言語の選択:


 

宇宙科学研究所 研究者総覧「あいさすmap」について

宇宙科学研究所(ISAS)研究者総覧「あいさすmap」は宇宙科学研究所の研究者の研究業績/情報を公開しています。
ISASにて学術研究を本務として担う研究者については基本的に全員登録しており、加えて様々な立場にてISASで研究に携わる者は任意で登録しています。
なお掲載している情報は各研究者のすべての研究業績/情報を網羅しているものではなく、各研究者が自ら記載事項を選択し、登録・公開した内容に基づくものです。
<検索方法>
研究キーワードを検索する場合は、キーワードの後ろに「*」を付けると前方一致検索ができます。
 
 

researchmapからのお知らせ

絵文字:NEW研究者のみなさまへ

【重要】重複データ削除実施のお知らせ

researchmapにて重複して登録されている業績データの削除が2023年12月から約1年をかけて実施されます。

Web of Scienceからの業績データの取り込みに関する不具合のお知らせ
2023年11月10日現在、researchmapと連携している外部データベース、Web of Scienceからの業績データの取り込みができない不具合が発生しております。
[2023年11月21日追記]
上記の不具合は、Web of Science の仕様変更により発生していることが判明いたしました。
2023年11月1日以降、下記の機能がご利用いただけない状態となっております。
・Web of Scienceからの文献情報の取り込み機能
・論文、MISCの詳細画面への被引用数、関連論文の表示機能
機能再開時期は、決まり次第お知らせいたします。    

【新機能】ORCIDからの自動取り込み 開始のお知らせ(2023/11/21)
researchmapでは、2023年11月21日のシステムメンテナンスにより、外部データベース「ORCID」からの自動取り込みが可能になりました。詳細は上記リンクよりご確認ください。

 
 

宇宙科学研究所 研究者総覧 「あいさすmap」

研究者検索結果一覧 >> 兵頭 龍樹
 

兵頭 龍樹

 
アバター
研究者氏名兵頭 龍樹
 
ヒョウドウ リュウキ
URLhttps://members.elsi.jp/~hyodo/English/index.html
所属国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
部署宇宙科学研究所 太陽系科学研究系
職名国際トップヤングフェロー (准教授相当)
科研費研究者番号20814693
ORCID ID0000-0003-4590-0988
J-Global ID202001015221817161

プロフィール

About
惑星形成論および惑星探査を専門とし,JAXA 内部から積極的に次世代の惑星探査ミッションの構築を行なっている.ESA・NASA・JAXA の3機関の探査計画に参画.3-4ヶ月/年はパリ大学で活動.
 
個人ホームページ: https://members.elsi.jp/~hyodo/English/index.html (Here)
google scholar: https://scholar.google.co.jp/citations?user=IjqvVCwAAAAJ&hl=en (Here)
 
Research Interests
コンピュータシミュレーションと理論的手法を用いて, 多様な惑星系, 小天体, リングの形成と進化過程の理解(惑星形成論)を目指す.また科学的な側面から惑星探査ミッションを積極的に価値最大化・構築すること(惑星探査学)を目的とする.
 
Mission Involvements
NASA土星探査計画 Cassini / JAXA小惑星探査計画 Hayabusa2 / ESA水星探査計画 BepiColombo / JAXA火星衛星探査計画 MMX / JAXA次世代サンプルリターン計画 (彗星!?) / 深宇宙・超コンステレーション構想 (即応型小天体フライバイ探査構想) / JAXA外惑星探査計画 OPENS (日本初の外惑星探査計画 !?)
 
主なプレスリリース 
『新時代を迎える火星生命探査における火星衛星探査計画「MMX」の役割 (link)』
『後期集積が水星に与える影響 (link)』
『火星衛星、巨大衝突で形成される (link)』
『JAXA火星衛星サンプルリターン(MMX)計画で、火星の全歴史の解明が可能 (link)』
『土星の輪、誕生の謎を解明 (link)』
 
主な外部インタビュー記事
『日本惑星科学会最優秀研究者賞受賞インタビュー (link)』
『理論研究で月や火星探査の道筋をつける (link)』
『惑星形成論研究者はリュウグウサンプル分析結果のどこに注⽬するのか (link)』

研究キーワード

 
系外惑星 ,惑星科学 ,微惑星形成 ,惑星探査 ,惑星形成 ,衛星形成

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 宇宙惑星科学 / 

経歴

 
2019年10月
 - 
現在
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 国際トップヤングフェロー(准教授相当) 
 
