言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 高橋 和枝
 

高橋 和枝

 
アバター
研究者氏名高橋 和枝
 
タカハシ カズエ
所属武蔵野大学
部署工学部 環境システム学科
職名教授
学位博士(工学)(東京大学)
J-Global ID201701001189415807

研究キーワード

 
分析化学 ,合成化学 ,機能性高分子 ,環境材料学 ,環境影響評価

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / 有機合成化学 / 
  • 環境・農学 / 環境影響評価 / LCA MFA
  • ナノテク・材料 / 高分子材料 / 高分子液晶
  • 環境・農学 / 環境材料、リサイクル技術 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
武蔵野大学 工学部 環境システム学科 教授 
 
2013年4月
 - 
2017年3月
武蔵野大学 環境学研究科 通信教育部 非常勤講師 
 
2013年4月
 - 
2017年3月
金沢大学大学院博士後期課程 自然科学研究科 客員教授 
 
1988年4月
 - 
2017年3月
日本電信電話株式会社   
 

学歴

 
2007年10月
 - 
2010年9月
東京大学大学院 工学系研究科 マテリアル工学専攻 (博士課程)
 
1986年4月
 - 
1988年3月
早稲田大学大学院 理工学研究科 応用化学専攻 (修士課程)
 
1982年4月
 - 
1986年3月
早稲田大学 理工学部 応用化学科
 

委員歴

 
2019年6月
 - 
現在
日本LCA学会  年会実行委員会 委員
 
2017年4月
 - 
現在
一般財団法人 機械振興協会  技術研究所運営委員会 委員
 
2012年
 - 
現在
ICT for Sustainability  プログラム委員および学生論文賞審査委員
 
2013年2月
 - 
2013年5月
EEE International Symposium on Sustainable Systems and Technology2013  学生論文賞審査委員
 
2011年5月
 - 
2013年3月
LCA日本フォーラム「ICT(情報通信技術)と生物多様性に関する研究会」ワーキンググループ  委員
 

受賞

 
2003年10月
日本電信電話株式会社, 環境エネルギー研究所所長表彰(独創賞)
高橋 和枝 
 
2002年10月
日本電信電話株式会社, 情報流通基盤総合研究所総研所長表彰(特別賞)
高橋 和枝 
 
2000年10月
日本電信電話株式会社, 環境エネルギー研究所所長表彰(功績賞)
高橋 和枝 
 

論文

 
 
三輪貴志   高橋和枝   高橋宏行   澤田孝   
材料と環境   69(6) 161-1682020年1月   [査読有り]
 
大野貴子   高橋和枝   
武蔵野大学環境研究所紀要   (7) 41-522018年   [査読有り]
 
高橋和枝   佐々木重邦   
武蔵野大学環境研究所紀要   (5) 59-652016年3月   
 
高橋和枝   佐々木重邦   
武蔵野大学環境研究所紀要   (4) 63-732015年3月   
 
高橋和枝   澤田孝   中村二朗   松野泰也   
環境情報科学   43(4) 43-462015年1月   

MISC

 
 
荒井 翔平   高橋 和枝   國岡 達也   太田 直樹   内田 弘美   伊坪 徳宏   
日本LCA学会誌   11(1) 32-402015年   
<b>Objective.</b> The objective of this research is to analyze the environmental impact of printed matter using rice ink with the consideration of the impact of land use change and using reclaimed vegetable oil based on LCA method.<...
 
