特別講義II (東京大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻)
2010年1月
 - 
2010年11月
宇宙システム理工学 (慶應義塾大学大学院理工学研究科)

所属学協会

 
 
   
 
国際宇宙航行アカデミー (IAA)
 
   
 
国際天文学連合(IAU)
 
   
 
宇宙科学研究委員会(COSPAR)
 
   
 
日本航空宇宙科学会
 
   
 
NPO法人日本スペースガード協会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
SpaceSkin: Aerospace Grade Electronic Textile for Hypervelocity Impact Characterization
MIT International Science and Technology Initiatives: The ULVAC-Hayashi MISTI Seed Fund
Joe Paradiso 矢野創 
研究期間: 2020年1月 - 2022年8月
 
「たんぽぽ計画1」データの収集と公開
JAXA宇宙科学研究所: 2021 年度ISAS が取得したミッションのデータ整備に関する共同研究提案
奥平恭子, 渡部 有隆, 出村 裕英, ⽮野 創 
研究期間: 2021年11月 - 2022年3月
 
Fundamental Development of Microparticle Capture System through Hypervelocity Impact Simulations and Experiments at >10 km/s (1)-(2)
大阪大学レーザー科学研究所: 大阪大学レーザー科学研究所・共同利用研究B-1
矢野創 長友英夫 弘中 陽一郎 佐野孝好 平井隆之 田端誠 中澤淳一郎 
研究期間: 2020年10月 - 2022年3月
 
宇宙における有機物の形成・進化および生命の移動・居住可能性に関するアストロバイオロジー宇宙実験研究拠点
自然科学研究機構アストロバイオロジーセンター: 自然科学研究機構アストロバイオロジーセンター・サテライト研究
癸生川陽子、矢野創、三田肇、左近樹、横谷香織、他 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
医療・材料から宇宙探査へ: 単発微粒子低速・高速・超高速衝突機構の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
矢野 創 新井 和吉 平井 隆之 佐藤 崇行 佐野 琢己 
研究期間: 2018年10月 - 2022年3月

産業財産権

 
 
矢野創   曽根理嗣   細野英司   岸本治夫   北浦弘和   朝倉大輔   石山智大   高橋綾香   梅田実   稲川沙代子   
 
 
 
 
佐藤 正典   宮地 孝   長谷部 信行   野上 謙一   矢野 創   

社会貢献活動

 
 
【企画,運営参加・支援】
小天体探査フォーラム(MEF) 2000年5月 - 現在
 
【その他】
日本経済新聞社 星新一賞 2016年 - 2017年

メディア報道

 
 
NHK   アナザーストーリーズ 運命の分岐点   2020年12月   [テレビ・ラジオ番組]
 
時事通信社   時事ドットコムニュース   2020年12月   [新聞・雑誌]
 
毎日新聞社   毎日新聞   2016年8月   [新聞・雑誌]
 
放送大学   人類文化の現在:人類学研究   2016年5月   [テレビ・ラジオ番組]
 
NHK World-Japan   J-Tech Innovation & Evolution   2015年7月   [テレビ・ラジオ番組]

教育内容やその他の工夫

 
宇宙生命・物質科学研究室(LABAM)
研究室理念: 宇宙塵をキーワードとする宇宙探査・実験によって可能となるアストロバイオロジーと地球外物質研究を融合して、惑星系、地球型惑星、生命の起源と進化を実証的に解明することを目指すとともに、近隣の学際研究への応用・連携を通じて人類社会の持続的なフロンティア拡大に貢献する。

その他教育活動上特記すべき事項

 
九州工業大学 工学部宇宙システム工学科 (兼任)
2019年4月
非常勤講師:矢野創
(継続中)
慶応義塾大学 先端生命科学研究所(兼任)
2019年4月
訪問准教授: 矢野創
(継続中)
東京大学大学院 工学系研究科航空宇宙工学専攻(兼任)
2017年4月 - 2020年3月
非常勤講師:矢野創
法政大学大学院 理工学研究科(併任)
2016年4月
客員准教授: 矢野創
JAXA-法政大学連携大学院協定に基づく。(継続中)
JAXA宇宙科学研究所・学際科学研究系・宇宙生命物質科学研究室(本務)
2012年4月
助教:矢野創
(継続中)

● 指導学生等の数

 
 
 
 
 

● 指導学生の表彰・受賞

 
 
 

● 指導学生の顕著な論文

 
 
 
 
 
 

● 専任大学名

 
 

● 所属する所内委員会