言語の選択:


 

About ISAS Researcher Profiles [ISASmap]

ISASmap, ISAS Researcher Profiles, is a platform for showcasing the research works of ISAS researchers, based on the content of the researchers' selection and registration.
Researcher's affiliated department is linked only with their main duties/responsibilities at ISAS.
To find them by affiliated department, use the Section search box.
 
 

About researchmap

 

ISAS Researcher Profiles [ISASmap]

研究者検索結果一覧 >> 嶌生 有理
 

嶌生 有理

 
アバター
研究者氏名嶌生 有理
 
シマキ ユウリ
URL
所属国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
部署宇宙科学研究所 宇宙科学プログラム室
職名主任研究開発員
学位博士(理学)(名古屋大学)
その他の所属専修大学 法学部
J-Global ID201801006920847672

プロフィール

研究内容専門は惑星科学.室内衝突実験,隕石表面分析,惑星探査機によるリモセンデータ解析を主な研究手法とし,これらを用いた初期太陽系小天体の物質進化過程の理解を目指す.
惑星探査ミッションへの参画- はやぶさ2 (TIR, SCI, DCAM3) 2017-present- Hera (TIRI) 2020-present- 次世代小天体サンプルリターン探査RG/WG 2020-present- Comet Interceptor 2020-present
 

研究キーワード

 
固体惑星 ,リモートセンシング ,室内実験 ,隕石 ,惑星探査 ,熱物性 ,宇宙雪氷 ,衝突物理 ,惑星科学

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 宇宙惑星科学 / 
  • 自然科学一般 / 固体地球科学 / 

経歴

 
2022年8月
 - 
現在
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 宇宙科学プログラム室 主任研究開発員 
 
2021年4月
 - 
現在
専修大学 法学部 兼任講師 
 
2017年11月
 - 
2022年7月
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 研究開発員 
 
2016年4月
 - 
2017年10月
岡山大学 惑星物質研究所 特別契約職員・助手 
 
2013年4月
 - 
2016年3月
岡山大学 地球物質科学研究センター 特別契約職員・助手 
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2012年12月
名古屋大学 大学院環境学研究科 地球環境科学専攻 博士後期課程
 
2008年4月
 - 
2010年3月
名古屋大学 大学院環境学研究科 地球環境科学専攻 博士前期課程
 
2004年4月
 - 
2008年3月
名古屋大学 理学部 地球惑星科学科
 

委員歴

 
2020年9月
 - 
現在
次世代サンプルリターン勉強会  世話人代表
 
2021年4月
 - 
2022年3月
日本惑星科学会分科会 衝突研究会  世話人代表
 

受賞

 
2021年11月
International Astronautical Federation, IAF World Space Award
Hayabusa2 Team 
 
2020年12月
内閣総理大臣顕彰
はやぶさ2プロジェクトチーム 
 
2020年11月
宇宙航空研究開発機構, 理事長表彰,はやぶさ2探査機の小惑星リュウグウへの到達
はやぶさ2プロジェクト 
 
2020年2月
科学技術と経済の会, 第8回技術経営・イノベーション大賞(科学技術と経済の会会長賞),はやぶさ2による未踏天体探査の完遂と新たな探査技術の確立
はやぶさ2プロジェクトチーム 
 
2019年7月
日本SFファングループ連合会議, 第50回星雲賞 自由部門,MINERVA-Ⅱ1のリュウグウ着地及び小惑星移動探査
はやぶさ2プロジェクトチーム 
 

論文

 
 
Yuri Shimaki   Masahiko Arakawa   
Icarus   369 114646-114646   2021年11月   [査読有り]
The mechanical and elastic properties of ice aggregates are important in the physics of avalanches and crater formation on icy bodies, such as icy satellites and cometary nuclei. Here we conducted uniaxial tensile tests and elastic-wave velocity m...
 
Rie Honda   Masahiko Arakawa   Yuri Shimaki   Kei Shirai   Yasuhiro Yokota   Toshihiko Kadono   Koji Wada   Kazunori Ogawa   Ko Ishibashi   Naoya Sakatani   Satoru Nakazawa   Minami Yasui   Tomokatsu Morota   Shingo Kameda   Eri Tatsumi   Manabu Yamada   Toru Kouyama   Yuichiro Cho   Moe Matsuoka   Hidehiko Suzuki   Chikatoshi Honda   Masahiko Hayakawa   Kazuo Yoshioka   Naru Hirata   Naoyuki Hirata   Hirotaka Sawada   Seiji Sugita   Takanao Saiki   Hiroshi Imamura   Yasuhiko Takagi   Hajime Yano   Chisato Okamoto   Yuichi Tsuda   Yu-ichi Iijima   
Icarus   366 114530-114530   2021年9月   [査読有り]
 
M. Hirabayashi   Y. Mimasu   N. Sakatani   S. Watanabe   Y. Tsuda   T. Saiki   S. Kikuchi   T. Kouyama   M. Yoshikawa   S. Tanaka   S. Nakazawa   Y. Takei   F. Terui   H. Takeuchi   A. Fujii   T. Iwata   K. Tsumura   S. Matsuura   Y. Shimaki   S. Urakawa   Y. Ishibashi   S. Hasegawa   M. Ishiguro   D. Kuroda   S. Okumura   S. Sugita   T. Okada   S. Kameda   S. Kamata   A. Higuchi   H. Senshu   H. Noda   K. Matsumoto   R. Suetsugu   T. Hirai   K. Kitazato   D. Farnocchia   S.P. Naidu   D.J. Tholen   C.W. Hergenrother   R.J. Whiteley   N.A. Moskovitz   P.A. Abell   
Advances in Space Research   68(3) 1533-1555   2021年8月   [査読有り]
Hayabusa2 is the Japanese Asteroid Return Mission and targeted the carbonaceous asteroid Ryugu, conducted by the Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA). The goal of this mission was to conduct proximity operations including remote sensing obser...
 
