言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 高橋 和枝
 

高橋 和枝

 
アバター
研究者氏名高橋 和枝
 
タカハシ カズエ
所属武蔵野大学
部署工学部 環境システム学科
職名教授
学位博士(工学)(東京大学)

研究キーワード

 
分析化学 , 合成化学 , 機能性高分子 , 環境材料学 , 環境影響評価

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / 有機合成化学 / 
  • ナノテク・材料 / 高分子材料 / 高分子液晶
  • 環境・農学 / 環境影響評価 / LCA MFA
  • 環境・農学 / 環境材料、リサイクル技術 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
武蔵野大学 工学部 環境システム学科 教授
 
2013年4月
 - 
2017年3月
武蔵野大学 環境学研究科 通信教育部 非常勤講師
 
2013年4月
 - 
2017年3月
金沢大学大学院博士後期課程 自然科学研究科 客員教授
 
1988年4月
 - 
2017年3月
日本電信電話株式会社
 

学歴

 
2007年10月
 - 
2010年9月
東京大学大学院 工学系研究科 
 
1986年4月
 - 
1988年3月
早稲田大学大学院 理工学研究科 
 
1982年4月
 - 
1986年3月
早稲田大学 理工学部 
 

委員歴

 
2019年6月
 - 
現在
日本LCA学会  年会実行委員会 委員
 
2017年4月
 - 
現在
一般財団法人 機械振興協会  技術研究所運営委員会 委員
 
2012年
 - 
現在
ICT for Sustainability  プログラム委員および学生論文賞審査委員
 
2013年2月
 - 
2013年5月
EEE International Symposium on Sustainable Systems and Technology2013  学生論文賞審査委員
 
2011年5月
 - 
2013年3月
LCA日本フォーラム「ICT(情報通信技術)と生物多様性に関する研究会」ワーキンググループ  委員
 

受賞

 
2003年10月
日本電信電話株式会社 環境エネルギー研究所所長表彰(独創賞)
 
2002年10月
日本電信電話株式会社 情報流通基盤総合研究所総研所長表彰(特別賞)
 
2000年10月
日本電信電話株式会社 環境エネルギー研究所所長表彰(功績賞)
 

論文

 
高橋和枝, 佐々木重邦
武蔵野大学環境研究所紀要   (5) 59-65   2016年3月
高橋和枝, 佐々木重邦
武蔵野大学環境研究所紀要   (4) 63-73   2015年3月
高橋和枝, 澤田孝, 中村二朗, 松野泰也
環境情報科学   43(4) 43-46   2015年1月
高橋 和枝
NTT Technical Review   13(3) 1-6   2015年   [査読有り]

書籍等出版物

 
松野泰也, 近藤康之 (担当:分担執筆, 範囲:第4章 第2節 TV会議システム(NTT))
2007年   
山本良一, 小田克郎編著 (担当:分担執筆, 範囲:第3章第1節 情報通信ネットワークおよびITサービスの環境影響評価の取組み)
日本科学技術連合出版社   2003年   

講演・口頭発表等

 
高橋 和枝
日本LCA学会研究発表会   2019年3月   
高橋 和枝
日本LCA学会研究発表会   2018年3月   
荒井翔平, 高橋和枝, 國岡達也, 太田直樹, 内田弘美, 伊坪徳宏
日本LCA学会誌   2015年1月25日   
Objective. The objective of this research is to analyze the environmental impact of printed matter using rice ink with the consideration of the impact of land use change and using reclaimed vegetable oil based on LCA method.<BR>Method. Several sce...
松永恵里, 三輪貴志, 高橋和枝, 新井啓之, 澤田孝
廃棄物資源循環学会研究発表会講演論文集(Web)   2015年   
電子基板には貴重な資源が含まれており、リサイクルの高度化のためには、微量な含有資源量の把握が必要である。そこで、筆者らは、資源量を簡便に推定する方法として、電子基板に搭載されている部品の含有資源量データベースを作成し、対象とする部品の搭載数と含有資源量から、基板全体の含有資源量を推定する方法を検討している。今回、将来的にプロセスの自動化が可能な画像処理技術を用いた電子基板の検出・識別技術について、経済性が高い金を高濃度で含むICを事例として検討したので報告する。まず、画像処理技術を電子基板...
TAKAHASHI Kazue I, SAWADA Takashi, MOTOSHITA Masaharu, MURAKAMI Kayo, ITSUBO Norihiro
Eco Design   2015年   

担当経験のある科目(授業)

 
  • 光触媒材料工学 (金沢大学)
  • 環境リサイクル論 (武蔵野大学)
  • エコプロダクツ (武蔵野大学)
  • 環境対策研究 (武蔵野大学)
  • 環境材料学 (武蔵野大学)

所属学協会

 
環境科学会 , 日本LCA学会 , 日本化学会

産業財産権

 
高橋 和枝, 三輪 貴志, 澤田 孝, 川端 一嘉, 永井 友康, 津田 俊介
高橋 和枝, 三輪 貴志, 澤田 孝, 川端 一嘉, 永井 友康, 津田 俊介
三輪 貴志, 高橋 和枝, 澤田 孝, 永井 友康, 津田 俊介, 川端 一嘉

社会貢献活動

 
【講師】  富山県立大学  2017年11月30日 - 2017年11月30日
【助言・指導, 企画】  江東区  2017年7月22日 - 2017年7月22日
【企画, 運営参加・支援】  LCA日本フォーラム  「ICT(情報通信技術)と生物多様性に関する研究会」  2011年5月 - 2014年3月

教育上の能力に関する大学等の評価

 
 

実務経験を有する者についての特記事項(教育上の能力)

 
 
 

資格・免許

 
 
 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(職務上の実績)