言語の選択:


 

About ISAS Researcher Profiles [ISASmap]

ISASmap, ISAS Researcher Profiles, is a platform for showcasing the research works of ISAS researchers, based on the content of the researchers' selection and registration.
Researcher's affiliated department is linked only with their main duties/responsibilities at ISAS.
To find them by affiliated department, use the Section search box.
 
 

About researchmap

 

ISAS Researcher Profiles [ISASmap]

 

吉川 真

 
アバター
研究者氏名吉川 真
 
ヨシカワ マコト
URL
所属国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
部署宇宙科学研究所 宇宙機応用工学研究系 はやぶさ2プロジェクト
職名准教授
学位理学博士(東京大学)
J-Global ID200901037361657011

研究キーワード

 
小惑星 ,プラネタリーディフェンス ,惑星探査 ,天体力学 ,アストロダイナミクス

研究分野

 
  • フロンティア(航空・船舶) / 航空宇宙工学 / 軌道解析
  • 自然科学一般 / 天文学 / 天体力学

経歴

 
2003年10月
 - 
現在
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 准教授 
 
1998年4月
 - 
2003年9月
宇宙科学研究所  助教授 
 
1991年4月
 - 
1998年3月
郵政省通信総合研究所  主任研究官 
 
1996年12月
 - 
1997年12月
フランス・コートダジュール天文台  科学技術庁在外研究員 
 
1989年4月
 - 
1991年3月
日本学術進興会  特別研究員 
 

学歴

 
1984年4月
 - 
1989年3月
東京大学大学院 理学系研究科 
 
1980年4月
 - 
1984年3月
東京大学 理学部 天文学科
 

委員歴

 
2020年10月
 - 
現在
下野新聞  下野新聞 客員論説委員
 
1994年4月
 - 
現在
高等学校 地学教科書編集委員(東京書籍)
 
2013年1月
 - 
2015年3月
日本天文学会  日本天文学会代議員
 
2011年1月
 - 
2012年12月
日本天文学会  日本天文学会理事(天文教育委員会委員長)
 
2009年
 - 
2011年
国際天文学連合  国際天文学連合Commission 20 President
 

受賞

 
2019年11月
栃木市, 栃木県栃木市 市民栄誉賞
吉川真 
 
2018年12月
Nature誌, Nature's 10 (2018)
吉川真 
 

論文

 
 
N. Sakatani   S. Tanaka   T. Okada   T. Fukuhara   L. Riu   S. Sugita   R. Honda   T. Morota   S. Kameda   Y. Yokota   E. Tatsumi   K. Yumoto   N. Hirata   A. Miura   T. Kouyama   H. Senshu   Y. Shimaki   T. Arai   J. Takita   H. Demura   T. Sekiguchi   T. G. Müller   A. Hagermann   J. Biele   M. Grott   M. Hamm   M. Delbo   W. Neumann   M. Taguchi   Y. Ogawa   T. Matsunaga   T. Wada   S. Hasegawa   J. Helbert   N. Hirata   R. Noguchi   M. Yamada   H. Suzuki   C. Honda   K. Ogawa   M. Hayakawa   K. Yoshioka   M. Matsuoka   Y. Cho   H. Sawada   K. Kitazato   T. Iwata   M. Abe   M. Ohtake   S. Matsuura   K. Matsumoto   H. Noda   Y. Ishihara   K. Yamamoto   A. Higuchi   N. Namiki   G. Ono   T. Saiki   H. Imamura   Y. Takagi   H. Yano   K. Shirai   C. Okamoto   S. Nakazawa   Y. Iijima   M. Arakawa   K. Wada   T. Kadono   K. Ishibashi   F. Terui   S. Kikuchi   T. Yamaguchi   N. Ogawa   Y. Mimasu   K. Yoshikawa   T. Takahashi   Y. Takei   A. Fujii   H. Takeuchi   Y. Yamamoto   C. Hirose   S. Hosoda   O. Mori   T. Shimada   S. Soldini   R. Tsukizaki   M. Ozaki   S. Tachibana   H. Ikeda   M. Ishiguro   H. Yabuta   M. Yoshikawa   S. Watanabe   Y. Tsuda   
Nature Astronomy   5(8) 766-774   2021年8月
Planetesimals—the initial stage of the planetary formation process—are considered to be initially very porous aggregates of dusts1,2, and subsequent thermal and compaction processes reduce their porosity3. The Hayabusa2 spacecraft found that bould...
 