2017年4月
 - 
2019年9月
東京工業大学・地球生命研究所(ELSI)  日本学術振興会 特別研究員(PD) 
 
2015年4月
 - 
2017年3月
パリ地球物理研究所 / パリ第七大学ディドロ / 神戸大学  日本学術振興会 特別研究員(DC) 
 

受賞

 
2022年5月
日本惑星科学会, 最優秀研究者賞
兵頭龍樹 
 
2016年9月
日本惑星科学会, 最優秀発表賞
兵頭龍樹 
 

論文

 
 
Ryuki Hyodo   Keisuke Sugiura   
The Astrophysical Journal Letters      2022年10月
 
T. Nakamura   M. Matsumoto   K. Amano   Y. Enokido   M. E. Zolensky   T. Mikouchi   H. Genda   S. Tanaka   M. Y. Zolotov   K. Kurosawa   S. Wakita   R. Hyodo   H. Nagano   D. Nakashima   Y. Takahashi   Y. Fujioka   M. Kikuiri   E. Kagawa   M. Matsuoka   A. J. Brearley   A. Tsuchiyama   M. Uesugi   J. Matsuno   Y. Kimura   M. Sato   R. E. Milliken   E. Tatsumi   S. Sugita   T. Hiroi   K. Kitazato   D. Brownlee   D. J. Joswiak   M. Takahashi   K. Ninomiya   T. Takahashi   T. Osawa   K. Terada   F. E. Brenker   B. J. Tkalcec   L. Vincze   R. Brunetto   A. Aléon-Toppani   Q. H. S. Chan   M. Roskosz   J.-C. Viennet   P. Beck   E. E. Alp   T. Michikami   Y. Nagaashi   T. Tsuji   Y. Ino   J. Martinez   J. Han   A. Dolocan   R. J. Bodnar   M. Tanaka   H. Yoshida   K. Sugiyama   A. J. King   K. Fukushi   H. Suga   S. Yamashita   T. Kawai   K. Inoue   A. Nakato   T. Noguchi   F. Vilas   A. R. Hendrix   C. Jaramillo-Correa   D. L. Domingue   G. Dominguez   Z. Gainsforth   C. Engrand   J. Duprat   S. S. Russell   E. Bonato   C. Ma   T. Kawamoto   T. Wada   S. Watanabe   R. Endo   S. Enju   L. Riu   S. Rubino   P. Tack   S. Takeshita   Y. Takeichi   A. Takeuchi   A. Takigawa   D. Takir   T. Tanigaki   A. Taniguchi   K. Tsukamoto   T. Yagi   S. Yamada   K. Yamamoto   Y. Yamashita   M. Yasutake   K. Uesugi   I. Umegaki   I. Chiu   T. Ishizaki   S. Okumura   E. Palomba   C. Pilorget   S. M. Potin   A. Alasli   S. Anada   Y. Araki   N. Sakatani   C. Schultz   O. Sekizawa   S. D. Sitzman   K. Sugiura   M. Sun   E. Dartois   E. De Pauw   Z. Dionnet   Z. Djouadi   G. Falkenberg   R. Fujita   T. Fukuma   I. R. Gearba   K. Hagiya   M. Y. Hu   T. Kato   T. Kawamura   M. Kimura   M. K. Kubo   F. Langenhorst   C. Lantz   B. Lavina   M. Lindner   J. Zhao   B. Vekemans   D. Baklouti   B. Bazi   F. Borondics   S. Nagasawa   G. Nishiyama   K. Nitta   J. Mathurin   T. Matsumoto   I. Mitsukawa   H. Miura   A. Miyake   Y. Miyake   H. Yurimoto   R. Okazaki   H. Yabuta   H. Naraoka   K. Sakamoto   S. Tachibana   H. C. Connolly   D. S. Lauretta   M. Yoshitake   M. Yoshikawa   K. Yoshikawa   K. Yoshihara   Y. Yokota   K. Yogata   H. Yano   Y. Yamamoto   D. Yamamoto   M. Yamada   T. Yamada   T. Yada   K. Wada   T. Usui   R. Tsukizaki   F. Terui   H. Takeuchi   Y. Takei   A. Iwamae   H. Soejima   K. Shirai   Y. Shimaki   H. Senshu   H. Sawada   T. Saiki   M. Ozaki   G. Ono   T. Okada   N. Ogawa   K. Ogawa   R. Noguchi   H. Noda   M. Nishimura   N. Namiki   S. Nakazawa   T. Morota   A. Miyazaki   A. Miura   Y. Mimasu   K. Matsumoto   K. Kumagai   T. Kouyama   S. Kikuchi   K. Kawahara   S. Kameda   T. Iwata   Y. Ishihara   M. Ishiguro   H. Ikeda   S. Hosoda   R. Honda   C. Honda   Y. Hitomi   N. Hirata   N. Hirata   T. Hayashi   M. Hayakawa   K. Hatakeda   S. Furuya   R. Fukai   A. Fujii   Y. Cho   M. Arakawa   M. Abe   S. Watanabe   Y. Tsuda   
Science   379(6634)    2022年9月   [査読有り]
Samples of the carbonaceous asteroid Ryugu were brought to Earth by the Hayabusa2 spacecraft. We analyzed seventeen Ryugu samples measuring 1-8 mm. CO 2 -bearing water inclusions are present within a pyrrhotite crystal, indicating that ...
 
