言語の選択:


 

衛星運用・データ利用ユニット

研究者リスト >> 海老沢 研
 

海老沢 研

 
アバター
研究者氏名海老沢 研
 
 
URLhttp://www.isas.jaxa.jp/home/ebisawalab
所属国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
部署宇宙科学研究所 宇宙物理学研究系
職名教授
J-Global ID201801002962836691

プロフィール

主にX線天文学の研究をやっています。X線天体のフォローアップとして、地上赤外線観測、電波観測もやってます。ブラックホール、中性子星、白色矮星、AGN、銀河面からのX線放射などに興味を持っています。 宇宙航空研究開発機構(JAXA)・宇宙科学研究所(ISAS)にて、様々な科学衛星の地上データ処理・解析システムの開発や、宇宙科学データアーカイブ「DARTS」の開発・運用を行っています。東京大学大学院理学系研究科天文学専攻の教員です。
 
 

研究キーワード

 
天文学、X線天文学、ブラックホール、データアーカイブ

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 天文学 / 

経歴

 
2005年8月
 - 
現在
宇宙航空研究開発機構・宇宙科学研究所   
 
1992年4月
 - 
2005年7月
NASA/Goddard Space Flight Center   Universities Space Research Association
 
2001年8月
 - 
2004年12月
Geneve Observatory INTEGRAL Science Data Centre  
 
1991年4月
 - 
1992年3月
日本学術振興会特別研究員(宇宙科学研究所)   
 

学歴

 
1986年4月
 - 
1991年3月
東京大学大学院 理学系研究科天文学専攻 
 
1980年4月
 - 
1986年3月
京都大学 理学部 
 

委員歴

 
2020年11月
 - 
現在
日本学術会議  WDS小委員会
 
2020年4月
 - 
現在
京都大学生存圏研究所  共同利用専門委員会
 
2020年4月
 - 
現在
国立情報学研究所  クラウド作業部会
 
2020年4月
 - 
現在
宇宙理学委員会  キュレーション専門委員会
 

論文

 
 
Mayu Tominaga   Masahiro Tsujimoto   Samantha Lynn Stever   Tommaso Ghigna   HIrokazu Ishino   Ken Ebisawa   
Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   11453    2020年
The LiteBIRD satellite is planned to be launched by JAXA in the late 2020s. Its main purpose is to observe the large-scale B-mode polarization in the Cosmic Microwave Background (CMB) anticipated from the Inflation theory. LiteBIRD will observe th...
 
Kumiko Morihana   Takahiro Nagayama   Masahiro Tsujimoto   Mitsuyoshi Yamagishi   Ken Ebisawa   
Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   11447    2020年
Narrow-band filters can detect emission and absorption line features from multiple sources in a field of view simultaneously without spectroscopy. However, it is difficult to estimate and subtract the continuum component from sources of different ...
 
Michael Loewenstein   Robert S. Hill   Matthew P. Holland   Eric D. Miller   Tahir Yaqoob   Trisha F. Doyle   Patricia L. Hall   Efrem Braun   Chris Baluta   Koji Mukai   Yukikatsu Terada   Makoto Tashiro   Hiromitsu Takahashi   Masayoshi Nobukawa   Tsunefumi Mizuno   Takayuki Tamura   Shin'ichiro Uno   Shin Watanabe   Ken Ebisawa   Satoshi Eguchi   Yasushi Fukazawa   Katsuhiro Hayashi   Ryo Iizuka   Satoru Katsuda   Takao Kitaguchi   Aya Kubota   Shinya Nakashima   Kazuhiro Nakazawa   Hirokazu Odaka   Masanori Ohno   Naomi Ota   Rie Sato   Yasuharu Sugawara   Megumi Shidatsu   Tsubasa Tamba   Atsushi Tanimoto   Yuichi Terashima   Yohko Tsuboi   Yuusuke Uchida   Hideki Uchiyama   Shigeo Yamauchiq   
Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   11444    2020年
© 2020 SPIE The X-Ray Imaging and Spectroscopy Mission, XRISM, is currently scheduled to launch in 2022 with the objective of building on the brief, but significant, successes of the ASTRO-H (Hitomi) mission in solving outstanding astrophysical qu...
 