M. Hirabayashi   Y. Mimasu   N. Sakatani   S. Watanabe   Y. Tsuda   T. Saiki   S. Kikuchi   T. Kouyama   M. Yoshikawa   S. Tanaka   S. Nakazawa   Y. Takei   F. Terui   H. Takeuchi   A. Fujii   T. Iwata   K. Tsumura   S. Matsuura   Y. Shimaki   S. Urakawa   Y. Ishibashi   S. Hasegawa   M. Ishiguro   D. Kuroda   S. Okumura   S. Sugita   T. Okada   S. Kameda   S. Kamata   A. Higuchi   H. Senshu   H. Noda   K. Matsumoto   R. Suetsugu   T. Hirai   K. Kitazato   D. Farnocchia   S.P. Naidu   D.J. Tholen   C.W. Hergenrother   R.J. Whiteley   N.A. Moskovitz   P.A. Abell   
Advances in Space Research   68(3) 1533-1555   2021年8月
 
Shota Kikuchi   Naoko Ogawa   Osamu Mori   Takanao Saiki   Yuto Takei   Fuyuto Terui   Go Ono   Yuya Mimasu   Kent Yoshikawa   Stefaan Van Wal   Hiroshi Takeuchi   Hitoshi Ikeda   Atsushi Fujii   Yuki Takao   Tetsuya Kusumoto   Naru Hirata   Naoyuki Hirata   Kei Shirai   Toru Kouyama   Shingo Kameda   Manabu Yamada   Satoru Nakazawa   Makoto Yoshikawa   Satoshi Tanaka   Seiji Sugita   Sei-ichiro Watanabe   Yuichi Tsuda   
ICARUS   358    2021年4月
Hayabusa2 deployed two artificial landmarks called "target markers (TMs)" on the asteroid Ryugu for autonomous landing control. To achieve precise deployment on target landing sites, the TMs were designed to dissipate kinetic energy and released n...
 
K. Kitazato   R. E. Milliken   T. Iwata   M. Abe   M. Ohtake   S. Matsuura   Y. Takagi   T. Nakamura   T. Hiroi   M. Matsuoka   L. Riu   Y. Nakauchi   K. Tsumura   T. Arai   H. Senshu   N. Hirata   M. A. Barucci   R. Brunetto   C. Pilorget   F. Poulet   J.-P. Bibring   D. L. Domingue   F. Vilas   D. Takir   E. Palomba   A. Galiano   D. Perna   T. Osawa   M. Komatsu   A. Nakato   T. Arai   N. Takato   T. Matsunaga   M. Arakawa   T. Saiki   K. Wada   T. Kadono   H. Imamura   H. Yano   K. Shirai   M. Hayakawa   C. Okamoto   H. Sawada   K. Ogawa   Y. Iijima   S. Sugita   R. Honda   T. Morota   S. Kameda   E. Tatsumi   Y. Cho   K. Yoshioka   Y. Yokota   N. Sakatani   M. Yamada   T. Kouyama   H. Suzuki   C. Honda   N. Namiki   T. Mizuno   K. Matsumoto   H. Noda   Y. Ishihara   R. Yamada   K. Yamamoto   F. Yoshida   S. Abe   A. Higuchi   Y. Yamamoto   T. Okada   Y. Shimaki   R. Noguchi   A. Miura   N. Hirata   S. Tachibana   H. Yabuta   M. Ishiguro   H. Ikeda   H. Takeuchi   T. Shimada   O. Mori   S. Hosoda   R. Tsukizaki   S. Soldini   M. Ozaki   F. Terui   N. Ogawa   Y. Mimasu   G. Ono   K. Yoshikawa   C. Hirose   A. Fujii   T. Takahashi   S. Kikuchi   Y. Takei   T. Yamaguchi   S. Nakazawa   S. Tanaka   M. Yoshikawa   S. Watanabe   Y. Tsuda   
Nature Astronomy   5(3) 246-250   2021年3月
 