Ryuki Hyodo   Hidenori Genda   Ryosuke Sekiguchi   Gustavo Madeira   Sébastien Charnoz   
The Planetary Science Journal      2022年8月
 
Naoya Ozaki   Kanta Yanagida   Takuya Chikazawa   Nishanth Pushparaj   Naoya Takeishi   Ryuki Hyodo   
JOURNAL OF GUIDANCE CONTROL AND DYNAMICS      2022年4月
Asteroid exploration has been attracting more attention in recent years. Nevertheless, we have just visited tens of asteroids, whereas we have discovered more than 1 million bodies. As our current observation and knowledge should be biased, it is ...
 
Ryuki Hyodo   Shigeru Ida   Tristan Guillot   
   2022年2月
Forming planetesimals from pebbles is a major challenge in our current
understanding of planet formation. In a protoplanetary disk, pebbles drift
inward near the disk midplane via gas drag and they may enter a dead zone. In
this context, we identi...

MISC

 
 
尾崎直哉   高尾勇輝   兵頭龍樹   嶌生有理   笠原慧   長福紳太郎   鵜飼諭史   久本泰慶   筒井真輝   小塚陽希   河北秀世   脇田茂   岡田達明   吉川真   稲富裕光   津田雄一   船瀬龍   川勝康弘   藤本正樹   
宇宙科学技術連合講演会講演集(CD-ROM)   66th    2022年
 
藤田和央   黒澤耕介   玄田英典   兵頭龍樹   松山新吾   三河内岳   新原隆史   山岸明彦   
宇宙科学技術連合講演会講演集(CD-ROM)   63rd    2019年
 
兵頭龍樹   黒澤耕介   玄田英典   藤田和央   
日本惑星科学会秋季講演会予稿集(Web)   2018    2018年
 
黒澤耕介   玄田英典   兵頭龍樹   山岸明彦   藤田和央   
日本惑星科学会秋季講演会予稿集(Web)   2018    2018年
 
兵頭 龍樹   大槻 圭史   竹田 隆顕   
日本惑星科学会秋期講演会予稿集   2014 "P1-18"   2014年9月

担当経験のある科目(授業)

 
2020年4月
 - 
現在
全学共通科目「地球の理解」 (立教大学)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
岩石・氷・ガス惑星の衛星形成の総合的モデル:太陽系、系外惑星系
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
井田 茂 兵頭 龍樹 佐々木 貴教 玄田 英典 
研究期間: 2021年4月 - 2026年3月
 
火星衛星の形成過程を解明する
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
玄田 英典 中村 智樹 兵頭 龍樹 黒川 宏之 
研究期間: 2021年4月 - 2026年3月
 
日仏国際共同融合研究による火星衛星の起源と形成過程の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
玄田 英典 中村 智樹 兵頭 龍樹 黒川 宏之 臼井 寛裕 
研究期間: 2020年10月 - 2026年3月
 
多様な地球型惑星が持つ衛星系の起源・進化の統一的理解に向けた理論研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
兵頭 龍樹 
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
 
多様なリング-衛星系の起源・進化の統一的理解に向けた理論研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
兵頭 龍樹 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月

社会貢献活動

 
 
 
【出演,講師】
ISAS/JAXA 2021年3月26日 - 2021年3月27日
 
【出演,講師】
 2021年2月21日 - 2021年2月21日
 
【出演,講師】
ISAS/JAXA 2020年11月29日 - 2020年12月4日
 
【出演,講師】
ISAS/JAXA 2019年11月2日