言語の選択:


 

About ISAS Researcher Profiles [ISASmap]

ISASmap, ISAS Researcher Profiles, is a platform for showcasing the research works of ISAS researchers, based on the content of the researchers' selection and registration.
Researcher's affiliated department is linked only with their main duties/responsibilities at ISAS.
To find them by affiliated department, use the Section search box.
 
 

About researchmap

 

ISAS Researcher Profiles [ISASmap]

 

篠原 育

 
アバター
研究者氏名篠原 育
 
シノハラ イク
URL
所属国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
部署宇宙科学研究所 太陽系科学研究系
職名准教授
学位博士(理学)(東京大学)
J-Global ID200901025081752002

研究キーワード

 
磁気圏 ,宇宙空間プラズマ ,Magnetosphere ,Space plasma

研究分野

 
  • エネルギー / プラズマ科学 / 
  • エネルギー / プラズマ応用科学 / 
  • 自然科学一般 / 宇宙惑星科学 / 

学歴

 
 
 - 
1997年
東京大学 理学系研究科 地球惑星物理学
 
 
 - 
1997年
東京大学  
 

論文

 
 
James P. McCollough   Yoshizumi Miyoshi   Gregory P. Ginet   William R. Johnston   Yi-Jiun Su   Michael J. Starks   Yoshiya Kasahara   Hirotsugu Kojima   Shoya Matsuda   Iku Shinohara   Paul Song   Bodo W. Reinisch   Ivan A. Galkin   Umran S. Inan   David S. Lauben   Ivan Linscott   Alan G. Ling   Shawn Allgeier   Richard Lambour   Jon Schoenberg   William Gillespie   Stephen Stelmash   Kevin Roche   Andrew J. Sinclair   Jenny C. Sanchez   Gregory F. Pedinotti   Jarred T. Langhals   
Earth, Planets and Space   74(1)    2022年12月
Abstract

Very low frequency (VLF) waves (about 3–30 kHz) in the Earth’s magnetosphere interact strongly with energetic electrons and are a key element in controlling dynamics of the Van Allen radiation belts. Bistatic very low frequency (VLF) tra...
 
Xiao-Jia Zhang   Anton Artemyev   Vassilis Angelopoulos   Ethan Tsai   Colin Wilkins   Satoshi Kasahara   Didier Mourenas   Shoichiro Yokota   Kunihiro Keika   Tomoaki Hori   Yoshizumi Miyoshi   Iku Shinohara   Ayako Matsuoka   
Nature Communications   13(1)    2022年12月
Abstract

Energetic electron precipitation from Earth’s outer radiation belt heats the upper atmosphere and alters its chemical properties. The precipitating flux intensity, typically modelled using inputs from high-altitude, equatorial spacecraft...
 
Q. Ma   W. Xu   E. R. Sanchez   R. A. Marshall   J. Bortnik   P. M. Reyes   R. H. Varney   S. R. Kaeppler   Y. Miyoshi   A. Matsuoka   Y. Kasahara   S. Matsuda   F. Tsuchiya   A. Kumamoto   S. Kasahara   S. Yokota   K. Keika   T. Hori   T. Mitani   S. Nakamura   Y. Kazama   S.‐Y. Wang   C‐W. Jun   I. Shinohara   W. S.‐Y. Tam   
Journal of Geophysical Research: Space Physics      2022年8月
 
Y. Miyoshi   I. Shinohara   S. Ukhorskiy   S. G. Claudepierre   T. Mitani   T. Takashima   T. Hori   O. Santolik   I. Kolmasova   S. Matsuda   Y. Kasahara   M. Teramoto   Y. Katoh   M. Hikishima   H. Kojima   S. Kurita   S. Imajo   N. Higashio   S. Kasahara   S. Yokota   K. Asamura   Y. Kazama   S.-Y. Wang   C.-W. Jun   Y. Kasaba   A. Kumamoto   F. Tsuchiya   M. Shoji   S. Nakamura   M. Kitahara   A. Matsuoka   K. Shiokawa   K. Seki   M. Nosé   K. Takahashi   C. Martinez-Calderon   G. Hospodarsky   C. Colpitts   Craig Kletzing   J. Wygant   H. Spence   D. N. Baker   G. D. Reeves   J. B. Blake   L. Lanzerotti   
Space Science Reviews   218(5)    2022年8月
Abstract

This paper presents the highlights of joint observations of the inner magnetosphere by the Arase spacecraft, the Van Allen Probes spacecraft, and ground-based experiments integrated into spacecraft programs. The concurrent operation of t...
 