石塚 徹   高橋 和枝   染村 庸   國岡 達也   伊坪 徳宏   
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2011(0) 101-1012011年   
2010年10月に名古屋で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開催され、生物多様性の損失要因に森林伐採等の自然環境の破壊や汚染が挙げられた。紙の主原料のパルプは森林を伐採して作られるため、環境負荷の中でも「生物多様性」や「一次生産」への影響が懸念されている。本研究では広く普及している紙製品として、約9800万部発行されている電話帳の評価を行い、「生物多様性」と「一次生産」の影響を定量的に算出した。
 
関根 伸雄   醍醐 市朗   高橋 和枝   松野 泰也   
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2011(0) 56-562011年   
携帯電話、携帯音楽プレーヤーといった小型電子機器に含まれる貴金属、レアメタルを対象に、製品の資源使用量、及び使用済み製品中の資源蓄積量の推計を行うことにより、日本における動的マテリアルフロー分析を行った結果を発表する。また、その分析をもとにして、複数の製品の機能を1つの製品に集約することによる、資源消費の削減効果についての評価を発表する。
 
津田 昌幸   高橋 和枝   中村 雅之   中村 二朗   古田 春菜   伊坪 徳宏   
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2008(0) 124-1242008年   
社会うるおい指標は,ICTサービスの社会影響を6つの項目で評価する指標である.これまでこの指標を用いてサービスを評価してきたが,それらは全て単独のサービスであった.実際に提供されるサービスは,複数のサービスからなることもある.このような多様なサービスを含むICTシステムでは按分や相乗効果など,新たな課題が予想される.そこで本研究では,ケーススタディを通じ,多様なサービスを含むICTシステムの評価における課題抽出とその解決法について検討を行った.
 
高橋 和枝   津田 昌幸   原 美永子   根本 康恵   中村 二朗   西 史郎   石井 秀暁   伊坪 徳宏   
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2007(0) 155-1552007年   
ICTサービスは,環境・社会問題の解決に寄与することが期待されている.しかし,ICTサービスには正負両面の効果があり,その効果を公平に評価する指標が必要である.そこで ICTサービスの導入による環境・社会・経済面の影響を定量的に評価することができる「社会うるおい指標」を考案した.この指標を用いて各種のICTサービスを評価し,ICTサービスのサステナブルデザインへのフィードバック方法を検討したのでその結果を報告する.

書籍等出版物

 
 
松野泰也, 近藤康之(担当:分担執筆, 範囲:第4章 第2節 TV会議システム(NTT))
   2007年      
 
山本良一, 小田克郎編著(担当:分担執筆, 範囲:第3章第1節 情報通信ネットワークおよびITサービスの環境影響評価の取組み)
日本科学技術連合出版社      2003年      

講演・口頭発表等

 
 
オリンピックと環境(3) 大会施設の環境影響
高橋和枝   飯野茜   
第15回 日本LCA学会研究発表会   2020年3月11日   

担当経験のある科目(授業)

 
2019年4月
 - 
現在
化学概論1
 
   
 
光触媒材料工学 (金沢大学)
 
   
 
環境リサイクル論 (武蔵野大学)
 
   
 
エコプロダクツ (武蔵野大学)
 
   
 
環境対策研究 (武蔵野大学)

所属学協会

 
 
   
 
環境科学会
 
   
 
日本LCA学会
 
   
 
日本化学会

産業財産権

 
 
高橋 和枝   三輪 貴志   澤田 孝   川端 一嘉   永井 友康   津田 俊介   
 
高橋 和枝   三輪 貴志   澤田 孝   川端 一嘉   永井 友康   津田 俊介   
 
三輪 貴志   高橋 和枝   澤田 孝   永井 友康   津田 俊介   川端 一嘉   
 
三輪 貴志   高橋 和枝   澤田 孝   永井 友康   津田 俊介   川端 一嘉   
 
新井 啓之   伊藤 直己   谷口 行信   高橋 和枝   松永 恵里   三輪 貴志   

社会貢献活動

 
 
【講師】
富山県立大学 2017年11月30日 - 2017年11月30日
 
【助言・指導,企画】
江東区 2017年7月22日 - 2017年7月22日
 
【企画,運営参加・支援】
LCA日本フォーラム 「ICT(情報通信技術)と生物多様性に関する研究会」 2011年5月 - 2014年3月
 

教育上の能力に関する大学等の評価

 
 

実務経験を有する者についての特記事項(教育上の能力)

 
 
 

資格・免許

 
 
 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(職務上の実績)