言語の選択:


 

太陽系科学研究系

研究者リスト >> 長谷川 洋
 

長谷川 洋

 
アバター
研究者氏名長谷川 洋
 
ハセガワ ヒロシ
URLhttps://scholar.google.com/citations?user=44sfjZ8AAAAJ&hl=ja&oi=sra
所属国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
部署宇宙科学研究所
職名助教
J-Global ID200901040603353226

研究キーワード

 
無衝突プラズマ ,惑星磁場 ,磁気圏 ,collisionless plasma ,plasma transport

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 宇宙惑星科学 / 

経歴

 
2007年9月
 - 
現在
宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所  助教 
 
2006年1月
 - 
2007年8月
宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部  助手 
 
2005年4月
 - 
2005年12月
東京工業大学地球惑星科学専攻  学振特別研究員(PD) 
 
2002年6月
 - 
2005年3月
米国ダートマス大学工学部  リサーチ・アソシエイト 
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2002年3月
名古屋大学 大学院理学研究科 素粒子宇宙物理学専攻
 
 
 - 
2002年
名古屋大学  
 
1993年4月
 - 
1997年3月
名古屋大学 理学部 物理学科
 

委員歴

 
2015年12月
 - 
2020年12月
American Geophysical Union  Associate Editor for JGR: Space Physics
 
2013年4月
 - 
2015年3月
地球電磁気・地球惑星圏学会  第27期運営委員
 
2011年4月
 - 
2013年3月
地球電磁気・地球惑星圏学会  第26期運営委員
 

受賞

 
2018年7月
アメリカ地球物理学連合, AGU優秀査読者賞 2017年Geophysical Research Letters
長谷川 洋 
 
2015年3月
日本地球惑星科学連合, 2014年度地球惑星科学振興西田賞,革新的衛星観測解析手法による磁気圏ダイナミクスの研究
長谷川 洋 
 
2013年7月
アメリカ地球物理学連合, AGU優秀査読者賞,2012年Geophysical Research Letters
長谷川 洋 
 
2009年9月
地球電磁気・地球惑星圏学会, 第32号大林奨励賞,Cluster編隊衛星観測データを用いた磁気圏界面におけるプラズマ輸送と磁気リコネクションに関する研究
長谷川 洋 
 
2009年7月
アメリカ地球物理学連合, AGU優秀査読者賞,2008年JGR-Space Physics
長谷川 洋 
 

論文

 
 
Hui Zhang   Qiugang Zong   Hyunju Connor   Peter Delamere   Gábor Facskó   Desheng Han   Hiroshi Hasegawa   Esa Kallio   Árpád Kis   Guan Le   Bertrand Lembège   Yu Lin   Terry Liu   Kjellmar Oksavik   Nojan Omidi   Antonius Otto   Jie Ren   Quanqi Shi   David Sibeck   Shutao Yao   
Space Science Reviews   218(5)    2022年8月   [査読有り]
Abstract

Dayside transients, such as hot flow anomalies, foreshock bubbles, magnetosheath jets, flux transfer events, and surface waves, are frequently observed upstream from the bow shock, in the magnetosheath, and at the magnetopause. They play...
 
H. Hasegawa   R. E. Denton   T. K. M. Nakamura   K. J. Genestreti   T. D. Phan   R. Nakamura   K.‐J. Hwang   N. Ahmadi   Q. Q. Shi   M. Hesse   J. L. Burch   J. M. Webster   R. B. Torbert   B. L. Giles   D. J. Gershman   C. T. Russell   R. J. Strangeway   H. Y. Wei   P.‐A. Lindqvist   Y. V. Khotyaintsev   R. E. Ergun   Y. Saito   
Journal of Geophysical Research: Space Physics   127    2022年6月   [査読有り]
 
Hwang K-J   Hasegawa H   Nykyri K   Nakamura T   Wing S   
Front. Astron. Space Sci.   9 911633   2022年5月   [査読有り]
 