Yukikatsu Terada   Matt Holland   Michael Loewenstein   Makoto Tashiro   Hiromitsu Takahashi   Masayoshi Nobukawa   Tsunefumi Mizuno   Takayuki Tamura   Shin'ichiro Uno   Shin Watanabe   Chris Baluta   Laura Burns   Ken Ebisawa   Satoshi Eguchi   Yasushi Fukazawa   Katsuhiro Hayashi   Ryo Iizuka   Satoru Katsuda   Takao Kitaguchi   Aya Kubota   Eric Miller   Koji Mukai   Shinya Nakashima   Kazuhiro Nakazawa   Hirokazu Odaka   Masanori Ohno   Naomi Ota   Rie Sato   Yasuharu Sugawara   Megumi Shidatsu   Tsubasa Tamba   Atsushi Tanimoto   Yuichi Terashima   Yohko Tsuboi   Yuusuke Uchida   Hideki Uchiyama   Shigeo Yamauchi   Tahir Yaqoob   
Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   11444    2020年
© 2020 SPIE The XRISM is the X-ray astronomical mission led by JAXA/NASA/ESA with international participation, plan to be launched in 2022 (Japanese fiscal year), to quickly recover the high-resolution X-ray spectroscopy of astrophysical objects u...
 
O. Adriani   Y. Akaike   K. Asano   Y. Asaoka   M. G. Bagliesi   E. Berti   G. Bigongiari   W. R. Binns   S. Bonechi   M. Bongi   P. Brogi   A. Bruno   J. H. Buckley   N. Cannady   G. Castellini   C. Checchia   M. L. Cherry   G. Collazuol   V. Di Felice   K. Ebisawa   H. Fuke   T. G. Guzik   T. Hams   N. Hasebe   K. Hibino   M. Ichimura   K. Ioka   W. Ishizaki   M. H. Israel   K. Kasahara   J. Kataoka   R. Kataoka   Y. Katayose   C. Kato   N. Kawanaka   Y. Kawakubo   K. Kohri   H. S. Krawczynski   J. F. Krizmanic   T. Lomtadze   P. Maestro   P. S. Marrocchesi   A. M. Messineo   J. W. Mitchell   S. Miyake   A. A. Moiseev   K. Mori   M. Mori   N. Mori   H. M. Motz   K. Munakata   H. Murakami   S. Nakahira   J. Nishimura   G. A. De Nolfo   S. Okuno   J. F. Ormes   S. Ozawa   L. Pacini   F. Palma   P. Papini   A. V. Penacchioni   B. F. Rauch   S. B. Ricciarini   K. Sakai   T. Sakamoto   M. Sasaki   Y. Shimizu   A. Shiomi   R. Sparvoli   P. Spillantini   F. Stolzi   J. E. Suh   A. Sulaj   I. Takahashi   M. Takayanagi   M. Takita   T. Tamura   T. Terasawa   H. Tomida   S. Torii   Y. Tsunesada   Y. Uchihori   S. Ueno   E. Vannuccini   J. P. Wefel   K. Yamaoka   S. Yanagita   A. Yoshida   K. Yoshida   
Physical Review Letters   122(18)    2019年5月   [査読有り]
© 2019 authors. In this paper, we present the analysis and results of a direct measurement of the cosmic-ray proton spectrum with the CALET instrument onboard the International Space Station, including the detailed assessment of systematic uncerta...

MISC

 
 
松本浩典   山崎典子   満田和久   篠崎慶亮   前田良知   粟木久光   坪井陽子   江副祐一郎   山口弘悦   佐藤浩介   中嶋大   深沢泰司   大橋隆哉   上田佳宏   寺島雄一   太田直美   馬場彩   海老沢研   寺田幸功   鶴剛   常深博   
日本天文学会年会講演予稿集   2020    2020年
 
Ken Ebisawa   
ASTRONOMICAL DATA ANALYSIS SOFTWARE AND SYSTEMS XXVI   521 205-208   2019年
We are developing the web-based quick data analysis tools JUDO2 and UDON2 at DARTS (http: //darts.isas.jaxa.jp). JUDO2 adopts Aladin Lite to display various astronomical survey data. In particular, we have created HiPS data of Suzaku, MAXI, ASCA a...
 
Ken Ebisawa   Satoshi Nakahira   Takanori Sakamoto   Atsumasa Yoshida   
ASTRONOMICAL DATA ANALYSIS SOFTWARE AND SYSTEMS XXVIII   523 515-518   2019年
CALET (CALorimetric Electron Telescope) has been installed and operational on the Japanese Experiment Module Exposed Facility of the International Space Station (ISS) since August 2015. We describe the Web analaysis system for the CALET Gamma-ray ...
 
