言語の選択:


 

宇宙科学研究所 研究者総覧「あいさすmap」について

宇宙科学研究所(ISAS)研究者総覧「あいさすmap」は宇宙科学研究所の研究者の研究業績/情報を公開しています。
ISASにて学術研究を本務として担う研究者については基本的に全員登録しており、加えて様々な立場にてISASで研究に携わる者は任意で登録しています。
なお掲載している情報は各研究者のすべての研究業績/情報を網羅しているものではなく、各研究者が自ら記載事項を選択し、登録・公開した内容に基づくものです。
<検索方法>
研究キーワードを検索する場合は、キーワードの後ろに「*」を付けると前方一致検索ができます。
 
 

researchmapからのお知らせ

絵文字:NEW研究者のみなさまへ

KAKENを情報源とした研究課題の自動追加・自動更新(AI処理)開始に伴う設定内容確認のお願い
  
researchmapでは、外部のさまざまな論文データベースに収録されている情報を基に、AIが研究者の業績情報として、論文情報の登録および更新を実施しておりますが、この度研究課題の情報源として、「KAKEN」が加わることになりました。KAKENのAI処理開始に際し、研究者のみなさまへあたらめてAIの設定内容の確認をお願いいたします。
 
【重要】重複データ削除実施のお知らせ

researchmapにて重複して登録されている業績データの削除が2023年12月から約1年をかけて実施されます。

Web of Scienceからの業績データの取り込みに関する不具合のお知らせ
2023年11月10日現在、researchmapと連携している外部データベース、Web of Scienceからの業績データの取り込みができない不具合が発生しております。

 
 

宇宙科学研究所 研究者総覧 「あいさすmap」

研究者検索結果一覧 >> 山口 弘悦
 

山口 弘悦

 
アバター
研究者氏名山口 弘悦
 
 
URLhttps://yamaguchi-astro.isas.jaxa.jp
所属国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
部署宇宙科学研究所
職名准教授
学位博士(理学)(京都大学)
科研費研究者番号00513467
J-Global ID201801007525282778

プロフィール

主な研究テーマ・プロジェクト業務
Ia型超新星、原子過程/X線分光学、将来計画の成果最大化
下記の業績リストは不完全です。「論文」は主要論文のみ、「講演・口頭発表等」は最近の招待講演のみリストしています。
 
座右の銘
努力して運を待て(仁科芳雄) 努力を続けていれば運が向いた時に見逃さないって意味だと思う。運は誰にでも同じ頻度で巡ってくる。それに気づき活かせるかは本人の努力次第。
疑行無名、疑事無功(『戦国策』) 後から迷走しないように達成目標と実施計画を明確にすべしって意味だと思う。目的意識もなく仕事に取り掛かるから、行き当たりばったりになり良い成果が挙がらない。
人、城を頼らば、城、人を捨せん(織田信長) プロジェクトがあれば何とかなると考えていたらプロジェクトが頓挫したときに自力で起き上がれないって意味だと思う。この懸念は2016年に現実のものとなった。 

研究キーワード

 
銀河・銀河団 ,超新星 ,X線天文学 ,実験室宇宙物理学 ,高エネルギー宇宙物理学

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論 / プラズマ物理学
  • 自然科学一般 / 天文学 / X線天文学

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
東京大学 理学系研究科物理学専攻 准教授(併任) 
 
2018年9月
 - 
現在
JAXA 宇宙科学研究所 宇宙物理学研究系 准教授 
 
2017年7月
 - 
2018年8月
メリーランド大学 天文学科 准教授 
 
2013年8月
 - 
2018年8月
NASAゴダードスペースフライトセンター  研究員 
 
2013年8月
 - 
2017年6月
メリーランド大学 天文学科 助教 
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2008年3月
京都大学大学院 理学研究科 
 
1999年4月
 - 
2003年3月
京都大学 理学部 
 
1996年4月
 - 
1999年3月
大阪府立天王寺高等学校 理数科 
 

委員歴

 
2021年6月
 - 
現在
日本天文学会  欧文研究報告編集委員
 
2021年5月
 - 
現在
宇宙理学委員会  宇宙理学委員
 
2020年10月
 - 
現在
宇宙理学委員会  将来フレームワーク検討委員
 
2019年5月
 - 
現在
ESA Athena X-IFU Consortium  Science Advisory Committee Member
 
2018年10月
 - 
現在
JAXA  XRISM Deputy Project Scientist
 

受賞

 
2020年4月
文部科学省, 文部科学大臣表彰 若手科学者賞
山口 弘悦 
 
2017年3月
NASA/GSFC, Robert H. Goddard Honor Awards for Group Achievement
ASTRO-H Science Data Center Team 
 
2016年9月
NASA, Exceptional Scientific Achievement Medal (米国国家勲章)
山口 弘悦 
 
2016年3月
宇宙科学振興会, 宇宙科学奨励賞
山口 弘悦 
 
2016年3月
NASA/GSFC, Robert H. Goddard Honor Awards
山口 弘悦 
 

論文

 
 
Tomoya Kinugawa   Hiroki Takeda   Ataru Tanikawa   Hiroya Yamaguchi   
The Astrophysical Journal   938(1) 52-52   2022年10月
Abstract

It is generally believed that Type Ia supernovae are thermonuclear explosions of carbon–oxygen white dwarfs (WDs). However, there is currently no consensus regarding the events leading to the explosion. A binary WD (WD–WD) merger is a p...
 
