言語の選択:


 

About ISAS Researcher Profiles [ISASmap]

ISASmap, ISAS Researcher Profiles, is a platform for showcasing the research works of ISAS researchers, based on the content of the researchers' selection and registration.
Researcher's affiliated department is linked only with their main duties/responsibilities at ISAS.
To find them by affiliated department, use the Section search box.
 
 

About researchmap

 

ISAS Researcher Profiles [ISASmap]

研究者検索結果一覧 >> 浅村 和史
 

浅村 和史

 
アバター
研究者氏名浅村 和史
 
アサムラ カズシ
URL
所属国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
部署宇宙科学研究所 太陽系科学研究系
職名准教授
学位理学修士, 博士(理学)
J-Global ID200901058783588460

研究キーワード

 
地球惑星磁気圏・オーロラ物理 ,プラズマ粒子・中性粒子観測器開発 ,地球惑星磁気圏・電離圏観測、惑星間空間観測 ,宇宙プラズマ

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 宇宙惑星科学 / 

経歴

 
2019年6月
 - 
現在
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構  准教授 
 
1999年4月
   
 
文部省宇宙科学研究所  助手 
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1997年3月
京都大学 理学研究科 地球惑星科学専攻
 
1991年4月
 - 
1995年3月
京都大学 理学部 
 

委員歴

 
2022年4月
 - 
現在
情報・システム研究機構国立極地研究所  南極観測アドバイザー
 
2019年4月
 - 
現在
地球電磁気・地球惑星圏学会  運営委員
 
2020年4月
 - 
2022年3月
情報・システム研究機構国立極地研究所  宙空圏専門部会委員
 

論文

 
 
Shoichiro Yokota   Yoshifumi Saito   Kazushi Asamura   
Earth, Planets and Space   76(1)    2024年4月
Abstract

We have developed a low-energy particle experiment that alternately measures ions and electrons in space. The ability to switch between ion and electron measurements is achieved by simply adding ultra-thin carbon foils and positive and n...
 
T. Namekawa   T. Mitani   K. Asamura   Y. Miyoshi   K. Hosokawa   M. Lessard   C. Moser   A. J. Halford   T. Sakanoi   M. Kawamura   M. Nose   R. Nomura   M. Teramoto   M. Shumko   K. A. Lynch   A. N. Jaynes   M. G. McHarg   
Geophysical Research Letters   50(24)    2023年12月   [査読有り]
Abstract

We have identified for the first time an energy‐time dispersion of precipitating electron flux in a pulsating aurora patch, ranging from 6.7 to 580 keV, through simultaneous in‐situ observations of sub‐relativistic electrons of microburs...
 
L. M. Kistler   K. Asamura   S. Kasahara   Y. Miyoshi   C. G. Mouikis   K. Keika   S. M. Petrinec   M. L. Stevens   T. Hori   S. Yokota   I. Shinohara   
Nature Communications   14(1)    2023年10月   [査読有り]
Abstract

Both solar wind and ionospheric sources contribute to the magnetotail plasma sheet, but how their contribution changes during a geomagnetic storm is an open question. The source is critical because the plasma sheet properties control the...
 
L. Chen   K. Shiokawa   Y. Miyoshi   S. Oyama   C‐W. Jun   Y. Ogawa   K. Hosokawa   Y. Kazama   S. Y. Wang   S. W. Y. Tam   T. F. Chang   B. J. Wang   K. Asamura   S. Kasahara   S. Yokota   T. Hori   K. Keika   Y. Kasaba   A. Kumamoto   F. Tsuchiya   M. Shoji   Y. Kasahara   A. Matsuoka   I. Shinohara   S. Nakamura   
Journal of Geophysical Research: Space Physics   128(10)    2023年9月   [査読有り]
Abstract

Although many substorm‐related observations have been made, we still have limited insight into propagation of the plasma and field perturbations in Pi2 frequencies (∼7‐25 mHz) in association with substorm aurora, particularly from the au...
 
Sandeep Kumar   Y. Miyoshi   V. Jordanova   L. M. Kistler   I. Park   C. Jun   T. Hori   K. Asamura   Shreedevi P. R   S. Yokota   S. Kasahara   Y. Kazama   S.‐Y. Wang   Sunny W. Y. Tam   Tzu‐Fang Chang   T. Mitani   N. Higashio   K. Keika   A. Matsuoka   S. Imajo   I. Shinohara   
Journal of Geophysical Research: Space Physics      2023年9月   [査読有り]
Abstract

Using Arase observations of the inner magnetosphere during 26 CIR‐driven geomagnetic storms with minimum Sym‐H between ‐33 and ‐86 nT, we investigated ring current pressure development of ions (H+, He+, O+</sup...

MISC

 
 
滑川拓   三谷烈史   浅村和史   齋藤義文   
日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2018 ROMBUNNO.PEM15‐21 (WEB ONLY)   2018年   
 
滑川拓   三谷烈史   浅村和史   斎藤義文   
地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会(Web)   144th ROMBUNNO.R006‐P29 (WEB ONLY)   2018年   
 
小嶋浩嗣   松岡彩子   三田信   熊本篤志   石坂圭吾   尾崎光紀   寺本万里子   野村麗子   中澤暁   浅村和史   
宇宙科学技術連合講演会講演集(CD-ROM)   62nd ROMBUNNO.3C15   2018年   
 
浅村 和史   齋藤 義文   横田 勝一郎   笠原 慧   Asamura Kazushi   Saito Yoshifumi   Yokota Shoichiro   Kasahara Satoshi   
平成28年度宇宙科学に関する室内実験シンポジウム 講演集 = Proceedings of 2017 Symposium on Laboratory Experiment for Space Science      2017年2月
平成28年度宇宙科学に関する室内実験シンポジウム (2017年2月27日-28日. 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所(JAXA)(ISAS)相模原キャンパス), 相模原市, 神奈川県資料番号: SA6000095039
 
坂井真一郎   浅村和史   草川靖大   横田一毅   堀家尚子   田中一久   神谷俊夫   
宇宙科学技術連合講演会講演集(CD-ROM)   61st    2017年

所属学協会

 
 
   
 
American geophysical union
 
   
 
地球電磁気・地球惑星圏学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
北欧における宇宙と地上からの総合観測と数値実証によるオーロラ降下電子特性の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
三好由純、浅村和史、小川泰信、齊藤慎司、松田昇也 
研究期間: 2022年10月 - 2027年3月
 
ディフューズオーロラ現象が放射線帯高エネルギー電子降下に与える影響の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
浅村和史、三好由純、細川敬祐 
研究期間: 2021年4月 - 2026年3月
 
重力天体着陸探査用小型ガスクロマトグラフ質量分析計による有機物その場分析への挑戦
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
齋藤 義文、浅村 和史、菅原 春菜 
研究期間: 2022年6月 - 2025年3月
 
衛星多点観測とシミュレーションに基づくジオスペース酸素イオンの輸送と分布の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
能勢正仁、松岡彩子、熊本篤志、浅村和史、山本和弘 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
あらせ衛星-地上連携観測とレイトレイシングを用いた熱的プラズマの特性解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
笠原禎也、土屋史紀、浅村和史 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月