言語の選択:


 

GEOTAILプロジェクトチーム

研究者リスト >> 中村 正人
 

中村 正人

 
アバター
研究者氏名中村 正人
 
ナカムラ マサト
通称等の別名宇宙研
URLhttp://www.stp.isas.jaxa.jp/nakamura/
所属国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
部署宇宙科学研究所
職名教授
学位博士(理学)(東京大学)
J-Global ID200901098690652704

研究キーワード

 
惑星大気プラズマ物理学

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 宇宙惑星科学 / 

経歴

 
2002年
 - 
現在
宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 教授 
 
2002年
 - 
2003年
文部科学省宇宙科学研究所 教授   
 
1993年
 - 
2002年
東京大学大学院理学系研究科 助教授   
 
1990年
 - 
1993年
宇宙科学研究所 助手   
 
1987年
 - 
1990年
マックスプランク研究所 研究員   
 

学歴

 
 
 - 
1987年
東京大学 理学系研究科 地球物理学
 
 
 - 
1987年
東京大学  
 
 
 - 
1982年
東京大学 理学部 地球物理学
 
 
 - 
1982年
東京大学  
 

委員歴

 
2012年10月
 - 
現在
日本学術会議  第3部 連携会員
 
2012年
 - 
2020年
公益社団法人 日本地球惑星科学連合  副会長
 
2008年
 - 
2020年
公益社団法人 日本地球惑星科学連合  理事
 
2007年
 - 
2020年
地球電磁気・地球惑星圏学会  評議員
 
2013年
 - 
2014年
地球電磁気・地球惑星圏学会  会長
 

受賞

 
2017年4月
文部科学省, 平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門),探査機あかつき金星周回軌道投入計画とその制御に関する研究
中村正人、戸田知朗、鈴木史子 
 
2016年4月
読売テクノフォーラム, ゴールド・メダル賞,探査機あかつきの金星軌道投入成功
あかつきプロジェクトチーム 代表:中村正人 
 
2016年3月
社団法人日本機械学会 宇宙工学部門, 宇宙賞,最初の金星周回軌道投入に成功し日本初の惑星周回衛星を実現することで日本の宇宙工学の発展へ多大な貢献
金星探査機「あかつき」プロジェクトチーム 
 
2005年
The European Space Agency awards
 
2004年
NASA Group Achievement Award to Cluster Science Team
 

論文

 
 
T. Nagai   I. Shinohara   Y. Saito   A. Ieda   R. Nakamura   
Journal of Geophysical Research: Space Physics   128(12)    2023年12月
The spacecraft Geotail surveyed the near-Earth plasma sheet from XGSM = −10 to −31 RE and YGSM = −20 to +20 RE during the period from 1994 to 2022. It observed 243 magnetic reconnection events and 785 tailward flow events under various solar wind ...
 
Yeon Joo Lee   Antonio García Muñoz   Atsushi Yamazaki   Eric Quémerais   Stefano Mottola   Stephan Hellmich   Thomas Granzer   Gilles Bergond   Martin Roth   Eulalia Gallego-Cano   Jean-Yves Chaufray   Rozenn Robidel   Go Murakami   Kei Masunaga   Murat Kaplan   Orhan Erece   Ricardo Hueso   Petr Kabáth   Magdaléna Špoková   Agustín Sánchez-Lavega   Myung-Jin Kim   Valeria Mangano   Kandis-Lea Jessup   Thomas Widemann   Ko-ichiro Sugiyama   Shigeto Watanabe   Manabu Yamada   Takehiko Satoh   Masato Nakamura   Masataka Imai   Juan Cabrera   
The Planetary Science Journal   3(9) 209-209   2022年9月
Abstract

We performed a unique Venus observation campaign to measure the disk brightness of Venus over a broad range of wavelengths in 2020 August and September. The primary goal of the campaign was to investigate the absorption properties of th...
 