H. Sano   H. Yamaguchi   M. Aruga   Y. Fukui   K. Tachihara   M. D. Filipović   G. Rowell   
The Astrophysical Journal   933(2) 157-157   2022年7月
Abstract

We report new H i observations of the Type Ia supernova remnant (SNR) SN 1006 using the Australia Telescope Compact Array with an angular resolution of Tex (∼2 pc at the ...
 
Wataru B Iwakiri   Motoko Serino   Tatehiro Mihara   Liyi Gu   Hiroya Yamaguchi   Megumi Shidatsu   Kazuo Makishima   
Publications of the Astronomical Society of Japan   73(5) 1405-1417   2021年10月   [査読有り]
Abstract

We discover an unidentified strong emission feature in the X-ray spectrum of EXO 1745−248 obtained by RXTE at 40 hr after the peak of a superburst. The structure was centered at 6.6 keV and significantly broadened with a large equivalen...
 
Yuken Ohshiro   Hiroya Yamaguchi   Shing-Chi Leung   Ken’ichi Nomoto   Toshiki Sato   Takaaki Tanaka   Hiromichi Okon   Robert Fisher   Robert Petre   Brian J. Williams   
The Astrophysical Journal Letters   913(2) L34-L34   2021年6月   [査読有り]
Abstract

The supernova remnant (SNR) 3C 397 is thought to originate from a Type Ia supernova (SN Ia) explosion of a near-Chandrasekhar-mass (MCh) progenitor, based on the enhanced abundances of Mn and Ni revealed by previous X-ray stu...
 
Hiroya Yamaguchi   Fabio Acero   Chuan-Jui Li   You-Hua Chu   
The Astrophysical Journal Letters   910(2) L24-L24   2021年4月   [査読有り]
Abstract

The geometric structure of supernova remnants (SNR) provides a clue to unveiling the pre-explosion evolution of their progenitors. Here we present an X-ray study of N103B (0509–68.7), a Type Ia SNR in the Large Magellanic Cloud, that is...

MISC

 
 
Susanna Kohler   
AAS NOVA      2019年4月   
 
Raleigh McElvery   Francis Reddy   
NASA/GSFC プレスリリース      2017年11月   
 
Paul Woods   
NATURE ASTRONOMY   1(1) 17   2017年1月   
 
Francis Reddy   
NASA/GSFC プレスリリース      2015年4月   
 
Francis Reddy   
NASA/GSFC プレスリリース      2014年7月   

書籍等出版物

 
 
山口弘悦, 榎戸輝揚
日刊工業新聞社   2021年3月   

講演・口頭発表等

 
 
山口 弘悦   
プラズマ・核融合学会年会   2022年11月24日   プラズマ・核融合学会   [招待有り]
 
山口 弘悦   
2040年代のスペース天文学   2022年11月14日   光赤天連・高宇連共催   [招待有り]
 
Hiroya Yamaguchi   
Exploring the Hot and Energetic Universe: the 3rd scientific conference dedicated to the Athena X-ray observatory   2022年11月10日   [招待有り]
 
Hiroya Yamaguchi   
The 43rd COSPAR Scientific Assembly   [招待有り]
 
Hiroya Yamaguchi   
Advanced X-ray Spectroscopy School   2020年8月5日   [招待有り]

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
物理学ゼミナール (東京大学)
 
   
 
高エネルギー天文学特論 (東京大学 天文学専攻)
 
   
 
プラズマ物理学特論 (東京大学)
 
   
 
宇宙物理学特論 (東京大学)
 
   
 
JAXA宇宙科学技術講義 (立教大学)

所属学協会

 
 
   
 
米国天文学会
 
   
 
日本物理学会
 
   
 
日本天文学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2022年4月 - 2025年3月
 
大型国際X線天文衛星計画Athenaの科学成果最大化
日本学術振興会: 科研費 基盤研究(A)
松本 浩典 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
実験室宇宙物理の開拓によるIa型超新星残骸研究の革新
日本学術振興会: 科研費 基盤研究(A)
山口 弘悦 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
CoBIT実験による鉄・ニッケルL殻遷移原子データベースの構築
核融合科学研究所: 核融合科学研究所 一般共同研究
山口 弘悦 
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月

● 指導学生の顕著な論文

 
 

● 専任大学名