Pierre Fernique   Thomas Boch   Anais Oberto   Mark Allen   Daniel Durand   Ken Ebisawa   Bruno Merin   Jesus Salgado   
ASTRONOMICAL DATA ANALYSIS SOFTWARE AND SYSTEMS XXVI   521 46-49   2019年
Over the past few years the Hierarchical Progressive Survey (HiPS) has become a key method for the distribution of all -sky reference data. Today, HiPS represents about 100 TB of data, and is expected to double each year as the network of a dozen ...
 
寺田幸功   田代信   田代信   海老沢研   深沢泰司   飯塚亮   勝田哲   北口貴雄   久保田あや   水野恒史   中島真也   中澤知洋   信川正順   大野雅功   太田直美   志達めぐみ   菅原泰晴   高橋弘充   田村隆幸   田中康之   寺島雄一   坪井陽子   内山秀樹   宇野伸一郎   渡辺伸   山内茂雄   
日本天文学会年会講演予稿集   2018 228   2018年2月   

講演・口頭発表等

 
 
海老沢 研   
理研シンポジウム: 理研ハッカソン オープンシンポジウム ―理研が進めるオープンサイエンスの実践―   2021年3月22日   [招待有り]
 
海老沢 研   
第1回 SPARC Japan セミナー2020 「研究データ公開:フルオープンと制限公開の境界線」   2020年10月2日   [招待有り]
 
海老沢 研   
JpGU-AGU Joint Meeting 2020:Virtual ユニオンセッション U-12 「地球惑星科学の進むべき道10 ビッグデータとオープンサイエンス」   2020年7月15日   [招待有り]
 
Ken Ebisawa   
20 Years of Chandra Science Symposium   
 
Ken Ebisawa, Ryoko Yoshino, Kuriko Inada   
The 29th annual international Astronomical Data Analysis Software & Systems (ADASS)   

所属学協会

 
 
   
 
日本天文学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
X線観測と理論との比較によるコンパクト天体への質量降着とアウトフロー現象の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
海老澤 研 辻本 匡弘 吉田 鉄生 中川 友進 野村 真理子 大須賀 健 楠 絵莉子 水本 岬希 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
多波長観測による銀河リッジX線放射の起源天体の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
海老澤 研 小林 尚人 辻本 匡宏 
研究期間: 2009年 - 2011年
 
科学衛星観測データベースの宇宙科学教育への活用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
長瀬 文昭 海老沢 研 北本 俊二 吉田 篤正 松崎 恵一 田村 隆幸 矢治 健太郎 宇野 伸一郎 松下 恭子 坪井 陽子 平林 久 辻本 匡弘 馬場 彩 村上 弘志 久保田 あや 飯塚 亮 古田 豊 林 壮一 綾部 俊二 吉田 清典 野口 語 川端 啓明 宮脇 亮介 沢田 紗衣子 岩本 ひとみ 吉田 鉄生 馬場 亮輔 菅原 泰晴 戸塚 晃太 朝岡 育子 篠原 秀雄 八木橋 伸佳 鵜沢 明子 楠 進吾 
研究期間: 2007年 - 2009年
 
科学衛星Astro-DによるX線天文学の観測的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 国際学術研究
長瀬 文昭 田中 靖郎 堂谷 忠靖 石田 学 紀伊 恒男 伊藤 真之 松岡 勝 柴崎 徳明 大橋 隆哉 国枝 秀世 田原 譲 北本 俊二 三原 建弘 田中 靖郎 CANIZARES C. RICKER G. 鶴 剛 粟木 久光 河合 誠之 吉田 篤正 SERLEMITSOS アール 林田 清 BREON S. 海老沢 研 VOLZ S.V. KELLEY R. HELFAND D. MCCAMMON D. 常深 博 牧島 一夫 満田 和久 村上 敏明 小山 勝二 山下 広順 小川原 嘉明 宮本 重徳 MUSHOTZKY R. 槇野 文命 HOLT S. 井上 一 SERLEMITSOS R. 川口 淳一郎 中川 道夫 藤本 光昭 長瀬 文昭 松尾 弘毅 上杉 邦憲 WANG B. FEIGELSON E. GRAFFAGNINO V. REYNOLDS C. 羽部 朝男 GEHRELS N. FABBIANO G. SERLEMITSOS RICKER G 山内 茂雄 池辺 靖 
研究期間: 1992年 - 1994年
 
低質量連星系およびブラックホール候補天体のX線放射機構の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 奨励研究(特別研究員)
海老沢 研 
研究期間: 1990年 - 1990年