Kiichi Fukuya   Takeshi Imamura   Makoto Taguchi   Tetsuya Fukuhara   Toru Kouyama   Takeshi Horinouchi   Javier Peralta   Masahiko Futaguchi   Takeru Yamada   Takao M. Sato   Atsushi Yamazaki   Shin ya Murakami   Takehiko Satoh   Masahiro Takagi   Masato Nakamura   
Nature   595(7868) 511-515   2021年7月
Although Venus is a terrestrial planet similar to Earth, its atmospheric circulation is much different and poorly characterized1. Winds at the cloud top have been measured predominantly on the dayside. Prominent poleward drifts have been observed ...
 
T. M. Sato   T. Satoh   H. Sagawa   N. Manago   Y. J. Lee   S. Murakami   K. Ogohara   G. L. Hashimoto   Y. Kasaba   A. Yamazaki   M. Yamada   S. Watanabe   T. Imamura   M. Nakamura   
Icarus   345 113682-113682   2020年7月   [査読有り]
© 2020 Elsevier Inc. We describe the dayside cloud top structure of Venus as retrieved from 93 images acquired at a wide variety of solar phase angles (0–120°) using the 2.02-μm channel of the 2-μm camera (IR2) onboard the Venus orbiter, Akatsuki,...
 
J. Peralta   T. Navarro   C. W. Vun   A. Sánchez‐Lavega   K. McGouldrick   T. Horinouchi   T. Imamura   R. Hueso   J. P. Boyd   G. Schubert   T. Kouyama   T. Satoh   N. Iwagami   E. F. Young   M. A. Bullock   P. Machado   Y. J. Lee   S. S. Limaye   M. Nakamura   S. Tellmann   A. Wesley   P. Miles   
Geophysical Research Letters   47(11)    2020年6月   [査読有り]

MISC

 
 
中村正人   石井信明   今村剛   上野宗孝   鈴木睦   阿部琢美   山崎敦   岩上直幹   佐藤毅彦   田口真   渡部重十   福原哲哉   大月祥子   
地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM)   128th    2010年
 
神山 徹   中村 正人   佐藤 毅彦   今村 剛   二穴 喜文   
大会講演予講集   98 151-151   2010年
 
佐藤 毅彦   中村 正人   上野 宗孝   上水 和典   鈴木 睦   笠羽 康正   吉田 誠至   木股 雅章   
大会講演予講集   98 146-146   2010年
 
戸田 知朗   林山 朋子   冨木 淳史   今村 剛   石井 信明   中村 正人   
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2009(1) 243-243   2009年9月
 
佐藤 毅彦   上野 宗孝   上水 和典   木股 雅章   中村 良介   笠羽 康正   石黒 正晃   中村 正人   
遊・星・人 : 日本惑星科学会誌   18(2) 105-107   2009年6月
IR2カメラは金星中下層大気からの熱放射を捉え,雲頂よりも下の高度における大気運動を詳細に観測することを主目的とした赤外線カメラである.良好な赤外線性能を得るため,検出素子と光学系を低温に冷却する必要があり,そのため多くの難問を解決しながら開発を進めてきた.

書籍等出版物

 
 
Geospace Mass and Energy Flow : Results From the International Solar-Terrestrial Physics Program Geophysical Monograph   1998年      
 
Measurement Techniques in Space Plasmas : Fields Geophysics Monograph   1998年      
 
 
Astrophysics in the Extreme Ultraviolet   1996年      
 
UV and X-ray Spectroscopy of Astrophysical and Loboratory Plasmas, Frontiers Science Scries No. 15   1995年      

所属学協会

 
 
   
 
American Geophysical Union
 
   
 
地球電磁気・地球惑星圏学会
 
   
 
日本写真学会
 
   
 
International Academy of Astronautics

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
金星探査機と地上観測の連携による金星大気の物質循環の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
中村 正人 高木 征弘 前澤 裕之 はしもと じょーじ 中川 広務 今村 剛 佐川 英夫 堀之内 武 田口 真 林 祥介 
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月
 
2機の金星探査機による相補的観測データを用いた金星大気物質循環の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
中村 正人 松田 佳久 高木 征弘 今村 剛 はしもと じょーじ 山本 勝 大月 祥子 小郷原 一智 林 祥介 
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月
 
金星探査機による金星大気力学構造の解明国立機関以外の国庫補助による研究
研究期間: 2005年 - 2012年
 
 
研究期間: 2001年 - 2012年