Fuliang Xiao   Jiawen Tang   Sai Zhang   Qinghua Zhou   Si Liu   Yihua He   Qiwu Yang   Yoshiya Kasahara   Yoshizumi Miyoshi   Atsushi Kumamoto   Yosuke Nakamura   Fuminori Tsuchiya   Iku Shinohara   Satoko Nakamura   
Geophysical Research Letters   49(13)    2022年7月
Auroral kilometric radiation (AKR) is generated at high latitudes and can propagate down to low latitudes. Due to the lack of direct observations, the characteristics of AKR in the middle and low latitudes of two hemispheres have not been studied ...

MISC

 
 
坂口歌織   長妻努   東尾奈々   高島健   三谷烈史   松岡彩子   三好由純   篠原育   能勢正仁   
地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会(Web)   142nd ROMBUNNO.S001‐25 (WEB ONLY)   2017年   
 
高島健   三谷烈史   篠原育   三好由純   
応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   63rd ROMBUNNO.20P‐KD‐7   2016年3月   
 
KASAHARA Yoshiya   KASABA Yasumasa   KOJIMA Hirotsugu   YAGITANI Satoshi   MATSUDA Shoya   TSUCHIYA Fuminori   ISHISAKA Keigo   OZAKI Mitsunori   IMACHI Tomohiko   KUMAMOTO Atsushi   MIYOSHI Yoshizumi   OTA Mamoru   KURITA Satoshi   TAKAHASHI Naoko   ASAMURA Kazushi   SHINOHARA Iku   
地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会(Web)   140th    2016年
 
篠原 育   
プラズマ・核融合学会誌   90(11) 691-696   2014年11月
地球磁気圏に超音速プラズマ流である太陽風が衝突することによって磁気圏前面に形成されるバウショックや,太陽面爆発に伴って太陽系空間を伝播する惑星間空間衝撃波は,衝撃波遷移層中で直接物理量を計測することのできる貴重な環境として無衝突衝撃波研究の重要な対象である.衛星観測は単一観測でしかなかった為に時空間変動の分離ができないという欠点を抱えていたが,近年の編隊衛星観測による多点同時観測によってこれまで理論・数値シミュレーション研究から予測されていた衝撃波遷移層中の非定常構造について観測データから...
 
臼井英之   篠原育   船木一幸   山川宏   沼波政倫   梶村好宏   中村雅夫   松本正晴   芦田康将   八木燿平   西田浩之   森高外征雄   松井竜樹   
プラズマ・核融合学会誌   90(5) 277-288   2014年5月   
平成19年度後期から平成24年度の約5年半にわたり,JST/CREST(戦略的創造研究推進事業)「マルチスケール・マルチフィジックスの統合シミュレーション」研究領域において実施した「惑星間航行システム開発に向けたマルチスケール粒子シミュレーション」研究プロジェクトの概要について報告する.次世代の惑星間宇宙航行システムとして宇宙航空研究開発機構(JAXA)で提案されている磁気プラズマセイル(MPS)では,衛星搭載コイル電流により人工ダイポール磁場を形成し,それをプラズマ噴射によって広範囲に展...

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
惑星磁気圏in-situ多点観測を目指した小型高エネルギー電子分析器の軌道上実証
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
篠原 育 高島 健 寺本 万里子 三谷 烈史 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
宇宙プラズマ中の電磁サイクロトロン波による電子加速散乱機構の実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(S)
大村 善治 天野 孝伸 篠原 育 齋藤 義文 
研究期間: 2017年5月 - 2022年3月
 
地球放射線帯における電磁サイクロトロン波による粒子加速散乱機構の実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
大村 善治 篠原 育 小路 真史 
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月
 
太陽系の外惑星領域における磁気圏ダイナミクス
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
藤本 正樹 笠原 慧 篠原 育 齋藤 義文 
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月
 
地上オーロラ観測と衛星直接観測を連携させて挑む新しいサブストーム像の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
町田 忍 長井 嗣信 門倉 昭 齋藤 義文 篠原 育 家田 章正 堀 智昭 寺田 直樹 宮下 幸長 銭谷 誠司 西村 幸敏 
研究期間: 2014年6月 - 2017年3月