Yue Zhou   Jih‐Hong Shue   Hiroshi Hasegawa   Jianyong Lu   Ming Wang   Hanxiao Zhang   
Geophysical Research Letters   49    2022年2月
 
K. A. Blasl   T. K. M. Nakamura   F. Plaschke   R. Nakamura   H. Hasegawa   J. E. Stawarz   Yi-Hsin Liu   S. Peery   J. C. Holmes   M. Hosner   D. Schmid   O. W. Roberts   M. Volwerk   
Physics of Plasmas   29(1) 012105-012105   2022年1月

MISC

 
 
星康人   長谷川洋   北村成寿   齋藤義文   
地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会(Web)   140th    2016年
 
星康人   長谷川洋   北村成寿   齋藤義文   
地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM)   138th    2015年
 
 
 
IZUTSU Tomohiko   HASEGAWA Hiroshi   NISHINO Masaki N   TAKADA Taku   FUJIMOTO Masaki   ANGELOPOULOS Vassilis   
地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM)   126th ROMBUNNO.B006-24   2009年   

書籍等出版物

 
 
Maggiolo, R, Andre, N, Hasegawa, H, Welling, D. T(担当:共編者(共編著 者))
American Geophysical Union   2021年5月   
 
Sonnerup, B. U. Ö, W.-L. Teh, H. Hasegawa(担当:分担執筆, 範囲:Grad-Shafranov and MHD reconstructions)
ESA Publications Division   2008年      

講演・口頭発表等

 
 
Yuichiro Ezoe   Ryu Funase   Harunori Nagata   Yoshizumi Miyoshi   Hiroshi Nakajima   Ikuyuki Mitsuishi   Kumi Ishikawa   Yosuke Kawabata   Shintaro Nakajima   Landon Kamps   Masaki Numazawa   Tomokage Yoneyama   Yosuke Matsumoto   Keisuke Hosokawa   Satoshi Kasahara   Junko Hiraga   Kazuhisa Mitsuda   Masaki Fujimoto   Munetaka Ueno   Atsushi Yamazaki   Hiroshi Hasegawa   Takefumi Mitani   Yasuhiro Kawakatsu   Takahiro Iwata   Hiroyuki Koizumi   Hironori Sahara   Yoshiaki Kanamori   Kohei Morishita   the GEO-X team   
COSPAR 2022 - 44th Scientific Assembly   
 
Blasl, K. A   Nakamura   T. K. M   Nakamura, R   Hasegawa, H   Liu, Y.-H   Holmes, J. C   Hosner, M   Schmid, D   Roberts, O. W   Volwerk, M   Voros, Z   Panov, E   
COSPAR 2022 - 44th Scientific Assembly   
 
Ezoe, Y   R. Funase   H. Nagata   Y. Miyoshi   S. Kasahara   H. Nakajima   I. Mitsuishi   K. Ishikawa   Y. Kawabata   S. Nakajima   L. Kamps   M. Numazawa   Y. Matsumoto   K. Hosokawa   S. Kasahara   J. Hiraga   K. Mitsuda   M. Fujimoto   M. Ueno   A. Yamazaki   H. Hasegawa   t   al   the GEO-X team   
SPIE Astronomical Telescopes + Instrumentation 2022   
 
Hasegawa, H   Nakamura   T. K. M   Denton, R. E   
JpGU Meeting 2022   2022年5月26日   
 
Haaland, S. E   Hasegawa, H   Paschmann, G   Sonnerup   B. U. Ö   Dunlop, M   
EGU General Assembly 2022   2022年   [招待有り]

所属学協会

 
1999年
 - 
現在
米国地球物理学連合
 
   
 
地球電磁気・地球惑星圏学会
 
   
 
日本地球惑星科学連合

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2005年4月 - 2005年12月
 
地球および火星磁気圏境界面の構造と性質
日本学術振興会: 学振特別研究員(DC1)
長谷川 洋 
研究期間: 1999年4月 - 2002年3月