Bin Cheng   Yang Yu   Erik Asphaug   Patrick Michel   Derek C. Richardson   Masatoshi Hirabayashi   Makoto Yoshikawa   Hexi Baoyin   
NATURE ASTRONOMY   5(2) 134-138   2021年2月
Finding the basic mechanism governing the surface history of asteroids of various shapes is essential for understanding their origin and evolution. In particular, the asteroids (162173) Ryugu(1) and (101955) Bennu(2) currently being visited by Hay...

MISC

 
 
吉川真   
日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2019    2019年
 
山本圭香   大坪俊通   松本晃治   野田寛大   並木則行   千秋博紀   尾川順子   大野剛   三桝裕也   吉川健人   高橋忠輝   武井悠人   藤井淳   照井冬人   佐伯孝尚   中澤暁   吉川真   津田雄一   
日本測地学会講演会要旨   132nd    2019年
 
奥村真一郎   浦川聖太郎   柳沢俊史   吉川真   酒向重行   大澤亮   小島悠人   
日本天文学会年会講演予稿集   2019    2019年
 
中野将弥   大西隆史   植田聡史   市川勉   竹内央   吉川真   
宇宙科学技術連合講演会講演集(CD-ROM)   62nd    2018年
 
谷口正   大西隆史   中野将也   竹内央   市川勉   吉川真   西山和孝   
宇宙科学技術連合講演会講演集(CD-ROM)   62nd    2018年

書籍等出版物

 
 
2021年3月   
 
吉川, 真(担当:監修)
学研プラス   2020年12月   (ISBN:9784052051869)
 
吉川, 真(担当:監修, 範囲:執筆および全体監修)
誠文堂新光社   2020年12月   (ISBN:9784416620649)
 
吉川, 真(担当:監修)
恒星社厚生閣   2020年10月   (ISBN:9784769916581)
 
岡村, 定矩(担当:共著)
朝倉書店   2001年11月   (ISBN:9784254150162)

講演・口頭発表等

 
 
Makoto Yoshikawa   Elizabeth Tasker   Satoshi Hosoda   Moe Matsuoka   Yasuhiro Yokota   Satoru Nakazawa   Yuichi Tsuda   
第33回宇宙技術および科学の国際シンポジウム   2022年2月28日   
 
吉川真   
2021年度プラネタリーディフェンス・シンポジウム   2022年2月14日   
 
吉川真   
変わる!これからの機械工学   2022年1月21日   [招待有り]
 
吉川真   柳沢俊史   安部正真   池永敏憲   岩城陽大   岡田達明   菊地耕一   黒崎裕久   黒田信介   佐伯孝尚   嶌生有理   津田雄一   西山和孝   三桝裕也   
第22回宇宙科学シンポジウム   2022年1月6日   
 
吉川真   
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会   2021年11月12日   [招待有り]

担当経験のある科目(授業)

 
2019年4月
 - 
現在
太陽と太陽系の科学 (放送大学)
2011年4月
 - 
現在
位置天文学・天体力学 (東京大学)
2007年4月
 - 
現在
宇宙科学 (玉川大学)
2006年4月
 - 
現在
宇宙システム工学特論 III (総合研究大学院大学)
2006年
 - 
現在
宇宙工学概論 (総合研究大学院大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本航空宇宙学会
 
   
 
日本惑星科学会
 
   
 
日本天文学会

学術貢献活動

 
 
監修
恒星社厚生閣 2011年 - 現在
 
監修
丸善出版 2005年 - 現在
 
監修
丸善出版 2000年 - 現在

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2015年11月 - 現在
 
【その他】
栃木市 2013年2月 - 現在

メディア報道

 
 
下野新聞   第1面   2021年11月   [新聞・雑誌]
 
下野新聞   第1面   2021年2月   [新聞・雑誌]