Takehiko Arai   Tatsuaki Okada   Satoshi Tanaka   Tetsuya Fukuhara   Hirohide Demura   Toru Kouyama   Naoya Sakatani   Yuri Shimaki   Hiroki Senshu   Tomohiko Sekiguchi   Jun Takita   Naru Hirata   Yukio Yamamoto   
Earth, Planets and Space   73(1)    2021年5月   [査読有り]
<title>Abstract</title>The thermal infrared imager (TIR) onboard the Hayabusa2 spacecraft performed thermographic observations of the asteroid 162173 Ryugu (1999 JU<inline-formula><alternatives><tex-math>_3</tex-math><mml:math xmlns:mml="http:...
 
N. Sakatani   S. Tanaka   T. Okada   T. Fukuhara   L. Riu   S. Sugita   R. Honda   T. Morota   S. Kameda   Y. Yokota   E. Tatsumi   K. Yumoto   N. Hirata   A. Miura   T. Kouyama   H. Senshu   Y. Shimaki   T. Arai   J. Takita   H. Demura   T. Sekiguchi   T. G. Müller   A. Hagermann   J. Biele   M. Grott   M. Hamm   M. Delbo   W. Neumann   M. Taguchi   Y. Ogawa   T. Matsunaga   T. Wada   S. Hasegawa   J. Helbert   N. Hirata   R. Noguchi   M. Yamada   H. Suzuki   C. Honda   K. Ogawa   M. Hayakawa   K. Yoshioka   M. Matsuoka   Y. Cho   H. Sawada   K. Kitazato   T. Iwata   M. Abe   M. Ohtake   S. Matsuura   K. Matsumoto   H. Noda   Y. Ishihara   K. Yamamoto   A. Higuchi   N. Namiki   G. Ono   T. Saiki   H. Imamura   Y. Takagi   H. Yano   K. Shirai   C. Okamoto   S. Nakazawa   Y. Iijima   M. Arakawa   K. Wada   T. Kadono   K. Ishibashi   F. Terui   S. Kikuchi   T. Yamaguchi   N. Ogawa   Y. Mimasu   K. Yoshikawa   T. Takahashi   Y. Takei   A. Fujii   H. Takeuchi   Y. Yamamoto   C. Hirose   S. Hosoda   O. Mori   T. Shimada   S. Soldini   R. Tsukizaki   M. Ozaki   S. Tachibana   H. Ikeda   M. Ishiguro   H. Yabuta   M. Yoshikawa   S. Watanabe   Y. Tsuda   
Nature Astronomy   5(8) 766-774   2021年5月   [査読有り]
Planetesimals—the initial stage of the planetary formation process—are considered to be initially very porous aggregates of dusts1,2, and subsequent thermal and compaction processes reduce their porosity3. The Hayabusa2 spacecraft found that bould...

MISC

 
 
黒川宏之   嶌生有理   岡田達明   佐伯孝尚   津田雄一   森治   坂谷尚哉   深井稜汰   青木順   癸生川陽子   熊本篤志   田中智   川村太一   浦川聖太郎   巽瑛理   高尾勇輝   菊地翔太   瀧川晶   奥住聡   古家健次   金丸仁明   荒川創太   
日本惑星科学会秋季講演会予稿集(Web)   2023    2023年
 
佐伯孝尚   津田雄一   森治   高尾勇輝   菊地翔太   黒川宏之   岡田達明   嶌生有理   深井稜汰   坂谷尚哉   田中智   
日本惑星科学会秋季講演会予稿集(Web)   2023    2023年
 
熊本篤志   宮本英昭   坂谷尚哉   嶌生有理   黒川宏之   佐伯孝尚   津田雄一   菊地翔太   
日本惑星科学会秋季講演会予稿集(Web)   2023    2023年
 
高尾勇輝   菊地翔太   佐伯孝尚   津田雄一   森治   嶌生有理   坂谷尚哉   深井稜汰   岡田達明   黒川宏之   大木春仁   中川雄登   西村尚   鶴谷柊朔   
宇宙科学技術連合講演会講演集(CD-ROM)   67th    2023年
 
佐伯孝尚   津田雄一   黒川宏之   嶌生有理   
宇宙科学技術連合講演会講演集(CD-ROM)   67th    2023年

書籍等出版物

 
 
吉川, 真(担当:分担執筆, 範囲:p76-77, 117)
誠文堂新光社   2020年12月   (ISBN:9784416620649)

担当経験のある科目(授業)

 
2021年4月
 - 
現在
宇宙地球科学101・1a/102・1b (専修大学)
2020年10月
 - 
2020年10月
選択宇宙ゼミ (星槎学園中高等部北斗校)

所属学協会

 
 
   
 
日本地球惑星科学連合
 
   
 
日本惑星科学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
小惑星表層熱物性の衝突進化に関する実験的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
嶌生 有理 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
微隕石の高速度衝突による小惑星表層物質進化過程の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
嶌生 有理 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
 
原始太陽系星雲における氷ダストから氷天体への衝突成長に関する実験的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
嶌生 有理 
研究期間: 2010年 - 2012年

その他

 
 
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20200624_Icarus/
 
 
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20190121_Nomenclature/